FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しのマンホール82・福岡県糸島市(旧前原市)

2010.12.29 15:31|愛しのマンホール

 100万と15人のマンホリストの皆様、こんにちは。
 
 あわただしい年の瀬をいかがお過ごしですか?
 
 さて、今年最後の更新は「愛しのマンホール」、福岡県糸島市(旧前原市)です。
 
 以前に楓のマンホールを投稿しましたが、今回は稲穂がデザインされています(^.^)
 
 稲穂はお正月にふさわしいデザインですね(*^_^*)
 
 さてこのデザイン、何かに似ていませんか?何かに…。
 
 5円玉に似ている…と思ったのは私だけ?(笑)
 
 ということで…。 

五円なだけに、これからも素敵な御縁がありますように、そして皆様と御縁が続きますように…。

 今年一年、本当にお世話になりました。
 
 このような拙いブログにお付き合いしてくださいました皆様に感謝申し上げますm(__)m
 
 今年一年、皆さまにとってどんな一年でしたか?
 
 私自身腹立つこと、呆れること、悲しいこと、本当にげっそり来ることもたくさんありましたが、いろんな方に支えられた素敵な一年だったと思います(^.^)
 
 来年もよろしくお願いいたします。
 
 では、年末の風物詩といえばこちら、1万人の第九「歓喜の歌」です。
 
 
 それでは皆様、よいお年をお迎えください(^.^)
                                  
                                     ふぅ
スポンサーサイト

第3回全国狛犬選手権九州大会

2010.12.28 14:55|狛犬選手権
 年末恒例、「全国狛犬選手権九州大会」です(*^_^*)
 
 数えて今年で3回目を迎えました。神社仏閣ブログと言いながら、月2回ぐらいのスローペースと何とも情けない更新ですが、今年も素敵な狛犬さんたちとLOVEな出会いがありました(^.^)
 
 ちなみに「全国狛犬選手権九州大会」などというものは現実にはありません。
 
 審査員、審査員長、賞状、副賞すらない、私の独断と偏見で決める「大会」です。
 
 では、今年の第5位から発表します。
 
第5位 崇福寺狛犬
 

 
 長崎県長崎市内にある国宝と重要文化財だらけの、まさに「九州の法隆寺」とも言うべきお寺の狛犬でした。
 
 丁度ここは今年の大河ドラマ、『龍馬伝』第4部のロケ地にも使われていました。
 
 まさに異国にいるかのようなお寺を守るエース狛犬は何ともけだるい表情をしています。腕は人間の手のようにして「毬」、そして「子ども」を抱いていますね。
 
 一度会ったら忘れられない狛犬でした(*^_^*)
 
 
 第4位 田島神社拝殿前狛犬
 

 
 ご覧ください、この枯れっぷり!!とっても素敵です❤
 
遣隋使、遣唐使をあたたかく見守り、名護屋城にいた秀吉ら戦国大名が力比べをした古い古い神社の狛犬。
 
 海風にさらされすぎて、一体いつからここに座っているのか読み取れなかったこの二人、ポジション的に「吽像」の方がまともに風を受けるからでしょうか?傷みが激しいです。
 
 ここの神社は妙に元気をくれる力がありましたよ。また来年も行ってみたいところです。
 
 第3位…の前に番外編。
 
 こちらは九州の狛犬さんばかりですが、一つだけとってもハンサムな、今後が気になる狛犬さんにあいました。
 
 こちらの靖国神社、石の鳥居前の狛犬です。
 

 
 靖国神社にはたくさんの狛犬が祀られていましたが、どれも素晴らしく個性的なものばかりでした。渡来系狛犬がある中、こちらの石の鳥居の前の狛犬は、西洋的な感じでした。
 
 カールも牡丹の装飾もない、動物的な狛犬だったのでとても印象的でしたね。
 
 材質的に枯れにくい石を使っているようですが、何年かの後、また靖国神社に参拝する機会があるときは、どのように変わっているのかちょっとだけ楽しみができました(^.^)
 
 では、第3位です。
 
第3位 太宰府天満宮拝殿前狛犬
 

 
 ご覧くださいませ、この黒い瞳(爆)
 
