FC2ブログ

杉岳山大聖寺の御朱印

2012.11.14 13:30|寺院探訪
杉岳山大聖寺の御朱印 1

今年もあと41日ですね。2年前の神社仏閣記事ですけど、急がないと3年前になっちゃいます^^;さぁ~頑張ろう!

 ということで、2年前の昭和の日、佐賀県武雄市にある、杉岳山大聖寺に行ってきました。

 国道から山に登って行くのだけど…行けども行けども寺はなく…。

 気持ち程度に舗装された山道を、愛車「トヨタのベンツ」号が登って行きます。


杉岳山大聖寺の御朱印 2

あれ~~~大丈夫かな?こういう山道を一人で行くのは実に心細い…。人っ子一人、対向車もない…。

 不安な気持ちで山を登っていくと、お墓がたくさん…


杉岳山大聖寺の御朱印 3

お墓があるということは、たぶんお寺が近いのだろうけど…。道路わきにあるということは、無縁仏なのかな?不安に恐怖が加わった感じになって来た^^;

 明るい写真ですけど、実際は薄暗くて、頭の中では♪カラ~コロ~ンカランカランコロン(ゲゲゲの鬼太郎の終わりの歌)

 ということで、無事に着きました~。お出迎えは「身代わり不動」。


杉岳山大聖寺の御朱印 4

あるサイトにはここのお寺は「日本三大不動の一つ」って書いてありました。でもお寺には書いていなくて…。

 いつも思うのですけど、「日本三大〇〇」って誰が決めているんでしょう。あっちこっちで言われていますけど…。ちなみに一般的に言われている「日本三大不動」とは、成田不動、目黒不動、木原不動のようです。

 本堂に行く途中には、石仏がたくさんありました。


杉岳山大聖寺の御朱印 5

首がないのもありましたけど、どれもいい枯れっぷりでした。

 で、本堂です。新しいですね…。


杉岳山大聖寺の御朱印 6

 ここのお寺は新しいようですけど、和銅2年(709年)に行基が開いたお寺です。

杉岳山大聖寺の御朱印 7


行基が42歳で開いた…とあります。年齢がしっかり記録されているんですね。

 42歳…当時の平均寿命は50歳弱ぐらいでしょうか?というと、42歳とはいえ、晩年に近かったんですね。

 ここには日本一大きなイヌマキの木があります。


杉岳山大聖寺の御朱印 8

樹齢500年のイヌマキ。昔はイヌマキの実を乾燥させて、煎じていたのではないかと伝えられているそうです。

 ここで見つけた看板の文字…


杉岳山大聖寺の御朱印 9

 大蛇の歯!!

 この一帯は八幡太郎為朝(源為朝)の「黒髪山大蛇退治」の話が残っていて、見事討ち果たし、その時使用した「明王剣」と大蛇の歯をここに奉納したそうです。

 どんな歯なんですかね~~見てみたいけど、8月か…しんどいなぁ^^;

 ところで、この「明王剣」はお寺の宝物なんだそうですが、朝鮮出兵の際、秀吉が九州中の名刀を名護屋城に持ってこさせたところ、この剣も当然その中に入っていたのですが、夜になるとこの剣が光るので、異変を恐れた秀吉がお寺に返したそうです。
 その時の秀吉の書状が、今も残っているそうですよ(*^_^*)

 本堂の中にあった写真…。


杉岳山大聖寺の御朱印 10

ここは県内屈指のあじさい寺でした(*^_^*)

 あじさいが咲いているときにまた来てみたいですね。

 御朱印…


杉岳山大聖寺の御朱印 11

本堂の扉を開けたら、このご時世らしく警報機が鳴ってしまい、母屋から住職が飛んできました^^;

 優しい御住職だったけど、びっくりしたなぁ~(笑)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