FC2ブログ

残しておきたい9

2011.03.23 22:13|残しておきたい~震災関連
 

「松島が守ってくれた」対岸の町、死者1人

読売新聞 3月23日(水)7時48分配信
「松島が守ってくれた」対岸の町、死者1人
拡大写真
津波の被害が少なかった松島町(手前)と日本三景「松島」(21日、読売機から)=米山要撮影
 東日本巨大地震により、日本三景の一つで宮城県の特別名勝・松島も大津波に見舞われた。

 文化庁や松島町によると、島の一部が崩落したり、島と島とを結ぶ橋が壊れたり、大きな被害を受けた。一方、島々の対岸にある松島町の死者は、22日午後6時現在、1人にとどまっている。隣の東松島市の犠牲者は650人を超えた。住民は「島が津波から守ってくれた」と感謝、美しい景観を取り戻そうと、流れ着いたがれきの撤去に取り組み、再生に動き出している。

 島々をつなぐ橋は2本が全半壊し、海岸線沿いにある商店の1階が泥水につかった。しかし、津波で多くの住民が死亡・行方不明となっている他の三陸沿岸地域と比べると津波の被害は少ない。松島湾内に点在する島々が緩衝材となり、津波の勢いを弱めたためとみられ、松冨英夫・秋田大教授(水工学)は「津波の一部は島にあたって反射する。はね返った分、陸に押し寄せる波のエネルギーは弱まり、これまでの津波と同様、今回も津波による被害を減らしたと考えられる」と分析。商店街で酒店を営む佐々木繁さん(62)は「島が守ってくれた」と話す。

 地元漁師の大山守一さん(83)は「昔の大津波では島が一つなくなった。その時に比べれば、目に見える被害は大きくないのではないか」。

 伊達政宗ゆかりの国宝・瑞巌寺は地震の激しい揺れで、庫裏の壁が崩れ落ちたり、亀裂が走ったりした。津波は参道まで押し寄せたが、建物に大きな影響はなかったとみられる。

 海岸に近い松島博物館では地震の直後、館員が来館者を小高い場所にある駐車場まで車で避難させた。津波は門まで押し寄せたが、全員無事だった。

 水が引いた町では、住民たちに瑞巌寺の修行僧もボランティアとして加わり、流れ着いたがれきや泥の除去作業などを進める。佐々木さんは「我々には、前に松島の島々、後ろに瑞巌(寺)さんがある。必ず再生します」と力を込めた。

 一方、津波で流された松島湾を周遊する遊覧船の捜索は今も続く。42年間遊覧船で観光客を案内してきた伊藤章さん(62)は「沖合に養殖網などが漂流し、当分船は出せない。でも、お客さんにまた、美しい風景を楽しんでもらいたい」と話した。

 松島の美しい景観は、遠目には地震と津波前と大きく変わっていないようにも見える。しかし、名物のカキ養殖は、養殖棚が流されるなど大きな打撃を受けている。若い頃からカキ養殖を続ける佐藤長芳さん(77)も養殖棚を流された。「カキで生活してきたが、年も年なので、やめざるを得ないかも……」と将来への不安を隠せないでいる。(井上亜希子、林理恵)
最終更新:3月23日(水)7時48分


バイエルン、5月に日本でチャリティーマッチ開催へ 「日本との絆を示す」

ISM 3月23日(水)11時35分配信
 バイエルン(ドイツ)は現地時間22日(以下現地時間)、東北地方太平洋沖地震の被災者を支援するため、今シーズン終了後に日本でチャリティーマッチを開催することを発表した。ロイター通信が報じている。

 バイエルンの代表取締役を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏は、今回の声明のなかで「我々は昔から日本サッカー協会やJリーグのクラブと親しい関係にあり、日本の人たちのために貢献することに何のためらいもない」「我々は(日本との)絆を示すため、日本でチャリティーマッチを行なうことを決めたんだ」とコメント。地震や津波で甚大な被害を受けた日本の復興を支援するために、慈善試合を行なうことを明らかにした。

 また、ルンメニゲ氏は「我々は無償で日本に行き、渡航費もすべてこちらで負担するつもりだ。すべての収益を被災者に送ることになるだろう」とコメント。今回日本で行なう試合は、本当の意味でのチャリティーマッチであると強調した。

 なお、今回のチャリティーマッチの日程については、今季ブンデスリーガ終了後の5月17日から25日のあいだで検討される見込みとなっている。

<福島第1原発>原子力保安院、IAEA会合にお粗末対応

毎日新聞 3月22日(火)15時1分配信
 【ロンドン会川晴之】福島第1原発事故状況説明のため、国際原子力機関(IAEA、本部・ウィーン)で21日開かれた各国外交団向けの技術説明会で、日本から初めて出席した経済産業省原子力安全・保安院の担当者が、日本語の資料を配布していたことがわかった。説明会の出席者によると、日本政府のお粗末な対応ぶりに席を立つ外交団の姿もあったと言い、日本政府の説明不足に対する不信感が高まっている。

