FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄徳寺のシャクナゲ

2013.04.30 20:18|をりふし・春
浄徳寺のシャクナゲ 1

GWをいかがお過ごしですか?

 先週出かけたのは、神埼市の旧脊振村にある浄徳寺という山寺。ここは「シャクナゲの寺」としてとても有名なところなんです。

 ホントにホントの山奥の寺なので、シャクナゲやその他のお花もなが~く楽しめるんです。

 この日はシャクナゲが全体の半分ぐらい咲いていました。平地ではもう終わりだというのに、こちらではまだまだ大丈夫なんです。

ちなみに「浄徳寺」を漢字変換したら「譲渡9時」になってしまった!(爆)


浄徳寺のシャクナゲ 2

花が長く楽しめるということで、なんとまだ八重桜が咲いていましたよ!ミツバツツジも今が盛りなようです。

浄徳寺のシャクナゲ 3

山の斜面にたくさんシャクナゲが咲いているので、日陰が多いからでしょう。葉っぱもしっかりしたものが多いですね。

浄徳寺のシャクナゲ 4

絞り風のシャクナゲとか、こちらはシャクナゲの種類がとても多いようでした。

 今までいろんなシャクナゲが咲いている場所に行きましたけど、このお寺が一番種類が多いかな?


浄徳寺のシャクナゲ 5

これは定番ですけど、園内の真ん中付近にはミツバツツジを植えているんですよ。
 最近、玉ボケができるようになって、ちょっとだけ嬉しい(*^_^*)


浄徳寺のシャクナゲ 6

写真では白に見えますが、このシャクナゲはクリーム色なんです。かなり淡いクリーム色で、苗を買って帰るか最後まで悩みました。
 もう植える場所がないのに、よくばりですね^^;


浄徳寺のシャクナゲ 7

 境内の中には約一万本のシャクナゲがあるようですよ(*^_^*)

 この日は朝早く行ったので、少しばかり寒かったですけど、園内はゆるやかな勾配のあるのですぐに体が温まります。


浄徳寺のシャクナゲ 8

ミツバツツジもとってもきれいでした。平地ではあまり見ないんですよ。

 ここはこの色と白が多いです。

 連休ネタもあるので、写真が多いです…スイマセン^^;


浄徳寺のシャクナゲ 9

脊振山系を正面に。鶯の声がして、ちょっと贅沢な気分です。ほかにも何人か見えていましたけど、団体さんがまだ来ていなかったので、かなり静かでした。

 観光バスもかなり来るようになって、ここと「つつじの名所」の大興善寺とのセットで見に来るようです。

 大興善寺のつつじ記事はこちら~。


浄徳寺のシャクナゲ 10

園内に一本だけ御衣黄桜がありました。今が盛りですね~。

 ちなみにこの御衣黄は「ほのか」で撮りましたよ、〇しきさん(*^_^*)


浄徳寺のシャクナゲ 11

園内は柵がないので、写真も撮りやすかったです。

 道の向こうから猪がやって…来ないですよ。来たらヤバいです!


浄徳寺のシャクナゲ 12

まだまだ頑張っている山桜と咲いたばかりのシャクナゲ。

 山の中の特権でしょうか。ゆっくり季節が移ろいで行くので、こういうコラボがたくさん見られます。

 最後に珍しいシャクナゲを…。


浄徳寺のシャクナゲ 13

なんでも突然変異らしいです。花びらがないのですが、しっかり咲いているんだそうですよ。
スポンサーサイト

十可苑の春~新緑

2013.04.27 16:10|をりふし・春
十可苑の春~新緑 1

さて、十可苑は秋も開園だということで、たくさんの紅葉も植えられています。

 紅葉の花もたくさん咲いていました。見えますか?


十可苑の春~新緑 2

竹もよく手入れされていて気持ちの良い音がしていましたよ。

 秋はこの部分が対照的な色になるんですね…大いに期待したいです。


十可苑の春~新緑 3

人口の滝もあるんです。「文殊の滝」と名前があります。

 ここも紅葉の時はすごいんだろうなぁ~~~秋は楽しみ!


