FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松原神社河童の木像

2010.10.28 13:22|神社探訪
松原神社河童の木像 1

怖い系が続くとアレなので(笑)、昨日はシシリアンでした。

 で、今日はシシリアンのお店から南にちょっとだけ頑張って歩くと、佐嘉神社があります。

 その横に松原神社が鎮座しているのですが、この松原神社には河童の木像が安置されています。


松原神社河童の木像 2

神紋がいかにも…って感じです、河童っぽい(^_^;)


 なんでもこの木像は全国的に珍しいものだそうです。


河童とツチノコはこの世にいる!!と信じて疑わない私!いざ、河童のご尊顔を拝見❤

松原神社河童の木像 3

こんな感じでケースに入っています。温度と湿度をしっかり管理しているみたいですよ(^.^)

 で、では…はじめまして…(@_@;)


松原神社河童の木像 4

うわぁ…筋骨たくましく、鉢巻をしています!

 鉢巻をした河童はすごく珍しいのですが、その意味はこういうところにあるようです。


河童の木像「兵主部」(ひょうすべ)

河童にまつわる話は各地に伝わっています。河川やクリークの多い佐賀にもさまざまな話があります。この木造はかつて松原川に棲んでいた河童の兵主部と云われています。
 昔、春日の大神が奈良に遷座する折、河川の工事を命ぜられた奉行、兵部大輔は工事の作業員が不足していたため、多くの人形にまじないをかけ働かせました。工事が終わったあと、用済みとなった彼らを人形に戻し川に投げ捨ててしまいます。これを憎んだ人形は河童に姿を変え、人間に復讐し始めます。兵主部の一派は松原川に棲み、子供達を川に引きずり込んで命を奪いました。時の城主鍋島直茂はこの河童の横暴を抑えるために、川上にある淀姫神社に願を掛けます。そして、犠牲者があと一人で千人に成ろうとした時、兵主部は捕えられます。捕えられた兵主部は「これからは子供たちを護りますからどうか元の人形に戻してください。」と頼み、以来この木像となって子供達を水難より護り続けているという事です。
 全国的に鉢巻をした河童は大変珍しいものですが、この姿は河川工事を請け負った人足の姿であり、兵主部は奉行の兵部に使えたことで、主(あるじ)は兵部という事であろうとされています。


 高さ…68.3cm 横幅…60.0cm 奥行き…23.4cm、材質…楠
作者…神埼市千代田町詫田に住んでいたとされる番匠(工匠)と伝えられる。 年代…松原神社創建の頃(安永元年-1772年)


 なるほど、確かに人足っぽい感じですね。

松原神社河童の木像 5


 アップで見ると…なんか、目と鼻のバランスがびみょーな感じ…(^_^;)

 たぶん、スケッチの段階でとらえられている兵主部さんを上から目線で書いたんじゃないかなぁ…と。

 兵主部さんは下から上に睨みつけている感じだったのではないかと…。どうでしょうか?

 あまりいじくったことばっかり書くと、今夜丑三つ時、木像が河童に変身して、ベッドの横に出るかもしれない@@

 河童さん、寒さに関係なく動きはいいのだろうか?う~ん、寒い中、川引きずり込まないでくれ~!今夜は潜水服を着て寝るか?(爆)


スポンサーサイト

探せ!シシリアンライス~第5章


 
 なんとこの書庫、実に4ヶ月ぶりの更新です@@
 
 シシリアンライスってそんなに食べていなかったかな~と思っていたのですが、前回のシシリアンライスが美味しくて、お友だちを誘って何回か行ったからですね(^_^;)
 
 新しいところの探索を怠っていたわけです><
 
 怪談話に花が咲き、てっきり1時を過ぎた白山商店街、ちょっと暗い路地に入った、秘密めいた感じのお店、「カフェ・ドンキホーテ」さん。
 
 ペンギンのキャラ、竹内力の声で「♪ドン、ドン、ドン、ドンキホーテ♪」の方ではなく、こちらは老舗の喫茶店です(^.^)
 
 店内はレトロなたたずまい…いわゆる純喫茶っていうのかな?
 
