FC2ブログ

でかい!

2011.07.30 17:32|素晴らしきかな!

 
 宇美八幡宮には、二本の天然記念物の巨木があります(*^_^*)
 
 神社のシンボルと言っていいと思いますが、それがこちらのクスノキ、「湯蓋の森」です。
 
 あまりの大きさから「木」とか、「大クス」とかではなくて、「森」と呼ばれているんだそうです。
 
 「湯蓋の森」は環境庁が平成13年に行った調査で、「日本の巨樹べスト50」の中の、16位にランクされています。
 

 
 こちらは裏ですね…裏といっても表もないのですが(笑)
 
 幹回りは15.70メートルだそうですが、高さはわかりません。たぶん、MAXだと思います(^_^;)それは冗談ですが、台風などの影響もあってか、正確に測ることができないからなのでしょうね。
 
 「湯蓋の森」の由来は、神功皇后が応神天皇を出産するときの産舎の横にあったのがこの木で、このそばにあった水を産湯に使ったことから呼ばれているそうです。
 
 そしてこちらが反対側にある「衣掛の森」
 

 
 こちらもとても大きいので「森」と呼ばれています。
 
 二本あるようですが、これは一本の木です(*^_^*)
 
 湯方社と比べると、相当大きいのがわかると思います。
 
 たぶん、どんなカメラを使っても、全景を撮るのは難しいと思います。
 
 こちらも「日本の巨樹べスト50」のうち、第6位に入っています。
 
 ちなみに3位には、昨年訪れた「川古の大クス」が入っていますよ❤
 
 巨樹ランキングベスト50…http://www.kyoboku.com/top50/
 

 巨木は構図泣かせ…il||li▄█▀█●il||li
 

 「衣掛の森」の由来は、もうお分かりと思いますが、産着を掛けたからです(*^_^*)
 
 こちらの幹回りは20m。こちらは左右つながって1本とはいえ、これを合わせて20mなのかはわかりませんが、右側だけでも、相当大きな木です。
 
 どちらの天然記念物も樹齢は2000年以上。
 
 文献によると(元禄二年(一六八九)貝原好古の著「八幡本記」第三巻)、この当時から既に巨木だったようです。
 
 それにしてもかなりの大きさ。この二本があるおかげで、上から見ると森のように見えるのかもしれません。
 
 他にも、ご神木クラスの巨木があります。
 

 
 他のところだったら、”エース巨木”だったかもしれません。
 
 こちらは天然記念物とかにはなってませんが、相当大きく、この木の周りは根を保護するためか、板張りになっています。
 
 宇美八幡宮にきて最初に驚くのはやはり、ここにある巨木ですね。
 
 「宇美八幡宮に参拝の折は、忘れずにご覧ください」と言っても、心配ありません、絶対目につきます(爆)
スポンサーサイト



宇美八幡宮の御朱印②

2011.07.29 09:46|神社探訪

 
 続きです(*^_^*)
 
 宇美八幡宮は本殿の裏に3つの末社があります。こちらもかなり有名な末社があるんですよ(●^o^●)
 
 上の写真は神功皇后を祀る「聖母宮(しょうもぐう)」
 
 聖母とあるので、キリスト教っぽいのですが、この「聖母宮」と呼ばれるものは、九州の神社には割とあるようです。
 
 この聖母宮を守る狛犬も立派でした。
 

 
  なかなか立派な狛犬で、よく見ると黒御影石っぽかったです。
 
 黒御影というと、光雲神社のエースを思い出します。あちらほどインパクトはないですが(爆)、こちらもなかなか存在感のあるよい狛犬でした(^.^)
 
 この屈強な狛犬に守られている聖母宮の中には、室町時代からある県指定の文化財の御神像が祀られています。
 
 25年に一度の御開帳神事があるらしく、今度は平成30年だそうです。拝見したいけど、まだ先が長いil||li▄█▀█●il||li
 
 で、神功皇后を祀られている末社の横には必ず武内宿禰を祀った「武内社」があります。
 

 
 聖母宮ほど大きくはないですが、結構きれい。31日が夏越祭という事で、提灯が飾られています。
 
 提灯の字は、あの吉村作治大先生が書かれています。
 
 最後の末社はこちら、湯方社(ゆのかたしゃ)。
 

 
 湯方社は湯方神を祀っています。湯方神とは、助産師の神様です。
 
 本殿で安産祈願をされた方は、そのあとこちらの湯方社に参拝して、ここのそばにある、子安石を持って帰ります(●^o^●)
 

