FC2ブログ

ふぅ散歩・大型ショッピングモールに挑む!

2010.05.27 09:02|ふぅ散歩

 
 40歳独身、酒もたばこもやらないし、これといった趣味もない(と思う)従兄弟…。
 
 そんな従兄弟にプレゼントと思い、福岡県筑紫野市にある「イオンモール筑紫野」に行ってきました。
 
 3階建てのショッピングモール、北部九州で一番大きなショッピングモールかと思います。
 
 何を買うか目的もないので、かなり時間がかかるだろうと思い、万歩計をつけて歩きました。
 
 これといった趣味がない男性っていうのも、何をやってよいのやら、本当に迷います><
 
 マッチは「お茶はどげん?」とかいろいろいうのですが、お茶はペットボトル、ご飯は全部外食なんです…。
 
 自炊は全くしないようなので、こちらの高菜漬けとか明太子とか持って行ってもどうしようもないのでホント、困っています><
 
 靴下、下着とか思ったけど、どんなのが好みかもわからんし…(^_^;)
 
 とりあえず1階から3階までメンズの店や雑貨屋などをくまなく見て回り…。
 
 3階まで見てちょいと休憩…
 
 目の前にはバットマン!アメコミ版の古いタイプかな?
 

 
 どうも一ヶ所に目が行ってしまい…(爆)
 
 変な妄想が膨張する前に、さっさと退散!
 
 で、結局は…
 
 
 ラッシュの石鹸ということに…><
 
 グラムで買ったけど、いい値段がしたなぁ…私も欲しくなりました❤
 
 男にあう石鹸という事で、さっぱり系で匂いもさわやかなタイプと、イランイランを組み合わせた複雑な香りのするものなど選びました。
 
 しめて3時間半ぐらいかかったかな~、歩数は10,058歩!!
 
 これは目的がない買い物だときついわ…(-.-)
 
 買い物に付き合わされる殿方の苦労が少しわかりましたが、我が家は逆です><
 
 私の買い物は短いんですよ。
 
 それはともかく、1万歩を超えたけど歩くきつさは感じなかったけど、頭がきつかった~><
スポンサーサイト



円通山常安寺の御朱印

2010.05.26 13:39|寺院探訪

 
 なんとなんと、お寺の記事は3月25日以来、2か月ぶりということに…(._.)
 
 これじゃイケません、どんどんピッチを上げなくては!!
 
 今回は九州西国霊場28番札所、円通山常安寺です。
 
 ここはこの地を治めていた松浦党の領袖波多氏の家臣、今井新右衛門常安が建立したお寺です。
 
 その常安という名前がそのままお寺の名前になっているという事ですね。
 
 わかりやすく言うと、松田聖子の店が「フローレス・セイコ」というのと同じかな?(爆)
 
 そんなつまらん冗談はさておき…場所は佐賀県唐津市(旧北波多村)の国道202号線沿いにあります。
 
 が、あまりにも道路に近すぎてそのまま通り過ぎてしまい、あわててUターン(T_T)あまりにも道路にビッチリした場所に建っているので気がつかなかったんです><
 
 写真の本堂を写す時、道路がすぐ背中にあって怖かった…(T_T)
 
 中に入りましょう(^.^)
 
 中は古刹という事で古いかなと思ったら、なんとまばゆいばかりのゴールデン!!
 

 
 天蓋が頭につきそうなくらい…
 

 
 これ…すごいなぁ…はしたないけど、いくらだろう?
 
 そんなつまらぬそろばん勘定を勝手に想像しながら御本尊はちら~っと見える?
 
 わかりにくいので、雑誌のコピーでご覧ください。
 

 わかりますか~? ちょっと見にくいでしょうか?
 
 
 
 こちらのご本尊、インドから請来されてやってきた、一寸八分(約4cm弱)の十一面観音です。
 
 本堂内の十一面観音の胎内仏です。
 
 う~ん、スタイルがインドっぽいかな?
 
