FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の天満宮を散策

2010.07.30 10:23|神社探訪

 
 博物館を後にして、天満宮を散策して見ることにしました(*^。^*)
 
 太宰府天満宮は子どもの頃より親しんで、初めて御朱印をいただいたのもここ。そして初めて迷子になったのもここです(笑)
 
 迷子になったのは100%母のせいで、私が行く先々で慎重なのはまさにこの時のトラウマが原因なのですが、その話はまたいつかということで、今回は宝物殿がリニューアルしたという事もあり、小学生以来入ってみることに…。
 
 ご多分にもれず、はやりのあの方がお出迎え…。
 
 実はここには幕末の志士に関係する手紙や資料がたくさん保管されており、三条実美と坂本龍馬とのやり取りした手紙や、高杉晋作の手紙などが展示してあります。
 
 菅原道真公が愛用したとされる立派な硯もありましたよ(*^。^*)
 
 さて、きちんと参拝しようと鳥居へ向かいました。
 

 
 この鳥居は約700年前のものです。本来なら文化財級なのかもしれませんが、ご覧の通り補修の跡が多いです。確実なのは足の下の方ですね(^_^;)
 
 で、こちらは天満宮で一番人気の御神牛。
 

 お正月にはご利益にあずかる人で長蛇の列。
 
 しかしながら、近年隣国の観光客にもてあそばれて悲惨な目にあっています。
 
 神様の使いなのにまたがって記念撮影したり、甚だ不埒なヤツが多いです。
 
 韓国語のガイドがいるにもかかわらず、全く注意しないので腹が立ちますね…私が言葉がわかるならどやしつけるのですが、注意しないガイドも悪い!!
 
 幸いこの時期はその団体がほとんど来ないので、来るのは個人が中心…なのでそうひどい仕打ちはないのですが、やはり子どもがまたがったりしていますね。
 
 「不幸になれ!」と念じてメンチを切って中へ行きます。もちろん、ガイドにも「注意せんと、あんた天神様の罰が当たるよ!ここの天神様の怨霊はすさまじいもんね~」と一言忘れません(爆)
 
 さてこちらは現在・過去・未来を表した太鼓橋です。
 

 
 三つ架かっていて、これを渡って参拝に…。
 
 しかしこの橋、参拝後に戻って渡ると、カップルは別れる…という言い伝えがあります(*^。^*)
 
 このお話は私が小学生の頃から聞いていましたので、それだけは注意していますが、知らないカップルは手をつないだまま引き返しているのをたまに見ます。 (心の中でほくそ笑む私(☄◣◢)☄ )
 
 楼門をくぐって拝殿です…
 

 
 ひゃ~こんなに人が少ないのはこの時期だけですね(^_^;)
 
 夏休みで修学旅行生もなく、団体観光客もいないのでゆっくり回れます…。
 
 で、お約束のエースは…

 
 すごくいい石を使っているのですが、デザイン的には普通の形ですね(*^。^*)
 
 で、楼門の前には…
 

 
 ずんぐりむっくりした、福岡県によくあるタイプの狛犬です。
 
 で、びっくりしたのが拝殿前のこちら様…
 

 
 目だけが黒!!(@_@;)
 
 普段お参りするときはとにかく山のように人がいるので、この白くて目立つ狛犬に全然気が付かなかったのですが、それにしてもすごい…。
 
 黒い眼で不埒な奴を監視しているのでしょう…なんで黒目なのか聞いてみようと思いましたが、わかりそうな人もいなったのでまたいつか聞いてみたいと思います。
 
 裏へまわって…拝殿を
 

 
 
 
 
 
 ちょうどこの位置に菅原道真の遺体を乗せた牛車が止まったところですね。
 
 
 
 
 
 
 
 この写真を撮った背中には「厄除けひょうたん」がぶら下がっています。

 
 道真公はひょうたんに入った酒が好きで、梅の木の下で酒を飲むと厄が逃げていく…という言い伝えからこのように下げてあります。
 
 またひょうたんは霊力が宿るとも言われているので、それにあやかりたいという願いもあるのでしょう。
 
 絵馬以外でこういうのもなかなか良いものです(*^。^*)
 
 神木の飛梅…

 
 白い梅の花が咲いているのが一番なのかもしれませんが、やはり緑の葉っぱは生きている証…。
 

 
 
 
 都からとんできた言われる飛梅…ずいぶん年をとりました(-_-)
 
 ところどころに治療の跡が見えます。
 
 ご神木といえば、鶴岡八幡宮の銀杏はどうなったかな?
 