 
 とってもたくさんの子安石がありますよ~~@@
 
 無事出産が済んで、お礼まいりの時に、持って帰った子安石に子供の名前を書いて、またここに持ってくるんだそうです。
 
 とても丁寧に書かれていました。
 

 
 
 
 
 何の気なしにひっくり返した石の裏にはこのように書かれていました。
 
 
 
 
 子安石のそばには神功皇后の石像があって…。
 

 
 こうして足を広げて前を見据えた姿は、やっぱり神功皇后らしさが出ていますね。
 
 当然親子なので、顔はそっくりです(●^o^●)
 
 で、暑いけど思い切って上宮の胞衣ヶ浦に行ってきました。
 

 
 
 
 
 
 
 
  あ、暑いil||li▄█▀█●il||li
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 こちらが上宮です。小さいと言えば小さいです。
 

 
 あまり人が来ないのかな~と思ったら、ここにも子安石がたくさん!
 
 ここに赤ちゃんを連れてくるのは大変だと思いますが、さすが最強の安産の神様だな~と思いました(^.^)
 

 
 社務所には最強の赤ちゃんグッズもあり、これだけバッチリ安産祈願をすれば、お母さんも心強いのではないかと思いました。
 
 御朱印はこちら。
 

 
 あぅううう~、2年前il||li▄█▀█●il||li
 
 ですが、先週この辺りに用事があったので、一眼で撮り直してきました(*^_^*)
 
 コンデジとあまり変わらないけど(笑)
 
 宇美八幡宮公式HP…http://www3.ocn.ne.jp/~umi8man/u_frame_1.htm

宇美八幡宮の御朱印①

2011.07.28 09:00|神社探訪

 
 
 久しぶりの神社記事です(^_-)-☆
 
 調べてみたら、神社記事は3月以来…といっても、御朱印をいただいた日付で投稿していたので、ここにきてようやくという感じです。
 
 宇美八幡宮の記事は、写真が多いので3回に分けます。
 
 ここ宇美八幡宮は福岡県宇美町にあり、ご存じの方も多いと思いますが、神功皇后が応神天皇をここでお産みになったことで知られています。
 
 神功皇后が三韓征伐の時、新羅にいた時は妊娠10カ月目。
 
 なんと呪術を使って出産時期を遅らせ、日本に帰国後15カ月目で応神天皇をご出産しました@@
 
 この5カ月の出産時期のうんぬんは諸説ありますが、内容がディープなのでここではパスします(^_^;)
 
 いずれにしても超人的に出産をコントロールした神功皇后にちなんで、「産み」から「宇美」へ。
 
 そのことから、こちらの神社は「出産、育児、子授けの神様」として、とても有名です。
 
 そんな日本最強であろう、安産の神様のおわす神社のエースがすごい!
 

 
 頭からいきなり肩になっている、胸の張った狛犬。
 
 この狛犬は昔は銅でできたいたらしいのですが、戦時中の金属供出に伴い消失。
 
 戦後、藤金作さんという方が奉納された狛犬だそうです。
 
 胸の装飾がポイントですね(* ̄m ̄)
 
 こちらが神門。
 

 
 七夕が飾られていますが、実は今月末に夏越祭が行われるんです。
 
 こちらは旧暦でやられるのかな?
 

 さすが、安産の神様だけあって、100%子供に関するお願い事ばかりでした。(全部見た!)
 
 ここに限って「民主党崩壊」を祈願する短冊はなかったです(^_^;)
 
 
 神門前の狛犬は、エースに似た感じ。
 

 
 彫りやすい石なのか、顔の細部は細かい彫りになっています。耳が可愛いですね(●^o^●)
 
 ただ、「彫りやすい=崩れやすい」ということなのか、お尻の方が壊れかけています。
 
 この石で作られたものは、以外に壊れているものが多いですね…。
 
 気持ちの良い神門をくぐると拝殿が目の前にあります。
 

 
 
 銅板葺の屋根です。この辺りはこの形の拝殿が多いですね。
 
 すごくきれいな拝殿で、暑いのにもかかわらず、お宮参りや安産祈願なのかわかりませんが、平日にもかかわらず御祈祷が絶えなかったです。
 
 なのでこの位置から激写!
 
