FC2ブログ

アウトドア百人一首二十五~名にし負はば~

2011.12.19 09:57|アウトドア百人一首
 年の瀬に百人一首はいかがですか(爆)
 
 子供のころ、「新春かるた会」に向けて、今の時期は掃除もせず、ひたすら百人一首を覚えていた思い出があります。
 
 そしてかるた大会はある意味、「新春反射神経大会」でもあるので、体力もつけておかないといけなかったことから、運動もしたり、あるいは乾布摩擦もして頑張っていた記憶もありますが、張り切りすぎて必ず風邪をひいていました^^;
 
 さて、二十五首目、いよいよ1/4ですね。いよいよではなくて、やっと1/4ですが…。
 
名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られて 来るよしもがな 三条右大臣
 
 三条右大臣とは藤原定方のことで、この方は和歌や楽器の演奏がとてもうまかったそうです。
 
 意味はこういうことだそうです。
 
逢って一緒に寝るという名前を持っている、逢坂山のさねかずらよ。その名前のとおりであるなら、かずらをたぐるように、こっそりあなたのもとに逢いに行く方法を知りたいものだ。
 
 現代語訳では「さねかずら」ですが、和歌では「さねかづら」を使っているようです。
 
 逢ってすぐ寝るんですか!(爆)かなり大胆な歌ですよね…(* ̄m ̄)
 
 この歌は右大臣が道ならぬ恋をして、その恋がばれてしまい、相手の女性から「もう会えません」と言われたにもかかわらず、「会いたぁい~」と詠んだ歌なんだそうです。
 
 この時代は男が通い婚で、飽きられた女のところにはいかなくなって、むしろ女のほうが捨てられることが多かったと思いますが、こっちは男が、結局は捨てられて未練があるという感じでしょうか…頑張れ三条!(爆)
 
 ちなみにサネカズラはこちらです。ウィキペデアより画像をお借りしました。
 
 
 
 
 「サネカズラ」の「さね」と「さ寝(さ、寝る)」は掛詞になっているそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 で、アウトドアになるとこうなります。
 


 
 今回もご多分に漏れず「逢」ですね(^_^;)
 
 いつものように苦労しました…まだまだ「逢」の登場機会はたくさんあるので、ちょっと「【逢】捕獲月間」を作って、集中的に探さないといけないようです。
 
 あとは「負」ですね。これも普段、街にはあまりない字なので、選挙ポスターからいただきました。参議院選挙の時だったか…たしか、野党のポスターだったと思います(* ̄m ̄)
 
 「山」はおととい投稿したマンホールから。「人」は産婦人科の看板からいただきました(●^o^●)
 
 「は」と「が」はくたびれていますね(爆)
 
 さて、ようやく1/4は終わりましたが、あと3/4もある…その中で一体、「逢」と「ぢ」は幾つ出てくるのでしょうか(^_^;)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