FC2ブログ

針尾山祇園寺の御朱印

2012.08.25 19:53|寺院探訪

 
 ここのところ、お寺の名前を変換するときに、結構びっくりな字に変換されていましたけど、今回はセーフでした(笑)
 ちなみに前回は「願成寺(がんじょうじ)」が顔情事に^^;
 
 こちらは針尾山祇園寺。もうお分かりだと思いますが、この地にあった「祇園社」の別当で、廃仏毀釈のあとすっかり別れたようです。
 
 針尾山と聞いてピンと来る人がいると思いますが…。
 

 
 境内のど真ん中にある石仏群から、「針尾電波塔」が見えます。
 
 針尾電波塔は太平洋戦争勃発時、かの「ニイタカヤマノボレ」の暗号を発信した場所として知られています。
 
 塔の高さが137m、周囲が30mの巨大な塔で、一片が300mのきれいな正三角形を描いています。
 
 針尾電波塔は国の重要文化財になっています。このお寺は電波塔のすぐそばにあるんですよ。137mですから、ゴジラと同じ大きさ?
 

 
 こちらが本堂です。テッキンバリバリですね!
 
 祇園寺はこちらを治めていた平戸藩主、松浦鎮信の発願だそうで、その前は曹洞宗だったのが天台宗に変わったそうです。
 
 本尊は如意輪観音ですが、もともとは薬師如来だったそうで、これも”大人の事情”で変わったのかもしれません^^;
 
 鐘楼堂にあった結構古そうな鐘楼。
 

 
 これは普通のなのですが…隣にはちょっと珍しい鐘楼がありました。
 

 
 日本製の鐘楼じゃないようですね。ポルトガル語かな?
 
 三つあるので針尾電波塔と関係あるのか??それか現在過去未来?
 
 字が読めると謎が解けたのですが、わからずじまいil||li▄█▀█●il||li
 
 かなり大きなお寺で、いろんな祠がたくさんありましたが、納経所のあるのはこちらの薬師堂。
 

 
 あ…白いカメラを持った幽霊さんが写っています^^;
 
 納経所と言いながら、こちらには誰もいなくて庫裏の方へ御朱印をもらいにUターン!で、中に入ってお参り…。
 

 
 天台宗のお堂は割とおとなしいのでしょうか?あまり華美じゃなかったです。
 
 薬師如来の前にある鏡は、やはり神仏習合時代のものなんでしょうか…。
 
 で、こちら薬師堂には「らくがき道場」があります。
 

 
 九州ではここが初めてだったですね。
 
 京都には「落書き寺」がありますが、まさかここにあるとは知らなくて、結構感激でしたよ。
 
 落書きと言ってもいわゆる「便所の落書き」ではなくて、願い事を書く「楽書き」のことです。当然ながら「便所の落書き」は一切なかったですね。善男善女の多いこと(*^_^*)
 
 私も書きましたよ。
 
 たしか”このころ”は体の調子があまり良くなかったので「健康祈願」を書いたと思います。薬師堂なだけに^^;
 
 で、奥の院方面にはたくさんの石仏があります。
 

 
 ●麿さんへサービスショット!
 
 なかなか良い枯れ具合の「馬頭観音」です。
 
 ここの石仏はみんなステキな枯れ具合でしたよ。かなり古いんでしょうね。
 
 御朱印はこちら…。
 

 
 
 日付がありませんが、平成22年3月29日に行きました。
 
 よーやく2年前の御朱印の更新です(爆)
 
 ズバッとご住職が書いてくださいました。
 
 坊守さんからお接待を受けました。ステキな坊守さん、ありがとうございました。
 
 九州四十九院薬師霊場三十五番 針尾山祇園寺
 
 九州四十九院薬師霊場HP…http://oyakushi.com/jiin/nagasaki/post-37.html
 
 
スポンサーサイト



サイダーハンター71・ウコンサイダー

2012.08.23 16:32|サイダーハンター

 
静岡県島田市 ウコンサイダー
 
 猛暑の中の雷ゴロゴロ…そんな天気にはサイダーが飲みたくなりませんか?
 
