FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下村塾と松陰神社2

2013.07.12 08:30|旅の思い出
松下村塾と松陰神社2 1

ということで続きです(*^_^*)

 松下村塾の一番奥にあるのが松陰神社。

 松下村塾と幽閉されていた住宅があるせいか、神社部分の敷地はそう広くはないものの、境内には松の木がたくさん。神社の周りはクスノキで覆われ、緑が気持ちよかったです。

 マッチがいうには、前来たときよりもきれいになっていてびっくりしたとのこと。マッチが行ったのはかれこれ10年以上15年未満ぐらいだったので、そのあと宝物殿とかができてきれいになったんでしょう。

 たしかに松下村塾のような建物は古いのですが、周りがとてもきれいすぎて垢抜けているのがなんともな感じでした。
 それもまた時代が経つにつれ、自然と落ち着いてくるのでしょう。

 松陰神社は明治23年(1890)8月、松下村塾のかつての塾生たちらが、吉田松陰を祀る土蔵造りの祠が立てられました。
 それが松陰神社の前身で、明治40年(1907)、松下村塾出身の伊藤博文や野村靖が中心となって、この祠を公の神社として創建しようと、山口県に請願書が提出されました。その後「県社・松陰神社」となりました。

 こちらが拝殿。


松下村塾と松陰神社2 2

人を入れないで撮るのはさすがに難しかったです。

 子供の日ということで、家族連れが多かったかな~。きっと氏にあやかろうという大人のもくろみ…いや、親御さんの熱い思いが伝わります^^;

 人を入れたことで、神社がそれほどまで大きくないというのがわかりますね。これも、長州人の奥ゆかしさなのかも?

 こちらの神社は吉田松陰大先生お一人が御祭神。

 その大先生をお守りするエースはかなり厳ついお顔をしてました。


松下村塾と松陰神社2 3

ステキな枯れ具合になってますね(*^_^*)

 隣は松下村塾で学んだ塾生52柱を祀る松門神社。


松下村塾と松陰神社2 4

 「松下村塾の門下生」という意味で「松門神社」なんでしょうか?

 こちらが旧社殿…本殿を作った際の旧社殿。最初に作られた祠がこちらになります。

 エースは先生よりもやや控えめな大きさで、迫力も控えめ?(笑)


松下村塾と松陰神社2 5

私の好みとしてはこちらが好きかも?(笑)

 口の珠が取れそうで取れないんだな^^;

 こちらが松門神社の本殿です。


松下村塾と松陰神社2 6

土台は補修されたんでしょうね。上の蔵というか、祠の部分は昔のようでした。

 隣は松陰先生がいらっしゃる本殿。


松下村塾と松陰神社2 7

 千木(ちぎ)・鰹木(かつおぎ)がなんとも美しかったです。

 鰹木には、神社の神紋「五瓜に卍( ごかにまんじ)」という、ちょっと珍しい紋です。
 といいつつ、しっかり写真を撮っていないので、あとでHPで見てください^^;

 本殿右側には観学堂という祠があります。


松下村塾と松陰神社2 8

こちらは松下村塾の門下生、品川弥二郎の生誕地にあったもので、品川弥二郎がこちらの松門神社に合祀されたので、祠だけこちらに来たそうです。
 品川弥二郎は明治の日本において産業組合を作ったり、内務大臣を歴任したり、吉田松陰曰く「傑出した稀にみる男子なり」とおっしゃったようですよ(*^_^*)

 宝物殿はわんこ連れでは行けないのでパス!