 比較的新しい狛犬のようですが、生涯通じて30回ほど、ブログを始めてからは15回は行っている太宰府天満宮ですが、初めて見ました。
 
 なにせ、いつ行っても多い天神さん、お賽銭箱にたどり着くまでに人の山をかき分けて参拝しなくてはなりません。
 
 なので全く気が付きませんでしたよ…こんなに目立つのに(ToT)/~~~
 
 この黒い目、なんで黒い目をしているのか聞きたかったのですけど、これからしばらくは大忙しなので、たぶんこうではないかと自分なりに推理してみました。
 
 「白眼視」という、中国の故事があります。
 
籍、又能(よ)く青白眼を為(な)し、禮俗(れいぞく)の士に見(まみ)ゆるに、白眼を以て之(これ)に對(たい)す。

(阮籍は、黒目と白目を使い分ける事ができ、礼儀作法にとらわれている俗人と会う時には、白目をむいて向かい合った。)
 歓迎すべき人物とは「黒目」で会う。という意味ですね(*^_^*)
 正解かどうかわかりませんが、天満宮に参拝する人を歓迎しているという意味なのかもしれません(*^_^*)
 
第2位 宗像大社神門前狛犬
 

 
みるからに惚れぼれしますね
 
 太ももの部分に、今はない村の名前が書いてありましたので、相当古いものだと思いますが、すごく大事に手入れされているのだなぁと思いました。
 
 これのフィギュアがあったら欲しい❤❤
 
 では、今年の第1位の発表です!(デロデロデロ~~)
 
 第1位 光雲(てるも)神社狛犬
 

 

 
  この狛犬、初対面はビックリでした。な~んで、首が反対に向いているのか…?
 
 なぜ、エクソシストみたいか…素敵なきれいな女性の神主さんに説明を聞いてから、感激しましたね(*^_^*)
 
 黒田如水と黒田長政を祀る神社、神様となった二人とともに福岡の街を守っているんですね~素晴らしい狛犬です。
 
 この狛犬の奉納者が、かの「麻生太吉」さんというのもすごい@@
 
 今年は神社仏閣ブログの投稿が少なかったですね(^_^;)
 
 これでは、来年の「狛犬選手権」が開けないかも…il||li▄█▀█●il||li
 
 もっと頑張って投稿しようと思う私です。
 
 さ、明日は今年最後の投稿です(*^_^*)
 
 年末にふさわしいマンホール(?)で締めたいと思います!

【盲獣】他

2010.12.25 15:26|読書いろいろ
 【読書いろいろ】この書庫はなんと2カ月ぶりの更新でした@@
 
 本は読んでいたのですが、記事にしていなかったんですね…何をやっていたんだろうと…il||li▄█▀█●il||li
 
 という事で、今年最後のこの書庫の更新、年頭の目標『300冊』と、どっかの政権与党のマニフェスト同様、達成しませんでした(爆)
 
 まあ、はっきり達成できなかったことを公言するところは、政権与党とは違うわけでして…(^_^;)
 
 ではまずはこちらから…
 
 
 私が好きな作家、江戸川乱歩の小説です。おそらく、乱歩の作品の中で、一番グロい小説だと思います。たぶん…(^_^;)
 
 本名不明、年齢不詳、住所不定、通称≪盲獣≫。狙い定めた女をさらい、意のままに弄んだ後は何の未練も執着もさらりと捨てて黄泉路へ送る、冷酷非道なその手口。あわれ飛んで火にいるレビューガール、カフェのマダムか有閑未亡人…足の向くまま気の向くまま、悪逆無道の限りを尽くす男を描いたクライムストーリー。
 この物語の主人公≪盲獣≫とは、目の見えない男のことです。
 
 親が大富豪で遺産がたくさんあって、自身は孤独な身の上という事もあってか、自分の屋敷の地下に身の毛のよだつ部屋を作って住んでいました。
 
 けど、それに飽きてしまって、とうとう本物の女性を物色し、弄んだ後はなんと『鎌倉ハム』にして売ってしまうなど、やることなすこと実に猟奇的なんです。
 
 目が見えない代わりに、指先の感覚は超がつくほど敏感で、風呂屋の三助にふんして美女をあさります。(目が見えないので、女風呂でも安心という裏をかいているわけです)
 
 目が見えないというハンデのため、女性の美しさを手で触ることでしか感じることができない≪盲獣≫、触感で美を追求し続けた結果≪盲獣≫は自殺を図ります。ある目的が達成されたために…。
 