 カウンターなどはすごく雰囲気があって、流しの歌手が歌ってそうな感じ…。
 
 ここのお店はたびたびTVでも紹介されているので、知ってはいたけど入るのは初めて…。
 
 スープがなみなみ入って、出てきたのがこちら…。
 

 
 スープはなみなみたっぷりだけど、薄味で美味しかったです(^.^)
 
 以外にも量が多くて、殿方でも間違いなくお腹いっぱいになるかも?
 
 ソースの中には柔らかい牛肉と、マッシュルームが入っていてなかなか上品でよかったです。
 
 が、強いて言えばご覧のようにマヨネーズが多い…。
 
 マヨラーにはたまらないと思いますが、普段の味付けが薄味、マヨネーズはお好み焼きか、コロッケの中身ぐらいしか使わないので、私にはちょいときつかったかなぁ…。
 
 これは好みの問題だと思うけど、このスープが薄味なのはこのせいかなと思ったり。
 
 それ以外はソースもオリジナルで美味しかったし、いう事なかったです。
 
 もちろん、カフェという事もあり、食後のコーヒーもすごく美味しかった。
 
 シシリアンもこれで5食目、そろそろ落とし所が出てきて良さそうだけど、シンプルがゆえに落とし所がないなぁ(^_^;)
 
 このシシリアンはソースとマヨネーズの塩梅が命なので、なかなかそのあたりはどこのお店もアイデアを出しているわ…うぬぬ~。
 
 スープ、コーヒー付きで680円(ランチタイムの値段)。
 
 前回は1,300円なので、約半分の値段という事に…(爆)
 
 まあ、前回のシシリアンは観光客目当ての要素が多いものだったかもしれません(場所柄)
 
 むしろシシリアンの発祥は「喫茶店のまかない料理」が始まりなので、こちらの方がシシリアン精神(!)から言うと、正当派なのかもしれませんね。
 
 今回もおいしゅうございました☆^(o≧▽゚)oニパッ
 

愛宕山観音寺の御朱印

2010.10.24 14:42|寺院探訪

 
 今更ながら、なんで神社仏閣ブログと言いながら投稿が遅れている理由がわかりました(^_^;)
 
 カメラ映像をPCに入れるときに、そっちを優先するからだと思います(爆)
 
 時事や季節に関係することは優先的に投稿していたので、ついつい後回しという悪循環で、撮りだめしてあるマンホールや飛び出し坊やも同じ運命なわけです(^_^;) ああ、気をつけよう…(笑)
 
 それに昨日、市内で古本市があり、そこの骨董屋兼古書のお店で、岸岳の怨霊の話を聞いてしまったせいかわかりませんが、猛烈な悪夢をみてしまい、うなされて起きてしまいました><
 
 日ごろのあることで鬱積がたまっていたこと、疲れもたまって、ちょっといろいろ考えることが多かったこともあったんだと思いますが、とにかく目覚めがよくなくて…今もちょっと良くありません。う~ん、お払いに行こうかな?
 
 この岸岳の怨霊のことは、後日投稿記事に書きますのでお待ちください。
 
 さて、今回は愛宕山観音寺というお寺で、福岡市の愛宕山、愛宕神社の下にあります。
 
 寛永十一年(一六三四年)黒田二代 藩主忠之公、幕府より謀反の疑惑(黒田騒動、日本三大騒動の一つ)を受け愛宕神に祈願したところ、ほどなく嫌疑が晴れたことから、山頂に愛宕神社を開創 し、別当坊「円満寺」(真言宗)を置いた。
 とのことです。後に明治の廃仏毀釈によって円満寺は廃寺へ、観音堂だけが残り、それが今の観音寺になっています。
 