 なまめかしい曲線美ですね(^.^)
 
 
 
 
 
で、霊場の本尊様はこちらの十一面観音です。これもコピーから…。
 

 
 こちらの観音様は「垂玉観音」といい、もともとはこのお寺の近くの岸岳という山の自然岩窟の中にありました。
 
 が、江戸時代からここら一帯は石炭が採掘され、明治34年に地盤沈下で崩落してしまいました。
 
 しかし、当時の住職がこの観音様の夢を三日間連続で見たので、霊場が崩落するのではと思い、この常安寺に安置され難を逃れました。
 
 普段から崩落のうわさもあったり、虫の知らせだったのかもしれませんが、よかったよかった(^.^)
 
 そしてここにはもう一つ。釈迦誕生仏がおかれています。
 

 灌仏会(お釈迦様の誕生日)に使われる仏様です。
 
 甘茶をかけるので、腐食しにくい銅を使っています。
 
 この仏さま、渡来仏だそうです(@_@;)
 
 ということで、通常は非公開、これも雑誌のコピーからです。
 
 お寺の前にはこの仏さまの解説が書いた看板があります。
 
 他には元首相吉田茂が鐘銘を書いた「平和の鐘」(鐘楼)や、役小角が作ったとされる手洗鉢があります。
 
 で、御朱印です。
 

 
 非常に達筆で、きれいに書いてくださいました<(_ _)>
 
 書いてくださったのはお寺の裏で幼稚園にいらっしゃったお寺の奥様で、とっても気さくで素敵な方でした(^.^)
 
 花が大好きという事でいろんな花を植えていて、花の育て方も教えてくださいました。
 
 実はこの後、この近くの霊場に向かったのですが、思わぬことが…。
 
 この御朱印が達筆すぎたために、私に災いが…((+_+))
 
 次回までのお楽しみということで☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
 
 
 九州西国霊場28番札所
 
 円通山常安寺
 
 佐賀県唐津市北波多徳須恵365
 
 
 

ワイワイマップ・かじかの里

2010.05.25 15:41|マップ・コレクション

 
 さて、ワイワイマップ「水車百景」はついに81件になりました(^.^)
 
 ブロ友の皆様には借金取りたてのごとく、しつこく投稿をお願いしたり(爆)、ブロ友のお友だち様やマップで知り合った方からなど、本当に多数の投稿ありがとうございます。
 
 あと少しで「百景」に到達します。
 
 どうぞこれからもよろしくお願いいたします<(_ _)>
 
 という事で、82件目は佐賀県古湯温泉にある「かじかの里」の水車です。
 
 古湯温泉はこのほど「全国ぬる湯サミット」なるものが開かれた、ぬる湯の名湯なんです。
 
 これからの季節、ぬる湯はもってこいですね(^.^)
 
 古湯温泉の歴史は古く、かの徐福が発見したとされる温泉で、2,200年前からある超古い温泉、まさに名前の通りの古い湯です。
 
 かの斎藤茂吉も愛した温泉郷で、歌も詠まれています。
 

 
 最近は温泉の掘削などで源泉がぬるくなった地域もありますが、ここ古湯温泉は茂吉の時代もすでにぬるかった…という事ですね。 
 
 ちょいと嘉瀬川を散策してみました。
 
 すると、カジカの鳴き声がします(●^o^●)
 
 カジカとはカジカガエルのことで、漢字で「河鹿」、河の鹿と書かれるように、その鳴き声が鹿のように聞こえることからそう名付けられているんですね。
 
 清流にしかすまないとされるカジカ、 YOUTUBEにその鳴き声がありました。
 
 この日、カジカの姿をとらえることはできませんでしたが、このような鳴き声がたくさん聞こえていましたよ(^.^)
 
 どうですか?癒されましたか?
 