 
 
 
 こちらにはあまり知られていませんが、伝教大師から伝えられた「相輪塔」があります。
 

 
 仏塔としての新しい形なんだそうです。全国で8基、九州ではここ太宰府天満宮にしかない貴重なものだそうですよ(*^。^*)
 
 さて、すっかり暑くなりました…
 
 ミストが流れる楼門をくぐって…
 

 
 
 
 
 麒麟さんに別れのチューを(本当はしていません、心の中で!)して
汗をふきふき参道へ・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 この暑い中、焼きたての梅ヶ枝餅を2個も食べ、お土産にも持って帰るという…ああ、誘惑に負けた(爆)
 
 今日も暑くなりそうです…。
スポンサーサイト

九州国立博物館にて

2010.07.29 09:31|すき❤博物館・美術館

 
 ただいま九州国立博物館にて、上記の特別展が催されています。
 
 今年の夏休みの九州の博物館や美術館、これといって目玉になる展示会がほとんどないんですね…資金難に苦労しているという話ですが、他の地域でもそうでしょうか?
 
 昨年、こちらで催された「阿修羅展」が猛烈に盛り上がりましたが、あれは本当に特別。
 
 こちらの特別展示も特別な割には正直、イマイチ盛り上がっていません。
 
 むしろ、この特別展示の内容よりも、こちらに出品するはずだった、奈良藤ノ木古墳出土の馬具を壊してしまったことのほうが大ニュースになるくらいです(涙)
 
 という事で、今回常設展示されているブースへ行ってきました(*^。^*)
 
 いつものように天満宮側からエスカレーターで…
 
 昨年の阿修羅展では、あまりの人の多さにエスカレーターを止めてしまうほどの混雑でしたが…。
  
 まあ、連日暑いですからね、仕方ないか…でも、それでも阿修羅を見に行く人がいたんですよね…すごいなぁ~。
 
 私が好きな九国の外観…
 

 
 玄界灘の波をイメージした屋根のフォルムは本当に美しいです(^.^)
 
 そしてなぜか、競馬のゲートが!!
 

 
 博物館にゲート…実はこの特別展、「馬」だけにJRAが主催しています。
 
 中に入ると、スターターが!!

 
 メインレースのファンファーレでおなじみのこの方、しかし、なんでこのマネキンなんだろう??(笑)
 
 その横にはパドックを回るマネキンが!
 

 
 この勝負服とゼッケンは忘れもしない、ディープインパクトです。
 
 という事は騎手は武豊…その昔、私は武豊を(ぶほう)と読んでいました(爆)はずかしい…。
 

 
 
 
 JRAはよほどこのマネキンがお好きなのか…
 
 紳士服屋さんに置いてあるようなマネキン…
 
 ここまで美形にしなくても…(^_^;)
 
 これをマジマジ撮影する私も私ですが(爆)
 
 
 
 さんざんマネキンをいじくりまわして遊びましたが、本当の目的はこちらだったんです☆^(o≧▽゚)oニパッ
 

 
 実はこのトピック展示、実は滋賀県側のいわゆる「大人の事情」でこちらで開催されているんです。
 
 かなり素晴らしい仏像や、天台密教の法具、国宝や重要文化財がずらっと展示され、それも常設展示の方で見られるんです。
 
 残念ながら図録がとても高い上、常設展示という事で絵ハガキなどはなかったのでどんなものが展示されているかこちらでは御紹介できませんが、やはり近江の仏像は素晴らしいものがたくさんあります。
 
