FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012・最後の紅葉は永勝寺

2012.11.27 15:11|をりふし・秋
2012・最後の紅葉は永勝寺 1

これでもか!と思うほど紅葉記事が多く、ちょっと食傷気味かもしれませんが、今年最後に行った福岡県久留米市の「永勝寺」という山寺の紅葉がとてもきれいだったので、お付き合いください^^;

 「もみじ寺」と言われるくらい多くの紅葉があるのですが、国道210号線から耳納連山に向かう狭い山道沿いあるので、看板がないとわかりにくいと思います。

 ちょっと長めの階段を上ると、小っちゃいけれど、いい枯れ具合の仁王像がお出迎え~。

 境内の大紅葉!


2012・最後の紅葉は永勝寺 2

実は混雑を避けて朝早く出かけたのですが、山特有の天気か薄曇りだったんです。で、ある程度写真を撮って帰ろうとしたら晴れてきて…。

 ということで、晴れたときと曇りの時の写真がごっちゃになっています^^;


2012・最後の紅葉は永勝寺 3

樹齢300年の「摩天空」と呼ばれる大杉。

 ちょうどこの杉の裏側に穴が開いていて、そこにムササビがいるようです。


2012・最後の紅葉は永勝寺 4

寒かったので、しょうが湯をいただきながら、真上をパチリ!

 すっかり青空になりました。


2012・最後の紅葉は永勝寺 5

本堂の裏から登れるようになっていたので、そこからの一枚。

 お寺は古刹なのですが、屋根が葺き替えられたばかりか、ちょっと風情にかけるのは仕方がないのですが、やはり一見の価値はある眺めだと思います。


2012・最後の紅葉は永勝寺 6

やはりここもキレンジャーが美しい…。

2012・最後の紅葉は永勝寺 7

いや、アカレンジャーも捨てがたい^^;

2012・最後の紅葉は永勝寺 8

耳納連山がすぐそばに。

 その耳納連山と紅葉を見ている人がいて…


2012・最後の紅葉は永勝寺 9

あまりにもステキな後頭部だったので、後ろから隠し撮り!

 よく見ると、福耳ですね(* ̄m ̄)

 山から下りると、ちょうどいい感じで日が当たっていました。


2012・最後の紅葉は永勝寺 10

この時間は11時ごろ。

 朝早く行っても、山際はまだ陽が射さないんですね…10時過ぎに着くぐらいがちょうどよいかもしれません。

 帰り際、下り階段は…ほら!


2012・最後の紅葉は永勝寺 11

今年もステキな紅葉が見れてよかった…。

 ここのお寺は薬師霊場なので、御朱印をいただこうと思ったら、この日に限って住職が不在…。

 ということは、来年また来る用事ができたというもの(* ̄m ̄)ワハハ!

 追記

 明日より3週間ほど更新が少なくなります。週末ぐらいに更新ができるとよいのですが…。

 皆様のブログのご訪問はたぶんできると思うので、遅くなるとは思いますがお伺いします(*^_^*)


スポンサーサイト

錦秋・高千穂峡~3

2012.11.25 22:13|をりふし・秋
錦秋・高千穂峡~3 1

昨日の続きです。今日で紅葉の高千穂記事は終わりますので、もうしばらくお付きあいください。

 こちらは昨日の最後の写真にあった、「真名井の滝」の反対側の紅葉です。ほぼ同じ場所なのですけど、陽が当たるところとそうでないところではこんなに違うんですね…。

 では、真名井の滝へ降りていきます。

 こちらが真名井の滝。


錦秋・高千穂峡~3 2

昨日の写真は、写真の上の橋の上から撮ったものです。

 この場所は畳2畳ほどある、真名井の滝が一番良く見えるポジションを作ってある場所で、みなさんここから写真を撮っています。

 なので、割とこの写真は見たことがある人が多いと思います。

 奥に紅葉があるのですけど(一番上の写真と同じ紅葉)、この位置からだと光量が多くて、設定を変えるにも順番待ちの人がいてもたもたするわけにいかず…。

 気にしない人は気にしないでゆっくりしていますけど、私は小心者故、そそくさと移動しました^^;

 それにしても、ボートが多いなぁ~^^;


錦秋・高千穂峡~3 3

この狭い中、よくぶつからないで漕げるものです^^;

 実はこの場所ではないのですけど、岩に挟まって身動きが取れずにいたカップルがいました^^;

 マッチと見ていたんですけど、あのカップルどうなったのかな…。

 ここのボートの料金は、決して安くないのに…(ボートの料金はここ!)