十可苑の春~新緑 4

シャガの花も、群生してました。

 ここの庭園は極力自然に近い状態で花があるのですが、あまり散らばないようにきちんと手入れされています。


十可苑の春~新緑 5

エビネも自生しているかのように植えられています。

 このエビネの色はちょっと珍しいかな。


十可苑の春~新緑 6

黄色も珍しいですよね。エビネは好きですけど、さすがに育てられません^^;

 一時期はバブリーな値段でしたけど、今はどうなのかな?


十可苑の春~新緑 7

でも、やはり緑は癒されますね…GWでも治療優先なので(当たり前ですが)結構クサクサしているのですが、やはり緑は気持ちが落ち着きます。

十可苑の春~新緑 8

あ~秋は絶対また来よう!

 なんでも、シーズンでは3000人くらいの人出なんだそうです。
 少ないですよね…もったいないなぁ~。


十可苑の春~新緑 9

秋はきっと、こういう感じの色で出迎えてくれるでしょう。

 すんごく楽しみです(*^_^*)

十可苑の春~つつじ

2013.04.26 13:58|をりふし・春
十可苑の春~つつじ 1

続きです。

 十可苑に来たのは、主につつじが目当てでした。
 正直、シャクナゲはまだ早いかな~って思っていましたし、まさか山桜がこんなにもあると思わなかったので、ついつい600枚近くも撮ってしまいました^^;

 一度に三種類のお花を堪能できたのは、実にラッキーでしたね。


十可苑の春~つつじ 2

つつじは約3万本あるそうですが、斜面を利用しているので見た目にはもっとあるように見えます。

 花の無い時期は緑の斜面も、花が咲くと何が植えられているのか一目でわかりますね。


十可苑の春~つつじ 3

庭園なので、苑内にはこうして小さな小川が作られています。
 
 青いもみじの花がたくさん落ちてましたよ。


十可苑の春~つつじ 4

私が行った日は久留米つつじがほぼ満開でした。今ではもう終わっているでしょう。
 今は平戸が盛りか、もう終わり始めているのかもしれません。
 日陰のところはまだ大丈夫かもしれませんよ(*^_^*)


十可苑の春~つつじ 5

あ、人を発見!…よ、よかった…。

 ここは赤い色が多いようですね。久留米地方はピンクやオレンジが多かったですけど、鍋島藩は情熱の赤ですね(*^_^*)


十可苑の春~つつじ 6

わずかに残った八重桜と…。

 ここは展望台に登って行く道沿いに八重桜とつつじを植えてあります。

 石垣の部分は暖かいので、開花も早かったようですね。


十可苑の春~つつじ 7

真っ赤な久留米つつじに降り注いだ八重桜の花びら。

十可苑の春~つつじ 8

大好きなドウダンツツジもたくさん花を付けていました(*^_^*)

十可苑の春~つつじ 9

茅葺屋根は庭園の休憩所になっていました。
 囲炉裏になっているんですよ(*^_^*)

 ここにはお年寄りが休憩している人が何人かいて、やっぱり急こう配のせいか、途中で断念した人も多かったです。


十可苑の春~つつじ 10

頂上の展望台のすぐ下にある見晴らし台から見た景色。

 山桜に久留米と平戸と青もみじ。場所柄シャクナゲがないのが残念ですが、かなり贅沢な景色でした。

 いいわ~~ここ!

