FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白と桜色

2011.01.31 08:53|をりふし・冬

 
 よく降りました…この冬一番の積雪です。
 
 朝の散歩が終わって、家の前の雪かきを始める前に、道路の様子を見に行ってきました。
 
                                                                                           
 
 
 
  レモンも雪に埋もれてしまいました…。
 
 しもやけは免れないようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                            
 
 
 お隣の楓の木…
 
 朝日を浴びて桜色になっていました。
 
 でもさむい…><
 
 
 
 
 
  
  これは・・・珊瑚みたいです(^-^)
 

 
 
 
 
  車はほとんど動いていないようですが、たまに通ると、ほとんどがノーマルタイヤです。
 
 大丈夫かいな…(^_^;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 これぐらいだったら、う~ん、大丈夫かも?
 
 
 
 
 
 
 
そういう私も、今日は車で出かけなければなりません><
 
  

 
 先ほど雪かきが終わって、今コーヒーを飲みながらPCの前にいます。
 
 上半身は温もっていますが、足は冷たい><
 
 今まだ雪が降っていますよ。
 
 今日一日はこんな天気なのでしょうね。
 
 皆さんも、お気を付けください。
 
スポンサーサイト

愛しのマンホール84・福岡県太宰府市(太宰府天満宮)

2011.01.29 08:17|愛しのマンホール

 全国100万と15人のマンホリストの皆様、おはようございます(^.^)
 
 今日は太宰府天満宮境内にあるこちらのマンホール。
 
 おとといのニュースで、やっとこさ太宰府天満宮のご神木「飛梅」が咲いたそうです。
 
 例年よりも2週間遅い開花だそうで、いかにこの冬が寒いかという事ですね(^.^)
 
 こちらのマンホールは太宰府市のマンホールと違ってます。
 
 このマンホールはいろいろ探したのですが、天満宮境内にしかないようです…たぶん。
 
 よりリアルさを追求した市のマンホールも素晴らしいですが、花びらを強調したこのマンホールのデザインもなかなかいいですね。
 
 それはそうと、この模様はどこかで見たことがあると思ったら…
 
 こちらのお店の梅の花によく似ている@@
 
 まさかと思うけど、このお店がマンホールの蓋を寄贈とか…ないですよね、たぶん(^_^;)
 
 ということで、すっかり春にむけて咲き出した飛梅ですが、今日の午後から雪になるとか。
 
 季節がなかなか進まないですが、雪に充分お気を付けになって楽しい週末をお過ごしください。
 

【徳川将軍百話】他

2011.01.24 10:54|読書いろいろ
 
 はてさて、なんだか巷にインフルエンザや風邪がはやっているようで、私の体にも風邪の菌が入っているのか、時折悪寒や体の節々が痛くなります。
 
 散歩も少し自重して、この2週間は主に読書をしていました(^.^)
 
 今年に入って大河ドラマ「江」が始まりましたね。
 
 初回からつっこみどころ満載の大河”ホーム”ドラマですが(爆)、それはまた別の機会にして、図書館では徳川家に関するコーナーができていましたので、その中から面白そうだったこちらを借りてきました。
 
 徳川家康から十五代慶喜までの将軍の百の話を、噂話から史実に関する謎ときまでわかりやすく描かれていました。
 
 有名な話は徳川三代までの話がよく小説などで書かれたり、テレビで放送されたりしますが、私は四代家綱の晩年から八代吉宗が死ぬまでの、ドロドロ愛憎劇がたまらなく好きで…(☄◣◢)☄
 
 江戸時代は泰平の世などと言われていますが、将軍家に至っては跡目争いなど、とても泰平ではなかったようです。
 
 特に六代家宣の正室天英院VS側室月光院とか(* ̄m ̄)(江島生島事件が絡んでいます)
 
 八代将軍吉宗と竹姫の悲恋(ToT)/~~~(戸籍上大伯母になる年下のオバサマ)
 
 そんな昼メロっぽい話ばかりではないけど、多方面から検証されているので、真実っぽいところがよかったですよ(^.^)
 
 やはり、フィクションは面白いです~❤
 
 と、もう一冊は全然違う種類の本…
 

 
  こちらは「京都新聞」のコラムで書かれていたものを一冊の本にしたもので、京都府内と滋賀県の和菓子を一日1個、紹介してあります。
 
 有名どころのお菓子屋さんの限定品や特注品、果ては婦人会が作っているお菓子など多種多彩に掲載されていて、非常に面白かったです。
 
 滋賀県では信長の「まけずの鍔」を最中したものなども美味しそうでしたね(^.^)
 
 ジャンクフード全盛の今の世の中、忙しい合間に一個の和菓子でホッとしたいときってないですか?
 
