FC2ブログ

ふぅ散歩・西新サザエさん通りを行く!

2012.08.22 17:54|ふぅ散歩

 
 
 福岡市博物館の西側の通りは、このほど「サザエさん通り」になったんだそうです。
 
 正式には福岡タワーから地下鉄西新駅付近までなのだそうです。
 
 ということで、熱中症覚悟で歩いてみました^^;
 
 百地周辺はオサレな建物が多いんですよね~。街歩きしていて結構楽しいんです。が…。
 

 
 連日熱中症患者が出ない日はないほどのステキな陽気のせいか、誰も歩いていません(爆)
 
 西新通り交差点に「磯野広場」があります。
 

 
 対して広い広場ではないけど、実はここが「サザエさん発案の地」なんだそうです。
 

 
 サザエさんの原作者の長谷川町子さんは、今の佐賀県多久市生まれの方です。
 
 お父さんは炭鉱関係のお仕事をされていたそうで、こちら福岡県早良区の姪浜付近に住んでいたそうです。
 
 上の写真はちょっとだけ大きくなりますが、当時のフクニチ新聞(今の西日本新聞の夕刊紙、現在は休刊中)に4コマ漫画を依頼されたそうですが、主人公はすでに決めていたそうですが、家族構成にとても悩んでいたそうです。
 
 長谷川さんの妹さんが病気がちで、一緒にこの海岸を散歩していた時に、磯野家の家族構成が浮かんできたそうで、そのためみんな海に関係ある名前になったんだそうですよ。
 
 磯野家の皆さんの名前は玄界灘出身だったわけですな(笑)
 
 もし長谷川さんが海に散歩に行かないで、住んでいたのが山の方だったら、「サザエさん」ではなかったと思います。
 
 さしずめ「ヤマメさん」とかになっていたかも(爆)
 
 今ではごらんのように、すっかり幹線道路になっています。
 

 この辺り一面は昔は海だったんですね…。なんだか不思議な気がします。 
 
 ここから南に下って西新商店街へ行こうと思ったのですが、さすがに日差しがきついうえ、友人が熱中症に倒れて死にそうになったものですから、恐ろしくなってやめましたよ^^;
 
 ということで、この通りを北へ行って、「パヴェリアホール」へ…。
 
 ここはサザエさんの系列放送局のため、このようにサザエさんコーナーがあるんです。
 
 ちょうど花沢不動産があさひが丘周辺を分譲中…。
 

 
 
 すごいけど…住みたくない町だわ^^;
 
 家しかないなんて、さぞかし住みにくいと思います。サザエさんが行く商店街がないし^^;
 
 分譲地で圧倒的人気は、磯野家周辺でした。
 

 
 塀で囲っている家が磯野家、グレーの四角い屋根が伊佐坂先生んち、切妻型の平屋が裏のおじいちゃんちなんでしょう。
 
 ここにはアニメサザエさんのセル画も展示されていました。
 

 
 今ではセル画を使ったアニメはサザエさんだけのようです。
 
 2Dアニメもデジタル化していますね。
 
 おお!サザエさんはなんとデジカメを持っていますよ@@
 
 戦後から現代にかけて今でもサザエさんは「永遠の24歳」ですね。私とおなじく(* ̄m ̄)
スポンサーサイト



ふぅ散歩・梅雨の合間の天神さん

2012.07.09 10:12|ふぅ散歩

 
 梅雨の合間…と言っても、ちょっと時期が過ぎてしまいましたが、太宰府に用事があったので出かけてきました。
 
 心字池のアジサイも美しかったです。
 
 夏ということもあり、参拝者はだいぶ減ってきましたが、それでもご覧のように修学旅行生などがたくさんやってきます。
 
 どうやらここと九州国立博物館とセットでやってきているみたいですね。
 

 
 ガクアジサイもたくさんでした。
 

 
 菖蒲池の花菖蒲も終わりに近づいて、このようにマメに手入れをしていらっしゃいました。熱い中、ご苦労様です(*^_^*)
 
 梅雨の合間ということで、このような光景も…。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ゴザを乾かしています^^;なんか、壮観だったのでパチリ(* ̄m ̄)
 
