FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水堂安福寺の御朱印

2008.05.31 15:43|寺院探訪
 恥ずかしながら、今日は私のン回目の誕生日。

 どなたこなたのおかげで今日の日を迎えることができました。

 ありがたく感謝するとともに、これからも精進していきたいと思います。

 で、今日の日付の付いた御朱印を…と思い、旦那さんの用事で付いて行ったところのそばに、5/19~8/15まで「出水法要」が行われている「日輪山 水堂安福寺」に行ってきました。

 地元では「水堂さん」(みっどさん)と親しまれています。

 なんか、英語みたいですね\(^o^)/

 「MID SUN」なんちゃって(^◇^)

 725年、ある猟師が一匹の白鹿を見つけ、射止めたところ金色の光を放って消えてしまいました。
 
 不思議に思った漁師はそのそばに行くと、石の観音様に猟師の矢が刺さっていたことから、漁師は悔い改め、法弓という名前に改めこのお寺を作ったそうです。

 その後平安時代、高倉天皇がご病気となり、夢に「肥前の国の日輪山に霊水があるので、それを飲むと病気がよくなりますよ。」とのお告げがあり、当時ここの領主であった平重盛がその霊水を献じたところ元気になられたとのことです。

 それから今日まで、ここの霊水を求める人が多く、「出水法要」の期間中、3~4万人の人が訪れるようです。

 駐車場から観音堂へ階段を上がると、葦ぶきの観音堂が見えます。


 朝が早かったので、誰もいないようです…が、裏の霊水堂に行くと、先発隊がいました。


 ペットボトルをたくさん持ってきているようですが、水が入ったときすごく重くなるだろうに、大丈夫かな?

 冷水を汲むところは一か所、しかもチョロチョロしかでないので、結構並んでいます。

 御朱印をもらって眺めていると、それを見ていたおばあさんが、「あんた、若いのに信心深いね~。」と感心してくださいました(^.^)

 それを見たほかの人も感心して、なんと順番を譲ってくださいました。

 断ったのですが、押し切られてしまいました。

 これも御朱印のおかげでしょうか?

 ありがとう、おばあちゃん\(^o^)/

 で、これが「霊水」です。


 まあ、普通っぽいのですが、何年たっても腐らないお水だとか。

 なるほど、昔ここから京の都に運んでも腐らなかったわけだ(^.^)

 霊水堂と薬師堂との間に「十六羅漢」がお出迎え。


 なんだか、楽しそうに笑っています\(^o^)/

 きっと、私に「ハッピーバースディ」を歌ってくれているのでしょう(^.^)

 ありがたや(^.^)

 参拝が済んで、階段を降りようとしてビックリ\(◎o◎)/!

 あまりにも急階段だったのです。

 上っていくときは気がつかなかったのですが、この階段昔からのものなのでしょう、幅が小さくて怖い(@_@)


 私の足のサイズは24センチですが、足の指が完全に出てしまいます。

 しかも角度は転げ落ちそうなほど…

 これでは「宝塚の大階段」ではないですか\(◎o◎)/!

 とてもじゃないが、歌って踊って降りられません…(>_<;)

 しかし、怖い思いをしておりて見ると、アジサイの花が労をねぎらってくれました。


 さて、御朱印です。

 お誕生日の日付だけはしっかり入れていただきました。

 肝心のプレゼントは…旦那さんが救急車で運ばれ、検査等で4万円近くもかかってしまい、今月は赤字のためナシ!

 ま、仕方ありません。

 特別欲しいものはないし、健康で養っていただければそれでいいと思います。

 どうしても…と言われれば、「福沢諭吉の絵の付いた紙」をできるだけたくさん…とでも言っておきましょうか(^.^)


    日輪山 水堂安福寺
 
   佐賀県杵島郡白石町堤3144
      ℡ 0952-84-3033

    http://www.mizudou.com
  ★ 駅からはタクシー、車しか行けません。
    



 
スポンサーサイト

車掃除の秘密兵器

2008.05.30 18:55|こだわり


 待ちに待った「ブロワ」がやってきました(^v^)

 先日、安売りのイベントで、この「ブロワ」が欲しくって…

 どうしても動物病院や遠出のドライブなど、愛犬を車に乗せることが多く、掃除がしやすいように車を「トヨタのベンツ」に変えて乗り回しているのですが、やはりドアとシートの隙間などは掃除がしにくく、いわゆる「コロコロ」をビリッと破いて突っ込んでも、きれいにとれたとはいえません…(>_<)

 しかも、家庭用掃除機は使いにくいし、コードレスタイプの掃除機はパワーが落ちるし…(+o+)

 ということで、ホームセンターで見つけた「ブロワ」!!