 拝殿前の狛犬は、ここの神社で最も古いものだそうです。
 

 
 存在感ありですね~!そして古くてとてもいい枯れ具合ですよ(*^^)v
 
 エースにしろ、神門前にしろ、前足の力強さはなんとなく共通しているような気がしました(^.^)
 

 
 本殿は桧皮葺。拝殿や本殿はそんなに大きく感じなかったのですが、とてもきれい。
 
 大きく感じないのは、ここには国の天然記念物、「湯蓋の森」と「衣掛の森」と呼ばれる巨木があるからなんだと思います。
 
 この二つの巨木はあまりにもでかいので、次の機会に投稿します。
 

 
 きれいな注連縄だったので激写(●^o^●)
 
 次は、後ろの末社などです(^.^)という事で続く…。

夕方の緑、大興善寺

2011.07.26 08:57|をりふし・夏

 
 昨日の水車を撮る前に、大興善寺に寄ってみました(^.^)
 
 夕方4時を回っていたので、ちょっと大急ぎ…。
 
 ツツジや紅葉のシーズンはとても人が多く、ライトアップもされるのですが、この日は貸し切り状態。
 
 ここは「みうらじゅん氏」の大好きな重要文化財の仏像があるので知られていますが、私はここの茅葺屋根の本堂が好きです(^_-)-☆
 
山門を入ってバックには濃い緑が…。
 

 
 このもみじの木は、お寺のシンボル的な存在なので、紅葉の時は本当にきれいなんです。
 
 紅葉の時、こんな感じで激写したいのですが、チト無理ですね(^_^;)
 

 
 夕方、山の影に陽が入っていく途中なので、緑も濃いです。
 
 でも、夕方のこの雰囲気は、何とも言えないいい感じがします(^.^)
 

 
 苔フェチにはたまらない、スギゴケ~❤
 
 ちょっとゴミがあるの方が萌えますね(^_-)-☆
 

 
 
 
 
 足元にはマリア観音。
 
 織部燈籠が壊れ、傘が落ちてしまっていたので、本来裏にはるはずのマリア観音を、こうして表に出しています。
 
 織部燈籠は、別名「キリシタン燈籠」と呼ばれています。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 茅葺屋根フェチにもたまらない風景です(●^o^●)
 
 ホント、夏が本番になると、緑が濃くなりますね…。
 

 
 こちらはツツジ園の入口。
 
 入りたかったけど、5時までなので断念。
 
 鍵をかけられたら、蚊の餌食になってしまう…。
 
 このツツジ園の中にも素敵な紅葉がありますよ。
 
 チャンスがあれば、今年の秋に行ってみたいですね(*^^)v
 
 
 
 
 
 
 このツツジ園の青いもみじを見に来るなら、朝の方がよいかも??
 
 夕方は完全に山に隠れてしまうので、虫よけスプレーをしっかりして行った方がよいと思います。
 
 夕方のお寺の貸し切りは、ちょっと暗くて怖いけど、たまにはよいかも(^.^)

ワイワイマップ・精米水車

2011.07.25 09:49|マップ・コレクション
 久々のマップ・コレクションです。
 
 今回は佐賀県三養基郡基山町小松地区にある、「精米水車」です。
 
 あの「つつじ寺」で有名な、大興善寺の参道近くにあります。
 

 
 こちらが「精米水車」。いわずもがな、精米をするための水車ですね。
 
 本来、今は水車が一番稼働する季節。
 
 ですが、ここはただいまストップちぅ~~~il||li▄█▀█●il||li
 
 秋のコメの収穫の時に、ここで「水車祭り」が行われるそうで、その時に「水車米」として売られるようです。
 

 
 対岸からです。かなり大きめの水車ですが、稼働していないという事もあり、とこどころ傷みが目立ちます。
 
 秋にはきれいになって、回るのかもしれません(^.^)
 
 土手に咲いていたオニユリがとってもきれいで…。
 

 そして、そばを流れる秋元川がとてもきれいでした(^.^)
 