 その目的とは…うぎゃ~~~というものでした><
 
 かなりグロテスクで食前食後、特に焼肉を食べた後は読みたくない内容ですけど、一つの目的のために死んでしまう≪盲獣≫の、歪んでいるけれど、究極の純愛を同時に感じる作品ではないかと思いました。
 
 ラストはぜひお読みくださいませ…❤
 
 もう一つ…。
 
 
 全然内容が違って、こちらはドタバタです。
 
 こちらはruruさんから教えていただいた本です。ruruさん、ありがとうございました! 
初恋がすべてになるなんて、あたしの人生、こんなはずじゃなかったのに…。一途に恋い慕って追いかけるトビ子。ひらりとかわす風来坊ブンちゃん。切ないはずの恋なのに、なぜか彼女の周りは明るい騒々しさに満ちている。元気な女の恋物語。
 この本はたぶん、女性にウケる本じゃないかなぁと。
 
 親に反発していたトビ子の前に、風来坊のブンちゃんが現れます。かなり年上の男の人だけど、ブンちゃんの生き方や考え方に、トビ子は惹かれて行くのですが、ある日突然ブンちゃんはトビ子の前からいなくなります。あきらめかけていたトビ子は、ある日会社を辞め、ブンちゃんに会いたいばっかりに、ブンちゃんの実家のある霧舟温泉の食堂で働きながらブンちゃんの帰りを待ちます。
 ブンちゃんのお姉さんや、出前を配達する先のストリップ小屋のママさん、年増のストリッパーのマリアさんたちと、涙や笑いありのドタバタな毎日を過ごすうちに、トビ子の中でいろんなことが変わっていきます。
 
 はたしてトビ子はブンちゃんに会えるのでしょうか?
 
 貧しくとも力強く誇りをもって生きている人たちの、なんともいえない面白さが笑えます。この本は手元に置いておきたいなぁ…というか、続きがあるのなら、読んでみたい面白さでした(*^_^*)
 
 他10月からのを合わせて12冊。合計90冊。
 
 il||li▄█▀█●il||li100冊すら到達していませんでした><
 
 なんでこんなに読まなかったのかな?一つは読みたい本がなくなってきたというのもあるかと思いますし…でも、やっぱり「モバゲー」のし過ぎだと思う(爆)
 
 来年はこれ以上減らさないように、もっと読書しよう。

ゆずだいこん

2010.12.23 15:52|がばいうまか!

 寒くなってきたので、ゆずだいこんを作りました。
 
 正確には大根を柚の汁と皮で漬けた大根です。
 
 本当はゆっくり寒にあてて干したものを使えば飴色の大根になるのでしょうけど、今回は太めの短冊に切って、このように干すと一日で干し上がります。
 
 切り干大根のふっといヤツですね(^.^)
 
 

 
 
 
 いつものように、何でも適当です(^_^;)
 
 鷹の爪一つに、昆布のドロドロが美味しいので、いつもよりも多めに、薄口しょうゆに柚の汁とお酢、そして柚の皮…
 
 二日間、気合で押して出来上がり…。
 
 
 
 まあ、こんな感じです。
 

 
 カリカリして美味しかった❤私にしては成功です…珍しいことですが(爆)
 
 寒さに当たると大根も気合が入って、とってもカリカリします。
 
 青首大根だと水分が多いので、ちょいと長めに干した方がよいかもです。
 
 正月はなますよりも、こっちにしようか?
 
 でも、なますはなますの意味があるので、ちゃんと正月には作らないといけないかな?
 
 とりあえず、まともな正月が来るように、まずは掃除、掃除。
 
 なんだか全然掃除していないみたいですけど…全然していません(涙)

サイダーハンター36・醤油サイダー

2010.12.20 14:19|サイダーハンター

 
香川県 小豆郡小豆島町 醤油サイダー
 
 インフルエンザが流行りつつありますが、喉がイガイガしたらサイダーでスカッとしたくないですか?
 