 ということで、71本目は見た目も怪しい色の「ウコンサイダー」です。
 
 静岡県島田市といえば、木村飲料を想像できた方はかなりのサイダー通。
 
 もちろん、佐賀県小城市といえば、我が友枡飲料です。
 
 この両雄は日本地サイダー界において、東と西の双璧ですね。
 
 マスコミ各局はよく、「永遠のライバル」などと某国と我が国をしきりに並べたがりますが、ホントの意味でのライバルとは、まさしく木村飲料さんと友枡飲料さんのことです。
 
 ライバルとはお互いを認め、より良い方向に高めていく存在で、けなしたり、おとしいれたり裏切ったりするものではありません(爆)
 
 ま、それはさておき、ワザワザ「ウコン」なるものをサイダーに…全く奇抜なアイデアですね。
 
 よくコンビニなどに売っている、ハウス食品の「ウコンの力」にお世話になった人も多いと思いますが、あれは中身が見えていないので、比較的飲みやすいのですが、こちらはモロに黄色が見えています。
 
 瓶も普通の地サイダーと同じで、この黄色…。最初見たときはさすがに引いちゃいましたよ^^;
 
 健康と何やらパワーを意識したかのような、気合の入ったラベル…。
 
 持ち上げてびっくり!ウコンの塊!
 

 
 
  まるで絵の具の塊のよう!
 
 思わず降ってみたくなるこの塊…しかし、ここで振ってしまったら、4度目の顔射になってしまうので、我慢して栓を開けます!
 
 
 肝心の味ですが、粉っぽいですね^^;
 
 飲みやすいようにかんきつ系の味を混ぜているようですけど、それすらも感じないウコンの味(爆)
 
 一口飲んだら「う、うー!」とか「ウン!ウン」とか、ちょっと喉から声が出る感じの味です(^_^;)
 
 いくら健康のためとはいえ、340mlも飲めんil||li▄█▀█●il||li
 
 やはり「ウコンの力」ぐらいの量が一番いいです。
 
 リピは絶対ないけど、自宅とかで宴会やパーティーをするなら、健康を兼ねた罰ゲームに最適ですね。
 
 おそらく、その辺を狙ったのではないかと思います。ああ、ゲホゲホ!
 
静岡県島田市 木村飲料株式会社 ウコンサイダー
なつかし度…なし         酖美度… ★★★★☆
  糖度  …★★★☆☆    炭酸度…★★★☆☆
 味わい度…★☆☆☆☆    驚き度…★★★★★
 私見ですので参考にしてください。
 
 それにしても、このウコンサイダーを最初に見たとき、「ウコン」の字の「ン」の字が隠れていたので、色からして禁断のものかとビックリしました。
 
 そんな勘違いは私だけかも?(爆)

ふぅ散歩・西新サザエさん通りを行く!

2012.08.22 17:54|ふぅ散歩

 
 
 福岡市博物館の西側の通りは、このほど「サザエさん通り」になったんだそうです。
 
 正式には福岡タワーから地下鉄西新駅付近までなのだそうです。
 
 ということで、熱中症覚悟で歩いてみました^^;
 
 百地周辺はオサレな建物が多いんですよね~。街歩きしていて結構楽しいんです。が…。
 

 
 連日熱中症患者が出ない日はないほどのステキな陽気のせいか、誰も歩いていません(爆)
 
 西新通り交差点に「磯野広場」があります。
 

 
 対して広い広場ではないけど、実はここが「サザエさん発案の地」なんだそうです。
 

 
 サザエさんの原作者の長谷川町子さんは、今の佐賀県多久市生まれの方です。
 
 お父さんは炭鉱関係のお仕事をされていたそうで、こちら福岡県早良区の姪浜付近に住んでいたそうです。
 
 上の写真はちょっとだけ大きくなりますが、当時のフクニチ新聞(今の西日本新聞の夕刊紙、現在は休刊中)に4コマ漫画を依頼されたそうですが、主人公はすでに決めていたそうですが、家族構成にとても悩んでいたそうです。
 
 長谷川さんの妹さんが病気がちで、一緒にこの海岸を散歩していた時に、磯野家の家族構成が浮かんできたそうで、そのためみんな海に関係ある名前になったんだそうですよ。
 
 磯野家の皆さんの名前は玄界灘出身だったわけですな(笑)
 
