FC2ブログ

神野公園の桜~2(隔林亭)

2011.04.05 11:31|をりふし・春
 昨日の続きです(*^_^*)
 
 神野公園には隔林亭と呼ばれる建物があります。
 
 
大正12年に鍋島直映氏が佐賀市に寄贈し、遊園地や動物園のある憩いの場に変身した。「隔林亭」は、幕末の名君として有名な藩主鍋島直正が、佐賀藩の迎賓館的役割を果たす別邸として建てたもの。建物は第二次世界大戦のために荒廃し解体されたが、後に「隔林亭文書」が発見され平成5年に復元された。多布施川からの清流をたたえる池のまわりに、梅や松などの緑を配した池泉回遊式の庭園が美しい景観を創り出している。
 
 こちらは大久保利通ら、幕末の志士たちも利用したことがあります。
 

 
 池の周りを流れる水路…まだまだ花筏はありません(^_-)-☆
 

 
 水面に張り出している桜の方が、花が早く咲いているみたいです。
 

 
 馬酔木も咲いていました(*^^)v
 
 ここは日当たりが良いのでしょうね。句碑はチェックミス(爆)
 

 
 ちょっとつぼみがある方が風情がいいかもしれません。
 
 でも、まあ好みの問題かな?皆さんはどうでしょうか?
 

 
 こちらが隔林亭です。左側にもう少し桜が咲いているともっと絵になったのでしょうけど、これも自然の摂理…仕方がないですね(^.^)
 
 この隔林亭、たった一枚の写真を参考に作られました。
 
 もとはこの写真と違い、私が写した位置から太鼓橋がかかっていました。
 
 今はないですね…おそらく今後も橋は作らないかもしれません。
 
 隔林亭の茶室は誰でも入れます。無料です。
 
 中に茶房があるのですが、あいにくこの日は朝から予約が入っており、残念ながら中の様子はまた次の機会に…。
 
 公園の外の遊歩道にも桜がほぼ満開に咲いていました。
 

 
 面白いもの発見!
 

 
 ちょっとわかりづらいかもしれませんが、桜の木に宿り木になってクスノキが生えています。
 
 きっと鳥がクスノキの実を落としていったんでしょうね(^.^)
 
 桜の木は宿り木になりやすいのでしょう。
 
 そういえばYさん、あそこの宿り木はどうなったのでしょうか…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