 という事で、久々のアグレッシブなサイダーに出会いました(-_-)
 
 そもそも「サイダーハンター」の趣旨は、御当地の昔懐かしの味を探求するために作った書庫でしたが、いつの間にやら私の「チャレンジコーナー」と化してしまったようです><
 
 そんな皆様のおもちゃとなった私が【挑戦】する36本目は、これまた醤油という、考え付かないような代物です><
 
 ちょっと写りが悪いですが、ラベルの右の方に「全国醤油サミット開催記念」と書いてあります。
 
 醤油サミットのために作ったのなら、なにもサイダーにすることはないだろうと思うのですが(爆)
 
 そんな醤油サイダー、飲む前に注意書きがありましたので読んでみます。
 

「四百年の伝統よりついに誕生!!」
と、ずいぶん威勢のよい文句が書かれていて、いやがおうにも期待が膨らみます(爆)
 
 【醤油サイダーをまねて、しょうゆ(本物)をサイダーのように飲むのは、絶対におやめください。】
 
 と注意書きがありますが、いくらなんでも大人でも子供でもこんなことはしないと思うけど、こればっかりは絶対とはいえないし…。
 
 で、これから行くと、本物の醤油を使っていないのかと思ったら、原材料のところには、上から二番目にちゃんと「醤油(大豆、小麦を含む)」って書いてあるんです。
 
 成分表示は多い順から書いていくので、二番目にあったという事は結構醤油が入っている??
 
 というわけで、飲んでみました(^-^)
 
 …、…、…醤油の味です…あまりきつくはないけど、醤油の味がする!!
 
 うわ~~、本当に醤油のサイダーです@@
 
 炭酸はややきつめで、総合的な味は、以前daizuさんからいただいた「カシューアップル」のサイダーの味に近いと思います。
 
 ちょっとクセのあるっぽい感じ。
 
 まずくはないのだけど、美味しいかといえば実にびみょ~。
 
 「醤油」という概念がなければ美味しく飲めるのかもしれません。
 
 やっぱり我々日本人のDNAには『醤油を飲む』という感覚がないせいでしょうかね~?
 
 前頭葉が「醤油を飲む」というのを拒否しているような感覚というのでしょうか? どう考えても醤油は「かけるもの」しか使ったことないし…。
 
 今回はうまく表現できたかどうかわかりませんが、やっぱり醤油はかけて使った方がよいと思います(^_^;)
 
香川県小豆郡小豆島町 (有)谷元商会T 醤油サイダー
なつかし度…☆☆☆☆☆     酖美度…★★★★☆
  糖度  …★★★☆☆     炭酸度…★★★★☆ 
 味わい度…★☆☆☆☆     驚き度…★★★★★
 
 私見ですので、参考にしてみてください。
 
 さすがに懐かしい味ではなかったですね(^_^;)

?へドライブ!

2010.12.13 13:58|go!go!go!

 
 クリスマスプレゼントクイズ中に付き、関係個所は写真を修整、文字は○○で表示しています(*^。^*)ぜひふるってご参加ください)
 
 回答はこちらへお願いします。http://blogs.yahoo.co.jp/kennko4shida/34672320.html
 
 さて、土曜日にマッチと二人で○○島へ行ってきました(*^^)v
 
 今年から○○大橋と写真の**大橋が無料となり、高速道路も今は無料化実験中という事で行きやすくなりました。
 
 この日は晴れたり曇ったり、風の強い一日でした。
 
 この島のお寿司屋さん、とっても美味しいですよ(^.^)
 
 ここの大将はとっても毒舌なのですけど、たぶん照れ隠しじゃないかなぁ~、お客さんも多いです(*^。^*)
 

 
 カウンターで握ってもらいました。
 
 一度に出て来ないのでお寿司の写真はないのですが、ここの醤油さしがとっても素敵で写真をパチリ。
 
 東インド会社のコピーだと思うんですけど、欲しいなぁと…と思ったら、問題の答えが写っていました(笑)
 
 あわてて消します><
 
 

 
 
 
 
 マッチ、海に来て、な~んで「納豆巻き」を追加したのかな~><
 
 
 
 
 
 
 大将の毒舌に大笑いして、せっかく来たから灯台に行こうということで行きました(^-^)が!!
 

 
 
 
 どどど~~っとすごい波と風!!
 
 さぶ~~~~い><
 
 こ~んな寒くて風が強い日にここに来るなんて、物好きにもほどがあるわい!
 
 
 
 
 
 

 
 
 崖に立つのも恐ろしい…。
 
 気分はサスペンスドラマの犯人。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 マッチもリッツも鼻水が飛んでいくほどの風の中><
 
 
 
 
 
 
 「ホントに灯台まで行く?」と聞いても、「もうすぐだし、とりあえず行こう。」とごり押しされて渋々行ったものの、周りの風の強さに負けて、「俺、ここにおるから行っておいで」と(爆)
 
 本当は行きたくなかったけど、ここのマンホールには灯台がデザインされているので、撮影しておかなきゃと頑張って行きましたよ!
 
