FC2ブログ

美しき鷲原八幡宮

2013.06.17 15:21|旅の思い出
美しき鷲原八幡宮1

今回、出雲大社のほかに行ってみたかったところ、そこが津和野の鷲原八幡宮でした。

 津和野をいろいろ調べていたら、ここの神社の楼門がとても素晴らしくて美しくて一度見て見たかったんです。

 鷲原八幡宮は平安時代からある神社で、宇佐神宮から勧請(本社の祭神を他所で祀る際、その神の神霊を分けたもの)し、その後この地を治めた吉見氏が鶴岡八幡宮からも勧請したそうです。

 吉見氏は清和源氏、源義朝の六男で、頼朝の弟にあたります。
 源氏つながりで鶴岡八幡宮を勧請したんでしょうね。私は平家ファンですけど^^;

 ま、それはともかく、早朝の神社は誰もいなくて静かなものです。
 何より空気が美味しい…。

 そしてその楼門。


美しき鷲原八幡宮2

私の大好きな茅葺屋根。
 この楼門は四脚門なんですよ。それに両サイドに切妻型の翼廊が付いています。
 ほれぼれしますね。もうこれだけで大満足です(●^o^●)
 しかも、山口県などに多い、楼門と拝殿と本殿がくっついた珍しい造りになっています。
 もうお腹いっぱいの感激ですね(笑)

 そんな神社を守るエースもこれまた濃い感じ。


美しき鷲原八幡宮3

面構えが最高ですね。そして力強い前足。
 実はこのエースは高麗犬でして、大島松渓の作だそうです。
 大島松渓とは当地津和野藩のお抱え彫師で、戸田柿本神社の龍の彫り物も彼のものだそうです。
 戸田柿本神社は行きたかったんですけどね…ま、次回ということで^^;

 で、楼門からお参りします。


美しき鷲原八幡宮4

賽銭箱は太鼓橋の上にあります。これも初めての体験。

 何事も初体験はドキドキです(爆)


美しき鷲原八幡宮5

真横から撮った写真があるのですが、こっちはちょっとわかりにくいものの、きれいだったのでこっちを採用しました。
 全部見事につながっているんですよ。
 この社殿(楼門・拝殿・本殿)はすべて国の重要文化財に指定されています。


美しき鷲原八幡宮6

楼門を後ろから撮りました。

 美しい建物は後ろも美しい…。このショットだけで10枚以上撮っていたような(笑)
 
 そしてここは流鏑馬がとても有名で、吉見時代に鎌倉鶴ヶ岡八幡宮の馬場を模してつくられたもので、日本に只一つ原形を留めている貴重な馬場で、島根県の指定史跡になっています。

 それがこれ…。


美しき鷲原八幡宮7

4月の桜の季節に流鏑馬があるそうで、終わって半月ほどだったからでしょうか。このときはまだ馬場が緩かったですね。

 その流鏑馬は動画がありましたのでこちらをどうぞ。




人も凄いですけど、桜の馬場とはよく言ったもので、素晴らしいですね。

 私も子供のころは乗馬をしていましたし、実家が明治維新までは馬を飼っていたので、競馬が好きになったのでしょう(爆)

 もう今では馬に乗ることはないし、乗れないでしょう。けど、こういう馬場を見ると走ってみたくなります。

 おや?馬??


美しき鷲原八幡宮8

馬場を走ってきたのは小夏でした^^;

 私があまりにも神社に見とれて時間をかけすぎたからでしょう。
 我慢できずにやってきました。というよりは、マッチがここで散歩させていたようです。
 
 で、この後は旧むつみ村などを通って萩へ…。

 マンホールをゲッツしていたのですけど、それに関連する写真も撮りたかったのですが、そういうのはなくて、ひたすら田んぼと山の中ばっかり。

 ということで、次回は萩のあそことあそこへ行ってきました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