FC2ブログ

【無双の花】

2012.07.28 13:30|読書いろいろ
 
 (画像はアマゾンより)
 
 久々の読書記事。調べてみたらなんと1月から行進…更新していませんでした^^;
 
 その間読書をしていなかったわけではなく、読書はしていたのですが記事にしないままお蔵入りへ…。記事にできない本…決して官能小説を読んでいたわけではありません(爆)
 
 最近、また歴史小説に目覚めて、読みたかったのがこちらの本でした。
 
 この「無双の花」は、豊臣秀吉に「その忠義鎮西一、剛勇また鎮西一」と言われ、戦国ゲームでは無茶苦茶強い、我らが立花宗茂公のお話です。
 
 担当者の一言は文芸春秋社のHPより抜粋しました。
 
本小説は関ヶ原の戦いで、西軍に加わり、敗戦後筑後柳川の領地を没収され、長い間浪々の身となりながらも、たった1人旧領に復帰できた大名として名高い、立花宗茂の生涯を描く歴史小説です。海音寺潮五郎をして「私がもっとも好きな戦国武将である」と言わしめた宗茂は、家康の命により秀忠の養育係となり、大坂の陣に参加、旧領柳川復帰後、島原の乱まで出陣します。この武将の支えは「立花の義」です。それがなんであるか、読めば立ち所にわかるはず。
 物語は関ヶ原で西軍についていた宗茂ですが、大阪籠城を毛利輝元(総大将)進言するも優柔不断な輝元を諦め柳川に帰ったところ、同じ西軍だった鍋島直茂が家康に許され、その忠義を試すため、お隣さんの宗茂を攻撃するところから始まります。
 
 いくら「鎮西無双」と呼ばれた宗茂ですが、家康に睨まれてあとがない鍋島直茂の猛攻、そして親友でありながら、敵となった加藤清正の存在により、とうとう立花宗茂は降伏し、牢人になってしまいました。
 
 ここから立花宗茂が大名に復帰するまでの孤軍奮闘が描かれています。
 
 途中、前田利長などからスカウトが来たのですが、「3万石の家臣になるより、1万石の大名になりたい!」と頑固にガンバル宗茂!
 
 途中、同じく大名から牢人になった長宗我部盛親からの誘惑にも負けず、ひたすら家康との面会を待ち続ける姿は涙ものでした。
 
 なぜそこまで大名にこだわったのか、なぜ家康がなかなか大名に復帰させずに、また復帰させても東北のわずかな所領しか与えなかったのか、その謎もまた感動的に書いていますよ。家康がケチではなかったんですね^^;
 
 作者の葉室燐さんは北九州在住の作家さんで、主に「敗者」に焦点を当てた歴史小説を書いています。
 
 この「無双の花」は直木賞受賞後、最初に描かれたものです。
 
 以外に主役として描かれることが少ない立花宗茂のことを、実によく描いていると思います。
 
 現在も立花家は柳川に続く名家ですけど、今度の水害で大変だったと思います。
 
 昨日、土用の丑の日でしたけど、柳川は「うなぎ」が有名なのですが、なんと町のうなぎ屋さんは、土用の丑の日にすべてのお店が復旧したそうです。良かったですね~。
 
 さっそく陣中見舞いを兼ねて食べに行きたかったのですが、ご多分に漏れず高すぎる…^^;
 
 近いうちに行こう…近いうちに…いや、そのうちに^^;
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