FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回全国狛犬選手権九州大会

2010.12.28 14:55|狛犬選手権
 年末恒例、「全国狛犬選手権九州大会」です(*^_^*)
 
 数えて今年で3回目を迎えました。神社仏閣ブログと言いながら、月2回ぐらいのスローペースと何とも情けない更新ですが、今年も素敵な狛犬さんたちとLOVEな出会いがありました(^.^)
 
 ちなみに「全国狛犬選手権九州大会」などというものは現実にはありません。
 
 審査員、審査員長、賞状、副賞すらない、私の独断と偏見で決める「大会」です。
 
 では、今年の第5位から発表します。
 
第5位 崇福寺狛犬
 

 
 長崎県長崎市内にある国宝と重要文化財だらけの、まさに「九州の法隆寺」とも言うべきお寺の狛犬でした。
 
 丁度ここは今年の大河ドラマ、『龍馬伝』第4部のロケ地にも使われていました。
 
 まさに異国にいるかのようなお寺を守るエース狛犬は何ともけだるい表情をしています。腕は人間の手のようにして「毬」、そして「子ども」を抱いていますね。
 
 一度会ったら忘れられない狛犬でした(*^_^*)
 
 
 第4位 田島神社拝殿前狛犬
 

 
 ご覧ください、この枯れっぷり!!とっても素敵です❤
 
遣隋使、遣唐使をあたたかく見守り、名護屋城にいた秀吉ら戦国大名が力比べをした古い古い神社の狛犬。
 
 海風にさらされすぎて、一体いつからここに座っているのか読み取れなかったこの二人、ポジション的に「吽像」の方がまともに風を受けるからでしょうか?傷みが激しいです。
 
 ここの神社は妙に元気をくれる力がありましたよ。また来年も行ってみたいところです。
 
 第3位…の前に番外編。
 
 こちらは九州の狛犬さんばかりですが、一つだけとってもハンサムな、今後が気になる狛犬さんにあいました。
 
 こちらの靖国神社、石の鳥居前の狛犬です。
 

 
 靖国神社にはたくさんの狛犬が祀られていましたが、どれも素晴らしく個性的なものばかりでした。渡来系狛犬がある中、こちらの石の鳥居の前の狛犬は、西洋的な感じでした。
 
 カールも牡丹の装飾もない、動物的な狛犬だったのでとても印象的でしたね。
 
 材質的に枯れにくい石を使っているようですが、何年かの後、また靖国神社に参拝する機会があるときは、どのように変わっているのかちょっとだけ楽しみができました(^.^)
 
 では、第3位です。
 
第3位 太宰府天満宮拝殿前狛犬
 

 
 ご覧くださいませ、この黒い瞳(爆)
 
 比較的新しい狛犬のようですが、生涯通じて30回ほど、ブログを始めてからは15回は行っている太宰府天満宮ですが、初めて見ました。
 
 なにせ、いつ行っても多い天神さん、お賽銭箱にたどり着くまでに人の山をかき分けて参拝しなくてはなりません。
 
 なので全く気が付きませんでしたよ…こんなに目立つのに(ToT)/~~~
 
 この黒い目、なんで黒い目をしているのか聞きたかったのですけど、これからしばらくは大忙しなので、たぶんこうではないかと自分なりに推理してみました。
 
 「白眼視」という、中国の故事があります。
 
籍、又能(よ)く青白眼を為(な)し、禮俗(れいぞく)の士に見(まみ)ゆるに、白眼を以て之(これ)に對(たい)す。

(阮籍は、黒目と白目を使い分ける事ができ、礼儀作法にとらわれている俗人と会う時には、白目をむいて向かい合った。)
 歓迎すべき人物とは「黒目」で会う。という意味ですね(*^_^*)
 正解かどうかわかりませんが、天満宮に参拝する人を歓迎しているという意味なのかもしれません(*^_^*)
 
第2位 宗像大社神門前狛犬
 

 
みるからに惚れぼれしますね
 
 太ももの部分に、今はない村の名前が書いてありましたので、相当古いものだと思いますが、すごく大事に手入れされているのだなぁと思いました。
 
 これのフィギュアがあったら欲しい❤❤
 
 では、今年の第1位の発表です!(デロデロデロ~~)
 
 第1位 光雲(てるも)神社狛犬
 

 

 
  この狛犬、初対面はビックリでした。な~んで、首が反対に向いているのか…?
 
 なぜ、エクソシストみたいか…素敵なきれいな女性の神主さんに説明を聞いてから、感激しましたね(*^_^*)
 
 黒田如水と黒田長政を祀る神社、神様となった二人とともに福岡の街を守っているんですね~素晴らしい狛犬です。
 
 この狛犬の奉納者が、かの「麻生太吉」さんというのもすごい@@
 
 今年は神社仏閣ブログの投稿が少なかったですね(^_^;)
 
 これでは、来年の「狛犬選手権」が開けないかも…il||li▄█▀█●il||li
 
 もっと頑張って投稿しようと思う私です。
 
 さ、明日は今年最後の投稿です(*^_^*)
 
 年末にふさわしいマンホール(?)で締めたいと思います!
スポンサーサイト

第2回全国狛犬選手権九州大会

2009.12.28 14:28|狛犬選手権
 またまた仰々しいタイトルをつけてしまいましたが、何ということはありません、今年参拝した神社・仏閣の狛犬さんたちで、特に印象に残ったものをピックアップして、なつかしんでみたいと思います。

 順位はまったくもって私の勝手ですので、「私はこれが好き~❤」というご意見はコメント欄にお書きください(^-^)

 昨年の第一位は有田陶山神社の今右衛門磁器狛犬でしたが、今年は一体…。

 今年は大激戦でしたので、第5位から発表します!