 ナタ彫りの仏像や、法具や不動明王の掛け軸など、こちらで見ることがなかなかできないものがたくさん展示されて、これは見るに値する素晴らしいものばかりだと思いました。
 
 出来うるなら、こちらをメインの特別展示にお願いしたいくらいです…が、これも「大人の事情」なのでしょうね…(^_^;)
 
 九国もできた当初に比べたら、複製展示物もだいぶ減り、充実度を増してきたところもありますが、他の国立博物館に比べたらまだまだですね、それは正直仕方のないことですが><
 
 だからこそ特別展に力を入れていただきたいと切に思うのですが、正直馬具だけでは人は呼べないですね…もう一つ工夫が欲しいところですけど。
 
 工夫はやってはいるみたいです。AKB48の誰それさんを呼んだとか、ポニーに乗せたりとか…。
 
 でも、お金払って見るなら展示物を見てみたい…と思うのが普通の感覚ではないでしょうか?
 
 私は来年の「ゴッホ展」に期待したいと思います(*^。^*)
 
 
 
 

【奥さまがイク!】他

2010.07.28 09:28|読書いろいろ
 こうも熱い…暑いとエアコンの中にいることが多くなります。
 
 本当はわんこのため…といいたいのですが(笑)
 
 となるとどうしても読書が中心になるようです。
 
 過去詠んだ本を含めると今回は5冊読みましたが、面白かったもの、それなりものもありました(*^^)v
 
 
 
 筆者である「奥さま」が、文字通りいろんな所へ行ってリポートする内容です。
 
 知りたいけどイマイチどうしてよいのかわからない国際結婚の手続きとか、「アデ*ンス女性サロン」へ行ってみたこととか、ここには絶対書けない風俗系のお店に行ったこととかいろいろです(^.^)
 
 特に「アデ*ンス女性サロン」では、男性と女性とでは抜け毛や薄毛に対して全く違う意識を持っているということ。
 
 男性は抜け毛が始まるといきなり訪れる人が多いので、比較的処置が早くて済むとのことです。「善は急げ」ですね(^.^)
 
 親が禿げていると、潜在的に「自分もいつかは…」という恐怖感を持っているらしいそうです。
 
 ところが女性はその意識が少ないので、どうしようもない状態でお店に来る人が大半だそうです。
 
 男性と違って、徐々に毛が薄くなっていくからかなぁ~。
 
 この本はマンガが中心ですので読みやすく、シリーズ化してあるようなのでまた別のを借りて見たいと思います。
 
 風俗系は書けないけど、とっても勉強になりました~~(*^^)vあ、法律の抜け穴とかのことです(爆)
 
 
 ブログで稼ごうなんてサラサラ思っていませんし、多くの人が儲けているはずはないので全く興味はなかったのですが、新書という事でとりあえず読んでみました。
 
 この本の通りにブログで稼ぐなら、ほとんど一日中PCの前から離れられませんし、常にリンクやトラックバックをするための記事を書かないといけません。
 
 で、思ったのがこの本の通りにやってみると、昨今必ずくっついてくるエロトラバやブログコメントによるワンクリック詐欺が簡単にできること。
 
 応用が利く仕組みになっているんですね。う~ん…まあブログで稼ぐことがよいとか悪いとかは人それぞれですけど、いずれにしても稼ぐという事は労力がいることです。
 
 
 で、最後は私の好きな江戸川乱歩。夏になると必ず読む作家さんの一人です(^.^) 
先代の遺言は不条理なものだった。双生児のうち生き存えた側に全財産を与える。如何ともしがたい、四十年前に決まったことだ。かくて兄の余命幾許もない今、弟の勝ちは目前。よかろう、それも運命。肯じえない定めには人為的な死を。濡れぬ先こそ露をも厭え、ひとたび踏み惑うた人の道、悪行を重ねることに躊躇いなどない…。癒されぬ渇きゆえに屈折した、哀しい愛の物語。
 はっきり言って血も涙もない遺言に振り回されている双子の老人とその家族の物語です。
 