 途中、すれ違う人から「ものすごい風、台風みたいな風が吹いているから気を付けてね。」と…il||li▄█▀█●il||li
 

 
 
 
 
 
 という事で、体を風に揺らされな
がら撮った「○○灯台」
 
 寒いし、風が強くて体が持っていかれる!!
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 灯台に背中をくっつけて撮った、先ほどの崖を反対側から写しました><
 
 
 この崖にも名前があります(^.^)
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 恐ろしい目にあって、ここの観光の目玉である○○観音…。
 
 銅でできている観音さまで、漁港の目の前にあります。
 
 漁にでる船を見守っていらっしゃるのですね(*^。^*)
 
 
 
 
 
 
 そして島を出て、○○市街に入ります(^.^)
 
 ここでお土産~~~。
 

 
 
 ここのお菓子はマッチも私も好きです。
 
 明治から平成までの天皇陛下への献上菓子としても有名なんですよ(^_-)-☆
 
 う~ん、やっぱり美味しい❤
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
そして○○城の外回りを見学して…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 有名なこの橋を車から激写!
 

 
 
 そして佐世保に寄って前回とは別のお店ですが、またも「佐世保バーガー」を堪能しました(^-^)
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 ああ~美味しい❤
 
 何でも美味しくて楽しい一日でした(*^。^*)
 
 
 
 
 

 
 ヒントになった部分はありましたでしょうか?
 
 たくさんの回答をお待ちしています。
 
 アバターがいらない方でも、クイズに参加して見ませんか?
 
 もちろん、アバター設定をしていない方のためにプレゼントを用意していますよ(^.^)
 
 ただいま正解者は2名です。

懐かCM~【お掃除はかどっていますか?】

2010.12.12 09:59|こだわり
 
 12月です(^.^)お掃除はかどっていますか?
 
 よい年を迎えられるように、今から少しづつ頑張りましょう(^_-)-☆
 
 
 
 あんなとこや、こんなとこも…❤

豊玉姫神社の御朱印

2010.12.08 14:30|神社探訪

 
 さて、寒くなると温泉が恋しくなります(*^_^*)
 
 ということで、今回は『美肌の神様』、佐賀県嬉野市の豊玉姫神社へ行ってきました。といっても、行ってきたのは昨年ですが(爆)
 
 投稿が遅れに遅れておりますが、気を取り直していきましょう(^_^;)
 
 こちら、豊玉姫様という神様ですが、竜宮城の乙姫さまのことだそうです。
 
 さて、いい感じで枯れた鳥居、こちらは肥前鳥居ではなかったです。
 
 エースは…
 

 
 なかなか素敵に枯れています(*^_^*)
 
 拝殿前の狛犬もいい感じで枯れていますが、
 

 
 吽像の狛犬は途中から片手がなくなっています。
 ああ、痛々しい><
 
 どちらの狛犬、古くて立派な狛犬だけど、注連縄が緩すぎるような…(^_^;)
 
 長さが決まっているのだろうか?シュッと締めると気合が入って見えるのになぁ、どうなんだろ?
 
 拝殿です(*^。^*)
 

 
 拝殿は大きくはないものの、きれいに掃き清められていました。
 
 周りの楠も大きなものばかり。
 
 今更ながら、この日梅が咲いていました(爆)
 

 
 もっと頑張って神社仏閣ブログらしく投稿しないと…il||li▄█▀█●il||li
 
 マンホールは季節感を出した投稿の仕方をしているのに、”自称神社仏閣がメインブログ”と言いながら、季節感なしだもんなぁ…(^_^;)
 