 山門の上の狛犬は…
 

 
 葺き替えたばかりなんでしょうか?まだ新しいですね。
 
 本堂はこちら…こちらが例の観音堂です。
 

 
 こちらは春は桜、秋は銀杏や紅葉など、とってもきれいだそうですが、この時はな~ンにもなくて…il||li▄█▀█●il||li
 
 お大師様の横にはお地蔵さんがたくさん。
 

 
 うわ~、昨日の話ではないけれど、お地蔵さんの祟りを思い出してしまった…il||li▄█▀█●il||li
 
 こちらの御本尊は「勝軍地蔵」なので、このように…。
 

 
 武装したお地蔵さんがいらっしゃいます。
 
 勝軍地蔵についてはこちらをどうぞ。http://www.otsue.jp/images/g_detail/shogun.html
 
 上杉謙信とハンコでもよく知られていますね(^.^)
 
 御朱印はこちら…。
 
 

 
 
 観音堂の裏に「納経はこちら」というのが書いてあったので、裏に行ったんですけど、あらかじめこちらが用意されていました。
 
 呼び鈴がないので「ごめんください!」といったのに、出て来ず…。
 
 台所の電気はついて人の気配はあるのになぁ…住職がいなかったからなんだろうけど、ちゃんと出てきて欲しかったわ><
 
 余談ですが、この間、愛宕神社に原因不明の出火があって、消火に当たった一般人が表彰されていました。
 
 花火大会の時、たまたま愛宕神社の展望台にいたそうで、場所柄発見が早かったそうですが、どうやら火を付けた不埒ものがいたらしい(怒)罰あたりめ!!
 
 私の好きな「アンギラス狛犬」が黒焦げになるところでした><
 
 
 愛宕山観音寺
 
 福岡市愛宕山中腹
 
 結構山が急なので、心して参拝してください(笑)
 上から行っも下から行っても、どっちもきついです…。

サイダーハンター33・福招きソーダ

2010.10.20 14:34|サイダーハンター

 
 静岡県 島田市 福招きソーダ
 
 愛と美の戦士、サイダーハンターのキリ番、33本目は縁起を担いて…という事でしたが、今年もバーゲンは行けませんでした><
 
 今年は大いに期待していたのですが、まあ仕方ありません…欲しい靴があったけどな(^_^;)
 
 それはともかくとして、今までいろんなネーミングがありましたが、これもまた飲み物とは何の関係ないんですけど、我が友枡飲料の永遠のライバル、静岡県の木村飲料サンが作ったそうです。
 
 我が友枡と木村飲料サンは、たとえて言うなら「巨人VS阪神」、あるいは「PUMA VS adidas」という位置づけでしょう。
 
 おそらくこのネーミングは、我が友枡飲料が製造、宝くじで有名な佐賀県宝当神社のある高島のみで販売されている「当たりソーダ」を意識して作ったものかと思われます。私の勝手な推測ですが…。
 
 大きさはこちらが300mlと多めですが、「当たりソーダ」は無色透明に対し、「福招きソーダ」はラベルの金を意識してか、中身もやや黄金色…ちょっとカラメルで着色していますね。
 
 ちなみにこちらのラベルの招き猫、右手をあげていることから「金運」を呼び込む猫のようです(^.^)ちなみに、左手は「人(客)」。
 
 「金運」なので、ご覧のように…。
 

 
 
 ラベルの横にこういう風に書くところがあります(^.^)
 
 
 すごい面白いけど…これ、宝くじを内緒で買った場合、すぐばれちゃうじゃん(爆)
 
 これ書いておいてどこに置いておくのだろう…冷蔵庫に入れておいても御利益なさそうだし(^_^;)
 
 
 
 くわしい説明が欲しいところですが、HPによると、きちんと神社で祈願済みという事ですから、何かしら御利益があるかもしれません。
 
 あまり期待しないで待ってみましょう☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
 あ、忘れていました、肝心の味ですが、普通に美味しい味です(^.^)
 
 パワーが満ちるとかそういう感じはないですけど、炭酸多めの甘さ控えめで美味しかったです(^.^)
 
 ここのところアヤシイ味のものばっかり飲んでいたので(笑)、普通の味がすごく美味しく感じるのかも?ワハハ!
 
