FC2ブログ

絶品海鮮丼と珍味に会う!(柳川 夜明茶屋)

2011.05.19 17:25|がばいうまか!

 
 ついこの間、熊本に用事があって帰りに柳川に寄って帰りました。
 
 で、お昼に寄ったのが、こちら「夜明茶屋」サンというところ。
 
 観光地柳川では比較的地物料理は高いのですが、こちらはお魚屋さんという事もあって値段が安い!
 
 そんでもってここは東京の築地市場にも空輸しているとのこと…。
 
 ここは割合マスコミに取り上げられることが多いので、観光客も多いのですが、やはり安くて美味しいですね(^.^)
 
 でもって、店内はお魚屋さんなのでこんな感じ…。
 

 
 …味のあるメニュー表(^_^;)水槽にまで、しっかりいろいろ書かれています(笑)
 
 でもって、店内はベニヤ合板でできたテーブルに、海の家にあるようなイスという、観光地ではありえない店内(笑)
 
 2階は座敷があるようですが、なんとなく想像できます(^_^;)
 
 BGMはド演歌がとめどなく流れ、くしくも藤あや子の「むらさき雨情」が3回も連続して流れるというサービスぶり(爆)
 
 大ベテランの女子がオーダーをとって海鮮丼を注文。
 
 厨房に行くかと思ったら、魚屋さんのカウンターに注文して店の奥へ。
 
 どうやらお刺身関係はお魚屋さんの縄張りのようです。
 
 で、できあがる間に店内をぐるぐる…。
 

 
 2枚目の写真にあった「ワラスボ」の造りができるそうなので、きっとこれを使うんですね(^.^)これがそのワラスボで、有明海の珍味です。
 
 通常は干して甘辛く煮て食べるのが一般的ですが、こちらはお刺身で食べられるという…ちょっと食べてみたかったなぁ~。
 
 けど、こいつはどう見てもエイリアンそっくりなのですよ。
 
 これがワラスボのアップ…。
で、こちらがご存じエイリアン…。
似てるでしょ?(^_^;)ワハハ!で、それはともかく、気になったのがこちらでした。
 

 
 珍しいことに、「ワケノシンノス」がありました(^.^)
 
 「ワケノシンノス」はイソギンチャクのことです。こちらではイソギンチャクのことを「ワケ」といいます。で、「シンノス」が問題で…(^_^;)
 
 シンノスは「尻の巣」、ズバリ肛門のことです。
 
 思いっきり食欲が失せる名前ですが(爆)、私はこれが割と好きなんです。
 
 このワケノシンノスは好き嫌いがはっきりする食べ物だと思いますが、亡くなった祖母が東京の伯父が帰ってくるとこの味噌煮作っていたので、作り方を習いました。
 
 ですが、これも環境の変化か乱獲のせいかわかりませんが、数が激減し、今では掌に乗るぐらいでも2千円ぐらいします。なので、一度作ったきりだったので、こちらで食べてみました(^.^)
 

 
 肛門と言わなければなかなか美味しそうでしょう(^.^)
 
 4つぐらい入っていました。なかなかの美味…❤
 
 柔らかいけど歯ごたえがあって…きちんと泥を抜いているので臭みもなくてこれは初心者でも大丈夫な味だと思います(^.^)
 
 で、そんなこんなで海鮮丼が…。
 

 
 どんぶりからあふれ出てますね~!鮭とイクラ以外は全部地物。
 
 あさりの味噌汁は、これは柳川味噌かな?美味しかったです❤
 
 どんぶりのアップ!
 

 
 真ん中にいるひょろ長い貝は「アゲマキ」と言って、これも有明海にいる貝です。
 
 この貝のお吸い物もなかなか美味しいんですよ。ちょっと下処理が大変ですが、身がぷりぷり!
 
 いや~、これで1260円は安い!ごはんも甘くて美味しいし、その上に振りかけてあった海苔もすごくおいしかったです。
 
 今では有明海の珍味もかなり高く、それでいてなかなか上質なものが手に入りにくいですが、ここは安くて鮮度も抜群ですね(^.^)
 
 店の雰囲気は別として、これだけおいしいなら次も来よう!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