FC2ブログ

残しておきたい8

2011.03.22 22:40|残しておきたい~震災関連
 

海江田経産相が陳謝「事実の混同ある」

 海江田万里経済産業相は22日の閣議後会見で、福島第1原発の放水に関し、東京消防庁の隊員に長時間の放水を「実施しなければ処分する」と発言したとされる問題について「私の発言で消防関係者が本当に不快な思いをされたのであれば、申し訳なく思っている」陳謝した。
 「不快ととられるような発言をしたのか」との質問には「私が直接現場と話したわけではない。(第三者である)連絡員が入っている」と説明。その上で「言った、言わないということをここで言うべきではないと思う」と事実関係の確認は避けた。さらに「かなり事実の混同がある。いずれ話をしたい」とも述べた。
 東京都の石原慎太郎知事は21日、菅直人首相と官邸で会談し、政府側から「処分」発言がなされたと抗議。会談後、石原氏は発言した人物について「知らない」と述べるにとどめたが、都政関係者が海江田氏だったと説明していた。
 海江田氏は、首相を本部長とする政府と東電の「福島原発事故対策統合連絡本部」の副本部長も務めている。
 


停電対応を自画自賛 枝野氏「政治主導で改善」 東日本大震災

産経新聞 3月22日(火)7時57分配信
停電対応を自画自賛 枝野氏「政治主導で改善」 東日本大震災
拡大写真
枝野幸男官房長官(写真:産経新聞)
 東日本大震災をめぐり、枝野幸男官房長官が18日の政府と与野党の震災対策合同会議で、計画停電への対応を自画自賛するなど、政府・民主党の認識が実態とは大きくかけ離れていることが21日、産経新聞が入手した合同会議や実務者会合の議事録で明らかになった。一方、民主党の岡田克也幹事長からは緊張感の欠如ともとれる発言も出ている。

【図解】 政府の危機管理態勢

 枝野氏は地震発生後、緊急災害対策、原発事故、計画停電などに関する政府の対策本部の調整役となったものの、対応の遅れが批判された。

 会議出席者が作成した議事録によると、18日の合同会議で、社民党の阿部知子政審会長は計画停電について「『無計画停電だ』。街がガラガラで小さな商売が成り立たない」と見直しを求めた。これに対して、枝野氏は「当初の計画通りだったら大混乱だったが、東京電力、経済産業省に任せず政治主導でやってよくなったと反論した。

 また、岡田氏は18日の合同会議で、19日から毎日開くことになった実務者会合について会合ごとにテーマを絞ることを提案した。「最初の20分は原発、後の40分は物資輸送ということで…」などと、会議の中身よりも1時間で終えることにこだわった。

 実際、岡田氏は19日の実務者会合で原発の問題で議論が行われている最中、「時間もないので物資輸送の件に移りましょう」と発言。さらに開始からちょうど1時間後に終了宣言し、会合を打ち切った。

 岡田氏は21日、福島県双葉町の住民が集団避難しているさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)を視察。帰京後、国会内の幹事長室に戻った際、周囲に「アリーナには人もモノもあり~な」と冗談を飛ばしていたという。

福島県知事、東電社長の謝罪訪問を拒否

読売新聞 3月22日(火)11時30分配信
 東京電力福島第一原子力発電所の事故をめぐり、福島県の佐藤雄平知事は22日午前の県災害対策本部会議で、東電から清水正孝社長による謝罪訪問の申し入れがあったが、断ったことを明らかにした。

 佐藤知事は「おわびに伺いたいと面会の申し入れがあったが、県民の不安、怒り、憤りは極限に達している。おわびを受ける状況にないので断った」と説明した。その上で、東電側に「社長以下、死力を尽くして一刻も早く事態の収拾にあたるべきだ」と伝えたことを明かした。
最終更新:3月22日(火)11時30分


日テレ「面白い」発言、フジ「笑えてきた」発言とNHKの差

NEWS ポストセブン 3月22日(火)7時5分配信
台本のない生放送には不測の事態がつきものである。とはいえ被災者の神経を逆なでする「失言」は頂けない。

矢のような批判を受けたのは、3月14日の『スッキリ!!』(日本テレビ系)で、気仙沼市から中継した大竹真レポーター(39)。カメラとマイクが自分に切り替わっていることに気がつかず、津波によって変わり果てた市街地をバックに、「ほんっと~に面白いね~」 と話しながらニタニタ笑っている様子が映し出されたのだ。