 そういう気分転換にもなる和菓子の魅力が満載でした。
 
 これは…お取り寄せのために手元に置いておきたいなぁ…まあ、私なんぞは和菓子が一日一個で足りるはずもなく…(^_^;)
 
 
 他3冊…計8冊(1月24日現在)

ゴッホ展を見に行ってきました。

2011.01.23 13:47|すき❤博物館・美術館

 
 昨年末、絵画好きの伯母を「おばちゃん、年が明けたらゴッホ展を見に行こう」と誘ったのですけど、なんだか怪訝な顔をされ乗り気じゃなかったんです。
 
 「ゴッホが嫌いなのかな~?そんな話は聞いていないし…」と思って、もう一回「おばちゃん、私、来週ぐらいにゴッホ展を見に行くけど、一緒に行く?」と言ったら、返ってきた返事が、
 
 「どこの呉服店に行くの?」
 
 だそうで…il||li▄█▀█●il||liil||li▄█▀█●il||liil||li▄█▀█●il||li
 
 ちなみに伯母は前回、「阿修羅展」を「あしうら」と間違えました(^_^;)
 
 と、そんなこんなで、本当のゴッホ展へ行ってきました!
 

 
 
 
 
 場所は九州国立博物館…。
 
 
 
 
 
 
 
 場所は太宰府天満宮のすぐそばにあり、お正月元旦からの展示だったので、かなりの人でにぎわったみたいですが、この日は見学者は多いものの、待つことなく入れました。
 
 毎度ながら撮影禁止…という事で、手持ちの資料からコピーしました。
 
 今回はゴッホ没後120年ということもあり、ゴッホと他の画家との出会いや、影響を受けた作家のコピーなども同時に展示されていました。
 
 ゴッホの作品の特徴に、農民や素朴な風景が多いと思います。
 
 そこがゴッホの作品に親しみやすい秘訣なのかもしれません。
 

 
 ただの椅子と言えば椅子ですが…ゴッホの描いた椅子は、座る人物さえも想像できる椅子に感じます。
 
 

 
 これは有名な「カフェにて」という作品です。
 
 ゴッホが日本の浮世絵を参考にして描いたのは有名で、弟テオと集めた浮世絵のコレクションも展示されていました。
 
 この作品の右側にあるのは浮世絵なんです…わかりますか?
 

 
 これも有名な「アルルの寝室」ですね(^.^)
 
 この寝室、同じ風景が再現されていました。
 
 再現された部屋は、なんとなく宮崎駿のアニメっぽい感じの寝室に思えましたが…やっぱりこの絵がいいなぁ~。
 

 
 これはゴッホの自画像で、このフェルト帽はお気に入りだったそうです。
 
 線だけで描いた自画像からは、ゴッホの神経質な感じもあるようで…。
 
 ゴッホの絵、ゴッホが生きているときに売れた絵はたったの一枚でした。
 
 それが今では、「自分が死んだらゴッホの絵を棺桶に入れて、一緒に焼いて欲しい」と言ったとんでもない人がいるほど、ゴッホの絵は高く売買されています。
 
 芸術家…特に画家は、生きている間はなかなか報われない人が多いですけど、ゴッホも早くから報われていれば、自殺することはなかったでしょうし、でも、報われていたら好きな絵も好きなように描けなかったのではないか…など、私はゴッホの絵を見るたびに、都合のよいジレンマを感じています。

地方自治法施行60周年記念貨幣をゲッツ!

2011.01.21 16:06|収集

 
 平成20年から地方自治法施行60周年記念貨幣が発行されているのをご存知でしょうか?
 
