FC2ブログ

ランチは門司港ホテルで

2011.10.20 09:22|がばいうまか!

 
 ランチは門司港名物「焼きカレー」と決めていたのだけど、ところがどっこい、どこもかしこもランチは焼きカレーがほとんどで、焼きカレーを出していないところはお寿司屋さんぐらい(^_^;)
 
 いまや、うどん屋さんでも焼きカレーが食べられます(爆)街の中はカレーの香りが充満してますよ…。
 
 いろいろおいしい店もあるのだけど、「迷ったらホテルへ!」ということで、門司港ホテルへ行きました(^.^)
 
 門司港ホテルは、三谷幸喜の映画に出てくるような感じのホテルです。イタリア人建築家の設計だそうですよ(*^_^*)
 
門司港ホテルHP…http://www.mojiko-hotel.com/index.html
 
 玄関入って目の前がすぐレストランなので、写真を撮るところがあまりなかった…詳しくは上のHPをご覧ください(^v^)
 

 
 焼きカレーはセットメニューで。
 
 ミニサラダは青物野菜高騰のこのご時世、ありがたいですね。
 
 この栗カボチャのスープはかなり美味しくて、正直、「たったこれだけとは!」みたいな…ホントおいしかったけど、美味しいものは少しが鉄則なのかも(^_^;)
 
 デザートはピンクグレープフルーツのシャーベットはおいしかったけど、ホワイトグレープフルーツはこんなもんかな…みたいな(^_^;)
 
 ただ、焼きカレーは大満足!
 

 
 土鍋で出てきた焼きカレー、カレーはやや欧風カレーに近いかな?
 
 ジャワカレーみたいに香辛料が効いた感じはないけれど、このチーズがまたおいしい~。かなりいいチーズを使っていると思います(*^_^*)
 
 チーズと、隠れて見えませんが、半熟卵が入っていてそれを混ぜるとかなりまろやかになるので、パンチが効いた辛いのがお好きな人には、アラビアの香辛料(だったと思う)を入れると、これが辛いけどうまい!
 
 アジア系のものとはちょっと辛さが違いますね。
 
 ああ、こちらもおいしかった~!
 

 
 
 
 
 
 
 門司港の地ビール、「サクラビール」!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正二年、帝国麦酒㈱により九州最古のビール工場が、
我が町・門司に誕生しました。そこで醸造されていた
ビールの名は「サクラビール」。
 当時、国際港、鉄道の要衝であったこの地から、需要は
拡大し、東京銀座、大阪道頓掘にもその名のネオンが
灯されたほど人気を博していました。
 昭和17年頃まで製造されていたサクラビールが姿を
消して約70年、今初めて復刻されます。
 今年復刻されたビールなんだそうですよ(*^_^*)
 
 今のビールは辛口が主流ですけど、こちらは今のに比べたら甘め…。
 
 甘めといっても、砂糖の甘いとかではないですよ(*^_^*)
 
 今のビールよりもかなり豊潤なビールだからそう感じるのかもしれません。あ~、これはヤバい…ガンガン飲みたくなるわぁ(* ̄m ̄)
 
 お土産に買って帰ろう!と思ったけど、瓶だし(^_^;)
 
 今では「おとりよせ」という方法もあったし(笑)
 
 「おやつ」のことを考えて、これくらいにしておいたのですが、結構おなかが減らなくて、珍しくおやつなしでしたよ(笑)
 
 いや~美味しかった!次もありですね。
 
 陽が沈んだ頃の門司港ホテルは…
 

 ここに泊ってみたいな~というのが、皆の意見でした(*^^)v
 
 ああ、美味しかった!ちゃんちゃん!
 
 
 門司港ホテル メインダイニング「ポルトーネ」…http://www.mojiko-hotel.com/news/index.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