 渓谷の遊歩道をずんずん進むと、「鬼八の力石」がありました。


錦秋・高千穂峡~3 4

ボートと比べると、かなり大きな石というのがわかると思います。

 三毛入野命に退治された鬼八が、ぶん投げたのがこの石だそうです。

 重さ200トンの石をどうやって投げたんだろう@@


錦秋・高千穂峡~3 5

力石のそばの紅葉はこういう感じでした。やや、真紅に近い紅葉ですね。

錦秋・高千穂峡~3 6

遊歩道もようやく終わりました。苔の感じがいいですね。苔フェチの私は、こういう風景が好きです(^.^)

錦秋・高千穂峡~3 7

見上げると真っ青な空。対照的に渓谷は薄暗く…けど、寒くない、とても良い紅葉狩りでした。

 ホントは行ったことがない神社へ行くつもりでしたけど、”大人の事情”で行けなくなり、またいつか出直そうと思います。

 あと、10回は来てもいいかな?(笑)

 おまけ…。


錦秋・高千穂峡~3 8

逆さじゃなくて、水面に写った景色です。

 水たまりの水も美しかったですね(*^_^*)

錦秋・高千穂峡~2

2012.11.25 09:20|をりふし・秋
錦秋・高千穂峡~2 1

高千穂峡の記事の続きです。

 今年は黄葉がとてもきれいです。高千穂だけじゃなくて、私が行ったところ…実はあと一か所ありますが、そこも黄葉がきれいでした。

 全然関係ないけど、キレンジャーって、カレーが好きでしたよね(爆)

 黄色がきれいに決まると、青空がいい感じで「ペンタ・ブルー」が冴えわたっている…と思いますが、どうでしょうか?〇しきさん(* ̄m ̄)

 でも、やはりアカレンジャー!


錦秋・高千穂峡~2 2

 アカレンジャーはリーダーだけあります。存在感がありますよね…。

 今回はうっかりしないよう、あらかじめ「雅(MIYABI)」モードで撮影しました。


錦秋・高千穂峡~2 3

高千穂峡遊歩道を歩くと、どうしても見どころが渓谷の岩になってしまうし、やはり暗いので紅葉は今一つです。

 なので、上の道路を歩くほうが紅葉が進んでいてそっちの方が断然よかったです。もちろん人が遊歩道ほどいませんし、交通規制が敷かれているので、車も少なくて歩きやすいです。

 高千穂峡での紅葉狩りは道路をお勧めします。でも、絶対車が来ないということはありませんので、紅葉に気をとられすぎないように気を付けてくださいね(*^_^*)


錦秋・高千穂峡~2 4

警告…渓谷なのでバックが暗いでしょう。なんとなくライトアップのような紅葉になります。

錦秋・高千穂峡~2 5

暗い中から木漏れ日で浮かび上がる紅葉は、篝火のようでした。

 こちらは「おのころ池」


錦秋・高千穂峡~2 6

おのころ池のところは桜があるようですね。

 このおのころ池は、高千穂神社の例祭で、この池のおのころ島を3回ぐるっと回る神事が行われます。


錦秋・高千穂峡~2 7

 これが「おのころ島」。これでピンときた方は、古事記に精通した人ですね(*^_^*)

 実はこの島こそが、イザナキとイザナミが持つ「天の沼矛」の先からしたたり落ちたしずくが固まってできたと伝えられる島で、二神が結婚式をあげたところとも言われています。

 この池の水が落ちるところが、名瀑「真名井の滝」。

 橋の上から少しだけ…。


錦秋・高千穂峡~2 8

まだ紅葉していませんでした!ということは、今日ぐらいがこの場所に限っては紅葉が見ごろだと思います。

 写っているボートには女子カップル。フラッシュが飛んできたので、下はかなり暗いんでしょうね。

 ということで、真名井の滝を中心に続く~~。 


太宰府天満宮菊花展~2

2012.11.23 10:21|をりふし・秋
太宰府天満宮菊花展~2 1

今日はヤフブロの中でも、紅葉記事が8割を超えるのではないかと思いますが、菊の記事は1割にも満たないでしょう(爆)