 余命いくばくのない兄の子どもたちは浪費家。弟は子どもがいなかったため、養子養女をもらっていましたが、結婚している養女の方は兄の子どもと不倫関係。
 
 余命いくばくもない兄は、どうしようもない子どもたちが路頭に迷うのを心配して、財産の折半を申し出るのですが、勝ちの見えた弟は承諾するはずがありません。
 
 そんな中、弟は屋敷の中で殺されてしまい、立場が逆転し財産を手に入れることができた兄は、なんと弟の子どもたちにもその財産を分けてやることにしたのですが、その兄も何者かに殺されてしまいます。
 
 乱歩の小説に必ずと言っていいほど出てくる気味の悪い人も出てきて、ハラハラドキドキの推理小説ですが、テーマは「お金で愛をつなげるしかなかった」という、本当に哀しい物語です。
 
 不倫をしている男も女も所詮は金…また犯人も金がキーパーソンになっています。
 
 まあ、金がないのが一番安全かな?(笑)ないのも困りますが、死ぬときに愛がないのもちょっと辛くなる、そんな内容でした(*^^)v
 
 他2冊…計5冊、合計58冊(7月28日現在)

アウトドア百人一首十一~わたの原~

2010.07.27 08:48|アウトドア百人一首
 またも忘れたころにやってくる「アウトドア百人一首」。
 
 前回でやっと十首目が達成…まだまだ先は長いのですが、皆様楽しんでいただければ幸いです(*^。^*)
 
 さて、十一首目からかなりのつわものが登場しますが…その前に、十一首目はこちらになります。
 
 わたの原 八十島かけて 漕ぎい出ぬと 人には告げよ あまの釣り舟   参議篁
 
 わたの原とは「わた」は海、「原」は広い場所を意味し、この場合は「大海原」という意味です(*^。^*)
 
 と言う事で意味はそのまま読んでいただいてもお分かりと思いますが、
 
別れを惜しんでくれる人たちよ、愛する人に伝えてください、あなたの形見を小袖に持って、海の彼方へ旅立ったと・・・・
 参議篁は小野篁のことで、遣唐使を断ったために流罪にされ、隠岐島へ向かうときに詠んだ歌です。
 
 なんというか…隠岐島へ流罪でいくよりも、遣唐使船で唐へいく方がよほど「海の彼方」にふさわしいと思うのですが…(^_^;)
 
 そんな小野篁も許されて都では参議として復活、昼は御所、夜は六道珍皇寺の井戸から閻魔大王のもとに行きお手伝い…と、まさに寝る間を惜しんでの大活躍ぶりです(^.^)
 
 さて、そんなスーパーマン小野篁が作った十一首目はアウトドアになるとこうなります。
 


 
 今回、初めて「欠字」が発生しました><
 
 悔しいですが仕方がない・・・il||li▄█▀█●il||li
 
 「漕ぐ」という字なんですけど、本当にどこにもありませんでした(T_T)
 
 ボート遊びができるダムや湖へ行っても「漕ぐ」ではなく、「こぐ」と平仮名表記ばかり…最後の頼みとして、福岡市の大濠公園まで歩いて行きました。(関連記事はこちら)
 
 残念ながらこちらも「こぐ」しかなく、これにはギブアップ(ToT)/~~~
 
 あとは…「舟」ですね。「船」は多いものの、「舟」は少ないです。
 
 たまたま椿の名前に舟が付いているものがありました(*^。^*)
 
 とにかく欠字が出たことは残念無念><
 
 私の「アウトドア百人一首人生」(爆)に汚点を残してしまいました…。
 
 くっそう><
 
 漢字があるなら、漢字を使ってくれ~!
 