 ここは大興善寺のツツジや紅葉のシーズンの時は、とっても人が多いですが、この時期はほとんど人がいなくて、静かな田舎の美しい風景が堪能できます(^.^) 
 
 ワイワイマップをどうぞよろしくお願いします。
 
 
 

新SUNデビュー

2011.07.24 07:40|がばいうまか!
 先週マッサージの帰り、伯母が(伯母とマッサージの予約日が同じなので一緒に行っています)、「ふぅちゃん、今年、桃食べた?」と聞いてきたので、「いんにゃよ。(いいえという意味)」というと、「ふ~ん」らしい…。
 
 ああ、これは桃が食べたいんやなぁと…。という事で、フルーツガーデン「新SUN」に行ってきました(^.^)
 
 ここは”佐賀の千疋屋”と言われているらしく、話にはよく聞きますし、ブロ友さんも行ったことが多いお店。
 
 2階にパーラーがあるので、そこへ行きました。
 
 もちろん、プリアラの探索も兼ねてですが(爆)
 
 プリアラの新情報はいまだ無しil||li▄█▀█●il||liil||li▄█▀█●il||li
 
 ということで、旬のパフェを…と思ったけど、思い切ってフルーツパフェのLサイズを…。お昼を兼ねて(^.^)
 

 
 ぬわ~やっぱでかいです(^_^;)
 
 上から…。
 

 
 ここは注文してからフルーツをカットして作るので、多少時間がかかるものの、ジューシーなフルーツを楽しめます(^.^)
 
 何種類だったっけ…ピオーネ、キウィ、ニューサマーオレンジ、サクランボ、ハウスミカン、スイカ、グレープフルーツ、マンゴー、パイナップル、リンゴ、メロン、バナナ、桃etc、あとよくわからん(^_^;)
 
 とにかく、これだけたくさんの果物が入ってます。
 
 バナナはジャスト食べごろ!パインもいい感じで熟してあったし、サクランボも美味!
 
 バナナってこんなに美味しかったけな~と思うくらいでしたよ。
 
 果物は美味しいタイミングで食べると、さらに美味しく感じますね(^.^)
 
 しかし、ここで私の嫌いな、あの柄の長~~いスプーンが…。
 
 ここはフォークとスプーンが出ますが、腕の第二間接ぐらいの長さなので、下の方はともかく、上は食べにくい…。
 
 せめてスプーンは種類ぐらい用意して欲しいと思うけどなぁ…まあ、ここに限らず、どこでも同じですが><
 
 フルーツ中心なので、アイスや生クリームはごく控えめ。
 
 なので、健康的でいいですね(^.^)
 
 結構お腹いっぱい…あ~追加にフルーツサンドを頼まなくてよかった(^.^)
 
 ここはランチの時に、追加メニューにパフェが付いてきます。
 
 次回はランチメニューもいいかもです。
 
 旬の果物が食べごろで1200円のパフェ。結構安いかも…。
 
 
 新SUNHP…http://www.shinsun.co.jp/index.html
 
 HP見たら、また食べに行きたくなってしまう…。ここにプリアラがないのが非常に悔やまれますil||li▄█▀█●il||li

愛しのマンホール95・佐賀県唐津市(旧東松浦郡浜玉町)

2011.07.19 08:25|愛しのマンホール

 
 全国100万と15人のマンホリストの皆様。おはようございます。
 
 昨日は海の日でしたが、なでしこジャパンの優勝で急きょ記事を変えたので、今日は昨日投稿予定だったこちら、佐賀県唐津市のこちらのマンホールです(*^_^*)
 
 デザインに使用されているのは、「日本三大松原」の一つ、虹ノ松原です。
 
 松原だけに「松」がドアップですね(^_^;)
 
 で、この虹ノ松原の中に、「浜崎海水浴場」というのがあって、シーズンオフにはマリングラスや流木を拾いに行ったりしていました。
 
 最近ではちょっと御無沙汰…。
 
 そういえば、ここの海水浴場に、こちらに来て初めての夏、職場の先輩たちと海水浴に行った思い出があります。
 
 写真があったと思いましたが…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 あ、ありました~(*^^)v
 
 
 
