FC2ブログ

2011三社参り~太宰府天満宮

2011.01.11 10:44|神社探訪
 お正月はマッチの仕事の都合と、猛烈な雪などによって三社参りが出来なかったので、昨日頑張って行ってきました(*^_^*)
 
 が、なんと昨日も雪!!まったくツイていませんね><
 
 関東の方はなじみがないかもしれない三社参り、特に九州ではよく知られている、お正月の風習です。
 
西日本の各地の風習としての三社参りは、正月の初詣として、三つの神社を詣でることを指す。この風習が根付いた地域の人々は、「初詣=三社参り」であり、特別な信仰心とは無関係に、当然のこととして三社参りを行う。特に福岡県を中心として九州地方・中国地方の一部では強く根付いた風習である。
三社参りの風習のない人々からすると、初詣で複数の神社に参るというのは少し特異なことであり、「ありがたみが減るのではないか」「あまりよくないのではないか」と否定的に捉える場合もあるようである。
地域によって「一日のうちに三社詣でなければならない」「三が日の間に詣でなければならない」といった決まりごとが聞かれるが、これといって定まってはいない。
「三社」は具体的にどの三つの神社を詣でるべきか、という問題があるが、これは定番がはっきりと定まっている地域もあれば、まったく定まっておらず好きな三社を詣でる、という地域もある。しかし、やはり有名な大きな神社が近くにあれば、それを含めるのが普通である。
詣でる順番については特に決まりごとは聞かれない。(ウィキペディアより抜粋)
 
元々朝廷伊勢神宮石清水八幡宮賀茂神社の三社に奉幣し、これが庶民にも三社詣でる風習として広まった、という説もあるようです。
 
 ずっと三社参りはやっていたのですが、九州で一番有名(というか、バンバンCMで流れています)な三社参り(太宰府天満宮・筥崎宮・宮地嶽神社)を今回決めました。
 
 雪が心配でしたけど、道路は通行止めの区間はなかったのでレッツゴー!
 
 まずは太宰府天満宮…
 

 
 さ、さぶいil||li▄█▀█●il||liこの辺りは宝満山の吹き下ろしがすごくて寒いです。
 
 参道は相変わらず多いですね。三が日はとてもではないけど、写真は撮れないでしょう。
 
 この時期は韓国の観光客と受験生&受験ママ、そして三社参りツアーで多いですよ(^_^;)
 
 参拝者が多いけど、とりあえずスタスタ歩けるので問題はなかったです。
 

 
  おお!ご利益のある有名な神牛には行列ができています(*^_^*)
 
 お正月はまだまだ沢山並んでいますし、不埒なK国の観光客がまたがる風景も見られません。
 
 お正月はこの辺りから拝殿まで進むのに2時間ぐらいかかったそうです。普段はゆっくり心字池を見て歩いても3分はかからない距離ですが…2時間はしんどいなぁ><
 

 
 3つの太鼓橋を渡ると、雪をかぶった楼門が…さぶいさぶい。
 
 ちなみに太鼓橋を逆に渡ると、カップルは別れるという言い伝えがあります。ワハハ!何人かいたな(笑)
  
 この時間の気温は2度ぐらい。手水舎の水が温かく感じられました。
 
  

 
 拝殿までもうちょっと…。
 
 さぶい、さぶい…。
 

 
 拝殿前で参拝が終わると、中の様子は満員御礼状態。
 
 みなさん、合格祈願ですね。
 
 数年…あ、数十年前は私もこの中にいました。
 
 横には次の順番を待つ人でいっぱい!毎年の光景ですが、これが受験が終わるまでず~っとです。
 
 まさに天神様はフル回転、休みなし!
 
 ご神木の「飛梅」、この時期早ければもう咲いているのですが、まだまだこんな感じで、寒さでカチカチです。
 

 
 
 この「飛梅」の花が終わると、大体他の梅が咲き始めます(*^_^*)
 
 まだまだ花は先になりそうです。
 
 
 
お札をいただいて、人に酔った感じになって境内を後にします。
 

 
 雪はただの一度もやむことはなく…。
 
 お昼を食べそこなう危険があるので、早めの食事…寒いのもあったので、Dさんお勧めの「梅塩ラーメン」を食べました。
 

 
 いつも気にはしていたラーメンですが、今日は寒いこともあって食べてみました。
 
 梅をつぶしてスープに溶かして食べるんだそうです。
 
 あっさり上品なラーメン。トンコツが苦手な人はいいかもしれませんね(*^_^*)
 
 私は気に入ったけど、マッチは反応が悪い…。男の人にしてはちょっと物足りないかなぁ…。マッチはガツン系のトンコツ派なので物足りなかったかもしれません。
 
 お土産とデザートに梅ヶ枝餅を…。
 
 という事で、この後は筥崎宮へ向かいます。つづく…。
 

【披露宴司会者は見た!】他

2011.01.09 13:26|読書いろいろ
 今年最初の『読書いろいろ』。昨年は100冊を達成できなかったので、今年はまず100冊クリアを目標にしたいと思います。
 