第5位  高千穂神社狛犬



 やはり、神秘のベールに包まれた素晴らしい神社を守るにふさわしい貫禄と、つるの剛士顔負けの子沢山というのが一番の理由かな?

 とにかく顔は上を向いていますが、なかなかのハンサムです。

 この苔むした加減もなかなか印象が深かったですね。

 ここと天岩戸神社はぜひともうかがっていただきたい、古き良き日本人の心に触れることでしょう。
 

第4位 福岡県愛宕神社拝殿前狛犬




 いや~、ここは福岡市を一望できる素晴らしい場所にある神社なのですが、ここの拝殿前の狛犬は、他に例がないくらい、オリジナリティあふれるものでした。

 これは記事に「アンギラス」に似ていると書いたのですが、どう見ても一般的な狛犬の種類にはない独創的で素晴らしい狛犬でした(^-^)

 アンギラスはこちら…http://pulog1.exblog.jp/120953/

 ではいよいよベスト3の発表です!
第3位 伊勢神社肥前狛犬



 ここからは色を変えて…なのせベスト3ですので(^-^)

 やはり、県の重要文化財の肥前狛犬は外せません。

 エースの座を奪われ、しかも木の下にぽつんと置かれた姿は哀愁を漂わせるものの、江戸時代から21世紀の今日まで黙々と神社を守っています。
 
 狛犬としての迫力はちょっとないものの、それでもその確かな存在感は言うに及ばず。

 新年の到来を息をひそめて待っています(^.^)


第2位 赤間神宮エース狛犬



 私の好きな神社で、今年一番印象に残ったところです。

 一見、中華料理店の前にあるような狛犬ですが、中国大連で作られ、そして海を渡ってやってきた、正真正銘、職人の手で造られた狛犬です。

 なんといっても、この口の中にある球が、制作過程の中で丸いまま作られたという、日本の石工さんも見習っていただきたい、すばらしい狛犬です。

 ばらしちゃった内容は記事のほうでご覧ください。

 本当は1位になるべき素晴らしい狛犬なのですが、やはり「若い」という点で次の機会を待ちたいと思います。

 どんなふうに風合いが変わっていくか、そういう楽しみもありますしね(^.^)


 それでは、栄えある第一位はこちらです!!じゃ~~~ん!

第1位熊本県本妙寺エース狛犬



 やっぱり…これには圧倒されました…。

 ぜっと。さんが「がきデカ」といったコメントは、今年神社仏閣ブログで登場した狛犬たちの中のコメントの中でも、もっともぴったりのものでした。

 残念ながら色はすっかり落ちかけていますが、出来たてのときはそれはみごとな狛犬だったでしょう。

 それを物語るのは「阿」の狛犬の口元ですね…。
 
 もう、言葉はいらないくらい、超個性的な狛犬です(^.^)

 いずれ、私が年をとって、死ぬ間際になったときに、金が余ってどうしようもないときは、狛犬を一対、どこかへ奉納したいと思っています。 

 今、どこの神社仏閣の狛犬も悲惨なものも少なくはありません。

 スタンダードな狛犬ではなく、全国から人が見に来るような超個性的な狛犬を奉納したい…それをけなされようが、笑われようが、自分が他に類を見ない狛犬を作ってみたいですね(^.^)

****************************************

 ということで、今年はこれでブログ納めとします。

 実は一言メッセージに書いているとおり、PCが壊れてしまい、今投稿に使っているのはマッチのものです。

 なので、マッチは今日は留守なので使えますが、休みのときはそうもいかないので、記事の投稿はとりあえず、今年最後とさせていただきます。

なお、訪問のほうはちょくちょくお邪魔させていただくかもしれませんし、折を見て新年は投稿できるかもしれれません。

 皆様、今年一年、本当にお世話になりました(^.^)

 来るべき年が皆様にとって良い年になりますよう、心より願っています。 

 新年はまた更にパワーアップして、元気ながっかりするような記事を書いていきたいと思います。

 それでは、よいお年を…。

  

第1回全国狛犬選手権九州大会

2008.12.23 13:18|狛犬選手権
 なんだか仰々しいタイトルをつけてしまいましたが、何のことはありません。

 今年出会った様々な狛犬さんの中で特に印象に残った狛犬さんを独断と偏見で振り返るコーナーです(笑)

 実際に「全国狛犬選手権」などはありません…。失礼しました\(^o^)/

 ではさっそく、第3位の発表です。デケデケデデ~~ン♪

久留米成田山の大理石狛犬

」 
いやはや、今年見た狛犬の中では一番お金がかかっていたでしょう。

 すべてにおいてミラクル仏教ワールド「久留米成田山」を代表する狛犬でした。

 かなり大きな狛犬さんでしたし、総額いくらなのか皆目見当もつきません…。

 ごらんになりたい方、久留米成田山の「インド村」に500円払って見に行ってください。

 きっと500円以上の素晴らしい体験をすることでしょう(笑)

 続いて第2位!タラララッタラ~♪

 佐賀金毘羅神社のちびっこ狛犬


 小さくてもいっちょまえなのです!そういいたそうだったので第2位へ!