涙(ToT)/~~~

サイダーハンター27・イエソーダ・グリーンマース

2010.07.25 12:57|サイダーハンター

 
 沖縄県国頭郡伊江村 イエソーダ グリーンマース
 
 暑い暑い暑い!!わかっちゃいるけど、暑いですね(^.^)
 
 そんな時は炭酸で喉をうるおしたくありませんか?
 
 サイダーハンター、そんな暑さを吹き飛ばすべく今回は沖縄のシークワーサーの果汁の入った「グリーンマース」です(*^^)v
 
 このあっついさなか、体育会系飲料として開発されたこのソーダ、名前に「マース」が付いているのでお分かりと思いますが、食塩(海水塩)が入っています。
 
 塩分とらないとばててしまいますからね~~~よく考えています。
 
 それにシークワーサーの酸っぱさが非常にマッチしていて、喉越しバッチリです☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
 砂糖はもちろん入っていますが、この時期甘いものよりも酸っぱいものが恋しい季節、そのへんのところをうまくとらえた味ですね(^.^)
 
 ただ難点は量が200mlとやや少なめ。
 
 暑いときはもう少し欲しいなぁ~と思うのですが、これがリピーターを増やすアイデアかも?
 
 以前紹介したすだちの入った「TENZANサイダー」に味がよく似ていますね。
 
 この時期、かなりウケるのではないかと思います(*^_^*)
 
 ちなみにこのシリーズ、他にも数点あります。何ともブログネタに嬉しい一品ですね(笑)
 
沖縄県国頭郡伊江村 (株)伊江島物産センター イエソーダグリーンマース 
なつかし度…★★☆☆☆     酖美度…★★★☆☆
  糖度  …★☆☆☆☆     炭酸度…★★★★★ 
 味わい度…★★★★★     驚き度…★★★☆☆
 
 私見ですので、参考にしてください。
 

愛しのマンホール75・福岡県遠賀郡岡垣町

2010.07.19 08:31|愛しのマンホール

 全国100万と14人のマンホリストの皆様、おはようございます(^.^)
 
 梅雨明けしていきなりのこの暑さ、いかがお過ごしでしょうか?
 
 今日は海の日、という事で海ならここ、福岡県岡垣町のマンホールデザインになっている三里松原海岸ですね(*^_^*)
 
 こう暑いと海にでも行きたくなりますが、今更水着になる勇気もなく(爆)、ワハハ!
 
 こちらは日本白砂青松100選に選ばれています。
 
 玄界灘は本当に美しい松原が多いですね(*^_^*)
 
 実は私はここに海水浴(?)へ行ったことがあり、泳いだこともありますが、波が高かったです。
 
 マンホールのデザインにあるように、波がきつかった覚えがあります。
 
 そんな岡垣町、最近では松原より全国的に有名なものがありました。
 
 「ゆうれい坂」というのを聞いたことがあると思います。
 
 こちら岡垣町のゆうれい坂は、全国のゆうれい坂の中でもとくに有名らしく、以前は怪奇番組の中でもよく取り上げられていました。
 
 実際は幽霊さんが出るというのではなく、空き缶が坂道を上っていく…という不思議な現象がみられるという事なんですけど…。
 
 詳しくはHPをご覧ください(*^_^*)
 
 
 三連休最後の日、暑くてどっかに避暑に行く予定でしたが、あまりの人の多さに家にいます><
 
 これだけ暑いと、どこに行っても暑いですよね…皆様、熱中症にお気を付けて楽しく過ごしてくださいね(*^_^*)
 
 

今年の収穫

2010.07.14 09:05|がばいうまか!
 今日は朝からハウステンボスに行く予定でしたが、ご存じのとおり猛烈な雨で、高速道路は通行止め、川は氾濫寸前ですのでやめました。
 
 別に今日行かなくてもよかったので…命がけで行くことはありませんしね(^_-)-☆
 
 ということで、今年の我が家の庭にできた果物たちを紹介します。
 
 さて、今年はどうかな?
 
