FC2ブログ

柳川藩主立花家別邸御花(西洋館)

2011.02.25 20:20|go!go!go!

 
 柳川といえば、『御花』をはずしては語れません。という事で、行ってまいりました!
 
 初代藩主「立花宗茂公」の博多祇園山笠の曳山がお出迎えです。
 
 悲しいことに、立花の殿さま、全国的には決してメジャーな殿様ではありません。とはいえ、昨今の戦国ゲームではめっぽう強く、関ヶ原で西軍についたため、一度柳川を離れてしまうのですが、見事返り咲き『リストラの神様』なんぞと言われておりますが、大変立派な殿様です。
 
 その5代藩主の別邸がこちら「御花」です。側室や子供達が暮らしていたところです。
 
 その後、明治時代には立花藩主は『伯爵』となって、西洋館が建築され、「立花伯爵家」となりました。
 
 詳しいことは後ほどHPを設けますので、そちらをご覧ください。私のブログ記事なんぞ歯が立たないほど、立派なHPです(爆)
 

 
 
 
 
 入ってすぐに「さげもん」があります。
 
 「さげもんを見るなら御花へ」と言われるほど、ここはたくさんのさげもんがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 ここの地方ではさげもんは、女の子のお節句には欠かせないものです。
 
 初節句の時はこうしてご近所親戚から、たくさんのさげもんが届きます。
 
 さげもんは「一列に7つ、7列を一つとして飾りが49個」です。
 
 それに大きな鞠が二つ付きます。全部で51個。人間50年と言われた昔、一つでも長生きしてもらいたいとの親の気持ちが、50ではなく51個に表しているとのことです(涙)
 
 まずは西洋館から…
 

 
 
 
 
 
 奥が三連アーチ式になっています。
 
 壁は漆喰…日本建築のよさですね(^_-)-☆
 
 
 
 
 
 
 

 
 詳しいことはHPを見ていただければ、きれいに載っていますので、私の方はHPに載っていないところを主に載せていきますね(^_-)-☆
 
 こちらは洋間の奥にある書斎。洋間は結婚式場になっています。
 
 残念ながら座ることはできません。当時のままのもので、傷んでいるらしいとのこと。
 
 そういえば、我が家のダイニングテーブルも壊れていた(爆) それはよいとして…(*_*;
 

 
 こちらも1階の洋間、2階よりも狭い作りですが、とても光が入って暖かく感じます。
 
 洋間だけど日本家屋の雰囲気もあって、妙に落ち着きますね。
 
 こういう洋間は憧れです(^_-)-☆
 
 なんだか「真珠夫人」になったような錯覚に陥る…「純潔を守るのよ!!」なんて(笑)
 
 
 

 
 
 
  渡り廊下にいく途中にもさげもんが…。
 
 古い感じですけど、とってもきれいです。
 
 そしてここを抜けると…
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 うわ~~~~(●^o^●)(●^o^●)
 
 つづく…。
 
 柳川藩主立花家別邸御花HP…http://www.ohana.co.jp/index.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