FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探せ!シシリアンライス~第5章


 
 なんとこの書庫、実に4ヶ月ぶりの更新です@@
 
 シシリアンライスってそんなに食べていなかったかな~と思っていたのですが、前回のシシリアンライスが美味しくて、お友だちを誘って何回か行ったからですね(^_^;)
 
 新しいところの探索を怠っていたわけです><
 
 怪談話に花が咲き、てっきり1時を過ぎた白山商店街、ちょっと暗い路地に入った、秘密めいた感じのお店、「カフェ・ドンキホーテ」さん。
 
 ペンギンのキャラ、竹内力の声で「♪ドン、ドン、ドン、ドンキホーテ♪」の方ではなく、こちらは老舗の喫茶店です(^.^)
 
 店内はレトロなたたずまい…いわゆる純喫茶っていうのかな?
 
 カウンターなどはすごく雰囲気があって、流しの歌手が歌ってそうな感じ…。
 
 ここのお店はたびたびTVでも紹介されているので、知ってはいたけど入るのは初めて…。
 
 スープがなみなみ入って、出てきたのがこちら…。
 

 
 スープはなみなみたっぷりだけど、薄味で美味しかったです(^.^)
 
 以外にも量が多くて、殿方でも間違いなくお腹いっぱいになるかも?
 
 ソースの中には柔らかい牛肉と、マッシュルームが入っていてなかなか上品でよかったです。
 
 が、強いて言えばご覧のようにマヨネーズが多い…。
 
 マヨラーにはたまらないと思いますが、普段の味付けが薄味、マヨネーズはお好み焼きか、コロッケの中身ぐらいしか使わないので、私にはちょいときつかったかなぁ…。
 
 これは好みの問題だと思うけど、このスープが薄味なのはこのせいかなと思ったり。
 
 それ以外はソースもオリジナルで美味しかったし、いう事なかったです。
 
 もちろん、カフェという事もあり、食後のコーヒーもすごく美味しかった。
 
 シシリアンもこれで5食目、そろそろ落とし所が出てきて良さそうだけど、シンプルがゆえに落とし所がないなぁ(^_^;)
 
 このシシリアンはソースとマヨネーズの塩梅が命なので、なかなかそのあたりはどこのお店もアイデアを出しているわ…うぬぬ~。
 
 スープ、コーヒー付きで680円(ランチタイムの値段)。
 
 前回は1,300円なので、約半分の値段という事に…(爆)
 
 まあ、前回のシシリアンは観光客目当ての要素が多いものだったかもしれません(場所柄)
 
 むしろシシリアンの発祥は「喫茶店のまかない料理」が始まりなので、こちらの方がシシリアン精神(!)から言うと、正当派なのかもしれませんね。
 
 今回もおいしゅうございました☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
スポンサーサイト

探せ!シシリアンライス~第4章


 
 なんと前回のシシリアンから2カ月以上も開いてしまいました><
 
 ご当地グルメのシシリアンライス、おそらくシシリアンライスの中で最も高いであろうと思われる、「さがレトロ館」が第4章の舞台です。
 
 こちらは築100年を超える洋館を改築してオープンしました。
 
 もとは…佐賀県警察署です(^_-)-☆
 
 その後は後蚕の試験研究機関や佐賀県視聴覚ライブラリーなどに使われてきましたが、このほどスローフードレストランに改築して昨年オープンしたばかりです。
 
 そんなレトロな建物で食べるシシリアン…しかもスローフードとはどんなシシリアン?
 
 中に入ると…
 
 昔の建物なので踊り場が狭くて…。
 
 でも漆喰の壁で結構気持ちがよいですよ(^.^)
 
 外はムシムシですけど、中はエアコンなしでもすごしやすい…さすが漆喰!!
 
 
 当然シシリアンを注文して…はい、こちらがシシリアン!
 

  
 こちら、野菜はすべて無農薬!県産の食材ばかりです(*^_^*)
 
 お肉はたたき風、ちょっとレアですが、口の中でとろけるような美味しさ(^.^)
 
 バルサミコ酢が効いていて、マヨネーズもオリジナル!
 
 真ん中に温泉卵が乗っていて、味のかなり濃い黄身が溶けてま~美味しいこと!
 
 今まではソースが効いたシシリアンでしたが、今回は薄味!
 