 これは今年も大丈夫そう…。
 

 
 ブラックベリーは今年も大きな実を付けています(^_-)-☆
 
 昨年よりもちょっとだけたくさん収穫できそうです。
 
 真黒になるのは梅雨明けごろでしょうか?今年はまだ虫の被害にあっていませんので、いつもの年よりよいできかも…。
 
 でも、またしぇからしか「うら越し」が待っていると思うと…(--〆)
 
 こっちはそんな手間暇がかからないので大丈夫です。
 

 
 年々実が少なくなってきています…木が古くなったのかもしれません。
 
 手間いらず、肥料いらずなブルーベリーですが、どうかな~?肥料をやらないといけないでしょうか?
 
 一応、アワビの貝殻を下に敷き詰めているので、それなりに栄養は行き届いていると思うのですが…。
 
 で、こっちはどうかな…あ、やっと出てきました!!
 

 
 ミョウガちゃん❤やっとこさ出てきましたよ。
 
 我が家はミョウガが好きなので、わざわざ苗を買って植えたのですが、あまりにも増えすぎてしまい、実が大きく育たなくなったようです。
 
  ブルーベリーはこれからでしょう、ミョウガは小さいながらも、数はたくさんありました(*^_^*)
 
 ミョウガはたくさん採れたので酢漬けに…
 
 水気を切って塩もみし、瓶の中で数日漬けます。
 
 歯ごたえのあるミョウガを食べたい人は次の日でもOKです。
 
 我が家も箸安めにボチボチ…。
 
  今朝はこんな風になっています。

 
 ミョウガの色が出てきます(*^^)v
 
 
 私はこの色が好きで、ちらし寿司や酢の物に使いますよ。
 
 赤い色がご飯につかないんです…不思議ですね(^.^)
 
 今日はこれでちらし寿司にしようかな?
 
 
 
 
 先ほどまで、一時間に100ミリぐらい、向こうが見えないくらいの雨が降っていましたが、今は普通の雨に変わりました…。
 
 今日の雨は断続的にこのように降るとのこと…。
 
 皆様も車の運転には十分お気を付けください(^.^)
 

【にんじんだもの】他

2010.07.13 10:47|読書いろいろ
 ワールドカップが終わりましたね(*^_^*)
 
 おかげで読書の時間が非常に少なくなりました(爆)
 
 ただいま長編を読んでいる途中ですが、1ヶ月もこの書庫が更新していなかったので、2冊だけ紹介します(*^^)v
 
 
 相田みつをの「にんげんだもの」はよくご存じかと思いますが、こちらはパロディーではないものの、「にんじんだもの」というタイトルで、世のOLさんの心情を、筆やマジックで赤裸々に書いています。
 
 PC主流の時代、自分の字を書く機会は、宅配便が届いてサインするか、ポイントカードを新しく作ったりとか、あまりなくなってきましたよね。
 
 やはり自分の字で気持ちを書くという事は、より強いメッセージが伝わります。
 
 人の念がこもるのかなぁ…不平不満の世の中ですが、職業に例えてOLさんの場合はいろいろストレスも多いと思います。
 
 彼氏や家族のこと、職場の上司への不満や自分自身のことなど、まあ見事なほど伝わります。
 
 面白かったので1ページだけご紹介☆^(o≧▽゚)oニパッ
 

 
 うわ~~すごい!(@_@;)
 
 この方は書の心得があるのか、漢字は大きく、平仮名は小さくというスタイルをとっていますね。
 
 ゆえに「殺」という字が余計にでかく見えます…(-.-)
 
 編集者は清水ちなみさん。「OL委員会」というのを立ち上げて、その会員さんの作品だそうです。
 
 他にもブラックユーモアにあふれた作品が多いので、ぜひ読んでみてください(^.^)
 
 次…またかと言われそうですが(爆)
 
 
 みうらじゅんさんの妖しい本です(笑)
 
