FC2ブログ

桜満開秋月杉の馬場2

2011.04.13 09:52|をりふし・春

 
 杉の馬場を外れて散策すると、ますます人がいなくて、風景をほぼ一人占めできました(^_-)-☆
 
 ここは秋月種実の家臣だった、小山田正信が開いた寺、「西念寺」の周りに咲いていた桜です。
 
 馬場の桜のトンルも素晴らしいですが、山肌に咲く桜もなかなかのものでした。
 
 この花は…やっぱり桜でしょうか?(李(スモモ)だそうです。しげよあゆみさん、ありがとうございました( ̄・ ̄*)))チュ♪)
 

 
 葉っぱが桜じゃないような気がしますが…(^_^;)わかる方、教えてください。
 
 ここでは古い民家の中で「レトロ市」が催されていました。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ああ、これは!Eさんが好きそうな(?)「臼杵の石仏の頭」ですね。
 
 いまは首がくっついていますが、私としては首が落ちていた時の方が好きでした(古い人間という証しですね><)
 
 何で出来ているのか…大きさも人の頭ぐらい、重さも3キロはあったと思います。
 
 川沿いを散策しました(^_-)-☆ここは散策路ができています。
 

 
 ここはとても水がきれいです。でも、魚がいないみたい…。
 
 詐欺…鷺に全然会いませんでした。
 

 
 川セリもたくさん生えていて、春の匂いがします(^.^)
 
 少しだけ浮世のゴタゴタを忘れたひと時でした。
 
 そして散策路が終わると、杉の馬場の入口へ戻ってきました。
 
 どっちが入り口なのか(笑)メイン駐車場があるのが入口なんでしょうね。
 

 
 この橋の下には「ししおどし」のために水をくみ上げる小さな水車がありましたが、桜と一緒に写せませんでしたil||li▄█▀█●il||li
 
 鉄の水車ですが、なかなか風情があってよかっただけに、う~ん、残念><
 
 今度は反対から瓦坂を見てみました(^.^)
 

 ああ~、だいぶ花が落ちていますね…ほんの一時間足らずで、たくさんの花が落ちたようです。本当に花の命は短いわil||li▄█▀█●il||li
 
 
 なんともいえない風景です…。
 
 この瓦坂を何年も何百年もの間を行きかう人がいて、この風景を見たんでしょう。泣く泣く秋月の地を離れた、秋月種実も見たのかもしれません。(涙)
 

 
 とは言いながらも、しっかり食べるものは食べ、買うものは買い、こんにゃくの田楽についたごまだれをズボンに落として汚れたりと(爆)、それなりに花見を楽しみました(^.^)
 
 本当は首切り塚のところにある一本桜も写したかったのですが、残念ながら時間切れ…。
 
 これから何度となく行くことでしょう。またのお楽しみという事で(^.^)
 
 この後は寺内ダムへ行って、ダムの桜を見に行きました。終わり。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