 北海道、京都など発行されていますが、このほど九州で初めて佐賀県から発表になりました(^.^)
 
 残念ながら、プレミアム貨幣(額面千円)は抽選に漏れたので、500円のバイカラー・グラッド貨幣の方をゲットいたしました(*^。^*)
 
 佐賀県のプレミアム貨幣とバイカラー・グラッド貨幣はこちらをご覧ください。
 
 プレミアムの方は柿右衛門様式だったのでぜひとも欲しかったのですが…il||li▄█▀█●il||li
 
 とはいえ、手にしたこちらの方は背景に「佐賀錦」「鹿島錦」模様になっていますので、これもまたすごい手が込んでいると思います。
 
 額面の人物は大隈重信です。
 
 実在の人物が描かれたのは高知県の坂本龍馬に次いで二人目みたいです。
 
 大隈重信については説明はいらないと思いますが、日本の貨幣制度「円」の生みの親でもあるそうなので、一時期は一万円札の肖像にと言われたこともあり、それが福沢諭吉になってしまったものだから、関係者は相当悔しかったそうで…(^_^;)
 
 ともあれ、こうして記念貨幣として登場できたのは本当によかったと思います(*^。^*)
 
 各県の記念貨幣を見てみますと、マンホールと同じように、観ていて楽しいですね~(*^。^*)
 
 全部集めると、一体いくらの値が付くのだろう?すでにかなりの高額になっているみたいですよ。
 
 私も、プレミアムは無理としても、バイカラー・グラッド貨幣の全国制覇を目指してみようかな?
 
 
 造幣局のHPに発行済み、発行が決まった県のデザインが載っています。
 
 

1億円のトイレ・道の駅「おおとう桜街道」

2011.01.18 13:55|go!go!go!
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

チャレンジ・ザ・ぜんざい

2011.01.17 09:18|がばいうまか!

 
 あまりにも寒いので、ぜんざいを作りました!
 
 といっても小豆から作るのは初めてなので美味くできるか心配…。
 
 これは道の駅で買ってきた小豆を一晩水につけて戻しました。
 
 しかし、この小豆はあまり良い小豆ではありませんでした><
 
 小豆や黒豆は、ちゃんと厳選した、粒ぞろいをそろえたお店がよいかもしれません。
 
 大きさがバラバラで、虫食いになった小豆もそのままで入っていたり…ただ、新豆なのが一番なのかな?
 
 戻した小豆の2割は虫食いや、あまり育ちの良いものではなかったです。
 

 
 塩と砂糖を入れて、最初煮詰めたら、アクと一緒に全部捨てて、もう一回茹でました。
 
 これでいいのか?
 
 結構適当です(笑)
 
 
 
 
 それから3時間ほど煮詰めました(^.^)本当にテキトーな私。
 
 ではできあがりまで、黒沢さんの「テキトーハニー」をお楽しみください(^.^)
 
 
 思いっきり笑っていただいたところで、こんな感じに…。
 

 
 アクをきれいにとって、ことこと3時間。
 
 これはIHよりも、ガスコンロかストーブの上がふっくらにできるかなぁ?
 
 熱の伝わり方なんでしょうか?
 
 ちょっとムラが出来たような気がします。
 
 IHでやる場合はかき混ぜるのをこまめにしたほうがよかったかな?
 
 ぜんざい…これはまだ私にとってハードルが高いですね。
 
 栗を甘く煮詰めたもので「栗ぜんざい」にしました(^.^)
 

 
 お餅は年末マッチが職場でついてきたものを、解凍して焼きました。
 
 初めてにしては美味しかったですね。
 
 缶詰のあずきよりも断然美味しかったです。
 
 ぜんざいにはやっぱり焼餅ですね!白玉派の方もいますが、寒い時はやっぱり餅がいいですね。
 
 みなさんは餅と白玉、どちらが好きですか?

愛しのマンホール83・佐賀市(佐賀大学)

2011.01.16 09:36|愛しのマンホール

 全国100万と15人のマンホリストの皆様、おはようございます。
 
 猛烈な寒さと雪の中、いかがお過ごしですが?
 