 菊花展の記事は今日で最後、明日からはまた高千穂の紅葉の記事を書きますね(*^_^*)

 ということで、一枚目の菊は「一文字菊」と言います。

 別名「御紋章菊」と言いまして、皇室の紋章のモデルになったと言われている菊なんだそうです。 言われてみたらそうですね。御紋章に似ている…。


太宰府天満宮菊花展~2 2

花びらの部分はぐるぐる巻きにした針金の支えではなくて、俗にいう「エリザベス・カラー」のようなもので支えているのは、こっちの方が安定してきれいに見えるからでしょう。 いろんな色があるのですね(*^_^*)

 こっちは「嵯峨菊」です。


太宰府天満宮菊花展~2 3

こちらは京都嵯峨野でよく作られた菊だそうです。

 京都に行くと必ず目にする…いや、やっぱこの時期、京都に行ったら菊より紅葉ですね^^;

 私は大覚寺周辺でよく見ましたよ(*^_^*)少ししか覚えていませんが(爆)


太宰府天満宮菊花展~2 4

最近の菊花展は洋花の菊もたくさん見られるようになりました。

太宰府天満宮菊花展~2 5

これも菊です。

 知識に乏しい私は、きっと「これ、マーガレットの新種です。」とか言われたら、「わぁ新種ですか!きれいですねぇ」って騙されそう(笑)



太宰府天満宮菊花展~2 6

さすがにこれはマーガレットではないのはわかります(爆)

 「ベスビオ」という菊だそうです。

 菊もいろいろですね~最近はいろんな品種があって、菊花展をみるのも結構楽しかったりします。

 天神さんの境内そばの紅葉もこんなに!


太宰府天満宮菊花展~2 7

三連休、紅葉が残ってくれているといいですね。ちょっと厳しいかも?

錦秋・高千穂峡~1

2012.11.22 09:34|をりふし・秋
錦秋・高千穂峡~1 1

この写真を見て、「あ、高千穂だ!」と思った方は、かなりの高千穂通ですね(^_-)-☆

 ということで、週末は高千穂渓谷へ行ってきました。

 とてもいい天気で最高だったのですけど、おそらく今週の三連休に合わせていく計画の人が多かったのか、駐車場などは空いていました。
 そのぶん、団体さんやバスツアーが多かったです^^;

 私とマッチと小夏はこの下をくぐって、かの有名な「真名井の滝」まで歩きました。


錦秋・高千穂峡~1 2

いいっすね~~。渓谷特有の木漏れ日がなんともいいです(*^_^*)

錦秋・高千穂峡~1 3

こういう枯れかけたのも、自然特有のなんとやらで、風情がありますね。
錦秋・高千穂峡~1 4


 今年はこちら方面は赤よりも、黄色のほうがきれいなところが多いようです。
 この写真は大したことがないけど、初めてまともに丸ボケができたのでうれしくて…。

 ruruさん、できたよ(*^_^*)

 でも、やっぱり赤ですな!!
錦秋・高千穂峡~1 5


 平地もいいけど渓谷もいいなぁ~やっぱり!

 そんなに寒くなかったですよ。

錦秋・高千穂峡~1 6


 ここは「鬼八の岩屋」と呼ばれるところ。

 鬼八という神様が住んでいて、この神様は悪いことばかりするものだから、神武天皇の兄「三毛入野命(みけいりのみこと)」から退治されたということです。
 
 この鬼八退治の様子は高千穂神社の回廊に彫刻がありますので、あとでトラバしておきますから、興味のある方はどうぞ~。

錦秋・高千穂峡~1 7


 鬼八の岩屋を見下ろす橋のそばはこんなに紅葉!

錦秋・高千穂峡~1 8

 
 赤、黄、緑…まるで信号機のような紅葉(笑)これがまたいいのです。

 「真名井の滝」まであと半分…ということで、こちらも続く~。
 


プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。