FC2ブログ

2012三社参り~宗像大社(辺津宮)

2012.01.10 10:47|神社探訪
 ということで、今年の三社参りですか、クイズ形式で当てていただいたのですが、残念ながら正解者はなかったです^^;
 
 う~ん、ちょっと難しかったでしょうか。実は皆さんからいただいた回答を総合すると当たっているのですよ。
 
 正解が2つだったのはお二人。
 
 とくにRさんは細部にわたってあっていたのですが、一つだけ違っていました。とっても惜しかったです…。
 
 正解が1つの方はおひとりでした。
 
 全問正解者には「はぐくみアイテム」を用意していましたが、来年に持ち越します。来年は事前告知をしっかりしますので、楽しみに待っていてくださいね(^_-)-☆
 
 今年最初に行ったのが「宗像大社」の辺津宮です。
 

 
 ここは3回目。たしか、2年前の狛犬選手権で2位になった狛犬さんがいるところです。
 

 
 まあ、それにしても本当に人が多いですね。
 
 ここも三社参りの定番とも言われるところなので、三が日を過ぎても人が多く、この日は野球クラブなどの祈願も行われていました。
 
 で、私たちはここで参拝して、高宮祭場へ行きました。
 

 
 なぜかストレッチをしながら歩くマッチ。車の中でスマホをいじくりすぎたからやわ…運転は私(ーー゛)
 
 高宮祭場とは、宗像大伸(宗像大社の御祭神の三女神)がこの地に降りてきた神聖な場所で、日本に残されている数少ない古代祭場です。
 
 途中にある「相生の木」。
 

 後ろの木と重なってわかりづらいのですが、黄色で囲っている部分がつながっています。
 
 「相生の木」とは、別々の木の枝がくっついてできる枝や木のことで、ラブラブ夫婦のたとえになっている木のことです。
 
 マッチ曰く、「接ぎ木やなかとね。あの包帯はなんなん?」と…(^_^;)
 
 でも、じっくり観察して別の枝であるのがわかったようです。
 
 今年の私は「道を外れる」らしいので、しっかりお参りしてきましたよ^^;
 
 で、こちらが高宮祭場です。
 

 真ん中のしめ縄がある、あの木に神様が下りてきたそうです。
 
「日本書紀」には、天照大神の「永遠に皇室をお助けし、皇室からも厚いお祭りを受けなさい」との神勅(天照大神のお言葉)により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったことが記されています。(宗像大社公式HPより抜粋)
 
 ここはほかの場所とは雰囲気が全然違いますね…空気が全く違うので、気持ちが良くなる感じがしますよ(^.^)
 
 ここ高宮祭場には社務所がなくて、無人の授与所があります。
 
 ここのお守りをゲッツ!
 

 
 裏に御願い事を書いて、表に名前と年を記入して半分に割り、片方は高宮祭場に、もう片方は自分のお守りとして一年間持っておくそうです。
 
 大きさは手のひらサイズなのですよ(^.^)
 
 なぜかマッチがここのお守りを気に入って、マッチも持って帰りました。私が用意したお守りは持たないくせに(怒)
 

 
 
 
 
 
 
 御神木の楢の木です。
 
 ここの楢の木の葉っぱが御神紋になっているので有名ですが、冬枯れて今はありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 無事こちらで参拝を終えました。神門前の狛犬が見つめるのが二つ目の神社です。…と言ってもわからんですね(^_^;)
 
 
 
 
 次の神社は「天気晴朗なれど波高し」…続く。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