FC2ブログ

玄海エネルギーパークの植物園(1)

2011.02.15 13:00|go!go!go!

 
 昨日のつづきです。ここ、玄海原子力発電所には原子力の熱を利用した植物園があります。
 
 観賞用とそうでないものの2種類ですね。
 
 観賞用は一般の見学者も無料で見ることができます。そうでないものは、観賞用で貸し出したり、売ったりするものみたいですよ。
 

 
 入ってすぐはこんな感じ…湿気がすごくて暖かい~~~❤
 
 この日は雪が積もって気温も低かったせいか、ことのほか暖かさが身に滲みる…が、ホッとするのもつかの間、いきなり眼鏡が曇ってしまい、小パニックに!
 
 あまりのすごさにマッチの顔を写してやろうと思ったけど、私も眼鏡が曇ってカメラが見えないし、眼鏡をはずしてもド近眼なのでな~んも見えないという…il||li▄█▀█●il||li
 
 そんなこんなで眼鏡が落ち着いてやっと視界が開けました(^_^;)
 

 
 
 パイナップルがお出迎え~~~。
 
 
 パイナップルといえば、20歳ごろまでは木になると思っていた私(呆)
 
 だって、「パイン・アップル」というではないですか、ワハハ!
 
 
 
 
 
 

 
  
 
 こちらは「レッド・ジンジャー」
 
 そのまんま赤い生姜ですけど、赤いのは花ではなくて、「包」だそうです。
 
 花は白くて小さいんだそうですよ。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 「モクセンナ」…この時期、黄色い花を見るとなぜか落ち着きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
  睡蓮の池には見事な唐津焼の「鬼」がいました。
 
 
 睡蓮、もう少し咲いてくれていたらよかったのになぁ(^_^;)
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 エンゼルストランペットの横で、いきなりシャワーが!!
 
 予告なしだもんな~~、ああビックリした。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 温室だけど今が旬なんでしょうか?
 
 「オリヅルラン」がたくさん咲いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 これは「コエビソウ」。
 
 花が海老に見えるからそう名前が付けられたそうですが…海老というよりは、「海老フライ」に見えてしまう私(笑)
 
 
 
 

 
 
 
 これは夏から秋にかけてよく見る、「ベニヒモノキ」
 
 葉っぱがこんなにきれいなのは初めて見た気がします。
 
 大抵、葉っぱは虫食いが多いです。
 
 
 
 
 
 

 
 
 これは初めて見たような気がします。
 
 スパニッシュモス、和名では(サルオガセモドキ)、パイナップル科の植物だそうです。
 
 む~、英語圏では「蛾」、日本ではサルのしっぽに見えるのか…。
 
 みなさんはどちらに見えますか?
 
 少なくとも、パイナップルには見えませんね(^_^;)
 

 
 
 
 あ、葉っぱの影に小美人(モスラに出た、ザ・ピーナッツが扮したちっちゃい人)が!!…いません。当たり前です(爆)
 
 
 
 

 
 
 コーヒーの木には、一つだけ、コーヒーの実がついていました。
 
 これから実がつき始める感じでしたよ。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 これは「ヤブツバキ」かな?
 
 
 
 となりの温室には、椿のアレンジメントが置かれ、庭園風になっていました。
 
 つづく…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