 日本流行語大賞になった「マイブーム」の名付け親のみうらさんですが、自身のマイブームについて書いています。
 
 ご存じ仏像が好きなこと。学生時代ゴジラが好きで有楽町にあったゴジラを盗んで、後にカミングアウト。その後、「ゴジラを盗んだ漫画家」として「3時のあなた」に出演したこと。SMの女王「谷ナオミ」さんが好きで、熊本のスナックに会いに行ったことが書かれています。
 
 例によって面白おかしいのですが、よく読むと「マイブーム」を貫くことは大変なことだというのがよくわかります。
 
 ましてそれを仕事にしているのだから、並大抵のことではないはず。
 
 実際に法隆寺の「救世観音立像」のことを「ウルトラマン」と例えたり、広隆寺の半跏思惟像を「エマニエル夫人に似ている」というようなことをあちこちで書いているので、案の定、抗議が来たそうです。
 
 で、みうらさんは「私は信仰心はないけど、ただただ仏像が小学生のころから大好きなんです!!あなた方にゴルフや野球があるのと同じです!」と雑誌に書いたそうです。
 
 マイブームを貫くのはそこまで信念がないとできないのかな~改めて「好き」でいることの大変さや、素晴らしさを実感できました。
 
 おそらくみうらさんはそういうのを伝えたくて書いたんではないでしょうけど…。
 
 なお、表紙の仏像はみうらさんが作った「大仏連(大日本仏像連合)」の本尊、「つっこみ如来」です。
 
 不浄な世の中にどんどんつっこみを入れてもらいたい…という思いで作られたそうですよ(^.^)
 
 確かに…ここのところつっこみを入れたくなるようなことが多いですね~~~(笑)
 
 どこのことを言っているのか、なんのことかお分かりですよね(^_-)-☆
 
 
 他1冊…計3冊、合計53冊(7月14日現在)

ワイワイマップ・菊池渓谷水の駅

2010.07.12 09:20|マップ・コレクション
 菊池渓谷でマイナスイオンを浴びまくった私。
 
 ここら辺はまさに渓谷なので、食事をするところといったら温泉旅館か道の駅。
 
 できたら温泉付きでリーズナブルがいい…という事で、「菊池渓谷水の駅」へ行きました。
 
 ここに来たら食べるのはただ一つ!「赤鶏」です!
 

 
 地元野菜がふんだんに使われ、赤鶏も揚げたて!! 
 
 赤鶏は九州ではメジャーな地鳥です。全国的にもそうだと思います。
 
 豆腐は出来立てホヤホヤ、米は天下の菊池米でこれまた美味しい。
 
 菊池米は普通のお米よりも高いのですが、高いだけに見合った美味しいお米です(^.^)
 
 我が家はお客さんが来るときにしか買いません(爆)
 
 赤鶏はさっぱりした味(餌にはハーブを使用)で、それでいてジューシー!
 
 「おかわり!!」って言いたいのを我慢我慢(^_^;)
 
 キャベツは私が切ったキャベツの千切りよりも荒いのですが(爆)、高原キャベツなので甘みがあって美味しかった~。
 
 むしろ細く切るよりもこっちの方が甘みを堪能できるからだと、よい方に解釈します(^.^)
 
 これで「800円」は安い!!
 
 と、ミッションを忘れなく…
 

 
 ペットボトルが興ざめですが…(^_^;)
 
 こちら水車に使っている水と、飲料水が同じ水だそうです。
 
 こちらのお水は名水なので、やわらかい味がしますよ。
 
 こういうときにペットボトルを持ってきていない私><
 
 熊本に行く時は絶対ペットボトルは忘れたらイケんのになぁ…(T_T)
 
 食事の後、お風呂に入りました。
 
 当然写真はありませんが、HPに温泉の中の様子が写っています。
 
 なぜモデルが男性なのかわかりませんが、小さいお風呂ですが船室はぬるめ、ややとろっとしたお風呂ですが気持ちよかったです(^.^)
 
 貸し切りで最高でした。(入浴料300円)
 
 こちらワイワイマップ「水車百景」に投稿しています(^.^)
 
 よろしくお願いします。
 
 

 昨夜、おろし金でしょうがを摺っていた時に、謝って親指をざっくりしてしまいました><
 
 我が家のおろし金は純銅製で鋭く、無茶苦茶痛かったです><
 
 今朝になってみ痛みが引かないので、キーボードがうまくたたけずちょっと訪問が遅くなるかもしれません。
 
 申し訳ありませんm(__)m
 

坦坦さんの食べれるラー油

2010.07.10 12:45|がばいうまか!

