FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残しておきたい29

2013.06.27 08:37|残しておきたい~震災関連
「『日本が盗んだ』発言はしていない」 鳩山元首相ウソ釈明でさらに批判高まる
J-CASTニュース 6月26日(水)19時33分配信


フェニックステレビに出演した鳩山元首相
――香港のメディアで、鳩山さんが尖閣諸島について、『日本が盗んだと言われても仕方がない』と発言されましたが?

  「してない」
  「中国側がそういう判断をする、という可能性はあるということを申し上げた」

 「尖閣盗んだ」発言が報じられた直後の2013年6月25日夜、鳩山由紀夫元首相は報道陣に、こう言い切った。

■香港・フェニックステレビを確認して見ると…

 本当に問題の発言を「してない」のだろうか。念のため、騒動の発端となった、24日収録の香港・フェニックステレビのインタビューを確認してみた。香港記者の「なぜ、尖閣諸島を『係争地』であると考えているのか」という質問に、鳩山元首相は日本側、中国側にそれぞれの主張があるとした上で、こう明言している。

  「釣魚島、いわゆる尖閣に対しては、そのこと(ポツダム宣言・カイロ宣言)から言えばですね、1895年、日清戦争の末期に『そっと』日本のものにしてしまった、それは中国側から見れば『盗んだ』という風に思われても仕方がない。ならばそれは返すべきだというのは――カイロ宣言(※編注:『満洲、台湾及澎湖島の如き日本国が清国人より盗取したる一切の地域を中華民国に返還する』)の中に尖閣が入るだろうということは、そういう解釈は十分に、私は中国側から見れば当然成り立つ話だろうと」

 中国側の主張を分析した形の発言とはいえ、これを「『日本が盗んだと言われても仕方がない』とは言っていない」と言い張るのは、苦しい。菅官房長官に「もっと勉強していただきたい」
 それでも鳩山元首相は意気軒昂、自宅前に集まった日本の報道陣に対しては「ポツダム宣言に書いてあるでしょ? 北海道、本州、四国、九州、それが日本の固有の領土だと」と講釈し、さらには自らを批判した菅義偉官房長官に向けてもこう言い切ってみせた。

  「もっと勉強していただきたいということです」

 その菅官房長官は翌26日の会見で、

  「きのう私は『開いた口がふさがらない』と申し上げましたけど……開いたままです」

と、ただ苦笑いするばかり。「んー……そろそろいい加減にしてくれませんか、ということに尽きますね」と静かな怒りをにじませた自民の石破茂幹事長を始め、国内は批判一色で、民主の海江田万里代表も「わが党の主張とも違います」と他人のふり。また、「発言してない」との苦しい釈明にも、自民の佐藤正久・参院議員が、

  「多くの国民は呆れているのに、本人は『言っていない』との釈明、しかも自分がかつて総理を務めた日本政府に『勉強しなさい』とは。恐らくその言葉をそのままお返ししますと思っている担当者も多いのではないか?」

とツイッターでツッコミを入れたのを始め、一般人からもネットなどで呆れる声があふれる。擁護の声は元外務官僚の孫崎亨氏が「真っ当な発言」と評した程度しか見つからない。ちなみに、孫崎氏は鳩山元首相が創設した「東アジア共同体研究所」の所長を務めている。

2010年の尖閣漁船事件を「事故」と表現
 またインタビューのほかの部分でも、問題発言が散見される。たとえば、2010年に発生した尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件について、

  「私が総理を辞めた直後に、漁船の衝突『事故』がございましたよね?」

と、問題を「事故」と表現したのがその一例だ。ちなみに鳩山元首相は2012年にも、同事件について講演で「事故」と言及したと報じられヒンシュクを買ったことがある。この事件などをめぐり日本政府が中国側との「暗黙の了解」を無視するような行動を取り続けたことが尖閣問題をこじれさせたと、責任の所在が日本にあるとも取れる見解も示した。

 なお鳩山元首相は、25日にニコニコ動画で公開した動画の中でも尖閣問題に触れている。その中では「資源の共同開発」と「棚上げ」した上で、対話の場を設けることが落としどころだと主張し、

  「日本のほうからそういうメッセージを送れば、あっという間にこの問題は落着点を作れるんじゃないかと期待しているんですが」

との「楽観論」を大真面目に披露した。



--------------------------------------------------------------------------------



J-CASTニュース
ニュース
社会
鳩山氏の尖閣発言に激怒の嵐 官房長官「国益著しく損なう」、野口健「この男が元総理、心底情けない」
2013/6/25 19:28
コメント(70)