 いずれ行ってみたいものですね。

 で、御朱印。


松下村塾と松陰神社2 9

こちらは若い宮司さんが書いてくれました。墨を擦って書いてくれたんだけど、筆がなぜか筆ペン…。

 腰が強いからでしょうか。わからんけど、書きやすかったんでしょうね。

 境内を去るとき、梅の実が。


松下村塾と松陰神社2 10

5月5日だというのに、もう実が熟し始めてました。

 この後からだんだん暑くなってきたんですよね…。今日も暑いです。

 どうぞご用心されてください。私はすっかりダウンしました^^;

 
 松陰神社公式HP…http://www.shoin-jinja.jp/
スポンサーサイト

松下村塾と松陰神社 1

2013.07.10 21:56|旅の思い出
もう、むちゃくちゃ暑い日ばっかりですね~。

 私のPCを置いてある部屋はエアコンがないので、この時期昼間はとてもPCに向かってられません^^;

 ということで、GWの旅の続きです。

 松下村塾はマッチも行きたかったそうで、結構テンションが高かったみたいです。

 その前に、東光寺にお参りした後に、すぐそばにある吉田松陰をはじめとする長州の志士のみなさんのお墓へ墓マイラー。


松下村塾と松陰神社 1

こちらが吉田松陰のお墓です。

 誰がお花をあげに来ているのか知りませんが、吉田松陰と高杉晋作のお墓だけお花が、あとの方は樒だけのようでした。

 吉田松陰は有名なので説明はいらないですね^^;

 お墓は彼らしく大きくはないのですが、墓標はいい石を使っていました。

 その近くには高杉晋作と、私が好きな久坂玄瑞のお墓がありました。


松下村塾と松陰神社 2

写真左の縦が久坂玄瑞。右が高杉晋作です。

 お賽銭箱があるのは吉田松陰と高杉晋作だけだったような^^;

 もともとこのお墓の場所は、高杉晋作の草庵があった場所だそうです。

 眺めがよくて萩の街が一望できますよ(*^_^*)

 ということで、松陰神社へ行ったのですが、GWでしかも駐車料金がタダということもあってか、満車でしばし待ってました^^;


松下村塾と松陰神社 3

20分ぐらい待ってようやく神社へ…。

 松下村塾は松陰神社が維持管理しているそうで、手前に松下村塾があります。ということで、まずは松下村塾へ!


松下村塾と松陰神社 4

松下村塾の手前に、「孝行竹」という竹があります。

 こちら東南アジアの竹だそうですが、この竹は地下茎で伸びるのではなくて、親竹の周りにたけのこがぐるっと生えるそうで、親を守る子供のように見えることから「孝行竹」と言われているそうです。

 吉田松陰はとにかく親孝行だったらしく、斬首刑になるときに、親に「先立つ不孝をお許しください」みたいな辞世の句を残しているそうです。

 で、こちらが国の史跡「松下村塾」


松下村塾と松陰神社 5

もっと離れて激写したかったのですが、とても人が多くて、この場所でみんな記念撮影するから、場所キープでこんな感じでしか撮れませんでしたil||li▄█▀█●il||li

 有名な8畳の「講義室」。


松下村塾と松陰神社 6

このせま~~~い8畳間から、伊藤博文、山縣有朋、品川弥二郎、山田顕義、野村靖、松本鼎、岡部富太郎などなどが誕生したわけですね。

 幕末の日本人は現代人よりも小さいとはいえ、ここに20~50人近くが膝を突き合わせて講義を聞いていたわけですから…昔の人は勉強熱心です。

 その隣は幽閉されていた住居があります。


松下村塾と松陰神社 7

むしろこちらのほうがうんと広い^^;

 といっても、この家の三畳間に幽閉されていたんだそうです。他の部屋は家族がいたそうですけど…。


松下村塾と松陰神社 8

おそらく襖絵などもあったんでしょうけど、資料がないのか白いまんま。

 こういう造りの家には階段がなくて、幕府の役人などが来てもおいそれと2階に行けないようにしてあったんでしょう。

 こちらも国の史跡になっているようです。

 それにしても暑かったですね…まあ、昨日今日の暑さに比べたらなんちゅうことはないですけど^^;

 山口県有形文化財「花月楼」の丸窓…。


松下村塾と松陰神社 9

丸窓は風景が優しく見えるんですね(*^_^*)