 もし長谷川さんが海に散歩に行かないで、住んでいたのが山の方だったら、「サザエさん」ではなかったと思います。
 
 さしずめ「ヤマメさん」とかになっていたかも(爆)
 
 今ではごらんのように、すっかり幹線道路になっています。
 

 この辺り一面は昔は海だったんですね…。なんだか不思議な気がします。 
 
 ここから南に下って西新商店街へ行こうと思ったのですが、さすがに日差しがきついうえ、友人が熱中症に倒れて死にそうになったものですから、恐ろしくなってやめましたよ^^;
 
 ということで、この通りを北へ行って、「パヴェリアホール」へ…。
 
 ここはサザエさんの系列放送局のため、このようにサザエさんコーナーがあるんです。
 
 ちょうど花沢不動産があさひが丘周辺を分譲中…。
 

 
 
 すごいけど…住みたくない町だわ^^;
 
 家しかないなんて、さぞかし住みにくいと思います。サザエさんが行く商店街がないし^^;
 
 分譲地で圧倒的人気は、磯野家周辺でした。
 

 
 塀で囲っている家が磯野家、グレーの四角い屋根が伊佐坂先生んち、切妻型の平屋が裏のおじいちゃんちなんでしょう。
 
 ここにはアニメサザエさんのセル画も展示されていました。
 

 
 今ではセル画を使ったアニメはサザエさんだけのようです。
 
 2Dアニメもデジタル化していますね。
 
 おお!サザエさんはなんとデジカメを持っていますよ@@
 
 戦後から現代にかけて今でもサザエさんは「永遠の24歳」ですね。私とおなじく(* ̄m ̄)

福岡市博物館特別企画展【幽霊・妖怪画大全集】

2012.08.20 09:34|すき❤博物館・美術館

 
 
 昨日、久しぶりに福岡市博物館へ行ってきました。
 
 どうしても、どぉ~しても『特別企画展【幽霊・妖怪画大全集】』を見て見たかったんです!
 

 
 マッチに子育てをお願いしてビュッと行ってきました^^;
 
 この企画展、実はかなり評判がよく、話題になっていたんです。
 
 円山応挙の幽霊図や、妖怪を描いた浮世絵、とりわけ私の好きな月岡芳年の「和漢百物語」が展示されているので、芳年ファンとしては見逃すわけにいかなかったんです^^;
 
 すごいのはここに展示されているほとんどが、ここの博物館所蔵というから、いったいいつの間に集めたんだろうと、そっちもビックリです。
 
 当地の県立博物館とは全く違いますな^^;
 
 ということで、私が気に入った作品をちょっとだけ…。
 
 

 これは言わずと知れた、円山応挙の「幽霊図」ですね。これが幽霊画の原点なんだと思います。
 
 「幽霊だとしても、そばにいてほしいほどの美人」として、当時は大流行した絵なんだそうです。
 
 輪郭がなくて、足の部分がうっすらとして、何とも言えない清潔な色気もあって、さすがだなぁと思いました。
 
 もちろん、「美人でない」応挙の幽霊図も並行して展示してあって、この「美人でない」幽霊が、のちの幽霊画の基礎になったようです。
 
 こちらの企画展では子供でも楽しめる企画が多くて、「YKI48総選挙」が実施され、この応挙の幽霊図は圧倒的多数で断トツの一位でした。
 
 9月2日の最終日を待たずして、センターが決定だと思います^^;
 
 で、こちらが総選挙2位…なかなかすごいですよ、これは@@
 

 こちらは2位ですので、去年までの大島優子サンのポジションですね^^;
 
 作者は深斎英泉といい、浮世絵や春画でおなじみの方のようですが、このような肉筆画もかなりすごい作品になっていました。
 
 この幽霊さんはだれかわかりませんが、日本三大幽霊の一人「累」ではないかと言われています。「累ヶ淵」で有名な、あの累ですね^^;
 持っている女の生首は、後妻の誰かなんでしょうか。
 
 こちらもとても気に入った、男性の幽霊です。
 

 
 こちらは絵葉書からスキャンしました。 欲しい人、送りましょうか(爆)
 