 な、何やってんだか、あたしって…il||li▄█▀█●il||li
 
 
(期間限定ショット終了~~見逃した方、ゴメンナサイ)
 しょうもない写真でした…スイマセン><
 
 でも、スキャナーでパソコンに取り込むと、色あせが元に戻るんですね~@@今回初めてやってみましたが、大事な写真は、暇な時スキャナーで保存した方がよさそうです(*^_^*)
 
 なお、ここ旧浜玉町には、私の大好きなあわび専門店があって、これまた私が大好きな「あわびの茶碗蒸し」が食べられます。
 
 行くと必ず注文するのですが、あわびの茶碗蒸しは1個1500円なので、滅多に行きません…il||li▄█▀█●il||li
 
 「おわび」に「あわび」で…
 
 

サイダーハンター47・BANZAIサイダー

2011.07.18 09:46|サイダーハンター

 
長崎市 BANZAIサイダー
 
 なでしこジャパンが優勝しました!




優勝の余韻に浸っている皆さん、こんなサイダーが飲みたくありませんか?
 
 ということで、47本目は実にタイムリーな「BANZAIサイダー」です。
 
 
 
 前半戦からず~っと見ていましたが、実に心臓に悪い試合だったものの、その分、見ごたえのある素晴らしい試合でしたね(^.^)
 
 このサイダー、日本で初めてラベルの付いた大量生産されたサイダーなんだそうです。
 
 1904年に英国人が初めて日本にもたらしたサイダーで、名前の「BANZAI」は当時日本人が「万歳、万歳!」を繰り返していたからだそうで、外国人にもなじみのある言葉だったんだそうです。
 
 万歳の起源は、大日本帝国憲法発布式の時に、天皇陛下をお迎えするときに「奉賀」か「万歳」のどちらかにしようと決められたそうですが、奉賀だと連呼すると「アホうが」になるので「万歳」に決まったようです。確かに連呼すると「アホうが」になる(* ̄m ̄)
 
 詳しいことはこちらをご覧ください。
 
 で、肝心の味ですが、美味しいですね。いや~今日はなにを食べても飲んでも美味しく感じられると思います(笑)
 
 三ツ矢サイダーのちょっと甘い感じがするサイダーですが、やはりレトロな懐かしい味がします(^.^)
 
 日本で最も古いであろうこのサイダー、日本のサイダーの基本形なのかもしれません。
 
長崎市 BANZAI本舗 BANZAIサイダー
なつかし度…★★★★★     酖美度…★★★★★
  糖度  …★★★★☆     炭酸度…★★★★☆ 
 味わい度…★★★★★     驚き度…★☆☆☆☆
 私見ですので参考にしてください。
 
 普段は午前中からサイダーは飲まないのですが、午前3時から起きていますので、今の時間がなんとなく正午な感じがします(^_^;)
 
 昼寝しないと持たないかな…とはいえ、そうもいかない連休最終日です(^.^)

深緑の光明寺

2011.07.14 08:52|をりふし・夏

 
 九国と天満宮を後にして、光明寺へ行ってきました。
 
 ここは知る人ぞ知る紅葉の名所。今はまだ緑ですが、紅葉の時期はとても人が多いとのこと。
 
 梅雨が明けて、緑は新緑から深緑へ変わっていました。
 
 ここは天満宮のすぐ前にある、あまり大きなお寺ではありませんが、お庭がとてもきれいなところです。
 
 ああ、白洲がとっても眩しくて、目の充血を誘います(*_*;
 
 中に入るとすぐ庭です。
 

 
 ここは昨年、梅色のマンホールを探しているときに通ったお寺でした。あの時はマンホールがメインで寄っていなかったけど、こうしてみるとなかなか素敵なお庭ですね(^.^)
 

 
 縁側に出ると、こういう感じの枯山水の庭。苔が多いのが私好み❤
 

 
 そう、私は苔フェチです(●^o^●)
 

 良く見ると、いろんな苔があります。
 

 
 このじゅわっとした感じが大好きなんです(●^o^●)愛してます(笑)
 

 上を見ると青いもみじがたくさん!さぞや涼しいと思うでしょうけど、この日は猛暑日…日陰の縁側にいますが、汗が落ちていました。
 

 
 この日、ほぼ貸し切り状態。本当はもっとゆっくり写真と撮っていたかったのですが、蚊の大群に襲われ、またもズボンの上からボスボス刺されまくり…il||li▄█▀█●il||li
 
