FC2ブログ

伝法山願成寺の御朱印

2012.07.23 09:37|寺院探訪

 
  最初「願成寺」をそのまま「がんじょうじ」って変換したら、「顔情事」で出てしまった!(爆)
 
 いったい、どんな情事なんやろ~~(笑)ワハハ!
 
 ということで、熊本県人吉市にある、相良藩の菩提寺の願成寺です。
 
 相良家は鎌倉時代、遠州(今の静岡県)からこの地を納めるべくやってきました。明治維新までず~~っとこの地にいて、いまだ続いている名家です。
 
 熊本県といえば、加藤清正&その後の細川家のイメージがとても強いですが、こと人吉に限っては完全に相良です。
 
 全国的にはメジャーではないかもしれない殿様だと思いますが(たぶん、加藤と島津に挟まれていたせいかも?)、人吉が独特の文化を持っているのは、他らなぬこの相良一族のおかげと言ってもいいと思います。
 
 で、その願成寺も遠州からきた僧侶が立てたお寺だそうで、このお寺は人吉城から鬼門の位置にあることから、ここが相良藩の菩提寺になったそうです。
 
 上は本堂。本堂も何度か火災にあっていますが、最近では西南戦争で焼けて、大正時代に建て替えられました。
 
 こちらは鐘楼堂。
 

 
 こちらはもっと新しかったですね(*^_^*)
 
 願成寺はもともと6つの付属寺院があったくらい、とても大きなお寺でしたが、今ではお寺の前に幼稚園があったりと、当時の面影はほとんどありません。
 
 人吉って、お寺に幼稚園があるところが多いような気がした…。
 
 こちらは「石造三重塔」
 

 
 高さが1.8メートル。室町時代のもので、市の文化財に指定されています。
 
 で、ここのは県の文化財に指定されている「石造七重塔」もあるのですが、何せ夏草が茂っていたので、うまく撮れませんでした><
 
 で、菩提寺というからには、ぜひとも墓地へ行かなくては…。
 

 
 墓地の入り口です。なんとまぁ、斜めに撮ってしまった(爆)
 
 たぶん、興奮してシャッターを切ったからだと思う(笑)
 
 こちらは初代長頼の墓。
 

 
 うわ~~~これまた斜めだ(爆)何していたんだろう…きっと、興奮して確認し忘れたんですね><次来たときには撮りなおそう^^;
 
 初代というだけあって、墓は豪華でしたよ。かなり大きいです。
 
 我が藩祖、鍋島直茂よりも大きい墓です。
 
 こちらが歴代藩主のお墓です。これは第一墓所。
 

 
 うむ、実に規則正しく美しく並んでいますね。けど…実は二代から十九代まで、バラバラに並べられています^^;なぜかは不明…。
 
 第一墓所の下の段には、それぞれ歴代の夫人と嫡男以外の墓があります。
 

 ちょっと大きいのが「夫人」ですよ。真ん中、ちょっと大きいのが義陽夫人です。Sさん、義陽夫人です(* ̄m ̄)
 
 こちらは二十四代「長興」の墓。
 

 
 長興の墓があまりにも立派だったので、何か功績があったのかと思ったら、特別大きな功績ってなかったようです。
 
 江戸時代の藩主の墓は大きいものが多いとのことでした。
 
 激動を生き抜いていた相良家みなさんは、今では美しい鳥の声と緑に囲まれた、とても静かな場所に”仲良く”眠っています(*^_^*)
 
 御朱印…。
 

 
 こちら、ご住職がズバッと書いてくださいました(*^_^*)
 
 本尊の阿弥陀如来像は平安時代後期の作。国重文に指定されている本尊は遠目にしか見えませんでしたが、シルエットが実に素晴らしかった。
 
 菊のご紋は、このお寺は「後陽成天皇勅願所」だったからだそうです。
 
 しかし、私は驚いたのは本尊ではなくて、ご住職愛用の硯でした。
 
 とにかくすごい硯で、その硯を入れている箱がこれまたすごかったんですよ!古い硯ですが、意匠がものすごい!!
 
 すごいとしか言いようがないのですが…これはご住職専用の硯らしいので、ご住職が書かれる時しか見られません。
 
 あまりにすごいので写真に撮ってブログアップしたかったけど、盗難に遭うかもしれないのでやめました^^;それくらいすごいということで…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