 これなら掃除がしやすいではないか\(◎o◎)/!

 な~んでこれに気がつかなかったのだろう(T_T)

 ちょうど業者の(プロ仕様の)安売りイベントがあったので、安く買えました。

 「ブロワ」といっても風がビュービュー出るだけでなく、吸い込みもできるタイプ。

 しかも重さが1.7キロ!!

 風の強さも調節できて、ダストバック付き!!

 早速今日使おうと思ったのですが、雨で断念(>_<)

 しかし、買う前にテストしたので、その辺は大丈夫と思います。

 これで車内もきれいに…(^◇^)

 いろいろなメーカーを確認して、やっぱりモーターの強さと、価格で決めました。

 車の掃除以外でも階段の掃除、葉っぱの剪定などに活躍してくれそうです。

愛犬の「牡羊座」??

2008.05.29 09:58|愛犬リッツ
 いつも懇意にして下さる「シュナさん」からのリクエスト…

 タイトルは全く日本語になっていないのですが、まずは見てください…
 そうなのです。

 鼻の形が「おひつじ座」のマークに似ているのです(^v^)

 おひつじ座のマークは…

    ♈

   な感じ…

 どうですか?

 シュナさんのブログをみて、大爆笑しちゃいました\(^o^)/

 いままで、毎日のように愛犬の写真を撮っていますが、「鼻」だけというのは撮ったことなかったからです。

 この写真を撮るとき、寝込みを襲ったのですが失敗。

 旦那さんに捕まえてもらって、もがいているところを強引にパシャ!

 まぶしかっただろうに、ごめんね(^.^)

 愛していますよ、リッツ❤

 でも、おやつなしでした(^.^)

冷泉山龍宮寺の御朱印

2008.05.28 09:47|寺院探訪
 昨日はなんというか、ドタバタした一日だったので、今日は心穏やかになるよう、願いを込めて…

 先日ご紹介した「東長寺」の正面にある浄土宗のお寺、「龍宮寺」についてです。


 東長寺に比べたら、かなり小さなお寺で、観光客も案内板を見て通り過ぎてしまうようなお寺ですが、 このお寺には面白いものがあります。

 なんと「人魚の骨」です。

 山門です…



 山号の「冷泉山」とは、人魚が博多で捕らえられた時、時の帝の勅使「冷泉中納言」が京より検分に来られ、しばらく逗留したことから、「冷泉」の名をいただいたらしく、このあたりの街の名前も「冷泉町」になったそうです。

 「龍宮寺」というのは、やっぱり人魚から来たのでしょうか…

 観音堂の横にある「人魚塚」です。


 もともとこのお寺の前身は博多湾に浮かぶ「浮御堂」だったそうで、火災等で現在の位置に移転されたそうです。

 「人魚塚」もその時に移転されました。

 しかしこの「人魚塚」新しく見えませんか?

 先代の「人魚塚」は、この石を削って飲むと長生きするらしく、おかげでボロボロに…(+o+)
 
 残念ながら、先代の石はありませんでした(^.^)



 観音堂の内部です。

 入口には格子戸がされていて、うまく撮影できなかったので、お写真をスキャナーさせていただきました。

 ここに霊場本尊の「聖観世音菩薩」が安置されています。

 さて、肝心の「人魚の骨」なのですが、鉄筋コンクリートでできた本堂にあるということです。

 しかし、ご住職が不在で見せていただくことはできませんでしたので、雑誌から掲載させていただきました。

 これです


 私は人魚といえばディズニーの「リトルマーメイド」とかのイメージがあるのですが、なんか違うような…(T_T)

 この絵は永禄年間(1558~1570)に書かれているらしく、それによると、貞応元年(1222)4月14日に博多で捕まえられた…などかなり詳しく書かれています。

 まさか、この絵のとおりの人魚が上がったとも思えませんが、この日に何か変わった出来事があったのは間違いないようですね。

 実際この掛け軸に書いてあるのは、「人魚の大きさは81間」ようするに、約147メートル!\(◎o◎)/!

 ウルトラマンでさえも40メートル!それよりもでかい!!