静岡県島田市 木村飲料(株) 福招きソーダ
なつかし度…★★★☆☆     酖美度…★★★★☆
  糖度  …★★☆☆☆     炭酸度…★★★★☆ 
 味わい度…★★★★☆     驚き度…★★★☆☆
 
 

コスモスの海

2010.10.18 16:08|をりふし・秋

 
 長崎自動車道、金立(きんりゅう)SAのすぐ下にある、コスモス園に行ってきました。
 
 ちょうどこの近辺に用事があったのと、コスモスが見ごろという事を聞いたので…確かに見ごろでした(*^。^*)
 

 
 こちらのコスモスは約33万本あるそうです。
 
 どうやって33万本を数えたかわかりませんが(爆)
 

 
 
 
 
 それはともかく、早朝に出かけたのにはわけがあって…。
 
 
 
 
 
 

 
 
この時期、早朝から10時ぐらいにかけては、風がほとんどないので、コスモスが揺れずに写真に撮れるからです。
 
 それにかすみもないので、空が高くて…。
 
 決してSAの早朝に焼き上がったパンが目当てではありません(笑)
 
 
 
 

 
 キバナコスモスの中に、ちらほらピンク系のコスモスが混じっています。
 

 
 目の前にある建物はトイレです…なんて書かないほうがよいですが、トイレなので仕方がない(^_^;)
 
                                          
 ここのカラスはずいぶんと人に慣れているようで、かなり近寄っても逃げない…。         
 ここは自分の縄張りだと思っているのかな?
 
 
 

 
 
 
 この時間、ちょっと肌寒かったせいか、そばにいたトノサマバッタの動きが鈍いので捕まえて遊んでいました(^_^;)
 
 ので、ちょっと中の方へとお邪魔虫…。
 
 
 
 
 
 

 
 
  なかなかバッタも逃げ足が早く、捕まえたと思っても、強烈な蹴りを入れられて逃げてしまいます。
 
 
 別に獲って食おうというわけではないのだけど…(笑)
 
 それにしてもきれいなコスモス…。(こっちが本当の目的です)
 
 
 
 

 
 
 
  この時、ちょうど風が吹いて、目の前が開けました…「モーゼの十戒」みたいに。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 金立山とコスモス…。
 
 
 気になる建物、ちらっと見えるのは、金立神社の上宮かな?
 
 行ってみたいけど…やめとこ><
 
 もっと涼しくなってからがいいわ。
 
 
 
 

 
 
 
 土管の向こうはキバナコスモス。
 
 この土管、まんまるじゃないからここにあるのだろうか?
 
 「ドカン」といえば、やっぱり「横浜銀蠅」だわ(笑)
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 まるで「八百屋お七」を思わせるような炎…ケイトウの花もありました。
 
 
 
 
 
 
 ぐるっと一周し終わりました(^-^)
 
 ゆっくり見て1時間ぐらい。
 
 私のようにバッタを捕まえていたらもう少しかかると思います。
 
 やはりこの時期、早朝に行くのがいいわ~。
 
 高速道路の休憩に、ちょっと降りて堪能してもよいかもしれません。
 
 この時期、気候がよいので、それくらいの余裕があってゆっくりドライブもよいかもしれませんね(^.^)
 
 最後に…飛び込みたくなって…。
 

 
 
 え~~~い!ドボン!!したかったです(●^o^●)

【ちょんまげだけが人生さ】他

2010.10.17 18:28|読書いろいろ
 さて、昨今「時代劇映画」ブームなのだそうで、そういえば確かにそう…「大奥」や「十三人の刺客」なども人気だそうですね(*^。^*)
 
