FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇佐神宮の御朱印1

2013.04.01 20:09|神社探訪
宇佐神宮の御朱印1 1

桜が終わって、ようやく神社仏閣ブログに移ります…って、自慢になりませんね^^;

 宇佐神宮は先月行って通算3年連続行っていますので、写真も3年前とごっちゃになっていますのから、ちょびっと季節が合わない写真もあると思います。
 早く投稿すればよかったのですが…。

 というこことで、写真は宇佐神宮の大鳥居。
 この鳥居は「宇佐鳥居」といって、社束がないのが特徴です。
 大輪(黒い輪っか)が柱上にあるのも特徴で、宇佐神宮の境内にある鳥居はすべてこの様式です。

 この鳥居の下を玉砂利を踏んでザッザッザと歩きます。いざ本殿まで!

 宇佐神宮を守る屈強のエースです。


宇佐神宮の御朱印1 2

全国八幡宮の総本宮を守るエースは比較的新しい、少しだけレオモデル。かなり大きい狛犬ですが、宗像大社のエースよりは小さかったです。

 汚れ具合から見て、平成になってからお守りしているのかも?いつのかは不明です。


宇佐神宮の御朱印1 3

鳥居を抜けると… お!なぜか蒸気機関車!

 こちらはかつて、宇佐參宮線が通っていた時に走っていた「26号機関車」です。
 明治24年、ドイツの会社が作ったもので、明治27年国鉄の前身であった九州鉄道が購入。その後昭和23年に宇佐參宮線に導入されました。
 宇佐參宮線は大正5年3月に開業、昭和40年8月に廃止されるまで走っていたんだそうです。
 日本に来て71年間も走ってきたことになります。昔の蒸気機関車は長持ちしますね~@@


宇佐神宮の御朱印1 4

種田山頭火さんもいらっしゃったそうな。

 この辺りは、いろんな方の石碑があるのですが、写真がとっても多いので割愛します^^;


宇佐神宮の御朱印1 5

神橋を渡って…

宇佐神宮の御朱印1 6

本殿までは長い長い(゜-゜)

 でも、宇佐神宮の中でこの場所が一番好きなんです。気持ちいいですよ(*^_^*)

 例のあのポストは、鳥居の右手にあります(* ̄m ̄)

 ここにも狛犬がいて…。


宇佐神宮の御朱印1 7

うむ!これくらい枯れていると風格があります!

 よくわからないですけど、コチラがもともとエースだったんじゃないかなって思っています。あまりにも古いので、いつの時代のモノか、すでに消えてしまっていました。

 大鳥居の前にあるのは、摂社黒男(くろお)神社。


宇佐神宮の御朱印1 8

さすがというか、なんというか、宇佐神宮の摂社は規模も大きいです。

 黒男神社の祭神は武内宿禰。宇佐八幡の祭神は神功皇后。神功皇后のおわすところには、必ず武内宿禰ですね(*^_^*)

 ずんずん歩きます。宝物殿を過ぎると参集殿が見えてきます。


宇佐神宮の御朱印1 9

こちらが参集殿。手前、蓮が枯れているのは”日本三沢の池”の一つ、初沢の池です。
 ちなみにあと二つは御存じ「広沢の池」と「猿沢の池」。一番知られていないのがここかもしれません^^;

 ここは古代蓮が咲くそうです。真夏は…行くのやめとこかな^^;

 素晴らしい手水舎。


宇佐神宮の御朱印1 10

回とも来て、いっつも青竹でした。水もきれいです(*^_^*)

 ということで続きます!今回は長いっすよ~~!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。