 次は松陰神社へ…。

毛利奇数組墓マイラー・東光寺2

2013.07.01 16:42|旅の思い出
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

毛利奇数組墓マイラー・東光寺1

2013.06.30 14:22|旅の思い出
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

美しき鷲原八幡宮

2013.06.17 15:21|旅の思い出
美しき鷲原八幡宮1

今回、出雲大社のほかに行ってみたかったところ、そこが津和野の鷲原八幡宮でした。

 津和野をいろいろ調べていたら、ここの神社の楼門がとても素晴らしくて美しくて一度見て見たかったんです。

 鷲原八幡宮は平安時代からある神社で、宇佐神宮から勧請(本社の祭神を他所で祀る際、その神の神霊を分けたもの)し、その後この地を治めた吉見氏が鶴岡八幡宮からも勧請したそうです。

 吉見氏は清和源氏、源義朝の六男で、頼朝の弟にあたります。
 源氏つながりで鶴岡八幡宮を勧請したんでしょうね。私は平家ファンですけど^^;

 ま、それはともかく、早朝の神社は誰もいなくて静かなものです。
 何より空気が美味しい…。

 そしてその楼門。


美しき鷲原八幡宮2

私の大好きな茅葺屋根。
 この楼門は四脚門なんですよ。それに両サイドに切妻型の翼廊が付いています。
 ほれぼれしますね。もうこれだけで大満足です(●^o^●)
 しかも、山口県などに多い、楼門と拝殿と本殿がくっついた珍しい造りになっています。
 もうお腹いっぱいの感激ですね(笑)

 そんな神社を守るエースもこれまた濃い感じ。


美しき鷲原八幡宮3

面構えが最高ですね。そして力強い前足。
 実はこのエースは高麗犬でして、大島松渓の作だそうです。
 大島松渓とは当地津和野藩のお抱え彫師で、戸田柿本神社の龍の彫り物も彼のものだそうです。
 戸田柿本神社は行きたかったんですけどね…ま、次回ということで^^;

 で、楼門からお参りします。


美しき鷲原八幡宮4

賽銭箱は太鼓橋の上にあります。これも初めての体験。

 何事も初体験はドキドキです(爆)


美しき鷲原八幡宮5

真横から撮った写真があるのですが、こっちはちょっとわかりにくいものの、きれいだったのでこっちを採用しました。
 全部見事につながっているんですよ。
 この社殿(楼門・拝殿・本殿)はすべて国の重要文化財に指定されています。


美しき鷲原八幡宮6

楼門を後ろから撮りました。

 美しい建物は後ろも美しい…。このショットだけで10枚以上撮っていたような(笑)
 
 そしてここは流鏑馬がとても有名で、吉見時代に鎌倉鶴ヶ岡八幡宮の馬場を模してつくられたもので、日本に只一つ原形を留めている貴重な馬場で、島根県の指定史跡になっています。

 それがこれ…。


美しき鷲原八幡宮7

4月の桜の季節に流鏑馬があるそうで、終わって半月ほどだったからでしょうか。このときはまだ馬場が緩かったですね。

 その流鏑馬は動画がありましたのでこちらをどうぞ。




人も凄いですけど、桜の馬場とはよく言ったもので、素晴らしいですね。

 私も子供のころは乗馬をしていましたし、実家が明治維新までは馬を飼っていたので、競馬が好きになったのでしょう(爆)

 もう今では馬に乗ることはないし、乗れないでしょう。けど、こういう馬場を見ると走ってみたくなります。

 おや?馬??


美しき鷲原八幡宮8

馬場を走ってきたのは小夏でした^^;

 私があまりにも神社に見とれて時間をかけすぎたからでしょう。
 我慢できずにやってきました。というよりは、マッチがここで散歩させていたようです。
 
 で、この後は旧むつみ村などを通って萩へ…。

 マンホールをゲッツしていたのですけど、それに関連する写真も撮りたかったのですが、そういうのはなくて、ひたすら田んぼと山の中ばっかり。

 ということで、次回は萩のあそことあそこへ行ってきました。
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。