 さて前回に続き、「秋の時代劇スペシャル」は早くも最終回です(笑)
 
 
 なんとも味わいのある表紙ですが(笑)、時代劇を語らせたら世界一と思われるペリー荻野さんの本です。
 
 ちなみにペリーさんは表紙にいるアヤシゲな町娘の人(^_^;)
 
 私の子どものころ、おばあさんおじいさんと暮らしたことがある人は、夕方には大抵時代劇の再放送があったですよね。
 
 ぺりーさんもその一人で、幼少のころから現代まで、受験勉強そっちのけで時代劇に没頭したかたで、今でも新聞のコラム欄などでもよく見かけるのではないかと思います。
 
 特段に時代劇についてどうのこうのと書いているわけでもなく、とにかくひたすら時代劇が好き…ということばっかり書いてあって、ことに「アバショー」こと「暴れん坊将軍」に関してはよほど好きなのか、事細かに書いてあります(笑)
 
 あ~これは私も好きで、中でも「暴れん坊将軍スペシャル」で上様が徳田新之助にふんして江戸の町をふらふらしているときに、なんと江戸城が乗っ取られ、大砲が江戸の町に向けられるという猛烈な時間が発生!!
 上様はたった一人で、江戸城に潜入!悪の一味を「成敗!!」してしまう、映画「ダイ・ハード」よりもハードなことをやっていましたっけ(^-^)
 
 私も今年皇居へ行きましたが、ここが江戸城だったときにこういう事が起きたら、まずあり得んと思ったものです、ワハハ!
 
 こういう荒唐無稽で痛快なところが時代劇の良いところ、今では殺陣をする「切られ役」が少なくなったこともあり、派手なチャンバラ劇は少なくなったものの、やはりチャンバラはなくてはならないと、密かに願っている私です(*^。^*)
 
 みなさんの好きな時代劇はなんでしょう?
 
 ちなみに私の好きなテレビ時代劇は「必殺仕事人」、映画では最近チラッと見た角川映画の「里見八犬伝」です(●^o^●)
 
 派手なチャンバラシーンは「里見八犬伝」が一番でしょう、ラスト、魔城での戦いはみんなすごい!!薬師丸ひろ子と真田広之の無駄に長いラブシーンは半分にしてもよいので、あのチャンバラシーンは長く見たかったです。つっこみどころ満載なのもうれしい❤
 
 で、こちらはいたって真面目…
 
 
 
 上「春いくたび」は山本周五郎の短編集、下は最後の長編小説と言われるものです。
 
 「春いくたび」の短編集は山本周五郎が、おもに子どもたちに読んでもらいたかったものみたいで、とても読みやすく素晴らしいお話ばかりでした。
 
 忠義とは何か、人を信頼するとは何か、愛とは何かを改めて思い起こせる本でした。あ~、こういう本が教科書にバンバン載ればいいのになぁ。
 
 下の「ながい坂」は名作ですね(●^o^●)
 
 8歳である「事件」に遭遇した主人公は、自分が平侍という家に生まれてきたことについてひどくコンプレックスを抱き、今の現状を打開すべく猛烈に勉強しまくり、とうとう城代家老の地位に行くまでの物語です。
 
 身分制度が確立した江戸時代、飛びぬけて出世した主人公には周囲のねたみや嫉妬を浴びながらも、恩師の「それがわかっていて、その道を選んだのだろう。」の言葉に突き進んでいきます。
 
 主人公はやみくもに出世していくのだけど、途中お家騒動があったりで農民に化けてスパイ活動したりしながら、人の温かみや命のはかなさを学んでいきます。
 
 山本周五郎の小説は、何かしら人生においての教訓めいたことが多いようですが、押しつけがましくなくて実によいですね(●^o^●)
 
 「ながい坂」はかなりの長編で、最初の方を途中で忘れてしまってまたもどる…みたいな読み方でしたが(笑)
 
