FC2ブログ

薦神社の御朱印

2013.02.27 20:14|神社探訪
薦神社の御朱印 1

大分県中津市にある薦(こも)神社は、国宝の青井阿蘇神社に行く前までは、九州で一番美しい神門がある神社だと思っていたところです。

 行ったのは…菊花展が行われていた文化の日。しかも、3年前のです(爆)世の中はひなまつりがもうすぐというのに…^^;

 この神社は、参道が少し変わっていて、御神体である「三角池」をぐるっと回るようにいかなくてはなりません。なので、一般的な神社の配置とは違っています。

 写真ではわかりづらいので、神社のHPにある航空写真から見てみてください。

 ということで、エースは新しいけど味がある…


薦神社の御朱印 2

吽像のほうのエース。こういう顔した俳優さんがいましたっけ^^;

 エースに気合を入れてもらって進むと「呉橋」があります。


薦神社の御朱印 3

「呉橋」は宇佐神宮にあるものがとても有名なのですが、ココにもあったんですね。
 薦神社は宇佐神宮ととても深い関係にあって、一説には宇佐神宮の祖宮とも言われています。

 呉橋は勅使が渡る橋…ということなんですけど、こちらは勅使も渡れなさそうな危険な橋のようです(爆)
 普段は写真右にある太鼓橋を渡ります。

 呉橋の横から見える、御神体の三角池。


薦神社の御朱印 4

非常に美しい池です…さすが御神体ですな!
 
 土手のほうは改良されていますけど、池の形などは千年以上そのままの形をしています。現在、薦神社とこの池は県の史跡に、この池に生息する植物等は県の天然記念物に指定されているようです。

 そして私が愛してやまない神門がこちらです。


薦神社の御朱印 5

美しいでしょう~~~。ほれぼれします(*^_^*)
 江戸時代初期に建てられた、三間一戸二重門という、珍しい造りになっています。

 特に目を引くのが長く伸びた裳階。


薦神社の御朱印 6

ああ、ちょっとわかりにくいですね…また撮り直しに行きたい><

 九州にはでっかい楼門が多いのですけど、ここのはだいたい中規模ですが、見慣れない形のせいか、目を引きます。
 源平の騒乱以降細川忠興が再建して以来、小笠原、奥平の歴代藩主も復興に力を注いだそうですが、特にこの門の修復は時間がかかったようです。

 実はこの門は入ることができません^^;

 「じゃ、いつ入るのか?」「今でしょう!」とはいかず、神事の時とかしか入れないみたいです^^;


薦神社の御朱印 7

門の蟇股には小笠原の紋が入っていました。一番金をかけた(?)からかな?

 石燈籠も小笠原紋。


薦神社の御朱印 8

これは火袋のところに紋が入っていますね。このあたり、「LOVE小笠原」だったのでしょうか^^; 

 門に入ることなく、拝殿へ…。


薦神社の御朱印 9

この日は菊花展と七五三でとても人が多かったのですが、なんとか人がいない時に撮れてよかった。

 なかなかきれいで美しい拝殿でしょう。

 この拝殿の向こうに外宮。そして御神体がある池があって、そこが内宮になります。

 御朱印をもらっている間に…


薦神社の御朱印 10


美しい門のほうを見たら、麒麟に似た雲を発見しました。

 「ああ~~~!」とカメラを構えたら消えちゃった…^^;

 実はその麒麟がやってきた方向には、あの宇佐神宮があるのですが…
その宇佐神宮に行ってお参りしたのですが、私が大きな神社にお参りすると世の中をびっくりさせる大事件が起きるというジンクスがあるんです。

 実際、日本中に衝撃をもたらした大事件が起きるのですが…覚えていますか?

 ということで、御朱印はこちらです。


薦神社の御朱印 11


ここの朱印はあの神門と一緒になっていますね(*^_^*)

 薦神社公式HP…http://www.komojinja.jp/
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