 原発事故に関する日本政府の情報開示をめぐっては、米政府関係者が日本政府に、情報発信を強化するよう要請するなど、各国に不満が高まっている。IAEA加盟国にも同様の不満が高まっていることから、天野之弥事務局長が18日に訪日した際、日本政府と情報共有を図るため、日本人の調整官を日本に常駐させることを決めた。さらに、政府も保安院の担当官をウィーンに派遣することを決め、21日の各国向け技術説明会に初めて出席させた。

 説明会では、説明や質疑応答は英語で実施され、現在の概要を説明する英語版の資料が映し出された。だが、(1)福島第1原発周辺の放射線量測定値(2)福島県対策本部作成の福島県内測定値--の2種類の日本語資料が配布された。

 日本語資料を基に韓国の代表団は、放射線量が上昇した時、原発でどのような事象が起きたのかと因果関係を尋ねたのに対し、保安院の担当者は「因果関係を詳しく把握していない。調査した上で回答する」と述べたという。

 IAEAは、日本政府の情報発信が少ないとの批判を受け、先週から加盟各国向けに技術説明会を土日も含めて連日開催している。日本政府に専門家派遣を強く要請したが、かえって不信を増幅した形になった。


 

保安院検査官、原発から1週間離れていた

 東京電力福島第一原子力発電所の事故に絡み、経済産業省原子力安全・保安院の検査官が事故発生後に約1週間、同原発を離れていたことが分かった。

 西山英彦審議官は22日の記者会見で、一時撤退した理由について「安全性に問題があり、人間が暮らすには不便が多かった」と述べた。

 検査官は各地の原発に赴いて、原発の運営を監督している。保安院によると、今回の事故では検査官7人が同原発で業務に当たっていたが、15日に現地本部が福島県庁に移った際、ともに県庁へ移動。22日に、検査官2人が同原発内の施設に戻った。

 西山審議官は、「食料をどう運ぶかという問題もある。組織的な後方支援体制が取れなかった」と説明。「最前線で実態を見ずに東電側にアドバイスできるのか」と問われると、「そこは選択の問題。色んな困難を考えて当時は出たが、再配置した」と答えた。
最終更新:3月23日(水)1時34分


語気強めた巨人オーナー「開幕を何日にしろなんてお上が決めることかね」

プロ野球
球団事務所をあとにする巨人・滝鼻オーナー(右)
Photo By スポニチ
 巨人・滝鼻卓雄オーナーが、セ・リーグの3・29開幕が政府により差し戻しを食らったことに話が及ぶと、語気を強めた。

 「節電してくれってことは政府が言うことだろうけどさ、開幕を何日にしろなんてのはお上(かみ)が決めることかね」。さらに「パ・リーグが先行していろんなことを決めているようですけど、そうはいかない」とセパ同時開幕への動きもけん制した


被災した民主・黄川田議員、政府を強く批判

読売新聞 3月22日(火)22時5分配信
 民主党の黄川田徹衆院議員(衆院岩手3区)は22日、東日本巨大地震をめぐる政府の対応について、「過去の災害事例からマニュアルはあるのに、何を今さら議論しているんだ。必要なことは決断と実行で、我が党には決定的にそれが欠けている」と強く批判した。記者団の取材に語った。

 黄川田氏の選挙区は、地震で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市。黄川田氏によると、市内にあった自宅や事務所は津波で流され、長男が遺体で発見された。両親と妻はなお行方不明という。黄川田氏は、菅首相が21日に予定していた被災地視察を悪天候を理由に中止したことについても「現場をどうしようという思いがない人が政治をしている。被災地で政治の顔が見えない」と訴えた。
最終更新:3月22日(火)22時5分


異例・姿見えぬ菅首相、関係者から不満の声

読売新聞 3月23日(水)19時52分配信
 東日本巨大地震の発生後、菅首相が自ら一方的に発表する時以外、メディアの取材や国会答弁など表舞台に姿を現さない状態が続いている。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故に専念するのが理由とされるが、首相のリーダーシップが見えない現状に、関係者から不満の声も出ている。

 枝野官房長官は23日の記者会見で、「(首相は)慌ただしく過ごしている。表に見える形で動くことがリーダーシップとして効果的な場合もあるが、多くの場合は、必ずしも目に見えるものではない」と首相の仕事ぶりを説明した。

 首相は18日、地震発生後1週間を機に国民向けのメッセージとして記者会見したが、その後は記者団の取材に応じていない。21日には、宮城、福島両県の視察を計画し、その際に取材に応じる計画もあったが、天候悪化を理由に視察が中止となった。国会でも多忙を理由に答弁していない。

 首相の最大の関心事は、原発事故への対応にあるとされる。周辺は、最近の首相について「東京電力との統合本部と連絡を取り、指示を出していることが多い」と話す。

 同本部に詰めている細野豪志首相補佐官は23日に官邸を訪ねた際、「首相に原発の全体像、概略について説明した」と記者団に語った。
最終更新:3月23日(水)19時52分


 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