 今回は長編小説を読んだので、普通の倍近く読むのに時間がかかりました…。もっと頑張ろう(^_^;)
 
 他1冊…計5冊、合計78冊(10月17日現在)
 

飛び出しバカボン

2010.10.14 16:25|飛び出し坊やコレクション

 
 久しぶりの飛び出し坊や、今回はとある県の、とある街道の、とある市道にて発見しましたバカボン親子です(^o^)丿
 
 これは個人様宅の手作りなので、詳しい場所は書けませんが、おそらくここの家には小さな子供がいて、描いたのはバカボン好きのお父さんか、おじいさんではないかと思います。
 
 顔なんかはよく描けていますね~~、バカボンがよほどお好きなのでしょう(*^。^*)
 
 が、バカボンパパの足がちょいとおかしい…(^_^;)
 
 たぶん、左足を描くときに後で顔と足のバランスが違いすぎるのに気が付いたのかも?右足がでかくなっています…。
 
 しかしこれが手作り飛び出し坊やのよさかもしれません。
 
 赤塚プロのように、きれいで美しいバカボンより親しみがわいてくると思いませんか?
 
 バカボンの飛び出し方といい、つっこみどころ満載の飛び出し坊やですが、きっとバカボンパパは、
 
 これでいいのだ!!
 
 というでしょうね(*^。^*)私もこれでいいのだ!!と思います(^-^)

ふぅ散歩・秋の城原川

2010.10.13 10:15|ふぅ散歩

 
 はてさて、「ふぅ散歩」は秋に入って本格始動です(^o^)丿
 
 この書庫は7月から久しぶりの庚申…更新。
 
 猛暑の中もそれなりに歩いていたのですが、それなりの距離しか歩いていないので…(^_^;)
 
 ということで今回はマッチの用事で出かけた先、城原川(じょうばるがわ)の川べりからぐるっと歩いてきました。
 
 ちょうど稲刈りと蕎麦の花が咲いていまして、土手には枯れかけたヒガンバナもあっていよいよ秋が本格的になったなぁと肌で感じます。
 
 この田んぼの土手を下りると川の遊歩道です。
 

 
 
 きれいに整備されていますね。
 
 今できたばかり…ではありませんが、ゴミがたまらないように整備してあるのかな?
 
 
 
 
 お、ワナ発見!! これはツガニの罠ですね。 この川には数カ所、このような罠が仕掛けてあります。 
 
 どれどれ、中はどうかな?
 

 
 あ!1匹だけいましたよ(●^o^●)
 
 黄色で囲っている部分ですけど…わかりますか?
 
 保護色になっていてわかりにくいと思いますけど、かなり大きなツガニが1匹います。
 
 今頃は「炊き込みご飯」になっているでしょう…ち~ん。
 
 この辺りでは茹でて食べるほか、殻ごとまるまる炊き込みご飯に入れて食べます。
 
 当然ですが、横取りはイケません!見るだけ…。
 
 ちなみに私は蟹にあたってしまい、死ぬ目にあっているので、あげるといわれてもいらないです(^_^;)
 
 さてずんずん上流へ…
 

 
 
 
 
 
 滝の横は何だろう…魚が登れるように作ってあるのかな?
 
 
 
 
 
 ちょっと雲が多かったですけど、それなりによい天気です。
  
 逢愛橋の下までやってきました。
 

 
 ナイスミドルが釣りをしていました。
 
 ここでは何が釣れるのだろう?何が釣れるのか見ていたんですけど、全く釣れそうになく、私の方がギブアップしました(^_^;)
 
 すごくいい匂いがしたので上を見ると…。
 

 
 
 巨大な金木犀です@@
 
 うわ~これはでかい!!
 