 
 
 
 さて、遊歩道を歩き終えると、緑の中から水車が現れました。
 

 
 緑の中の水車、とっても気持ち良かったですよ(^.^)
 
 手前のカジカガエルが何ともまったりして…
 

 
 古湯温泉とカジカをイメージした、実にいいオブジェですね。
 
 この表情がたまらない…❤
 
 けど、カジカさん、いくらぬる湯でもあなたが温泉に入ったら、まちがいなく煮えますよ!(爆)
 
 カエルが煮えるだなんて見たくない…il||li▄█▀█●il||li
 
 そんなとんでもないことを想像してしまった私ですが…。
 
 新緑の季節が終わるころ、麦が刈り取られ、すぐに田植えが始まります。
 
 そうなると、いよいよ水車の出番ですね(^.^)
 
 これから探索もしやすくなるかも?
 
 ぜひ、癒しを求めて頑張って探して行きます(^.^)
 
 
 
 
 


 
 物好きな私、もう一つマップを立ち上げました(*^_^*)
 

郷土英雄列伝
 
 と、仰々しいタイトルをつけてしまいました><
 
 みなさんの郷土や旅行先で見つけた銅像をマップに投稿して、皆さんと楽しめたらと思います。
 
 銅像で名前のあるものでしたら何でもOKです☆^(o≧▽゚)oニパッ 
 

 戦国武将や軍人、文化人、胸像でもOKです。
 
 動物も名前があるものでしたらOKです。
 
 すでに「シンザン」のご投稿をいただいています。
 
 同じ人物でも場所が別であれば構いません。(すでに藤堂高虎が三体ほどご投稿いただいています)
 
 「水車百景」、  「見つけた!名・珍「燈籠」  」「郷土英雄列伝」 をどうぞよろしくお願いします<(_ _)>
 
< ブロ友さんのワイワイマップ>
 
 
 楼門発見!たのもう~MAP   ほか 越前屋平太さん
 
 カラーマンホールマップ       daizuさん
 
 
 
  

サイダーハンター24・シラスマンゴーソーダ

2010.05.24 15:59|サイダーハンター

 
神奈川県 藤沢市 シラスマンゴーソーダ
 
 サイダーハンター、最大の危機!!ということで、前回同様アグレッシブなお飲み物が…(^_^;)
 
 どうしてマンゴーソーダじゃなくて、シラスなの?と思うでしょ?
 
 このお飲み物は江の島のシラス専門店、「とびっちょ」さんの商品なんです(^_^;)
 
 だから「シラス」なんですよ…( 一一)
 
 もう、ここにあえてシラスを強引に持って来なくても…と思うのですが…なんとも食欲をそそらないお言葉が書いてあります。
 
シラス専門店が作った、しらすジュース!フレッシュマンゴーの中にしらすエキスと少々の炭酸を加え、まったりとした口当たりに仕上げた「トロピカルしらずジュース」です。
 シラス専門店が作ったジュース…確かに正論ですが、ここでふと頭に浮かんだことが…。
 
 「ミスタードーナッツ」を思い出してください。
 
 ミスドは「ダスキン」の子会社ですよね?そのダスキンが、もし、「使用済みモップすりすりドーナッツ」とかいう商品名で出して、果たして売れるのだろうか…。
 
 あるいは「ミスタードーナッツWITHダスキン」という会社名でドーナッツが売れるかという事です。
 
 なので、天下のとびっちょさんが、「マンゴーソーダ」ではなく、そこに「シラス」をくっつけたこと、これで商品に手が届くかという事です…。
 
 ご覧のように、瓶から実に妖しげ…色がね…なんでこんな色なのだろう…おそらくは、日光をなるだけ当てないように、中のマンゴーが変色しないためなのでしょう。
 
 とはいえ、昔、薄暗い病室にあったような色の瓶じゃないですか…。
 
 シラスエキスという事だけど、まさかシラスがニュルって出て来ないよね…あぅぅぅ…とか思いながら、グラスに注いでみましょう。
 
  よ、よかった…シラスが出で来なかった❤
 
 解説のように、まったりとした感じです。色がオレンジジュースみたいですが、さらっとした感じではないですね…ではいただきましょう(^.^)
 