 たぶん、クジラか何かだろうという説が多いようですが、クジラにしても大きいです(+o+)

 骨は茶色に変色して、人間でいうと大腿部の骨っぽいのですが、かなり大きいようです。

 明治時代までは、「八百比丘尼」伝説の影響からか、この骨の入ったタライに水を入れ、参拝者に飲ませていたとのこと。

 ローカルの番組によく取り上げられているので、福岡県の人は割と知っているようです。

 珍寺めぐりのようになってしまいましたが、ここは長野の「善光寺」ともつながりがあり、昔、善光寺の本堂伽藍再建資金調達のため、出開帳法要がここのお寺で行われ、以来「善光寺如来」が祀られています。

 さて、御朱印ですが、住職が不在の時が多く、あらかじめ御朱印は書かれたものが用意されています。


 マンションや商業ビルに囲まれた小さいお寺ですが、「東長寺」の正面にあるお寺ですので、ぜひ行かれてみてください。

 うまくいけば、「人魚の骨」を見ることができるかも…(^.^)

 3枚目、4枚目は「九州西国霊場の旅」 山と渓谷社より掲載させていただきました。

 
   九州西国霊場三十二番札所

      冷泉山 龍宮寺

   福岡市博多区冷泉町4-21
     ℡ 092-291-1003

 
   

南岳山東長寺の御朱印

2008.05.26 10:20|寺院探訪
 博多のビジネス街「大博通り」を天神方面に行くと、ひたすら長い塀があるお寺さんがあります。

 そこが「南岳山 東長寺」です。


 塀の割に山門は大きくありません…(+o+)

 806年、弘法大師が唐から帰国され、博多に滞在された折、「密教が東に長く伝わるように」と祈願され、建立されたお寺だそうです。

 ということで、「東長寺」のお名前が…このとき、弘法大師は33歳。

 私の「33歳」は…トンチンカン(T_T)

 弘法大師が開いた霊場としては日本最古ということです。

 したがって、「九州八十八ヶ所一番霊場」となっています。

 本堂です…


 周りはビルがいっぱい…

 しかしながら、お寺は大きく、負けてませんよ~(^.^)

 なぜ大きいかというと…中に、この方がいらっしゃるからです(^.^)


 撮影禁止ということで、パンフレットから掲載しました「福岡大仏」です。

 ここの御本尊は「千手観音」(国重文)ですが、3/21のみ開帳されるということで、「福岡大仏」がみなさんをお出迎えしてくれます。

 木造(檜)坐像では日本一の大きさで、昭和63年から4年の歳月をかけて作られたそうです。

 高さ10.8メートル(煩悩の数と同じにしたそうですよ)、重さ30トン、光背の高さは16.1メートル。

 わかりづらいかもしれませんが、光背に7仏、13仏、後ろの壁にはなんと5000体の小仏が祀られています。

 ここにはいろいろな宝物も多く、弘法大師真筆と伝えられる「寺号額」があります。


 実はもう一つ、気になるお宝があります。


 これは弘法大師が書いた「千字文」なのですが、じつは織田信長が「本能寺」の居間にかけてあったもので、「本能寺の変」の際、博多の豪商である島井宗室が手に入れ、ここのお寺に寄贈したものだそうです。

 ということは、「本能寺の変」は綿密に計画されたものであったという裏付けになる資料ということになりますが、いったい真実はいかに?

 「寺号額」と「千字文」はパンフレットから掲載しました。

 筑前藩主黒田家の菩提寺でもあります…


 写真は2代忠之の墓。

 初代藩主長政と父如水(黒田官兵衛)の墓は近隣の「崇福寺」にあり、ここは非公開のお寺です。



 これは六角堂。

 本堂正面にあって、かなり目をひく建物です(^.^)

 文化財指定を受けています。

 さて、御朱印。


 ここのご住職はご多忙で、しかも博多の観光コースになっていることから、御朱印はあらかじめ書いたものが用意されています。

 この後、お寺の正面にある「龍宮寺」、「櫛田神社」にも行ってきました。

 ことに「龍宮寺」では大変面白いものがあります。

 近いうち、整理が済み次第UPしたいと思います。

 ご期待ください。

 九州八十八ヶ所一番霊場、九州三十六不動尊結願霊場、九州二十四地蔵尊二十二番霊場

   福岡市博多区御供所町2-4

     南岳山 東長寺
    
    ℡ 092-291-4459

  地下鉄「祇園町」、西鉄バス「祇園町」「奥の堂」下車すぐ。

  博多駅からは上の交通機関を使った方が便利です。

バレバレの秘密クラブ(ホテル龍登園・清風亭)

2008.05.24 20:20|がばいうまか!
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

麦秋

2008.05.21 16:06|をりふし・春


 買い物の途中の風景です…

 いかに田舎に住んでいるか…(^v^)

 すっかり、黄金色、麦秋ですね…

 麦刈りは今週末でしょうか?

