FC2ブログ

【ゼロの焦点】他

2011.04.26 09:18|読書いろいろ
 
 この書庫、2月21日以来の更新です@@
 
 まあ、無理もありません…記事を更新しようと思ったら震災で読書どころではなく、気分も落ち着かない上に家の中も震災一色でしたからゆっくり本を読む気分にもなれず…なので、どちらかと言えば「読む」本よりも「見る」本が多かったです。
 
 読むとなると集中力がいりますが、見るの場合はそこまで集中力はいらないですから…。
 
 と言いながら、松本清張の【ゼロの焦点】だけはしっかり読みました。
 
 何でかと言うと、ついこの間テレビで映画が放送されてました。広末涼子主演の…。
  
 その映画の中でどうしても室田社長が拳銃自殺した意味がわからなくて、原作を読んで見ました。有名な小説なのでよく知っている人が多いと思いますが…。
 
板根禎子は26歳。広告代理店に勤める鵜原憲一と見合い結婚した。紅葉が盛りを迎えている信州から木曾を巡る新婚旅行を終えた10日後、憲一は、仕事の引継ぎをしてくると言って金沢へ旅立つ。しかし、予定を過ぎても帰京しない憲一。禎子のもとにもたらされたのは、憲一が北陸で行方不明になったという、勤務先からの知らせであった。急遽金沢へ向かう禎子。憲一の後任である本多の協力を得つつ、憲一の行方を追うが、その過程で彼女は、夫の隠された生活を知ることになる。
 
 ということで、犯人は室田社長夫人なんですけど、殺人の動機が過去がばらされるのではないかという不安から生じたわけですが、で、肝心の室田社長がなんで自殺したのかは、小説には書いていなくて映画のオリジナルでした。
 
 最近の小説を原作にした映画って、原作に忠実なものは少なくなったような気がします。確かに今の社会情勢と当時の社会情勢は根本的に違っているのがあるけれど、こういうのは当時の世相や時代背景を正確に伝えるためには、あまり現代風や現代の風潮に置き換えなくてもよいと思うのですが…。特に同じ松本清張原作の『砂の器』などもそうだと思います。
 
 そんでもってカメラの本3冊…。
 
 読んで見たり眺めたりしたけど、イマイチよくわかりませんでした(爆)
 
 言葉というか、意味がわからんil||li▄█▀█●il||li
 
 たとえば「ローキー調」とか(^_^;)
 
 それにデジタルカメラ…特にデジイチの場合は「画像編集」というのをしないと…というのはょしきさんのブログなどでよくわかっていたつもりですが、RAWデータの加工(ぼかし、シャープネス、カラーバランス)もイマイチよくわからん(^_^;)
 
 これは一度ゆっくり腰を据えて練習しないとマスターできないなぁ~、本を読むだけじゃなくて実際自分でやってみたいとわからないですね…。寝る前の漫画を少し減らそう(笑)
 
 ちなみに白い本の方、「デジタル一眼レフ」はテキストの被写体が京都、大阪の建物が多いので関西ブロガーさんにはお勧めです(^.^)
 
 この本は前2冊の本に比べてわかりやすかったです(^_-)-☆
 
 22冊(4月26日現在)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