 まずその一口目は…ひと…く…ち…は…あ…あああ…。
 
 言葉にできません…。
 
 匂いも味もマンゴーですが、炭酸がいらないような…なんだか不思議な味です。
 
 シラスエキスという事ですが、いったいどこに?というくらい、シラスの味はないですね。
 
 しかし…これは…参りました…撃沈ですil||li▄█▀█●il||li
 
 鼻から抜けるマンゴーの香り…これにすっかりやられました…(^_^;)
 
 只今宮崎ではマンゴーが旬です。
 
 が、やはり、歯に繊維が引っ掛かっても、マンゴーは食べた方がいいです。 
 
神奈川県藤沢市 有限会社とびっちょ
なつかし度…☆☆☆☆☆     酖美度…★★★★☆
  糖度  …★★☆☆☆     炭酸度…☆☆☆☆☆ 
 味わい度…★★★☆☆     驚き度…ドリアンサイダーといい                          勝負 MAX!測定不能!
 
 私見ですので、一つご参考にしてください。
 

愛しのマンホール68~70・熊本県山鹿市鹿本町

2010.05.19 10:22|愛しのマンホール

 100万と12人のマンホリアンの皆様、おはようございます(^.^)
 
 今日は熊本県山鹿市鹿本町にある「石のかざぐるま」がデザインされたマン蓋です。
 
 ちょ~っと色あせていますが…><
 
 山鹿市は平成の大合併により、菊鹿町、鹿央町、鹿北町、そして鹿本町が一緒になりました。
 
 しかし、なんて太っ腹なのでしょう…合併して新しくマンホールをデザインしているので、デザインマンホールが非常に多い市になってしまいました。
 
 山鹿市とありますが、旧鹿本町に設置されています。
 
 旧町のものは後日掲載します(^.^)
 
 モノクロはこちら…

 
 小さいものはこちらです…。
 

 
 モノクロはよりゴツく見えますね(^-^)
 
 さて、この「石のかざぐるま」、山鹿市鹿本町の「一本松公園」にあるもののデザインですが、とにかくよく回ります。
 
 私は別の地域で取材したのですが、こちらのもびゅんびゅん!
 

 
 あ~、写真では止まって見えますね…><
 
 上のリンク先でどうぞ…。
 
 近くで見ると…
 

 
 かざぐるまの付け根部分にボールベアリングのようなものがあって、それで回りやすくなっているようです。
 
 石で重たいかざぐるまに見えるのですが、意外と少ない風で回りますよ(^_-)-☆
 
 さて、おまけのもう一枚…。
 

 
 これは昔、鹿本鉄道があった時、残された鉄橋です。
 
 鹿本鉄道はほんの短い間の運行でしたが、戦後食糧難の時に祖母が買いだしで利用していたそうです。
 
 この辺りは豪農が多かったんですね。
 
 写真ではわかりにくいと思いますが、今の列車はとても通れない、小さなものです。
 
 昔はこの小さな列車に乗り、はるばる私の母たちのために祖母は食料を買いだしに来ていたんだと…。
 
 何とも言いようがない意味不明な遺言を残した祖母ですが(爆)、こういうものを見ると本当に苦労したんだな~と、ちょっぴり感謝です。
 

アウトドア百人一首 九~花の色は~

2010.05.18 15:55|アウトドア百人一首
 忘れたころにやってくる、「アウトドア百人一首」(笑)
 
 月2回は更新したいのですが、やっぱりというか、足を引っ張る字があるおかげで月一のペースになります><
 
 ちょっと苦戦気味ですが、なんとか百までがんばります!
 