 もちろん、100冊という数が問題ではなく、読んで面白い、かつ役に立つ本を読むのが前提ですので、頑張って少しでも知識を得たいと思います(^.^)
 
 さて…これが知識と関係あるかと言われれば、ちょっと苦しいのですが(爆)、読んで面白かったし、考えさせられることも多かったのでこちらをどうぞ(*^。^*)
 
 
 サブタイトルが【「初めての共同作業」は波乱万丈】とあるように、とにかく波乱万丈な披露宴が、これでもかと書かれています。
 
 そのほとんどは爆笑ものです。特に面白かったエピソード『古文書を綴る「フリーズ仲人」』は、緊張して「フリーズ」してしまった仲人さん(今では仲人さんを立てるところは少なくなりましたが、まだあるんだそうです)、緊張のあまり座り込んでしまった仲人さんに変わって、司会者が新郎新婦の紹介をしようと、仲人さんが作った紹介文を手渡たところ、その字が古文書のようにあまりにも達筆過ぎて読めなくて、四苦八苦したそうです。
 
 他には『学問の神様の無念』というのは、新郎が祝辞をお願いした老教授が、なぜか途中から菅原道真の話になり、20分間菅原道真がいかに無念な最期を遂げたというような、まあ、無念なのは新郎新婦だと思うような話がつらつらと書かれています。
 
 そのような爆笑ものだけならまだしも、中には最初から新郎新婦の両家が仲が悪かったり、新婦と母親の考え方が違って、母親が花束をもらいたかったと言って泣いていた話とか、結構重い話も織り交ぜてあって一方的な爆笑話で終わらなかったので、本としてはよく書けている話だと思いました(*^。^*)
 
 もう一つはこちらです。
 
 
  この「パーフェクトガイド完全版」というのがすごい!!(爆)
 
 ただ、パーフェクトと言いながら、九州の神社仏閣について書かれているのがほんのちょっとだったのが疑問でしたが。
 
 ま、それはさておき、御朱印についての意味や、各地の神社仏閣の御朱印に書かれている朱印や本尊などについて細かく解説してありました。
 
 これから朱印を集めてみようという方にはもってこいですし、すでに始めている人でも、期間限定御朱印のことや、いつそれらがもらえるのかが書かれているので、これは興味のある方なら一冊持っておかれるとよいと思います。
 
 第3章の「とっておき!変わり御朱印・御朱印帳」は要チェックですね(^_-)-☆
 
 東京の○○神社の御朱印はとってもカラフルでしたし、京都○○院では「ご詠歌」の御朱印がもらえるとか。あと鎌倉の○○寺では1年に3日間だけもらえるものや、奈良○○寺のある場所でもらえる御朱印は、あのお方の姿が丸丸朱印として使われているとか…。
 
 こういったことは神社仏閣も宣伝していないので(当たり前ですけど)、滅多に行けない場所でいただく場合には、貴重な情報だと思います。
 
 私は後でこの本を買いに行こうと思います(^.^)
 
 新刊ですので、すぐに手に入ると思いますよ。
 
 
 他1冊…計3冊(1月9日現在)

アウトドア百人一首十五~君がため~

2011.01.07 12:52|アウトドア百人一首
 久しぶりの「アウトドア百人一首」、決して忘れていたわけではありません(^_-)-☆
 
 今日この日のために十五首目を温存していました。(←ホントです)
 
 ということで、十五首目はこちらです。
 
君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ  光孝天皇
 
 今日は七草…はい、ズバリ七草を歌った歌です(^.^)
 
 光孝天皇は在位四年という事でしたが、非常に奥さまLOVEな方だったようです。
 
 意味は大体分かると思いますが、こちらをご覧ください。
 
きょうは七草。あなたの為に若菜を摘みに来ました。早春の野雪が、私の袖の上で楽しそうに遊んでいます。今年もお健やかでありますように。
 情熱的なLOVEな歌が多い百人一首ですが、こちらは穏やかで優しい愛の歌ですね。
 
 なんというか、押し倒されそうな情熱的な歌よりも、こういう歌の方がより愛情がわくというか、一時の情熱的な愛よりも、恒久的な愛の歌に聞こえますね(^_-)-☆
 
 そうでした。今日は七草でしたね。もう朝に食べた方もいらっしゃいますが、我が家は夕飯にいただきます(^.^)
 
 普通は朝に食べるのでしょうけど…まあ、大人の事情がありまして。
 
 ということで、アウトドアになるとこうなります(^.^)
 


 
 今回苦労したのは「君」ですね(;一_一)
 
 これは本当になくて、学習塾のあるところとかに行ったんですけどなくて、まさに神だのみ、神社を巡って探しました。「○○君」といった、故事などを由緒に書いてあるところでした。
 
 「若」はお約束の薬局ですね(爆)なんなのかはご想像にお任せします。
 
 という事で、今年も恥ずかしさに耐えながら頑張って探します。早く終わりたい…というのが本音かも?(笑)