 怨念というのは女性が強いものと思われがちですが、男性もまたすさまじいものです。
 
 作者は河鍋暁斎といって、幕末から明治にかけて活躍した画家で、幽霊専門ではないですが、海外でも知られた方だったようです。埼玉県には記念館もあるそうですよ。行ってみたいわ~。
 
 この絵に惹かれたのは、咥えた生首の下の方に、うっすらと線が描かれていて、いかにも男の幽霊がこの生首を振り回しているようなリアルさなのです。
 
 幽霊の絵を見たくない人もいると思いますが、やはり画家としては「見たくないけど、見てみたい」と思わせれば、それは画家の勝ちなのだと思います。
 
 私が幽霊の絵が好きなのはその点で、「美しい」とか「きれい」というのは好みでバラバラになってしまうのですが、不思議と「怖い」ということはほぼ誰とも共通しますね。
 
 そこに情熱と技を以て心血を注ぎこめるのが、幽霊や妖怪の絵なんだと思います。
 
 かなり楽しかった特別企画展、ですが、展示があまりにも多すぎて疲れました^^;
 
 収蔵品が多いなら、3年に分けて展示してもよかったのかな…。
 
 相当くたびれましたので、夏休みの間は常設展示が無料なので、「黒田節」で有名な、「日本号」の槍と、私的には「ガッカリ国宝№1」の「金印」をゆっくり堪能してきました^^;
 
 なんで金印が「ガッカリ国宝№1」って?だって、ちっちゃいもん(爆)
 
 ということで、今日も暑くなりますね。
 
 幽霊記事で少しは涼しくなりましたか?(笑)どうぞ、今日も良い一日を。
 
 福岡市博物館特別企画展HP…http://yurei-yokai-fukuoka.com/

アウトドア百人一首三十三~久方の~

2012.08.18 07:05|アウトドア百人一首
 たまった書庫が神社仏閣記事と、もう一つあったのがこちらでした^^;
 
 これも何とかお出かけができない今の時期に放出したいですけど…やっぱりない字があるんですよね…やっぱりil||li▄█▀█●il||li
 
 ということで、三十三首目はとても有名な歌、私が百人一首で一番最初に覚えた歌です。
 
 久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ 紀友則
 
 最初に覚えたこの歌、やはり意味が伝わりやすい歌ですよね。だからすっと覚えられたのかも?
 
 作者の紀友則は かの有名な紀貫之の従兄弟にあたります。この方も紀貫之同様、土佐にゆかりのある方のようですが、四十歳まで無職だったようです。その間、何をしていたんでしょう…^^;
 
 歌の意味はだいたいわかると思いますが、こちらをどうぞ。
 
柔らかな春の日差しの中を、桜の花びらが散っていく。こんなにのどかな春の一日なのに、花びらはどうしてこんなにあわただしく散っていくのでしょうか、静める心はないのでしょうか…。
 ああ、なんだか、かっこいい歌ですね(*^_^*)
 
 桜の散りゆく花びらの中に、黄昏ているかっこいい自分がいるような歌だ…。
 
 歌の中には「花」と書いてあるだけで、「桜」と書いていないのですが、誰がどう考えても桜とわかる歌ですよね。ここがこの歌のすごいところ、紀友則の表現力のうまさだと思います。
 
 もちろん、日本人が持っている桜に対するDNAを刺激する歌なのかもしれません。
 
 そんなかっこいい歌も、アウトドアになるとこうなります。
 


 
 今回は割と楽なほうでしたか^^;
 
 「づ」がちょっと苦労したかな…。案外見つかりにくかったのが、「心」と「散」です。
 
 「心」は割とあるようですが街中には少なくて、確実にあるのは「心療内科」の看板を出している病院なのですが、さすがに撮影しにくいです^^;
 
 「散」は確実なのは「散水栓」ですね^^;
 
 ただ、以外に「散水栓」はインドアのほうが多いんです。
 
 毎回毎回やれやれが続きますね…いつ終わるんだろうか。
 
 そう考えながら、三十四首目はこれまた厄介な字があります^^; 

