FC2ブログ

残しておきたい11

2011.03.25 22:00|残しておきたい~震災関連


 

義援金、過去最高の伸び=海外からも支援続々

 空前の被害が出た東日本大震災から2週間。「復興の手助けに」と各地から寄せられる義援金は過去に例のない勢いで集まっている。海外からの問い合わせも多く、担当者は「世界中が助けてくれている」と感激している。
 東京都港区の日本赤十字社。個人や会社から寄せられた義援金は、募集開始の14日から22日までの9日間で、約57万4500件、229億円を突破した。1995年の阪神・淡路大震災の義援金は募集後2週間で約164億円集まったが、今回はわずか5日間でこれを上回ったという。
 担当者は「赤十字募金が始まって以来のペース」と話す。「被災者への支援は長期化が予測される。最初だけでなく、継続的な寄付をお願いしたい」と訴えた。
 一方、赤い羽根共同募金を実施する千代田区の中央共同募金会への支援は、22日時点で計約64億9300万円これも過去最高のペースで、阪神・淡路大震災の時の恩返しとして、個人で100万円を寄付した人も。国内だけでなく、アジアや欧米など世界中から問い合わせが後を絶たない。

<東日本大震災>台湾で義援金47億円集まる

毎日新聞 3月25日(金)10時12分配信
 【台北・大谷麻由美】東日本大震災の被災者を支援する台湾テレビのチャリティー番組で、25日までに計13億353万台湾ドル(約35億6700万円)の義援金が集まった。17、18日の生放送終了後も義援金の申し込みが相次いだため。23日には海運大手「長栄集団」の張栄発総裁が個人名義で10億円を寄付。台湾内政部(内務省)によると、台湾の政府・民間団体に寄せられた義援金総額は約17億台湾ドル(約47億円)になった。

 99年9月に2400人以上が死亡した「台湾大地震」では、21カ国から駆けつけた救助隊の中で日本が最多の計145人を派遣。日本からの義援金も約12億台湾ドル(約33億円)と各国別で最多だったことから「今回は恩返し」という声が上がっている。

折れ曲がる鉄骨、吹き出す蒸気=自衛隊が上空からの映像初公開―福島第1原発事故

時事通信 3月25日(金)20時13分配信
 東日本大震災で被災者救援や福島第1原発事故への対応に当たっている自衛隊の統合任務部隊(JTF)東北は25日、陸自のUH1多用途ヘリコプターから撮影した同原発の映像を公開した。自衛隊は事故後、空自の戦闘機や陸自のヘリで各号機の状況を継続的に撮影しているが、映像を公開したのは初めて。
 映像は23日午後1時前から約1時間にわたって撮影された。福島第1原発の全景、3号機、4号機、1号機、2号機の順に約5分半に編集されている。
 14日に水素爆発が起きた3号機は最も建屋の損壊が激しく、建屋の原形は全く分からない。鉄骨はぐにゃぐにゃに折れ曲がって、壁のコンクリート片などが散乱。鉄骨の隙間からは水蒸気が上がっていた。
 4号機は屋根が吹き飛んだ状態だが、天井部分の鉄骨が残っており、中にクレーンとみられる緑色の構造物があるのが見える。雪が降りしきる中、ヘリは建屋に近づき構造物を詳細に捉えた。
 最初に水蒸気爆発があった1号機は、壁の下部や上部の鉄骨は残っているものの、天井がそのまま落下した状態で、中の様子はうかがえない。落ちた天井の上面は土をかぶったような焦げ茶色をしていた。
 2号機は、四つの原発の中では最も原形に近い形で残っているが、壁の一方に窓のような長方形の穴が開き、蒸気がもくもくと上がっていた。そこから建屋内部が見え、柱のようなものやオレンジ色やピンク色の物体が見えるが、搭乗員も何が映っているかは確認できなかった。 

東日本大震災:老舗・佐藤旅館、震災被害で廃業--二本松・岳温泉 /福島

毎日新聞 3月25日(金)11時36分配信
 民間信用調査会社の帝国データバンク福島支店によると、二本松市の岳温泉で「庭園の宿松渓苑」を営む佐藤旅館(佐藤俊夫社長)
が23日、事業を停止し、任意整理に入った。負債総額は約7億2800万円。
 同旅館は1906(明治39)年創業の老舗。85年に約5億円を投じて改築し、松渓苑と改称した。92年3月期には約5億円の売り上げを計上したが、温泉街の低迷に加え、設備投資に伴う借り入れの増加で債務超過に陥った。10年3月期の売上高は約3億1600万円。
 東日本大震災で露天風呂や客室に被害を受け、休業。新たな設備投資は不可能と判断し、廃業を決めたという。【関雄輔】

3月25日朝刊

被災地の田んぼでイルカ救助、海に放され元気取り戻す

ロイター 3月23日(水)19時48分配信
 [東京 23日 ロイター] 東日本大震災で津波被害を受けた仙台市で22日、同市内の田んぼから体長1.2メートルの小型イルカが1頭救出された。ペット関連会社を経営する平了さん(32)によると、このイルカは海岸から2キロほど陸側に入った田園地帯で見つかった。

【写真】東日本大震災の爪あと

 震災後、動物保護活動を行っていた平さんは、田んぼの近くを通った男性からイルカを見つけたとの連絡を受け、「現場」に急行した。田んぼにたまった海水でもがくイルカを発見すると、ネットを使って救出を試みるも失敗。その後何とか田んぼ内を歩いて進み、救出に成功した。

 イルカは平さんと友人らによって、濡れたタオルで覆われ海に戻された。発見当時は弱っていたが、太平洋に放された際には元気を取り戻した様子だったという。

「ひび割れた日の丸」掲載の米誌に抗議 在NY総領事館

 
 【ニューヨーク=田中光】在ニューヨーク総領事館は24日、米誌「ブルームバーグ・ビジネスウイーク」に対し、3月21日号の表紙にひび割れた日の丸のデザインを掲載したことについて、「不適切だ」と抗議したことを明らかにした。総領事館によると、同誌は「日本国民に不快感を与える趣旨ではなかったが、配慮が欠けていた」と述べたという。
 総領事館は抗議にあたって、デザインが「日本自体が『壊れた』ないし今回の危機で日本国民が引き裂かれたことを表しているようにもみえる」と指摘し、「大多数の日本国民を落胆させるものだ」とした。

削除/違反報告私もそう思う504私はそう思わない153 今回の原発事故が民主党による「人災」な理由

※築40年超の福島原発、継続運用を認めたのは民主党政権

鳩山イニシアチブで国際社会へ公約としてCO2の25%削減をブチあげて
火力発電への切替も拒み、水力発電のダムは環境破壊の公共事業だと否定し、
築40年をも超える原発の安全性に対して今年2月「お墨付き」を与えたのが民主党

※原発安全対策予算、仕分けたのは民主党の枝野幸男

事業仕分け平成22年10月〜11月 内閣府行政刷新会議
原子力施設等防災対策等委託費

※福島に原発を誘致をしたのは民主党最高顧問の渡部恒三

渡部の甥の佐藤雄平は福島県知事で黄門さまと共同で米国企業GEのご機嫌を伺って原発推進
国会議員一人の力でここまでたくさん原発作ったのは過去に例がない
福島県は現職5人全員が民主党所属の民主党王国

※事故後の菅内閣の対応の拙さは言わずもがな
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