 という事で、九首目はかなり有名な歌が登場です(^o^)丿
 
花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに   小野小町
 
 小野小町はご存じ、美人の誉れの高い女性でしたが、謎に満ちた女性でもありました。
 
 有名すぎてご存知の方も多いかと思いますので、説明はいらないと思います。
 
 歌の口語訳もいらないかな…もう、詠んだだけでお分かりかと思います。
降りつづく春の雨に、桜の花のさかりをすぎ、すっかり色をあせてしまいました。
かなえられぬ恋の思いにうちしずみながら、降りつづく雨をぼんやりながめ暮らしているうちに,わたしの美しさも、その花の色のように、こんなにおとろえてしまいました。
 おのれの一生を花にたとえた小町自身を詠った歌…。
 
 ここに出てくる愛しのダーリンは「百夜通い」で有名な深草少将の事ではなく、実は在原業平だった…という話があります。
 
 それぞれが成就することはなかった恋愛模様…小町はこの後百歳まで生きたとされ、滋賀県大津市には「小野小町百歳の像」があったり、京都小町寺(補陀洛寺)には、小野小町老衰像と小町供養塔などがあります。
 
 美しい盛りには顔が描かれず、年老いて像になって残される…これもちょっと酷な人生ですね…(^_^;)
 
 ということで、アウトドアになるとこうなります(^.^)
 

 
 (クリックしてください。大きくなります)

 
 今回は比較的楽な方でした(^o^)丿
 
 ちょっとばかり苦しんだのは「移」でしたね。
 
 近所に「レッカー移動します」とかいう看板がないので(田舎ゆえ…)、「う~ん」と迷っていたら、大学病院の駐車場に「移動式消火栓」がありました\(^o^)/
 
 なので、白字に赤なんです❤
 
 あとは「め」は「らーめん」からとか、他は大丈夫でした(^_-)-☆
 
 次回はキリ番十首目!!
 
 ホント、早く投稿しないと…いつまでたっても終わらない!!

サイダーハンター23・激辛カレーラムネ

2010.05.14 16:46|サイダーハンター

 
静岡県 島田市 激辛カレーラムネ
 
 サイダーハンター、またも危機が訪れる!…ということで、今の手持ちで一番アヤシイ「激辛カレーラムネ」に挑戦です><
 
 本来、「サイダーハンター」はチャレンジャー企画ではありませんが、ここしばらくはチャレンジャーなものばかりが続きます…。
 
 前回のカレーラムネは撃沈モードでしたが、果たして今回は…。
 
 ラベルや瓶の形は前回よりも怪しげです…しかも、ラベルの横っちょには、
注意・激辛飲料です。辛いものが苦手な方やお子様の飲用には十分注意してください。
 とのこと…。
 
 いったいどう注意したらよいのかわかりませんが(爆)、まずは一口飲んでみます(^_^;)
 
 あ、ちなみにサイダーハンターの記事はできるだけリアルに書きたいので、PCしながら飲んでいますよ。
 
 ごっくん…………味は前回のカレーラムネ…と思ったら、後からぐわわわわ~~~ん、辛さが増してきた!!
 
 うひょ~!です><
 
 飲んだ後、必ずむせてしまいます(-.-)で、当然辛いので、ゴクゴクは飲めません、前回同様チビチビです。
 
 うは~、これはすごい…。
 
 しかしながら、飲みやすさは前回のカレーラムネよりも、こちらの激辛のほうが断然飲みやすいです。
 
 なんでかな~?私見ですけど、辛い分、砂糖が効いていて、それで飲みやすいのかもしれません。
 
 とはいえ、これはやはり体調が良い時でないと飲めません。
 
 おなかすいた時に飲むと、必ず胃に来ると思います。
 
 胃腸の弱い人は体調が良い時に飲んだ方が良いと思います。
 
 これはすごいけど…カレーラムネに比べたら、美味しいです。
 
 飲みやすくて美味しいのだけど、普通のラムネなどのほうが安心して飲めると思います(爆)
 
 ドリアンといい勝負だな…(笑)
 
静岡県島田市 木村飲料 激辛カレーラムネ
なつかし度…☆☆☆☆☆     酖美度…★★★☆☆
  糖度  …★☆☆☆☆     炭酸度…★★★☆☆ 
 味わい度…★★★★★     驚き度…ドリアンサイダー以来の                            MAX!測定不能!
 