 
 美味しいと評判の「坦坦さんの食べれるラー油」です(^.^)
 
 我が弥生人村には今はやりの「昔、三木のり平の声でおなじみのメーカー(現在は三木のり平の子どもさんが担当)」の食べるラー油はほとんど売り切れで手に入りません。
 
 かといって、某所に売ってある「食べれるラー油」は山積みになってあまり売れていないので(たぶんまずい)、マッチも食べたがっているし、さてどうかと思っていたら、風祭先生のブログで御紹介があり、マネージャーのY女史の強いお勧めに心がぐらつき、思い切って坦坦さんに分けていただきました(*^_^*)
 
 坦坦さん、本当にありがとうございました(^_-)-☆
 
 坦坦さんの食べれるラー油は自家製で、レシピは秘密…でも、写真の通り、ゴマは入っていますね(^.^)
 
 まず、スプーンにとって一口…「おお、美味しい!辛くない!!これなら私のお尻もセーフ!」という事で、いろいろ試してみました❤
 
 とっても香ばしくて、優しい辛さ…やはり風祭先生が大人買いされる理由がわかりました(^.^)
 
 まずは、一日半つけたキュウリの浅漬けに…
 

 
 これは本当においしかったです(^.^)
 
 キュウリの持つ甘さが引き出される感じですね。あっさり系の食べ物にはよく合います。
 
 で、次は…冷奴!!
 

 
 しっかり味わうために、近所の豆腐工場へダッシュ!!
 
 こだわりの豆腐、朝一番の出来立てをゲットして、ラー油とお醤油をかけて食べました(^_-)-☆
 
 これが一番おいしかった~~❤
 
 ガツガツ食べちゃいました(*^_^*)九州のお醤油は関東よりも甘めなので、このラー油とよく合います。
 
 うちが使っているお醤油も地醤油ですが、徳之島のお醤油が一番合いそう。
 
 次の日のお昼、黄金チャーハンに使ってみました。
 

 
 ああ、黄金どころか「ダマ」になっている…il||li▄█▀█●il||li
 
 完全に失敗の黄金チャーハンですが、味は美味しかったですよ。
 
 「食べれるラー油」は白いご飯に合うそうですが、確かにおいしいけど、あまり調子に乗って食べると口の中が油まみれになるので、私はこうやって卵に油を吸わせるのもいいかなと思ってやってみました。
 
 ちなみに卵は「軽トラ市」で卵のつかみどりでゲットした卵です(笑)
 
 ラスト、昨夜は豚肉ともやしの炒め物…
 

 
 冷奴よりもマッチに評判がよかったのがこちらでした。
 
 生のきくらげとピーマンを入れてラー油を入れて炒めました。
 
 そして八丁味噌も使いましたよ(^.^)これが正解でした!!
 
 食べれるラー油と八丁味噌、これは合うと思います(*^_^*)
 
 ちなみに、八丁味噌、ラー油、塩、薄口しょうゆなど、調味料はすべて適当です(爆)
 
 つくるときにいちいち量らないのでわかりません…(ToT)/~~~
 
 今日は牛丼を作ります(^_-)-☆たれはラー油と八丁味噌、あとはなにを入れようかな?
 
 試行錯誤しながら料理をするのもたまにはいいかも?
 
 
 坦坦さんのブログには食べれるラー油を使ったお料理がいろいろ載っています。
 
 坦坦さんのブログ…http://blogs.yahoo.co.jp/shanghai_hao312
 
 
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。