 昨年くらいから、刈った麦の穂を燃やすのは禁止され、それがなくなるのはほっとする半面、季節の風物詩がなくなるのは残念ですが、このご時世、仕方ないですね。

 みんな、キリンビールに行くのかな?

 小麦高騰の折、引く手あまたの国麦よ、美味しく大事にいただくからね。

河上山実相院の御朱印

2008.05.19 17:17|寺院探訪
 河上山実相院のご紹介です。

 実相院は以前ご紹介したhttp://blogs.yahoo.co.jp/kennko4shida/7061838:html與止日女神社のすぐそばにあり、神宮寺として900年ほどの歴史をもつ寺院だそうです。

 面白いことに1211年、僧貞暁(源頼朝の四男)が座主となってから天台宗から真言宗に変わったそうです。

 何で変わったのかは不明ですが、その後、諸大名の祈祷寺として勢力を強めていったことから、当時の武家社会のなにがしかの圧力があったのかもわかりませんね。

 さて、仁王門です…


 鍋島家の家紋です。

 佐賀鍋島藩の祈祷寺として、さすがに大きな仁王門です。

 三代将軍、家光の厄年の祈祷をするために建てられたそうです。



 山門を抜け、目の前に本堂までの階段がありますが、柵がしてあります…(^.^)

 ここの階段、あまりにも急すぎて、現在は使われていません…

 上から見たのですが、上りよりも下りの方が危険が倍増…落ちたら、ここのお寺でお経を聞く羽目になります((+_+))

 当人は聞こえませんが…(^v^)

 本堂はこのように…


 この日はここのお寺の最も大切な行事、如法経会(4/10~4/20)の最中でした。
 如法経会とは、大変厳粛な儀式で1日三度、毎回二時間のお経が上げられ、おつとめの度に沐浴をし、専用の装束に着替えるといった大法要です。

 しかもこの法要は、宗派に関係なく仏教徒であればだれでも参加できる行事でもあります。

 とはいえ、お経をあげるのはお坊さんのみで、私たちは写経をし、それを奉納するのです。

 今回は残念ながら写経をする時間がなかったので、来年はしてみたいと思います。

 本堂を過ぎると、たくさんの石仏が待っています…。


  自分に似ている石仏を見つけ、御祈祷するとよいことがあるそうですが…ない…((+_+))

 お大師さん(弘法大師)の石仏が多いようでした。

 その中でも、これが好きなお大師さん。

 似てはないのですが、しっかり拝んできました。


 中にはこんな悲惨な石仏も…


 おそらく、台風による風倒木にやられたのでしょう。

 この石仏だけでなく、まわりの石仏もこんな状態でした…

 あたりは原生林が多く、暗くてちょっと怖かったです…(T_T)

 法要中ということで、参拝者は多かったのですが、御朱印はいただけました。

 が…



 何と筆ペン…(-_-メ)

 字も…私が書いた方が何とやら…(T_T)

 これだけの大寺院、それが筆ペンとは…なんかちょっと違うだろって言いたかったですけどね…(+o+)

 そもそも御朱印の意味を考えると、そうも言えないし、でも気持ちがこもっているかというと、どうなのかなあって思いました。


  河上山神通密寺 実相院

   佐賀県佐賀郡大和町大字川上947-1

      ℡ 0952-62-2652
 
 

うまいんだな、伊藤園ミックスジュース

2008.05.18 17:07|がばいうまか!


 風邪は峠を超え、だいぶ楽になったとはいえ、咳がひどくて体力が奪われます。

 自分の不摂生とはいえ、早く直さねば、明日旦那さんは帰ってくるし、その次は早朝出勤らしく4時には起きないといけないし、免許更新にも行かないといけないし、パーマ屋にも行かないと髪のカラーが色あせてきたし、にっくき固定資産税も払いに行かんといけん…(>_<)

 ボーっとしているようで、なんだかんだとあるもんだ…(+o+)

 で、病気の時の栄養補給はこれ。

 「伊東園」フルーツミックス。

 いま、伊東園はいろいろなフルーツジュースや、ミックスジュースを販売していますが、中でもこれが好き。

 糖度11度と、酸味がきいてグ~(^v^)

 しかも「栄養機能食品」\(^o^)/

 この一本で一日のビタミンCが摂取出来てしまうのです。

 砂糖も不使用、りんご、グレープフルーツ、ぶどう、オレンジの4種類しか入っておらず、季節によって微妙に配分量が変わるきめの細かさ\(◎o◎)/!