 しかしながら、野菜の味が濃いので全く薄味が気になりません。
 
 ご飯は五穀米。この五穀米は食のノーベル賞といわれる「スローフード大賞」を受賞した武富さんの生産のもの。
 
 武富さんはニューヨークのレストランにも五穀米を納めているそうです。
 
 シシリアンライスは野菜は生野菜が原則。
 
 でもよく見るとアスパラが乗っていますね。
 
 このアスパラは「紫アスパラ」といって、生で食べられるそうです。
 
 火を通してもよいそうなのですが、色が紫から緑に変わるとのこと。
 
 ナマでアスパラを食べたのは初めてでしたが、生だとは気が付かないほど柔らかくて美味しかったです。
 
 ここは本当に美味しかった~❤おそらく一番!
 
 値段は1,300円。シシリアンの中ではいいお値段ですが、食べて納得の美味しさでした。
 
 
 
  シシリアン評価☆☆☆☆☆☆1,300円(コーヒー他は150円で追加)

探せ!シシリアンライス~第3章

 お花見日和が続く今日この頃、今日は言わずと知れた4月4日。
 
 今日は何の日でしょう?【オカマの日】…間違いではないですが、
 
「シシリアンライスの日」です!!
 
が、日本記念日協会に認定されている日にもかかわらず、あまり知られていないのが「シシリアンライスの日」…。
 
 この「シシリアンライスの日」を全国に普及させるべく、今日はシシリアンライスを食べに行ってきました。
 
 場所はこちら…
 

 
 佐賀空港内、レストラン「カンフォーレ」です。
 
 こちら、佐賀観光協会認定のシシリアンライスが食べられます。
 
 午後11時23分、早速中に入ってみましょう(*^_^*)
 
 すでにお客が入っています…。
 
 私が入って会計が終わるまで、レストラン利用者のおよそ9割が「シシリアンライス」を注文。
 
 残りの1割は「お子様ランチ」の注文です(^_^;)
 
 「ここはシシリアンライスがうまかとよ!」という母に向かって、かたくなに「お子様ランチ!!」と叫ぶ子供…。
 
 九州B級グルメで準優勝したシシリアンライスも、「お子様ランチ」には勝てないようです(^_^;)
 
 で、注文して10分以内に出てきたのがこちら…。
 

 
 お肉が見えませんが、お肉は「佐賀牛」を使用している豪華さです。
 
 950円という設定も仕方ないかも…。
 
 佐賀牛は最高の肉質である「5」等級および「4」等級のBMS「No.7」以上を「佐賀牛」と呼び、それ以下を「佐賀産和牛」と分けてブランド化しているということです。
 
 もちろん、原価計算上、佐賀牛の占める割合が最も高いということもあり、野菜は水菜が中心…う~ん、これも仕方ないかも?
 
 刻み海苔がかかっているのは、空港前が海苔の養殖場だからでしょうか?
 
 過去に比べたら、ちょっと和風っぽく見えます。
 
 さて、肝心の味ですが、さっぱりとした味のシシリアンライスでした。
 
 これなら、女性や子供、お年寄りにも良い味ですね。
 
 過去2回のシシリアンに比べたら、非常にさっぱりとしています。
 
 肉に絡めたソースも薄味で、肉のうまみを損ねない美味しいソースです。
 
 ただ残念なのは、マヨネーズがどうもオリジナルではないような気がしました。
 
 私の味が確かなら、日本最大のマヨネーズメーカーのものかもしれません。
 
 水菜だけのさっぱり感なので、マヨネーズを濃いものにしたのかもしれませんが、食べ慣れた味なので、ちょっとばかり変化の欲しいところです。
 
 「シシリアンライスの日」限定にイチゴのババロアが付いていました。
 
 これはとてもおいしかったのですが、容器に不満が残りました。
 
 佐賀の玄関、空港ならば、ここはご当地が陶都と自負をしてるということを考えると、容器は有田焼、もしくは伊万里焼がよろしいのではないかと思ったり…。
 
 もしくはガラスにこだわれば、「肥前ビードロ」もあったでしょう。
 
 容器に注文点があるものの、やはり味はシシリアン合格点です!!
 