 こちらは寒いものの、雪はやんで日も差していますが、今日の天気予報は1日雪だそうで、なんとも憂鬱な1日になりそうです。
 
 そんな中、センター試験が昨日から始まっていますね。
 
 ということで、新年最初の「愛しのマンホール」は佐賀市の佐賀大学の大学マンホールです。
 
 大学オリジナルのマンホールって以外に多いようですね。
 
 九州でも国公立の大学はオリジナルがあるようです。
 
 自治体マンホールみたいにデザイン性がないものが多いようですけど、中には重厚なものもあって、大学や地域の歴史にも関係があるものも少なくないようですよ(^.^)
 
 ぜひご自分の出身大学や、近くのキャンパスをのぞいてみてください。きっと…あるかも?
 
 こちら佐賀大学のものは古いタイプのマンホールのようですね。
 
 大学構内の県道(市道かもしれません)の横で見つけました。
 
 しかし…これから行くと「佐賀大学が汚い」と誤解されそうですが、キャンパスはとってもきれいでしたよ(^_-)-☆
 
 「汚水」や「おすい」、中には「OSUI」と刻印されているマンホールがほとんどなのに、あえて「佐大汚」とわかりやすく書いているあたり、「葉隠」の気合を感じるよいマンホールだなぁと感じました(^.^)
 
 それでは受験生の皆さん、頑張ってください!!
 
 受験生でない方も、今日の寒さを元気に乗り切ってください(^.^)

2011三社参り~宮地嶽神社

2011.01.14 15:33|神社探訪

 
 間が開きましたが、三社参りの最後は「宮地嶽(みやじだけ)神社」です。
 
 ご覧のように雪が積もって、高速道路は通行止めに。
 
 国道も雪が降り続けているので、早めに参拝を終わらせて帰ることにしました。
 
 さぶい…il||li▄█▀█●il||li
 

 
 ここ宮地嶽神社は、先に行った太宰府天満宮、筥崎宮のように全国区ではないかもしれませんが、この神社の古墳からはたくさんの国宝が出土し、古墳時代から金の装飾が盛んだったようです。
 
 相当な豪族がいたのかもしれませんね。
 
 そのようなことから、宮地嶽神社は「金成信仰」の神様として今に至っています。
 
 そんな関係からか、エースの瞳は金色で…。
 

 
 石畳の上はシャーベット状の雪でかなり滑りました。アブナイ、アブナイ…でも、本当に危ないのはこれからだったんです(^_^;)
 
 それはのちのちのこととして、こちらはたくさんの狛犬が奉納されていますので、あと二つほど…。
 

 
 たくましい参道の狛犬に…
 

 
 楼門前には銅でできた、「フレンダー型狛犬」がカッコよく構えています(*^_^*)
 
 そして楼門がきれいになっていました(^_-)-☆
 

 
  本殿が黄金のチタン屋根に葺きかえられたので、こちらと拝殿などもきれいに葺きかえられたようです。
 
 写真右に人が多いのですが、あまりにも寒いので神社からお接待の「薬湯」があっていました(^_-)-☆
 
 ここの神社は薬草園を持っているんですよ。
 
 体が温まって楼門をくぐろうとしたら、「きゃ~~!」の声!
 
 楼門の上に積もった雪が落ちてきていました。これはさすがにきゃ~が出ます。
 
 しかも、シャーベット状なので落ちたらびしょぬれ、手に「ウ○コ」どころではありません(爆)
 
 と、スリル満点の楼門をくぐると、拝殿が見えてきました。
 

 
  これも雪が落ちてきてアブナイ、アブナイ!
 
 ここの神社は「三つの日本一」があって、この大注連縄、大太鼓、大鈴があります。
 
 こちらの注連縄は直径2.5メートル、長さ13.5メートル、重さ5トン、出雲大社の注連縄は長さ13m、太さ8m、重さ5トン。
 
 どちらも日本一とHPに書いてありますが…。
 
 
 
 
 
 
 
 やはり「日本一」ですね!
 
 ふとさ~~@@
(九州では大きいことを太いと言います)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 で、ここの「福みくじ」(筥崎宮でいうところの鳩みくじ)は1回千円!
 