 この匂いがすると秋ですね。
 
 いつもの年は9月には匂いがしていたけど、ここ数年は10月にならないと匂わなくなりました。
 
 
 
 
                      逢愛橋の下はこの小さな滝があって、遊歩道はここでおしまい。
 

 
 水かさが少なければ石を渡って対岸に行って、続きの遊歩道を歩けるのですが、この日は水が多かったので、橋の上にあがって市道へと抜けました。
 
 
 
 
 
 帰り際、いい感じで枯れている観音さまを発見!
 
 散歩の途中で逢うと、なぜかホッとしますね(*^。^*)
 
 
 
 
 
 
 
 
 さて、ふぅ散歩は今回は4,842!す、少ない…il||li▄█▀█●il||li
 
 結構歩いたと思ったんだけどな…(^_^;)
 
 さ、次の予定は「○○公園のコスモスを見ながら散策」、「○○寺と○○市周辺」、「基山城址まで軽登山」などなど…。
 
 計画倒れにならないように…たぶん、計画倒れになるでしょう(爆)
 

懐かCM~【本物VSニセモノ】

2010.10.12 10:28|こだわり
 3連休に草むしりの傍ら、ちょっと映像を探していた時に見つけた懐かしいCM。
 
  正直びっくりしたんですが…。 実は本物のゴキブリが登場するCMなんです@@今では考えられないでしょう(爆)
 
 ゴキブリ駆除の殺虫剤やゴキブリホ○ホイのCMって、ちょっとチープで子どものおもちゃみたいなゴキブリが登場するんですけど、こちらは本物!
 
 前半の掛布さんの「コックローチS」のCMはニセモノ、後半の京塚昌子さんの「ゴキブリゾル」のCMは本物です。
 
 
 
 わはは!さすが肝っ玉母さん、本物に全く動じない!(^-^)
 
 たしかこの当時はコックローチの方が効き目が弱い…という声がちらほらあったような気がします。
 
 確実に効き目がある方はこちらと言わんばかりの「ゴキブリゾル」!
 
 ちなみに我が家は犬がいるので、殺虫剤は床には使わず、ひみこさん特製のホウ酸団子。台所のみ、出現時にノズルが細い殺虫剤を使っています。
 
 ああ、それにしてもなんておおらかな時代でしょう…おおらか過ぎるかな?

今年最後の月下美人

2010.10.10 10:35|をりふし・秋
 今年最後の月下美人が、2日にわたって咲いてくれました。
 
 今年は昨年カイガラムシにやられ、私のうっかりもあったせいか、かなり散髪をしたので咲かないと思っていましたが、幸い10個ほど花をつけてくれました。
 
 例年ですと年間で30個ぐらい花を付けますが、あきらめていたので10個でも満足でした(^.^)
 

 
 
 
 こちらは一つの葉っぱに2個の花が…。
 
 栄養が行きわたっていないせいか、花がちょっと小ぶりです。
 
 
 
 
 さ、花が咲き始めました…。
 

 
 
 夜の9時半ごろ…。
 
 こちらは葉っぱに花が一つなので大きい花です。
 
 真夏と違うので、花の咲く時間がちょっと早く感じました。
 
 
 こちらは先ほどの二つくっついていた方。
 
  このままいくと完全にチューしてしまうので、残念ながら…
  

 
 
 
 別れさせました(笑)
 
 な~んか、怒っているようですね(^_^;)
 
 
 
 
 
 
 
 0時近く、完全に開いたまでいかないけど、それに近い状態で花が咲きました。
 
  次の日も大きな花が1個だけ。
 

 
 蛾が動けません…。
 
 この匂いに酔っているのかな?
 

 夜の11時ごろ…。
 
 私のむくんだ手と比べてみましょう(T_T)
 
指から手首の付け根までが約17センチ、横が約9センチです。
 
花は私の手よりも大きいですね。
 
 
 
 0時を過ぎたらほぼ満開です。
 
 さっきの蛾もいずこへ…。
 
 
 
 そして夜明けから30分たったのち…。
  
 花は静かに終わりを告げます…。
  
 花の命は短くて…。
 
 
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。