フジテレビもやらかしている。3月12日夜の菅首相の会見中「ふざけんなよ、また原発の話なんだろ、どうせ」という男性の声や「アハハ、笑えてきた~」といった女性の声
が漏れ聞こえてきたのである。

上智大学新聞学科教授(メディア論)の碓井広義氏が指摘する。

「NHKが取材力を活かして被災者のための情報を流しているのと比較すると、民放はどうしても“被災地以外の人々”に向けての報道という印象がぬぐえない。それはややもすると、傍観者的でもあり、興味本位と受け取られかねないということです。

災害報道の本質は、面白ければよいという視聴率競争とは全く意味合いが違う。特殊な状況で、取材の現場が疲労困憊なのは理解できるが、だからこそ失言や放送事故には細心の注意を払うべきです

ちなみに、大竹レポーターは失言の翌日以降、テレビ画面から消えている

※週刊ポスト2011年4月1日号

東電幹部、原発事故で住民に直接謝罪

TBS系(JNN) 3月22日(火)19時14分配信
 第一原発が立地する福島県大熊町の住民、およそ600人が避難している避難所を訪ねたのは、東京電力の鼓紀男副社長です。鼓副社長は、町民1人1人のもとを訪れ、頭を下げていました。

 町民は言葉も少なく、小さな声で「頑張ってください」「早く安全になるようにお願いします」などと訴えていました。

 「謝罪はしなくてはならないが、いつ頃帰れるようになるのか」(大熊町民)

 一方、福島県の佐藤知事は22日午前、東京電力の清水正孝社長の謝罪訪問の要請を断ったことを明らかにしています。

 「何よりも一刻も早く、一刻も早く、この事態の終息をするのが先決だと伝えるということで(会うのを)お断りした」(福島県・佐藤雄平知事)

 牛乳の原料になる原乳から放射性物質が検出された福島県では、野菜も含めて出荷停止の措置がとられています。こうした事態に、JAが県内の組合長を集めて緊急の会議を開きました。

 会議では、「農業を続けていくことが可能なのか」など不安と怒りの声が上がり、今後、国と東京電力に補償を求めていくことを決議しました。(22日17:58)
最終更新:3月22日(火)21時50分


義援金1週間で223億超…阪神大震災上回る

読売新聞 3月22日(火)3時3分配信
 東日本巨大地震の被災者のため、全国から日本赤十字社(東京)に寄せられている義援金が、14~20日の1週間で223億1531万円に上っていることがわかった。

 2週間で約164億円が集まった阪神大震災を上回る。同社は「被害が広範囲で深刻であること。さらに、海外で活躍するスポーツ選手が、世界に支援を呼び掛ける姿に共感した人が多いのではないか」としている。

 同社によると、義援金は14日から現金の持ち込みや郵便振替、インターネットの電子決済などで募集。募金件数は57万4000件で、2週間で115万3000件だった阪神とほぼ同じペースだが、1件当たりの寄付額が増えているという。

 義援金は、中央共同募金会(東京)などにも届いており、今後、各県や同社などで配分委員会がつくられ、使途や支給額などが決められる見込み。
最終更新:3月22日(火)3時3分


世界フィギュアの日本開催断念=ISU、代替地を検討

時事通信 3月21日(月)20時18分配信
 【ロンドン時事】国際スケート連盟(ISU)は21日、フィギュアスケート世界選手権の日本での延期開催を断念したと発表した。当初はこの日に東京・国立代々木競技場で開幕する予定だったが、東日本大震災の影響で取りやめた。
 ISUは「日本での開催方法を模索してきたが、日本スケート連盟から辞退せざるを得ないと連絡があり、これを受け入れた」としている。日本連盟は、ISUから大会の延期が可能かどうかの打診を受け、今秋の開催を検討していた。
 これに伴い、ISUは傘下の各国連盟などに代替開催についてのアンケートを送付。4月か5月の実施、会場の客席数、宿泊面などで条件を付け、22日夜までの回答を求めた。回答に基づき、早急に結論を出す方針。
 ISUによると、4月中旬に横浜アリーナで予定していたフィギュア国別対抗戦に関しては、1年後の来年4月に日本で開催することにした。 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