 一応私見ですので、ご参考にしてください。

【眠れる美女】他

2010.05.13 14:14|読書いろいろ
 先週読んだ本…10冊ぐらい読んだのですが、タイトルの割に面白くなかったものが多かったので、投稿しませんでした><
 
 う~ん、やはりタイトルにつられると失敗することも多いようです。
 
 反省を踏まえて、時間をかけて探した本…途中ですが、結構面白かったです(^o^)丿
 
 まず…
 
 
 川端康成の作品、結構有名な本のタイトルですが、内容はちょっとビックリ・・・でしょうか?
 
 ご存じでない方のために…
波の音高い海辺の宿は、すでに男ではなくなっていた老人たちのための悦楽の館であった。真紅のビロードのカーテンをめぐらせた一室に、前後不覚に眠らされた裸形の若い女-その傍らで一夜を過ごす老人の眼は、みずみずしい娘の肉体を透して、訪れつつある死の相を凝視している。
 と、川端文学の中でもちょっと異彩な感じがいないでもないのですが、私は割とこの本が好きで…ちょっと謎めいた海辺の宿の雰囲気とか、微妙な閉塞感があるのですが、あまり窮屈でもない文章だったり…。
 
 主人公の江口老人はある人の紹介を受けて、海辺の宿に出入りするのですが、そこには死んでいるのか生きているのかわからない裸の娘(本当は生きています)が、布団の中で寝ているところに添い寝をするだけなんです。
 
 ただそれだけ…ルールは添い寝するだけで、妙な気を起してはいけないんです(*_*;
 
 もし、したら…といったスリルもある小説なのですが、老人が娘を透して自分の【死】を見つめたりするところは結構リアルです。
 
 最後はどうなるのか、実はある事件が勃発するのですが…。
 
 で、次…
 
 
 なんとなくですが…ライオンとかトラとか、一度は飼ってみたい…とか思ったことはないですか?(笑)
 
 飼ってみたいと思ったことは一度はあるかと思いますが、まず無理…。ということで、シュミレーションをしてあるのがこちらの本です(^.^)
 
 読んでみると、意外や意外…ライオンって象に比べたら、格段に飼いやすい動物なんですね(^o^)丿
 
 マンションの中でも飼えるそうですよ(^.^)
 
 マンションの中に丸太と冷蔵庫、空気清浄機付きのエアコン、床を排水溝を備えたコンクリートにすれば万事OK!
 
 もちろん、檻は必要ですが、牛肉と豚肉さえ与えなければ大丈夫だそうです。
 (牛肉と豚肉はなぜか野生の血が目覚めるので危険…なので、鶏肉をあげるのだそうです)
 
 そんなあなた、夢を叶えて見たいと思いませんか?(爆)
 
 で、最後は漫画です…。
 
 
 図書館で「葉隠」の特設コーナーがあったので、借りてみました(^.^)
 
 「葉隠」といえば、【武士道とは死ぬことと見つけたり】で有名なことで知られていますが、私は全部読んだことがなかったので、漫画なら読みやすいかなと思って借りてみました(^.^)
 
 読んでみたところ【武士道】うんぬんばかりではなくて、意外や意外!子育てについてや衆道についてのマナー、太平の世になって武士がサラリーマンのようになってしまったことなど、21世紀の今、江戸時代の人とほとんど変わらないことにびっくりしてしまいました。
 
 いわゆる【鍋島論語】と言われる「葉隠」…結構面白くてハマってしまいました(^.^)
 