 それはさておいて、ここの神様に「ナマズ様」がいらっしゃいます。
 
 ここの神社が「美肌の神様」と言われる由縁になっているんです。
 
 
昔、岩屋の神様が海の神様である豊玉姫さまを嬉野の地に迎えました。その時、嬉野村の池に一匹の六尺はある大ナマズがたいそう汚れて傷つき、苦しんでいました。

 それを見た心優しい豊玉姫さまはかわいそうに思って、川辺からこんこんと湧き出ずるお湯をそっとかけてあげました。

 するとなまずは見違えるように白く、きれいな肌になって元気になりました。ナマズは大変感謝をして、豊玉姫さまのお使いになりました。

 ある時、嬉野でひどい皮膚病がはやり、豊玉姫さまはどうしたものかと悩み、ナマズに相談しました。

 なまずは、「お困りなら私が力になりましょう。」と村の人々に自分の体をなでさせたところ、ナマズに触れた人たちは、たちまち肌が玉のように輝き、綺麗になりました。

 村の人々の皮膚の病をすっかり治すことができたナマズは、それから村に災いが起こりそうになると池から顔を出し、人々に危険を告げるようになりました。

 それ以来、嬉野の人々はナマズを神様のお使いとして奉り、大事にするようになりました。
 なんだか、つっこみどころ満載の言い伝えですが… ということで、こちらが祀られている「ナマズ様」…。
 

 
 こちらのナマズ、嬉野で作られている「肥前吉田焼」ではないかと思われます。
 
 こちらのナマズ様に温泉水をかけて、「二礼、ニ拍手、一礼」をして「美肌になりますように」とか「皮膚病が治りますように」とお願いします。
 
 まあ、私は自他共に認める美肌です。パーツはともかく(爆)
 
 温泉に行くと100%の確率で「うわぁ!奥さん、色白やね~~!」とか、中には「色のく~白か!下の透けてみえるっちゃないと!」とか、(私はミジンコじゃないので中は透けて見えませんよ)とかつっこみたくなりますが…(^_^;)
 
 でも、以前1万人に一人の確率でかかる、「ウイルス性皮膚炎」にかかったことがあるので、しっかりお参りしました(*^^)v
 
 御朱印…
 

 
 下の朱印がよくわからない…><
 
 豊玉姫神社 
  佐賀県嬉野市 バスセンターそば
 
 
 ※昨日今日とまた「スポット投稿」に載ったらしく、訪問者が多すぎるので、今回は限定にしました。

愛しのマンホール81・佐賀県藤津郡太良町

2010.12.06 09:45|愛しのマンホール

 
 全国100万と15人のマンホリストの皆様、おはようございます。
 
 すっかり寒くなった今日このごろ、カニ鍋なんぞ食べたくなったりしませんか?私はもう食べられなくなりましたが、カニが食べられたころは、寝る時とカニを食べるときだけ無口になっていました(爆)
 
 カニの産地である、佐賀県太良町のマンホールは、そのワタリガニとみかんがデザインされています。
 
 みかんとカニの産地…みかんと言えばあの「海水みかん」を思い出しますね(笑)
 
 道の駅では牡蠣とこのワタリガニが売られていました。
 
 ヤワラってなんだろう…柔らかいカニという意味かな?
 
 食べないので調査していません(^_^;)
 
 こちらの渡りガニは「竹崎がに」のブランド名で売られています。
 
 ここのワタリガニは有明海産なので、割と味が濃いんです。
 
 茹でたのも売っていました。
 
 生のものよりも大きかったです。
 
 やっぱりオスのほうが値段が高い…。結局買いませんでした。
 
 岳の新太郎さん、超美男子だったそうで、こういう話が残っています。
 
今から500年前のころまで多良岳大権現は宝円寺、金泉寺や山中の寺が一体となり真言宗密教の霊地として栄えていました。金泉寺は三群内に七十余りの末寺を持つ名刹であったが天正十一年(1583)に焼失しました。この金泉寺に原口新太郎という美男子の若い寺男がいました。山麓の娘達はこの新太郎さんに恋心をよせていましたが、そのころ金泉寺は女人禁制で登ることができませんでした。娘達は新太郎さんが山から下りてくることを祈っていました。「ザンザ節」はこの娘心を唄った民謡です。
意味は新太郎さんが山から下りてくるときはたくさんの燈籠をあかあかとつけて迎えたが、山へ戻るときは道に水をまいて、滑って帰れないようにした
という。
 
 HPより抜粋しました。
 
 山から下りてくるときは灯りを付けてお出迎え、帰るときは水を巻いて帰れなくするほどの美男子…どんだけ美男子なんだろう??
 