さんさんひまわり

2012.08.14 08:46|をりふし・夏

 
 お盆の買い出しに行ったとき、裏の畑…休耕田がひまわり畑になっていたので覗いてきました。
 
 イマドキのひまわりって背丈が低いですね~@@
 
 昔、学校で植えていた、人の頭ほどある大きなひまわりって、今見ないですよね。どこへ行ったんだろう…。
 

 
 上から目線で撮ることのできるひまわり…なんだか、ガリバーになった気分。
 
 これもしゃがんで撮ったものです。ちっちゃ!(笑)
 

 
 みんなこっちを向いている…。
 

 
 アップで見ると、ああ、フィボナッチ数列を思い出すil||li▄█▀█●il||li
 
 
 ずいぶん頭が痛いひまわりですが、私はこのひまわり畑をみると、ソフィア・ローレン主演の不朽の名作、映画「ひまわり」を思い出します。
 

 
 
 この映画を見たのは小学生で、テレビで見たと思います。
 
 最初はソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニのラブシーンに小学生の私はドキドキしていましたが、物語を見るうちに「戦争とは残酷なものだなぁ」と思ったものです。
 
 その後20歳ぐらいで見る機会があって、その時は「男って勝手な生き物だ!」と(笑)そして今は…「永遠の愛などない!」と思っています(爆)
 
 この映画は見る年齢によって感じ方が違うので、もう少し経ってみたら、きっとまた印象が変わるのでしょう。
 

 
 ひまわり畑を見ると、ちょっとおセンチに…そして、超早熟だった小学生時代を思い出してしまいます(*^_^*)

山田大王神社

2012.08.12 08:06|神社探訪

 
 さて、今月最初の神社仏閣記事ですね^^;
 
 オリンピック期間中でも、メイン記事の更新はちゃんとしなくては…。
 
 先月、人吉に行ったときに、どうしても行ってみたかった神社がありました。
 
 人吉と言えば、やはり国宝の「青井阿蘇神社」なんでしょうけど、それはまたあとに投稿します。(たぶん、2年後ぐらいになりそう…(爆))
 
 どうして「青井阿蘇神社」よりもこちらに行ってみたかったかというと、この建物の造りが素晴らしくて…。
 

 
 一見民家のようですが、神社ですよ(*^_^*)
 
山田大王神社は永吉庄山田村地頭であった平河次郎藤高の霊を祀る神社です。
本殿は天文15年(1546年)、拝殿及び神供所は宝暦11年(1671年)、本殿覆屋は安永10年(1781年)、鳥居は延享2年(1745年)の建立です。
 特に本殿は南九州地方でも中世に遡る数少ない建築で、保存状態も良く、貴重な存在である。また、拝殿及び神供所、本殿覆屋、鳥居は同時代の建立で、社檀の景観も整っており、価値が高い。
 平成2年9月11日付けで山江村の指定文化財環境保全地区に指定されている。(山江村HPより引用)
 
 平河次郎藤高は、相良長頼がこの地に来る前からこの辺りを治めていた豪族でした。
 
 相良長頼が来た18年後、平河次郎藤高は謀反を起こしたとして、その名も「血敷原」という、いかにもという土地で殲滅(せんめつ)されてしまいました。
 
 この神社は平河次郎藤高の霊を弔うために、地元民が建てた神社だそうです。
 
 ●●大王神社はこの土地に5つほどありますが、国の重要文化財に指定されているのはここだけです。
 
 それにしても、茅葺屋根だけでなく、造りとしてもとても珍しいですよね。
 
 もともと神社って、こういう造りだったのでしょうか。
 
 神社はどちらかというと、威厳のある建物が多いですが、こと人吉球磨地方は国宝の青井阿蘇神社をはじめ、中世色の濃い神社が多いのが特徴なのかもしれません。
 
 この神社の特徴として覆屋があります。
 

 
 茅葺の覆屋の下に、本殿があるんです。
 

 
 覆屋のある神社は数は少ないもののあちこちにあると思いますが、柵で囲っている部分は吉野ヶ里遺跡にある建物とそっくりなのがわかると思います。
 
 とがった柵は侵入者を寄せつけないとともに、これを外して敵に投げつける武器にもなります。
 

 
 神社は定期的につくりかえられるのですが、下の礎石は当時のままのものです。
 
 いや~、ここはホントに素晴らしかったですね。とても小さな神社で、誰一人いませんでしたけど、ドツボでした(*^_^*)
 