印刷
鳩山由紀夫元首相が2013年6月24日、沖縄・尖閣諸島について、香港のフェニックステレビの取材に対し「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と話した。この発言は25日、中国内外に向けて報じられた。
これに対し、菅義偉官房長官は25日午後の記者会見で「開いた口がふさがらない。国益を著しく損なうもので、断じて許すことはできない」と批判。尖閣諸島は日本固有の領土という見方を改めて示した。
「日本から干して!」「鍵付きの籠に入れて!」ネット民もぷんぷん丸菅官房長官は「鳩山氏はこれまでも無責任な発言で、政治の混乱を招いた。憤りを感じる」と、怒りをあらわにした。
尖閣諸島については、鳩山氏は12年10月にも、北海道・苫小牧市内で行った講演で「領土問題でないといくら言っても、日本は不利な立場」「領土問題は領土問題として議論を大いにしながら、日本の主権を主張していくべきだ」「友愛精神、東アジア共同体の発想を生かしたい」と発言していた。
さらに13年1月には、訪問先の中国で「尖閣諸島が係争地」との見解を示したほか、「南京大虐殺記念館」では犠牲者数30万人との説明にうなずき、お詫びしたとも報じられた。この発言に対し小野寺五典防衛相は「国賊」、小池百合子・自民党広報本部長は「鳩は鳩小屋にいなさい」と強い批判を展開していた。
インターネット上では今回の鳩山氏の発言に対し、「鳩山が国益を損なわなかったことがあるだろうか」「誰かこの人政界からだけでなく、日本から干してくれ!」「あの鳩は、鍵付きの籠に入れておくべきだな!」など怒りの声が多数上がっている。
また、アルピニストの野口健さんもツイッターで「国民は大きく判断を間違えた。この男が日本国の総理だったと思うだけで心底に情けない」と厳しく批判している。
鳩山氏は12年に政界を引退、13年6月いっぱいで民主党も離党する予定だ。



--------------------------------------------------------------------------------


鳩山氏“売国発言”に識者ら激怒!「許しがたい」「頭がお花畑に…」配信元:
2013/06/26 20:47更新
このニュース記事のカテゴリは政治もです。
この記事に関連するフォト・情報関連フォト
関連フォトをスキップして本文へ移動する
メインフォト

サブフォト



記事本文 鳩山由紀夫元首相が、信じられない売国発言を炸裂させた。香港のフェニックステレビの取材に対し、沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国政府に理解を示したうえで、「中国側から『日本が(尖閣を)盗んだ』と思われても仕方がない」と述べたのだ。中国による尖閣強奪謀略に加担するような言動に、民主党時代の同志や、沖縄県の地元関係者、識者らは怒り心頭に発している。
 衝撃発言は25日午前、中国内外に向けて報道された。
 鳩山氏は「日本が盗んだ~」との発言に加え、「『私の島だ』という気持ちを(日中)両方の国が持つのは当然だ」とも述べ、日本が領有権問題の存在を認めるべきとの認識まで強調した。
 すでに政界を離れている鳩山氏だが、首相経験者の言動だけに、日中両国の世論に影響を与える可能性や、中国に悪用される危険性もある。
 民主党の石井一副代表は「軽率極まる発言だ。彼を首相に擁立した1人として、恥ずかしさを禁じ得ない」といい、こう怒りをぶつけた。
 「本人は軽い気持ちで言ったのだろうが、国益を害しかねない問題だ。政治家は公人であり、辞めても発言に責任を持たなくては。過去にもいろんな失言があったが、そもそも、黙っていればいいのだ。中国が尖閣の領有権を主張し始めたのは、国連調査で周辺に石油が埋蔵されていると発表されてから。米国もそれ以外の国も、民主党議員の多くも『尖閣は日本領土だ』と分かっている」
尖閣の地元・沖縄県石垣市にも鳩山発言は伝わった。同市を拠点にする地方紙「八重山日報」の仲新城誠編集長は「考えられない。許しがたい」といい、こう語った。
 「現在、石垣島の漁師は、中国公船が尖閣周辺に連日侵入してくるため、漁ができない状況に追い込まれている。国に対して『実効支配を強めてほしい』と要望している。こうしたなかで、元首相がこういう発言をするとは許せない。民主党は2010年の尖閣沖中国漁船衝突事件で弱腰に終始し、地元を失望させた。鳩山氏がまだ党員ならば、海江田万里代表は除名するなど、毅然とした姿勢を見せてほしい」
 中国側の狡猾な仕掛けと、鳩山氏の愚鈍ぶりを指摘する声もある。
 ノンフィクション作家の河添恵子氏は「あきれ果てる。私は、首相時代の鳩山氏を『ハトがサギになった』と評したが、ついに『頭がお花畑になった』ようだ」といい、こう続けた。
 「鳩山氏は、米国には『トラスト・ミー』で見捨てられ、祖父・一郎氏が近かったロシアにも相手にされず、残された大国・中国の誘いに乗ったのだろう。ゆがんだ自己顕示欲といえる。中国側としては『日本国元首相』というブランドを利用して、自分たちに都合のいい宣伝工作をしている。このまま放置すれば、どんどん国益を害する。国会で元首相の肩書を剥奪するとかできないものか。弟で自民党の鳩山邦夫元総務相に『鳩山一族の責任』で、何とかしてほしい」小さい文字
強調文
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。