 佐賀空港内レストラン「カンフォーレ」
 
 シシリアン評価☆☆☆☆☆ 950円(スープ付き・シシリアンライスの日限定、デザートサービス)
 
 
 おまけ…
 

 
 食後、軽く散歩に行ってきました(^.^)
 
 ここには私の自家用飛行機があります。こちらです…。
 

 
 なわけないです(笑)
 
 こちら、YS-11型飛行機が展示されています。
 
 すでにYS-11型機はすべて引退していますが、ちょうど100機目にあたるこちらが、展示用で頑張っています。
 

探せ!シシリアンライス~第2章

 月曜日、親友のS美ちゃんと、佐賀市のご当地グルメ、「シシリアンライス」を食べてきました。

 私は一度食べたことがあるのですが、これまたご当地グルメらしく非常においしい(*^_^*)

 S美ちゃんは食べたことがなかったので、「あんた、そら食べにいかんば、がなおいしかもんの食べんと!」と説得して一緒に行ったのです。

 佐賀市観光協会がHPに載せてあるのは以前は16ヵ所しかありませんでしたが、現在は町村合併により、21ヶ所に増えました。

 もちろん、観光協会のHPに載っていない所でもきちんとあるので、いったい何ヶ所でシシリアンライスが食べられるのかわかりません。

 私は今回で2回目、(1回目はレストランジャーナル)S美ちゃんは初体験ということで、期待に胸を膨らませて入ったところがこちら!


 「珈琲舎 梣(とねりこ)」さん!

 見てください!創業が1970年!!なんと、私とS美ちゃんが一番かわいらしい盛りのときにできたお店です!!(笑)

 二人してシシリアンを食べるのに、緊張度はMAX!(笑)

 「は、入るよ…」と、扉を開けるとカランと音がして、お店は女性二人が経営しているみたい。

 店内は喫茶店なのでほの暗く、その中に江戸時代の柿右衛門の人形がさりげなく飾られているところに、いかにも佐賀らしさを感じたり…。

 ちょこっとギャラリーを兼ねているので、なんとなく大人チックな雰囲気で、ほかのお客さんの年齢層も高いし、オサレな紳士淑女が多い…。

 ちょっと場違いな感じがしたけど、このお店、観光協会のHPに載っていないのは、観光客が押し寄せて、なじみの客に迷惑をかけたくないのかも…とか思ったり…。

 そんなこんなで、「シシリアン2つ!食後はコーシーで!(ヒじゃない(笑))」と、S美ちゃんの緊張をほぐすべく、オーダーした私が頼んだにもかかわらず、かんでしまった><

 ここはスープとコーヒーまたは紅茶付きで780円。

 二人で取り留めない話をしながら出てまいりました!

 じゃん!


 これがシシリアンライス!!

 熱々のご飯の上に、お店独自のタレで味付けした牛肉を乗せ、その上に生野菜を豪快に乗ってオリジナルマヨネーズを網状にかけたもの…それがシシリアンライスです(*^_^*)

 さてお味は…おお、前回のシシリアンと変わらないくらいおいしい!!

 牛肉のタレとマヨネーズが良く合い、そして熱々のご飯と牛肉の熱で、少ししんなりしたレタスが食欲を誘う(^-^)

 初体験のs美ちゃん!

 このお皿は下のところがくぼんでいて、そこにご飯が入っているので、画面では見えませんが、ご飯だけでもいい米を使っているのがわかります。

 ああ、この塩梅がね…たまらなくおいしい(*^_^*)

 食べるときは早めに、なるべくグジャグジャに食べるほうがおいしいですよ(*^_^*)

 ああ、悲しいかな、おいしいとしか言いようがないくらいおいしいなぁ。

 すっかり、シシリアンライスに魅了されたS美ちゃん(*^^)v

 二人で全部の店を制覇することを約束!!

 次のターゲットは…「カフェ・ドンキホーテ」に決定!

 あちらの「ドンキホーテ」じゃないです(笑)


 佐賀市エスプラッソ付近

 「珈琲舎 梣(とねりこ)」(8:00~20:00)

 シシリアン評価☆☆☆☆☆ 780円(スープ・コーヒーまたは紅茶付き)


 ご馳走様でした~(*^^)v


 佐賀市観光協会HP(シシリアンライス)…http://www.sagabai.com/sicily/shop.php

探せ!シシリアンライス~第1章

この世にはまだ知られていない、おいしいものがたくさんある。その中でもこれは格別のうまさである


 というちょっと仰々しい始まり方でしたが、今回の”○○探検隊”!