 鼻が上向いたぜっと。師匠いわく「ホンカン狛犬」ですが、なんとも愛嬌がありますね。

 もちろん普通サイズの狛犬はきちんとありますが、この小さい狛犬は鳥居の前にあるので、このちびっこ狛犬のほうが先輩格なのでしょう。

 いやはや、狛犬の世界にも先輩後輩の関係があるのですね(笑)

 小さい狛犬はまだありまして…というか、小さすぎて狛犬か神使かわからなくてランクインできなかった狛犬(?)を特別にご紹介。

 高木八幡宮のたぶん狛犬


 たぶん狛犬と思うのですが…なにせ顔がなくなっているので(T_T)

 しかしちゃんと祀られているところがすごいではありませんか\(^o^)/

 きっと砂と化すまで祀り続けられるのでしょう…私がきちんと見届けてやらねば!

 それでは栄えある第一位は…パンパカパ~ン♪

陶山神社の陶磁器狛犬

 やはりこれはもう、重要文化財クラスの狛犬といってもいいでしょう。

 明治時代の今右衛門の作ですし、今、今右衛門窯ではこれを焼く窯がないので大変貴重です。

 しかも柵も何もないので台風などで大きな枝が倒れてきたりものが飛んできたときは木端微塵になります。

 そんなハイリスクをしょってこの狛犬さんは聖域を守っているのです。

 素晴らしいではありませんか\(^o^)/

 なお、盗もうと思っても無理です(^◇^)

 まあ、ルパンか怪人二十面相なら別ですが、かなりの急階段の上に設置され、しかも夜は街灯すらありません(+o+)

 クレーンでもちょっと無理かなあ…いずれにしても行ってみてみれば一目瞭然だと思います(^.^)

 こうやって見てみると、いかに狛犬が大事にされているかわかりますね。

 物を大事にする日本人の心を垣間見たような気もします。

 さあ、狛犬さんも大みそかからお正月にかけて大忙しでしょう。

 しっかり神様仏様を守っていただきたいものです(^◇^)

 それにしても楽しい寺社めぐりの一年でした(^.^)


 私のおすすめ:
石彫/狛犬30cm一対

京の狛犬スペシャル

2008.12.19 10:16|狛犬選手権
 そういえば、京都の狛犬さんたち個性的なものがあったなぁ~ということで京の狛犬スペシャル!!
 
 岡崎神社の狛犬…。


 ごくごく一般的な狛犬…
 
 こちらさんの神社では狛犬よりも有名なのは黒御影のうさぎさん…。

 九州…とくに私の住んでいる北部九州ではこの手の狛犬は意外に少なく、どちらかといえば愛嬌たっぷりの狛犬が多いので、ある意味新鮮に映りました。

 まあ、何度も言うようですがここの神社にはいろいろを思い出はありましたけど、夜な夜なここに出没するであろう、魑魅魍魎から神社を守るエースであっていただきたいですな(笑)

 さて私が勝手に名付けた「キューピー型狛犬」こと永観堂の狛犬。


 なんでキューピーかといったら、ただ単にデコが広い。(失笑)

 しかも広いおでこを強調するかのようなオールバック!!

 まさしく狛犬界の「ハルク・ホーガン」!!

 うむむ、なかなか迫力があっていいではないですか(^-^)

 唸り声が聞こえそうな面構え…。

 「ウウ…妙なことしてみろ…おのれら、ワシの頭突きをくらわしてやるぞよ…」と言わんばかりの下からの眼付き!

 これはもう噛みつかれるという恐怖よりも、頭がい骨骨折で重傷の恐怖でいっぱいです(^.^)

 そして好きになった狛犬さんの一つ清水寺の狛犬。


 この狛犬さん、「笑の狛犬」と言われているそうです。(タクシーの運転手談)

 たしかに笑っているような感じですね(^◇^)

 どこかにボタンがあって、押すとアニマル浜口並みの笑い声が聞こえてきそうではないですか\(◎o◎)/!

 ちなみにボタンはどこにもありません…(+o+)

 昨今の経済状況で笑いも少なくなったのは我が家庭だけではないようです…しかしせめて年の瀬ぐらいは笑って過ごしたいものですね。

 ああ、ジャンボ宝くじの発売は今日まで…当たるといいな\(^o^)/

 まだの方はお急ぎください(^_-)-☆

 買われた方…私は今年あの「宝当神社」へ行きました(*^^)v

 買われた方…ぜひご覧ください!!


 私のおすすめ:
狛犬 レザーブレスレット/革 【ハンドメイド/手作り】

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。