 という事で、このほど太良町では「平成の岳の新太郎さんを探せ!」というイベントが行われます(*^_^*)
 
 応募条件は県内在住の独身男性で18~35歳(高校生除く)。履歴書と顔・全身写真を郵送する。優勝賞金は20万円(優勝者推薦人にも3万円)。〒849-1602 太良町多良1の17 太良町社会福祉協議会「平成の新太郎」係、電話0954(67)0410へ。
 ああ、県内限定ですね…il||li▄█▀█●il||li
 
 とはいえ、優勝者推薦人に3万円とは美味しいではありませんか!
 
 さ、今から美男を探しに行こう!(爆)

おかえり「はやぶさ」

2010.12.02 15:06|素晴らしきかな!

 
 日曜日のことですが、県立宇宙科学館へ、7年ぶりに地球へ帰ってきた「はやぶさ」を見に行ってきました。
 
 こういうのって抱き合わせ企画が多いのですが、今回は無料!
 
 全国巡回展示なだけあって期間が短いという事もあったかもしれませんが…。
 
 これ、マッチがどうしても見に行きたかったらしかったので、早朝より行ってきました。寒かった…。
 
 
 あ~、何度見てもこの映像は泣ける…(ToT)/~~~
 
 燃えながら帰ってくる「はやぶさ」、本当にお帰りなさいでした。
 
 海外メディアでは特集を組んでいたにもかかわらず、わが国ではたかがニュースだけ…それもよその国みたいな扱いだし、まあ、不平不満はあるけれど、こうしてたくさんの人が早朝から来ていましたよ(^.^)
 

 
 
 着いた時は8時40分ぐらい…。
 
 開館は9時15分だけど、このとおりの行列。
 
 写真左の方、切れたところから 100mぐらい後に並びました。
 
 ここ、ちょっと山の上だからさぶい…><
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 この場所から45分待ちだった…。
 
 私もマッチもみんなも、鼻水がじょんじょろりん(;一_一)
 
 警官はさすがに鼻水は出ていた人はいなかったけど(^_^;)
 
 

 
 ここら20分ぐらいで「はやぶさ」の元に。
 
 暖房まであと少し、さぶいさぶい><
 
 と、ここから中は撮影禁止。
 
 という事で、もらった冊子を見てください。
 

 
 2003年に打ち上げ、2007年のこの間帰ってきた…2003年だと私は”20歳”ですね(爆)
 
 ちなみに2003年に何があったかというと、

1月29日 - 朝青龍が第68代横綱に昇進(モンゴル人初の横綱誕生)。
2月1日 - アメリカ航空宇宙局、スペースシャトル・コロンビア号、帰還のため大気圏突入後、テキサス州上空で空中分解、墜落。宇宙飛行士7名全員死亡。
3月24日 - 宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が第75回アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞。
7月18日 - 元衆議院議員の辻元清美が、秘書給与詐欺容疑で逮捕。
10月21日 - 天皇家の親族を名乗って結婚披露宴で祝儀などをだまし取っていた自称「有栖川識仁」ら3人が詐欺容疑で逮捕。
バンドのないシリコン製ブラジャー、ヌーブラが流行

 などでした…。覚えていますか?
 
 あ、写真は黄色で囲っているのが「レプリカ」、ピンクで囲っているのが「本物」です。
 
 カラーじゃないのがこのご時世…世紀の大事業に白黒とは…(涙)
 
 写真左下のピンクのヒートシールド(本物)は迫力ものでしたよ。
 
 表面が燃えて傷だらけ…機械だけど、よくこんなになって帰ってきたなぁとまた涙(T_T)(T_T) 
 
 表面はボロボロですけど、中の電子機器は今できたみたいにピッカピカ!
 
 「中は全然きれいじゃん!」というと、マッチは「当たり前やン!ここが壊れとったら、地球に帰ってこれんじゃんか!」と笑われた…チッ(-_-;)
 
 でも中の人に誘導されて、並ぶのに1時間、見るのに5分ぐらいだったかな?もっとゆっくり見たかったけど…見るというよりは、「眺める」といった感じだったかなぁ…無料ゆえに仕方ないか(^_^;)
 
 で、アヤシゲな宇宙食の販売コーナーを見て、「あ、これは”いやげもの”になるなぁ~~Yさんに送ってあげようかな?」とか思ったけど(宇宙プリンがあった!)やっぱやめた(笑)
 
 この後、マッチが佐世保バーガーを食べたいという事で、佐世保まで行ってきました(^.^)
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。