 今回はシシリアンライスなるものを探検したいと思います。

 ことの発端はわがブログによく遊びに来てくださる博学なブロガーさんが「シシリアンライスが食べたい」とよくコメントをくださっていたものですから、ちょっと調べてみると、あ~~~~ら、私の生活圏の中にあるではないですか!!

 しかも今年大ブレイクの予感だとか!!

 出しているお店も知っているところもあれば、知らないところもある!!

 これは探検隊長(隊員なし)が探索せねば!!

 と、その前にシシリアンライスのご説明…。
噂によると、昭和50年頃佐賀市中心街にある喫茶店でシシリアンライスなるものが誕生。
それから30有余年、喫茶店やレストランの定番メニューとして愛され続け、今では20軒を超えるお店で味わうことができます。

ライス+肉+サラダ+マヨネーズ

一枚のプレートに温かいご飯を敷き、その上に炒めたお肉と生野菜を盛り合わせ、マヨネーズをかけたものが基本形。

あとは各店舗ごとでアレンジを加え、オリジナルシシリアンライスを作り出しています。
 なんと、これはご当地グルメ!!

 ということはここでしか食べられないのではないですか\(◎o◎)/!

 しかも調べてみると、起源や、ネーミングは謎というからまさしく怪しい!

 まったく謎の食べ物なのであります\(^o^)/

 一応、佐賀観光協会ポータルサイト:シシリアンライスを参考にし、とっとと用事を済ませ、その地から一番近い店、最初のターゲットはレストランジャーナル

 何とも狭い道を探検隊は進み、見つけたレストランは小さくて車は3台しか止められないではないか!!


 まあ、時間的に早かったせいか、車は難なく止められたのですが、隣の建物を見て爆笑!!

 隣は新聞社の建物だったので、なるほどだから「レストランジャーナル」!!もうダジャレではないか!

 記念すべき第一回目の探検として隊長は不安に駆りたてられるも、運転手はもう隊長より先に入っている!

 開業32年目の老舗のレストランらしく、昭和の香りが漂う。

 他に客はおっさんが2人だけ。

 このレストラン、マンガや新聞がたくさんあるものの、中間地点からはマダムの趣味であろうか、「アイリッシュドレスデン」の人形がたくさん飾られているが、そう古いものではなさそう。

 これはきっとシェフとマダムの趣味があっていないのかも…?

 そんな中、「シシリアンライス!!」と元気に注文!

 待っている間、あたりを見回すと、厚生労働大臣時代の小泉元首相からの感謝状が…。
 
 そしてフランスの勲章が飾られている…。

 もしや…もしや、期待していいのではないか\(^o^)/

 隊長の心は期待で膨らむ。

 そして出てきたシシリアンライス!!


 以外とボリュームがある!

 そしてまずは肉を一口!!が、素晴らしい味付け!!
醤油をベースにしたオリジナルジャポネソースで味をつけた牛肉がたっぷり。
 そ~りゃうまいはずだわ!

 運転手に一口!「おれ、これにすればよかった!」

 運転手は日替わりランチだったのです。

 肉質もかなりいい肉を使っていて、おそらく佐賀牛、もしくはA4クラスの肉に間違いはない!

 シシリアンライスを食べるときは「箸、フォーク、スプーン」が出ます。

 野菜や肉をご飯と混ぜ混ぜするときはお箸でなくては食べられませんね。

 そしてたれとマヨネーズの混ざった状態になるとスプーンの出番!

 この混ぜ混ぜになったご飯のおいしいこと!❤❤❤❤❤

 シシリアンライスなるものがこんなにおいしいものだとは恥ずかしながら、全く知らなかった!!

 おのれの無知をこんなに恥じたことはなかった…。

 「灯台もと暗し」とはいえ…( 一一)

 味の評価は5段階で言うと、最高の星5つ!!

 もう文句のつけどころのない、最高の味です!!

 観光協会で紹介されているシシリアンライスはあと10か所!

 これは楽しみな探索が続きます!

 初めからこんなおいしいのを食べて、あとは大丈夫なのだろうか…。

 そんな贅沢な心配をしている体調なのですた(^◇^)


 レストランジャーナル

 佐賀市松原1-1-31(11:00~)

 シシリアン評価☆☆☆☆☆  840円(スープ付き)

 帰る頃は混雑して、40分から50分待ちになっていました。

 早めに行ったほうがいいですよ❤ 


 私のおすすめ:
サン・ロマン 2001年・D.O.トロ・ボデガス・イ・ヴィネドス・マウ...

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。