 ですが、困ったことにわが地域では自販機でしか置いていなく、スーパー、コンビニにはおいていないんです((+_+))

 じゃ、伊東園の自販機に絶対置いているかというと、必ずしもそうではなく、ないところもあります…(>_<)

 なして、そんなに置いとらんと?

 自販機も価格がマチマチで、130円のところもあれば、140円のところもある、な~んかはっきりしない…(@_@;)

 こんなにおいしいのに、もっとスーパーにも置いてほしいです。

 伊東園さんよ、残念ながらあんたとこの株はもっとらんばってん、どげんかしてどこでも買えるようにしてくんしゃい(^◇^)

 おねげ~しますだ(^.^)

吾平山相良寺(相良観音)の御朱印

2008.05.16 16:47|寺院探訪
 昨日、熊本県山鹿方面に行き、ちょっと寄らせていただいたお寺さんです。

 山鹿市内から北東に行ったのどかな山間部にある、天台宗の名刹です。

 地元では相良観音と呼ばれ、遠方からの参拝者も多く、行事のある時は、県外からも多数の参拝者が訪れるそうです。

 本堂です…


 平日にもかかわらず、たくさんの参拝者がいました。

 安産、子授けので大変有名ですが、その理由は相良観音縁起によると、朱雀天皇の皇妃がご出産のとき、勅使が7日間安産祈願をされ、皇子がお生まれになったことから、霊験があると有名になったそうです。

 平安時代、伝教大師によって開山されたお寺で、99もの寺院があったそうです。

御本尊です…


 境内で買った飴のパッケージに張ってあったシールから写真をお借りしました…

 本堂内で安産なのか、子授けなのか、若い夫婦が御祈祷を受けていたので、本堂内は写真は撮らず、のぞかせていただくだけにしました…(^.^)

 しかし、あまりの大きさにビックリ!!
 
 それもそのはず、木造の千手観音坐像では、国内最大級の本尊だそうです。

 御朱印を書いてもらっている最中に、そばにあった「開運の鐘」をつくことに…


 私この方、鐘をつくのは生れてはじめて…

「力を入れないで、鐘をついてください」こう、浄財の箱の横に注意書きがあったにもかかわらず、あれやこれと考えているうち、ついつい力がこもってしまい、

「これでは、いかん!」

 あわてて急ブレーキをかけ、なんとも中途半端な力で付いてしまいました…(>_<;)

 しかし、さすが名刹のお寺の鐘、私のような中途半端なたたき方でも、とってもよい鐘の音がしました…(^v^)

 そしてもう一つ、ここには大変珍しい、「アイラトビカズラ」という、国の特別天然記念物の植物があります。




 日本では2000年に長崎県佐世保市の時計(とこい)島という無人島で発見されるまで、ここにだけ生息していた、推定樹齢1000年の植物です。

 陸路で見られるのはここだけということと、花はこの時期だけ咲くので、これを見に来る人も多いそうです。

 伝説では壇ノ浦で敗れた平家の残党が、この相良寺に立てこもり、源氏方の武将緒方三郎が寺を焼き討ちしたとき、観音様はこのカズラに飛び乗って難を逃れたということです。

 また、一説には観音様がカズラに姿を変え、焼き討ちした緒方三郎の馬の脚に絡み、落馬させ残党が打ち取ったとも言われています。

 古来、トビカズラは「優曇華(うどんげ)」と呼ばれ、開花したときは国家的事変があると伝えられていました。

 35年ぶりに咲いたときは「満州事変」が起きていて、あながち迷信とも言えませんが、近年は毎年花をつけているようです。

 ここ何年、世の中わけがわからないからですかね?

 とまあ、この花を見ると幸せになるということですし、それだけ珍しいということなのでしょう。

 ありがたく、拝見させていただきました\(^o^)/

 ここのお寺さんはお接待を気持ちよくしてくださって、ありがたかったです…(^v^)

 よい季節に来てよかったと思い、喉がイガイガしていたので、飴を買って帰りました。

 「アイラトビカズラ」の写真をご覧になってくださった方、よいことがありますように…





 九州四十九院薬師霊場31番札所
 
     熊本県山鹿市菊鹿町相良370

        吾平山 相良寺(相良観音)
 
 
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。