FC2ブログ

宝地院の石仏

2012.10.08 17:02|go!go!go!
宝地院の石仏1

 三連休の初日、この日は小城に用事があって行ってきました。ちょっと待ち時間があったので、宝地院(清水観音)の石仏を見てきました。

宝地院の石仏2

 古刹名刹のお寺さんで、ブログを始めたころやってきたのですが、その時も石仏がとても魅力的だったにもかかわらず、和尚さんにビックラこいて(爆)早々に退散した思い出があります。

 今回伺ってその和尚さんがいるかと思ったら、別の方でした。なんとも残念なような、そうでもないような…^^;


宝地院の石仏3

 かなり古いものが多くて、雨風に打たれた表情は、作為的な感じがなくなって、いい感じです。

宝地院の石仏4

 〇しきさんに教わったのに、びみょ~なところで手首を切ってしまいました^^; OKですか?

 新しい石仏は何となく冷たい感じがしますけど、それなりに時間が立つと柔和に感じますね…。


宝地院の石仏5

 誰かに似ている…誰かに…と思ったら、ぬ、温水さん!!(爆)

宝地院の石仏6

 宮崎県が誇る大スター、温水洋一さん!

 お寺から下りると名水百選に選ばられている「清水の滝」に出ます。

宝地院の石仏7

 不動明王と慈母観音のペアですね。

 秋風がちょっとだけ冷たい滝の下ですけど、気持ちよかったです。何より誰もいないのがいい(*^_^*)

 翌日、南阿蘇まで行ってきました。私もタフなもんだと^^;

 ということで、しばらく南阿蘇記事が続きます。神社仏閣記事も忘れずに書きます!!(笑)


じゃGaぱん

2012.10.06 20:21|がばいうまか!
じゃGaぱん1

 さて今年もローソンで”高校生シリーズ”が売り出されました。

 このシリーズ、今回で3回買いましたけど、はずれがないのがうれしいです。

 各県の高校生がご当地の食材で作った惣菜パンなんですけど、今回はなぜか「県」ではなくて「長崎・佐賀エリア」になっています^^;

 今回は長崎県立島原農業高校が開発した「じゃGaぱん」。

 島原半島特産のじゃがいもを使ったんだそうで、中にはお味噌とじゃがいもの餡が入っています。

 外側が「あげぱん」じゃなくて、「あげぱん風」というのが面白い(*^_^*)

 かなり人気だったのか、はたまた私がローソンに行くときになかっただけなのかわかりませんけど、なかなかゲッツできなかったんです。

 袋から出すとこんな感じ…。


じゃGaぱん2

 やっぱりあげぱん風ですね^^;

 けど、「風」なだけあってくどくなくて、中の餡もさっぱりしておいしかったですよ。

 何より米粉を使っているので、小麦のパンは胸焼けする私にはとっても優しい惣菜パンでした。

 このシリーズは全国津々浦々あるはずなので、コンビニをご利用するブロ友さん、あなたの町の開発商品を教えてくださいね!


アウトドア百人一首三十五~人はいさ~

2012.10.05 09:52|アウトドア百人一首
 さて今回で三十五首目。残り六十五首です…先は長い長い^^;

 三十五首目は歌よりも人のほうが有名ですね。

人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける 紀貫之
 短歌を変換するときって、ホントに困りますね^^;つらつらっと「香ににほひける」を入力してEnterキーを押すものなら、「蟹二歩引ける」になってしまうし(爆) 蟹さん、二歩引いてどこいくん?って感じ(笑)