 お参りする前に…麒麟さんは相変わらず見事です。
 

 
 卓君の麒麟の絵の奉納以来です。 卓君の麒麟、今はどこにあるのかな…。
 
 この麒麟は太鼓橋を渡り終えた参道を見ています。
 
 麒麟は王が仁のある政治を行うときに現れる神聖な生き物だそうで、きっとその傑出した人を待っているのでしょう。
 
 まだ待っている…ということは、まだそういう人物がいない…ということなのかも(* ̄m ̄)
 
 境内の飛梅は元気いっぱい緑色。
 

 
 およそ千年前の梅とは思えない元気っぷりです。
 
 ここ、太宰府天満宮の境内にあるおみくじ、菖蒲の時期は菖蒲色のおみくじになっています。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 引いていないのでわかりませんが、たぶん、いつもと同じことが書いてあるのでしょう。
 
 ここのおみくじは「凶」がありません。
 
 合格祈願に来ておみくじが「凶」だったら、実も蓋もないからでしょうけど(爆)、実際は大吉だろうがなんだろうが、内容を重視してほしいとのこと。なので、大吉でも、「こういうことは良くない」みたいなことは書いてあります。
 
 さて、用事は九州国立博物館でのお買い物…。
 

 
 ちょうど蓮が咲いていました。
 
 玄界灘の波をイメージした博物館、以外に蓮とあいますね。壁が邪魔だけどil||li▄█▀█●il||li
 
 ここで用事を済ませて、例の仏像ガチャをしましたよ(* ̄m ̄)
 
 「コレクション3」には、狙っている婆沙羅があったので、ぜひとも狙いたいところだったのですが…。
 

 
 写真右の「聖観音」が出てきたil||li▄█▀█●il||liil||li▄█▀█●il||li
 
 よりによって、一番欲しくなかったものだったil||li▄█▀█●il||li
 
 だって、SWにでてくるバトル・ドロイドっぽいし><
 
 

 
 
 ←これがバトル・ドロイド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回、「仏像コレクション4」は「真珠の首飾りの少女」を見に、10月に挑戦したいと思います!

初夏の金立公園と昨日のスーパームーン

2012.05.06 13:12|ふぅ散歩

 
 連休前日、ふらっと立ち寄った金立公園。
 
 ここには徐福上陸にちなんで、「徐福長寿館」があります。で、公園エリアには「薬用植物園」もあるので、ちょっと覗いてきました。
 
 偉そうな徐福像があります。…って、偉そうではなくて、偉いんですよ、徐福は^^;
 
                                              
  残念ながら、薬草の花はまだまだでした。
 
 ←のクレソンの花ぐらいですね。
 
 ここは有料なのですけど、散策路から丸見え^^;
 
 フェンスが腰の高さしかないので、モロ見えるんですけど…見ていいの?って感じで見ました^^;
 
 
 
 
 
 
 
 ぶらっと歩くと、すでにつつじは終わって、サツキが咲いていました。
 

 
 今年は花のタイミングが難しいです。でも…自分がそのタイミングを外しているだけかも?
 
 紫蘭の畑で一枚。
 

 
 今が見ごろでした。我が家のはもうおしまいに近いですね。
 

 
 水辺の紫蘭もとてもきれいでした。
 
 もう、イトトンボも飛んでいました。はや~~い!
 

 
 どうせなら、きれいな葉っぱに止まってほしかったけど^^;
 
 シオカラトンボも飛んでいました。ちょうど繁殖期なんですね。
 

 
 この花はなんでしょうね…。名前がわからない花には蝶がたくさんいました。
 
 ちょっと遊んでみました(*^_^*)
 

 魚眼レンズでま~るく見せたかったけど…大して変わらん(笑)
 
 すでにラベンダーも咲いていました。
 

 
 この日はのどかな初夏の散歩でした(*^_^*)
 
 そして昨日は「スーパームーン」…昨日の深夜に撮りました。
 

 2012年の他の満月より14%大きく、30%明るいのだそうで、昨日の夜はひときわ明るかったです。
 
 あまりにもきれいな月でしたので、ちょっと遊んでみました(*^_^*)
 

海辺の散歩

2011.05.17 10:34|ふぅ散歩

 
 この日、結局なんだかんだで肥前町のいろは島にやってきたのですが、少々時間調整があったので、このあたりを散歩しました。
 
 ここは「花と冒険の島」というところらしいです。
 
 橋の右側には国民宿舎があって、海水浴やシーカヤックを楽しめるようになっていますが、この日はまだまだ海水浴などをする物好きはいませんでした(爆)まだまだ海水浴には早い季節です。
 