 その一説です。
聞書二
病気を養生するといふは、第二段に落つるなり

病気になってから養生するというのは、あまり賢いやり方ではない。
病気になってから治すのは、大変に難しいことである。
仏教でいうところの因果応報と同じで、不養生すれば病気となる。
病気以前に病気のもとを断ちきるという事を、医者も知らないと見える。
これは私が体験して確信したことである。
その方法とは食欲、性欲を絶って暇さえあれば、灸をすえる事である。
私は両親が年を取ってから生まれた子であったために、水分が少ないと思われたのである。
幼年の頃…医者が「二十歳までの命でしょう。」というものだから、たまたま生を享けながらご奉公もしないままに死ぬのは残念なことである、ならば生きて見せようぞと、七年の間性行為を止めてみたところ、病気にもならず今まで生きながらえたのであった。
薬も飲んだことがない。
少々の病気などは気力で治したものであった。
イマドキの人は生まれつき虚弱な上に、過淫であるから、皆若死にしてしまうのである。
バカげたことである。
医者にも言っておきたい。
イマドキの病人などというものは、半年か一、二年の間…禁欲させてみれば、病気など自然に治ってしまうものだという事である。
大体において、いまどきのものは!
意思が弱い!
禁欲できないくらいでどうするのか、バカ者めらが!!
 と、山本常朝さんは叫んでおります…(^_^;)
 
 他12冊…計15冊。合計43冊。(5月13日現在)

私じゃありません!

2010.05.12 09:48|怒!

 
 ドライブの途中で見つけました…。
 
 いくら私が怪力でも…
 
 私じゃありません!!

緑萌ゆ、名勝「九年庵」②

2010.05.10 18:10|をりふし・夏

 
 
 このように上の下も緑…目の前には有明海と雲仙普賢岳を借景にしてあるそうですが、全く見えませんでした(^_^;)
 
 この時間になるとちょっと遠くがかすんでいます…秋なら良く見えると思うのですが…。
 
 上の写真の右の方から燈籠が覗いていて、「後ろの母屋もしっかり見るように」とのこと…。
 
 ということで、縁側に座っていた人をかき分けて撮影しました(^_-)-☆
 
 縁側から見た風景…これは庭の裏側に当たります。 

 
  実は見ていただきたいのは庭ではなくて、手前の柱なんですけど…よく見ていただくとわかりますが、「正目」の柱なんです。
 
 つまりこの母屋は柱からすべての木材は「正目」を使っているという、とんでもない贅沢な作りなんです。
 
 「ふし」が全くないんですね…。
 
 今でふしのない家を作ろうと思ったら一体いくらになるのだろう…。
 
 今の金持と昔の金持の違いは、やはりこういうところに違いがあるのかもしれませんね。
 
 今の金持ちはやたら豪華で華美なものが多いし、何気にパクリも平気でします(爆)
 
 しかし、この当時の金持は見えないところや気がつかないところにこそ、大金を使うのが美徳だったようです。
 
 つまり…「わからん人にはわからんでもいい」ということなのかな?
 
 それはさておき、建築関係の人はぜひ見ておかれると良いかもしれません。
 

 
 ガラスも明治時代のものがそのまま使われています。
 
 縁側は竹でできていて、障子も凝った建具です。
 

 
 この縁側、もろそうな感じがしますが、定員オーバーになってもビクともしないんです…バキッ!とかいうのかと思ったけど、意外に頑丈でした。
 
 私は…座っていません(^_^;)
 
  そして東側のお庭に出ると、これまた美しい若い緑がいっぱいです。

 赤がワンポイントあるのがミソなのかな~…池が浅いというのも水面が静かに見える演出なんでしょうね(^.^)
 
 こちらもなかなか…

 
 言わなければ良いのですが、左はトイレ…「東厨」っていうのかな?
 
 それにしても立派なトイレ…
 
 ここからだとトイレってわかりにくいですね(^.^)でもトイレ!(爆)
 
 そして出口付近で緑の噴水が…

 この中にいると、緑のシャワーを浴びている気分になります。
 
 すごく気持ちよかった~~~。もって帰りたいくらい!!
  
 すっかり緑に魅了された時間でした。
 
 出口でやっとこさマッチに会って…まあ、向こうも一人の世界に浸っているようでした(笑)しばらくほっておきました(爆)
 
 今回初めての緑の九年庵、次は紅葉かな…?
 
 紅葉は全国的に知れ渡っているので、今回以上の人が来るのは間違いないし、どうしよう…。
 
 でも、これだけの緑を見たら紅葉を見たくなる人は100%だと思う。
 
 商売上手な神埼市です(^.^)
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