 ま、それはともかく、紀貫之といえば「土佐日記」の作者。平安時代トップクラスの歌人ですね。

 どうしても教科書に出てくる(今は知らん)のは「土佐日記の紀貫之」ですけど、歌も藤原定家に次いでたくさんの歌が残っています。

 この歌も彼が中心になって編纂した「古今集」の中に収められていたものの一つです。意味はこんな感じです。

あなたはどうでしょうね。他人の心は分からないけれど、昔なじみのこの里では、梅の花だけがかつてと同じいい香りをただよわせていますよ。
 


 何となく恋愛っぽい歌なんですけど、そうではないみたいです。

 この歌は奈良の長谷寺に参詣に来た紀貫之が、久しぶりに親しくしていた宿屋に泊ったところ、宿の主人が
「ウチの宿は全然変わらないのに、あなたはすっかり変わってしまいましたね。」
 と少々皮肉を込めて言ったのに返歌で答えたのがこの歌です。

 紀貫之の返歌をもっとわかりやすく言うと、
 「あんたこそ変わったやんけ!わしのこと、ちゃんと覚えとったんか!この辺の里の梅の香りは全然変わらんのになぁ~。」

 まあ、ちょっとケンカ腰になった感じですけど、決してそうではなく、たぶん「ちょっと会わないうちに、お互い年をとったなぁ~。」みたいな感じなんでしょうね(*^_^*)

 今年もあと2カ月ちょっと。一年がたつのが早いですね…。

 ということで、アウトドアになるとこうなります。


アウトドア百人一首三十五



 今回は思ったより楽だったかも?
 
 ちょっと時間がかかったのは、やはり「昔」ですね。「ぞ」も少ないです^^;

 「ぞ」は歌碑のあるところを中心に探していますけど、だいぶ使いました…。
 あと、街の飲食店とか「どうぞ」って書いてあるところがないか…を探していますけど、最近は「シャッター商店街」が多くて難儀しています。

 ちなみに冒頭の「人」はドラえもんの映画ですね(笑)

 さて、ここでお願いです。

 今一番苦労しているのは「恨み」という字なんです。

 実はこれが全くないので、非常に困っています^^;

 まあ「恨み」という字が巷にあふれていたら、それはそれで大変!…困っているのは私だけ(爆)

 調べてみてありそうなのは、沖縄と韓国。(長恨歌の歌碑があるらしい…。)

 もし見かけたら教えてください(* ̄m ̄)


道の駅原鶴・秋のひまわり

2012.10.03 16:36|をりふし・秋
道の駅原鶴・秋のひまわり1

 中秋の名月だった9月30日、福岡県の原鶴温泉にある「道の駅原鶴」のひまわり畑に行ってきました。

 ここは時期を遅らせてひまわりを咲かせているそうです。ちょうど盛りが過ぎる頃でした。


道の駅原鶴・秋のひまわり2

 台風の影響もほとんどありませんでした。

 ここは昔からある大ぶりのひまわりから、中くらいまでのものが多いですね。

 大きいひまわりは、重さで早くお辞儀するのが多いです^^;


道の駅原鶴・秋のひまわり3

 ミツバチもたくさんいましたよ。この花はまだまだ花持ちしそうですね。

道の駅原鶴・秋のひまわり4

 この日は朝に強風域から抜けたばかりで、雨は降っていないものの、やはり風が強かったですね…。天気もイマイチ><

道の駅原鶴・秋のひまわり5

 けれど「地上の太陽」は、コロナが爆発したかのようなビタミンカラー。

 お!ミツバチが来ました!


 道の駅原鶴・秋のひまわり6

 花粉まみれのミツバチ、わかりますか?

 ここの蜂はみんなこんなに花粉まみれでしたよ。今、一番頑張っていますね。


道の駅原鶴・秋のひまわり7

 今年の豪雨で大変な被害が出た地域ですけど、元気に頑張っているようです。

 秋に見るひまわりも、真夏と違った別の元気をもらいますね。

 真ん中を見ると相変わらず「フィボナッチ数列」が浮かんできて、頭痛がしてくるのですが(爆)

 おまけ…。


道の駅原鶴・秋のひまわり8

 にん! (ベンジャミン伊東風)
 
 道の駅原鶴ファームステーションバサロHP

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