 この橋を右に渡ると花と冒険の島です。跳ね橋のようですが、実際は固定されているので「なんちゃって跳ね橋」です(^_^;)
 

 
 この日は藤の花がとてもきれいでした。
 
 白い藤もあったのですが、光が当たりすぎて良く写せませんでした…il||li▄█▀█●il||li
 
 浜辺に行くと…。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 おいてけぼりをくらった、クラゲがおりました(*^。^*)
 
 浜辺の面白さはこういうものがたまに打ち上がって、それらをいじくって遊ぶところでしょうか、いい大人になってもこういうのはやめられませんね(^_^;)
 

 
 ここの海は内海なせいか、潮のべたつきがないので、何時間いても髪の毛がサラサラなんですよ(^_-)-☆
 
 この岩には「岩ガキ」がたくさんあるはず…。
 

 
 少し山に入るとシャガがたくさん咲いていました。
 
 自生ではないと思いますが、ほとんど自生に近いものがあります。
 

 
 若い青紅葉はとても美しかったです。
 
 かなりアップダウンのある島なので、体力を使いますね…ここは。
 
 日ごろ山の散策をしている人でも、ちょっとキツイ感じがすると思います。
 
 で、いたるところにこのようなアスレチックジムなのがあり…。
 

 
 
 
 子供達はここで遊んで山を登ったり下ったりするわけですから、夜はぐっすり眠るはずですね。
 
 お父さんやお母さんの夜のために、くたびれて眠ってくれることでしょう(爆)ワハハ!
 
 などと、この時はまだこんなことを考える余裕があったのですが、だんだん歩くだけで精いっぱいに…><
 
 
 
 
 
 釣橋がありました。
 

 
 揺れるつり橋…映画「ゆれる」を思い出し、気分は真木よう子!
 
 結構楽しく渡りましたが、側道があるのでわざわざ渡らなくてもよかった…高所恐怖症の人のためなのかな?つり橋を渡るのは楽しいですね(^_-)-☆
 

 
 山の中腹から見た海。
 
 この日、あまり暑くはなかったものの、結構汗をかいたですね…。
万歩計はしていなかったものの、きつい割にはあまり歩いていないでしょう。
 
 でも、この美しい海が疲れをとってくれます。
 
 東北で牙をむいた海もあれば、ここのように波静かで穏やかな海もあって、改めて自然というものを考えた1時間でした。

ハンサム恵比須発見!

2011.03.09 14:35|ふぅ散歩

 とうとう見つけましたよ!恋い焦がれたハンサム恵比須を!
 
 あるのは知っていましたが、どこにあるんたっけと思っていたら、以外にいつも行っているところに…il||li▄█▀█●il||li
 
 
 
 ということで、ハンサムを拝んでいたく前にちょっと説明を…
 
 佐賀市は日本一恵比須像が多い街だそうで、町村合併により、今のところ発見された恵比須像は775体。もっと増えそうな感じです。
 
 市内では恵比須ツアーなど催されていますが、ふぅ散歩でもいくらか御紹介した珍しい恵比須様も多かったと思います。
 

 
 
 
 
 
 
 こちらの日本初、「子どもを抱いた恵比須像」や…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 女性の恵比須像まであったですね(*^_^*)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 なんでこんなに恵比須像が多いのかというと、諸説あるようですが、長崎街道の城下町であるとのことから、商売繁盛のために置かれたという説もあるようです。
 
  今回見つけた「ハンサム恵比須」は、先代が古くなってしまったことから平成4年に新しく作られたそうで、ふっくらとした貫禄がある恵比須様が多い中、比較的若い恵比須様に見えるらしく、端正なシュッとしたお顔らしいのです。
 
 それではご覧いただきます(^.^)
 
恵比須ナンバー「EBS1226」、ハンサム恵比寿です(*^_^*)
 

 
 ど、どうですか…ハンサム…に…見えます…か?上の恵比須様に比べたら、たぶんハンサムに見えると思いますが…(^_^;)
 
 なんというか、もう少しときめくものがあると思って期待していたのですが…なんというか…期待しすぎたのかなぁ…il||li▄█▀█●il||li
 

 
  …。…。…。
 
 今日もみんなを暖かく見守っています(^.^)
 
 
 
 ハンサム恵比須はここにいらっしゃいます(^.^)
 
 イメージと違ったからって、いたずらだけはしないように…お願いしますm(__)m
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