 とても感激して大満足でしたよ!しかも、この神社のすぐそばには、砂を噛んだ、輪郭がくっきりした「山江村マンホール」があります。これにも感激ですね~。
 
 このあと、神社のすぐ近くにあるお寺で、超素晴らしい毘沙門天を拝むことができ、さらに大感激でした。その記事は…2年後だと思います(爆)
 
 感激づくしの山江村は最高です(*^_^*)

サイダーハンター70・しそサイダー

2012.08.10 09:13|サイダーハンター

 
和歌山県田辺市 しそサイダー
 
 なでしこの応援に疲れた朝、そんな朝には何となくサイダーが飲みたくなったりしませんか?
 
 ということで70本目は御覧のように八咫烏がデザインされた、熊野のしそサイダーです。
 
 今日、これを持ってきたのは偶然ですが、早朝からこれを飲んで応援していたらひょっとしたら金メダルだったかも?とか思ったり…。
 
 コースターのライトが光っていますが、なでしこジャパンに敬意を表するために、わざわざなでしこカラーが光るまで待って撮影しましたよ(笑)
 
 実際の色はそう変わりません。かなり濃いしその色をしていますね。
 
 こちらのHPを拝見したら、古くからこの地で栽培されていたしそを使っているとのこと。なにより、原材料に合成着色料などを使っていないんだそうです。
 
 やはり、地元のものを使ってこその地サイダーですな!
 
 お砂糖は甜菜を使い、蜂蜜を入れているそうです。これも体に優しい飲み物…うれしいじゃありませんか(*^_^*)
 
 この夏の暑い時期はよく「しそジュース」を作って飲んでいますが、このように炭酸を入れるともっと飲みやすいですね。
 
 肝心の味ですが、優しい味がします。若干、しそのアク…のようなものが感じられますが、これも自然の素材のせいかもしれません。
 
 あまり気にならないので、平気で飲めると思います。
 
 色つきのものは「チャレンジャー精神」で飲むものが多いですが(爆)、この色はなんとなく安心安全の色で、私も安心して飲むことができます。
 
和歌山県田辺市 有限会社熊野鼓動KS しそサイダー
なつかし度…★☆☆☆☆    酖美度… ★★★★☆
  糖度  …★★☆☆☆    炭酸度…★★★★☆
 味わい度…★★★★★    驚き度…★★★☆☆
 
 私見ですので参考にしてください。これは個人的にリピありでした。
 
 決して”珍しい味”ではなかったですよ(* ̄m ̄)
 
 ”珍しい味”とは、前回の「サイダーハンター69」をどうぞ^^;
 
 熊野鼓動しそサイダーHP…http://kumano-kodou.net/page138.html

エルガーラへGO!

2012.08.08 09:38|go!go!go!
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

ガリガリ君梨味

2012.08.06 08:03|がばいうまか!

 
 
 夏ですから暑いのは当たり前ですが、熱中症で運ばれる人がいない日はないようですね。
 
 ということで、久しぶりにコンビニでお買い物したら、ガリガリ君梨味を発見しました(*^_^*)
 
 昨年、ブロ友さんの記事で「ガリガリ君梨味」が美味しいと書かれていたので食べたかったのですが、すでに売り切れていましたil||li▄█▀█●il||li
 
 期間限定というのもあったのかもしれませんが、かなり人気だったようです。
 
 

 
 中は御覧のようにほんのり梨色です。
 
 定番のソーダ味よりもちょっと甘めですが、梨の味がいいですね~。
 
 結構ハマるかも?
 
 けど、スーパーにはなくてコンビニしかないようです…コチラでは^^;
 
 私は「ブラックモンブラン」派なのですが、やはりこう暑いと、体が欲しがるのはかき氷系のガリガリ君ですね。
 
 連日猛暑ですが、今日はお出かけしてきます(*^_^*)
 
 久しぶりに西鉄電車に乗って…。
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