 また”しゃもじ”をいただいても困るので、やめておきました(^_^;)
 
 帰りのことを考えて早く帰らねば…と参道を急ぐと、あ、あらら…誘惑がil||li▄█▀█●il||li
 

 
 太宰府は梅ヶ枝餅、ここは松ヶ枝餅です(^_^;)
 
 たぶん、宮地嶽神社の神紋が「松」なので松ヶ枝餅なんでしょうけど…となると、筥崎宮はこの期間だけでも、「竹ヶ枝餅」を作ったらいいのになぁと(^_-)-☆
 
 焼き立てを買って食べました(*^。^*)梅ヶ枝餅よりも、柔らかい焼餅でした。
 
 結構クタクタ、臭い思いなどもしながら帰りついたのは午後五時。
 

 
 それぞれ三つのお札(大麻)と、風祭先生からいただいた、東京の大宮八幡宮の絵馬を飾りました。
 
 さ、これで完璧!!あとは…人間次第だわ><人間がしっかりしないとなぁ(^_^;)
 
 強運が逃げてしまわないように頑張ります(*^_^*)
 
 

2011三社参り~筥崎宮

2011.01.12 13:20|神社探訪

 
 昨日の続きです。太宰府天満宮を後にするとき、車の中ではリッツが待っていたんですけど、人が少ないならばいっしょに連れていくことができたのですが、あの人の多さと雪ではお留守番しかありません。
 
 しかしよほど腹にすえかねていたのか、猛烈に御機嫌が悪く、「くっそぉ~!」と思ったのか知りませんが、抱いているマッチの腕にウ○コをしてしまいました><
 
 寒くて車の中を締め切っている中に、ぐわしい「田舎の香水」の匂いがたちこめてil||li▄█▀█●il||li
 
 まあ、「運」が付いたと、よいように考えるしかないですね(^_^;)
 
 そんな臭い車で着いた筥崎宮は福岡市内にあるせいか、ここでは雨に変わっていました。
 
 しかし冷たい雨です><
 

 この日は10日。次の日には全国でも珍しい、お坊さんのお礼参りが行われます。
 
 ああ、見たかったなぁ…。
 
 新聞記事をご覧ください。
 
 このような様子だったようです。
 
 
 1241年、承天寺を開いた聖一国師が宋で修行を終えて帰る途中、玄界灘で嵐に見舞われ、筥崎宮に向かって祈願すると船は無事帰国できたことから、その翌年にお礼参りしたのが始まりとされ、750年以上の歴史があるそうです。
 
 他にも1月は「玉せせり」の神事などがあり、太宰府天満宮とはまた違った忙しさのある神社ですね(*^_^*)
 

 
 日本三大楼門も寒そうです…。結構雨が強くて撮影も難しかったです。
 
 ほとんど撮った写真は横に傾いてしまいましたよ(笑)
 
 楼門の中には入れましたが、利休燈籠の近くまでは行けませんでした。
 
 やっぱり放生会のときでないと、ぐるっと見ることはできないようですね。
 

 
 
 
 
 
 
 どなたかがご祈祷されていました…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 そしてここでは恒例「鳩みくじ」に挑戦!
 
 おみくじに「挑戦」というのも変ですけど(笑)、私の前に引いた人が博多人形のでっかい鯛をゲットしたので、豪華な授与品が当たるかどうか、ちょっと心配だったのですが…。
 

 
 「半吉」でした。
 
 しゃもじをいただきましたよ。
 
 うむむむ…でも「福銭(五円玉)」、「メモ帳」と少しずつは昇格しているかな?(^_^;)
 
 早速このしゃもじで「きんとん」を作ります(^_-)-☆
 
 
 
 
 
雪に埋もるる梅の花の如し
 
 う~ん、さあ、どんな意味なんでしょう(^.^) 
 
 書いてあることはまあまあよかったのですが、病気のところに「大病す」と書いてあったのが気になります。
 
 気にしないつもりでも、やっぱり気になるものですね。気をつけたいものです。
 
  ここでは太宰府天満宮のように「社日餅」が売られています。
 

 
 お腹いっぱいだったので食べてはいませんが、daizuさんの話によると、梅ヶ枝餅に似た味だそうです。
 

 
 
 
 
 
 
 
 天下太平でありますように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 次はラスト、宮地嶽神社へ向かいます。
 
 これがまた雪だったんです><つづく…。 
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。