 なぜか腕は刺されなかったものの、太もも、ふくらはぎ、首の付け根を刺され…まったく破廉恥な蚊ですな!(怒)
 
 一匹しとめたとのですが、見てビックリ!爪の大きさもある蚊でした。
 
 まるで東南アジアにいるようなビッグサイズでした。刺してもいいけど、あの痒いのはやめてほしいわ( 一一)
 

 
 緑もいいけど、次来るときは絶対秋に来よう!蚊に刺されないのが一番です(^_-)-☆
 
 蚊に刺されたところをかきながら、この猛暑の中を、焼きたての梅ヶ枝餅を食べながら太宰府を後にしました(^-^)
 
 体の外も口の中もあつかったなぁ…。

「よみがえる国宝」展を見てきました。

2011.07.13 08:52|すき❤博物館・美術館

 
 先週、九州国立博物館で開催されている「よみがえる国宝」展を見に行ってきました。
 
 どうしても見てみたい国宝と文化財が来ていたのが理由です…暑かったけど(^_^;)
 
世界記憶遺産に登録申請された国宝「御堂関白記」、それと「源頼朝像」、重要文化財の「馬蝗絆」です。この3つはまだ見たことがなかったんです。
 
 「御堂関白記」は藤原道長の日記…宮中における行事などがキチンと記されていて、重要なところは折り目が付いていたり、後の人がこの日記を見て行事を行っていたようです。
 
 まあ、私よりもはるかに達筆な字で書かれていました(^_^;)字の勉強になりました…。
 
この展示で一番の目玉の「源頼朝像」と「平重盛像」。
 

 こちらは今は源頼朝の方が本物が展示され、平重盛が複製画が展示されています。
 
 頼朝像の展示は7月31日まで。重盛像は7月26日から8月28日まで本物が展示されます。
 
 両方の本物が展示されるのは26日から31日までなので、その日は夏休みという事もあり多いだろうなぁ…。
 
 平家ファンの私にとって、頼朝はいわば仇ですね(^_^;)
 
 でもこの肖像画は大和絵の傑作という事もあり、どうしても見たかったので、この機会に見れてよかったです。
 
 黒い装束にはきちんと模様が描かれているし、なんとまつ毛まで描かれているし@@
 
 等身大ということで、かなり大きな肖像画でした。
 
 ところで、この「源頼朝像」、ちょっと前まで教科書では「”伝”源頼朝像」になっていましたよね。今でもそうなのでしょうか?
 
 私たちが学校で習った時は「源頼朝像」って習ったけど、それから”伝”が付いたみたいですけど…。
 
 解説では「源頼朝と伝えられている」ということが書かれていましたが、一体どうなんでしょう。どうも大人の事情なのかな~と(^_^;)
 
 全体的に2/3ぐらいが本物で、あとはそれをもとにして作った複製も展示されていました。
 
 複製といっても、横山大観が複製画として描いた、国宝「天寿国繍帳」は素晴らしかったですね(^-^)
 
 テーマとしては文化財の保存はこのようにしていますよ~、といったちょっと説教臭い感じのところのありましたが、後世の人が文化財の補修をするために、チタンで作った板に修復方法や使う材料の元素記号まで刻印し、埋め込んだりしているということも初めて知りました。
 
 展示を見終えて、売店「あじっぱ」のそばにあるガチャに目が行ってしまい…。
 

 
 どうしても「阿修羅」のノーマルタイプが欲しくなって…300円と高額なれど、チャレンジしたのですが、でてきたのは「金剛力士像吽像」…il||li▄█▀█●il||li
 
 となると、阿像もいるよなぁと思いつつもやめました…Dさん、気が向いたらお願いします(笑)
 
 帰りに天神様にお参りしたら、震災の絵馬がありました。
 
 二つあったんですけど、一つだけ写しました。
 

 赤いのは日本列島が、白いのには被災者の方が皇后陛下に渡された水仙が描かれています。
 
 それぞれ初穂料は200円で、その収益はすべて義援金にされるそうです。
 
 それぞれの思いが書かれていましたが、なんだか泣けてきましたね…(T_T)短い言葉ですが、思いがきちんと伝わります。
 
 くどいようですが、九州の人は優しいですよ。B型の九州男児も優しいです☆^(o≧▽゚)oニパッ
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