大本山誕生院の御朱印

2011.01.05 13:42|寺院探訪

 
 さて、今更ながら我がブログは神社仏閣ブログがメインです!と、今年は胸を張って言えるように頑張って投稿したいと思います(^_^;)
 
 新春一発目は佐賀県鹿島市にある、『大本山誕生院』です。
 
 こちらは興教大師の生まれた地だそうです。
 
 興教大師は真言宗の中興の祖、高野山を復興した偉いお坊さんなのだそうですよ(^.^)
 
 
 上はその誕生院の本堂です。足利義満の発願によって応永12年(1405年)に建てられましたが、大友宗麟の戦火によって焼失、以来大正12年に再建されました。
 

 
 ずいぶんと間が開いたんですね…@@
 
 こちらは金堂
 

 こちらに興教大師をお祀りてあるそうです。
 
 なかなか大きな立派な金堂でしたよ。
 
 ここのお寺は「花の寺」という事らしく、四季を通じていろんな花が咲いているとのことでしたが、私たちが言った時は悲しいかな、一番花がない時期でした><
 
 梅すら終わっていたil||li▄█▀█●il||li
 
 こちらは写経会も催されているとのこと、いずれまたそのころに行くかもしれません。
 
 あ、し、写経もしなきゃ…(^_^;)
 
 代わりといってはなんですが、五葉松がドドンと立派に腕を広げています。
 

 
 こんなに大きいのは、京都の仁和寺以来かな?大きかったですね。
 

 
 
 
 
 
 
 
 自然石を使った石燈籠や、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 十三仏がずらっと。
 
 
 
 
 
 やっぱりここは花の時期に来た方がいいなぁと…。
 
 こちらが御朱印です。
 

 
 こちらの本尊は『錐鑚(きりもみ)身代不動明王』といいまして、高野山から「根来寺」へ、そしてここ誕生院が再建する際に根来寺からここにこられたそうです。
 
 なんでも、興教大師の身代りに斬られて流血したんだとか。
 
 さて、ここで終わらないのが私らしい…(;一_一)
 
 御朱印をいただいて帰る途中、五葉松のそばに池があって、その池の横に水槽らしいものがあったんです。
 
 「へ~、水槽の中に金魚がいるやん、猫よけやろうね」と顔を近づけた途端!!
 

 
 餌くれ~~~~!!
 
 水槽越しに襲われました!!みんな白目剥いてるし@@
 
 さすがの私も
 
 うぎゃぁぁぁぁぁ~
 
 不意打ち食らって逃げて帰りました><ああ、びっくりした…。
 
 
 
 九州八十八ヶ所霊場六十二番札所・九州三十六不動霊場二十四番札所
 
 佐賀県鹿島市大字納富

サイダーハンター37・日本の夜明けサイダー

2011.01.04 15:36|サイダーハンター

 
熊本県阿蘇市 日本の夜明けサイダー
 
 おせちに飽きたら、サイダーを飲みたくなりませんか?
 
 ということで、今年一発目のサイダーハンターは、まさに念頭にふさわしい名前のサイダーが登場です(^.^)
 
 保守バリバリのネーミング(爆)、別にサイダーハンターは保守でも中立でも関係なく、嫌いな左派でもぶった切って飲んでみたいと思います(^.^)
 
 とはいえ、左派のサイダーってどういうのがあるのでしょう??
 
 たとえば…『日本植民地計画サイダー』とか?(笑)
 
 それは置いておいて、このサイダー、やっぱり保守系なんでしょうか?このサイダーに使われている水は阿蘇神社門前の伏流水を使っています。
 
 阿蘇に行かれた方はご存知かと思いますが、神社周辺はもとより、あちこちで水がたくさん湧き出ています。
 
 もちろん御神水や手水も湧水なんです。
 
 阿蘇の伏流水は九州でも屈指の名水、そんな名水のサイダーがまずいわけありません(^_-)-☆
 
 ラベルもレトロ調でいい感じです。
 
 
 
 波が高くて、朝日が昇って縁起がよさそうですね~(*^_^*)
 
 よく見るとこの朝日の感じは、昔昔のアサヒビールのラベルに似ているような。
 
 マネにならないように、波を入れたんでしょうか。
 
 何気に横っちょに坂本龍馬の文字が…。
 
 今年は「江」なので、「江も飲んだかもしれない」になったりして。(←たぶんないですね><)
 
 さあ、そんなサイダーのお味は「心配ご無用」、非常に良い味でした(^.^)
 
 すごく優しい喉ごしで、糖分も柔らかくて飲みやすいです。
 
 これは久々に正統派サイダーの中でもヒットした美味しさでした。
 
 もう一回、次もありますね~~素晴らしい!
 
熊本県阿蘇市一の宮町 阿蘇・岡本門前町鉱泉所 日本の夜明けサイダー 
なつかし度…★★★★☆     酖美度…★★★★★
  糖度  …★★★☆☆     炭酸度…★★★★★ 
 味わい度…★★★★★     驚き度…★★★☆☆
 さ、日本の夜明けの幕開けです(^.^)
 
 1年間、元気に頑張りましょう!
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