 最終回は青もみじと、エビネも少し撮ってきたのでそれで締めたいと思います。

十可苑の春~シャクナゲ

2013.04.25 20:56|をりふし・春
十可苑の春~シャクナゲ 1

続きです。
 
 十可苑の入口を入ると、まずこのシャクナゲがお出迎えしてくれます。

 赤い傘があって風情があるのですけど、誰も来なかった^^;


十可苑の春~シャクナゲ 2

苑内中心部にもこのように傘があるのですけど、誰も座っていないので、紅葉の花がたくさん落ちていました。

 中心部には安倍晋太郎夫人(晋三ママ)手植えの紅葉があり、キツツキまでのんびりコツコツといい音を鳴らしています。


十可苑の春~シャクナゲ 3

苑内は主につつじとシャクナゲに分かれていて、それぞれ全く違った表情を見せてくれます。

 シャクナゲはより自然に近い状態で植えられていますよ(*^_^*)


十可苑の春~シャクナゲ 4

赤い絞り風のシャクナゲ…ここのシャクナゲは、どちらかというと日本シャクナゲのほうが多いと思いました。
 これは西洋シャクナゲ…だったはず^^;


十可苑の春~シャクナゲ 5

が少ないせいか、石段にはみ出しているシャクナゲもそのままで、プチトンネル状態でした。

十可苑の春~シャクナゲ 6

スギ林の木陰に咲くシャクナゲ。

 もともと山林だったんじゃないと思います。シャクナゲのために植えられたんでしょう。直正の時代からだと100年以上経っていますから、もう自然の一部になっていますね。


十可苑の春~シャクナゲ 7

ここの青もみじもかなり素晴らしかったです。秋が楽しみ~。

 シャクナゲと青もみじを狙ったのですが、左隅にシャクナゲが切れてしまったil||li▄█▀█●il||li


十可苑の春~シャクナゲ 8

木漏れ日に照らされたシャクナゲがあまりにも美しかったので、手が出そうになりました。

 しかし、手を出そうものなら、うっかり谷底へ…苑が閉まるまで発見されないでしょう。お陀仏です^^;

 ということで、つつじに続きます。

十可苑の春~八重桜

2013.04.23 20:57|をりふし・春
十可苑の春~八重桜1

先週、佐賀市大和町の「十可苑」に行ってきました。

 ここは鍋島家の別荘地だったところだそうで、名前は知っていたのですけど、通年通して開園していないせいか、今までスルーだったんです。

 で、ここは公式HPがないのでいろいろと探ってみたら、あるHPには1万5000坪の敷地と書いてあり、またあるHPには6万㎡…坪数だと約1万8000坪強とちょっと曖昧(笑)
 一体どれくらいあるのかが謎なので…とりあえず行って見ました^^;

 「九州の嵐山」ということで、中に入って見たら…おお!すごすぎる!ということで、今回は八重桜だけご紹介します。


十可苑の春~八重桜2

十可苑は春と秋だけの公開なので、今回行ったのは開園して二日目ぐらいだったと思います。つつじとシャクナゲが見ごろ…とは聞いていたけど、ここに八重桜があるとは知らなかった!
 例年だと八重桜も見ごろなんでしょうけど、早くも散り始めてました。


十可苑の春~八重桜3

殿さまの別荘ということで、糖…塔が建っています。

 藩祖直茂の時代ではないと思いますが、おそらくは幕末の直正の時代に作られたのかも?
 幕末の動乱で直正もハードな日々を送ったそうで、ここが憩いの場所だったそうです。


十可苑の春~八重桜4

 斜面を利用しているので、山登りみたいにして歩きます。

 この中途半端な感じの石段というか、ちょっと歩きづらくて…完全な階段ではないので、足元が滑りやすいんですよ。


十可苑の春~八重桜5

ああ~もう散ってしまう~~~。

 実はこの日だけでなく、雨上がりの2日後にも行ったんです。好きだなぁ~私って^^;

 雨上がりの同じ場所は…


十可苑の春~八重桜6

すっかりピンクのじゅうたんになっていました。

 誰も来てないみたい^^;

 あまり知られていないのかな?もったいないぞ!(笑)


十可苑の春~八重桜7

やっぱり誰もここまで来ないのか…ほぼ一人占めの景色、続きます(^.^)
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。