FC2ブログ

アウトドア百人一首三十一~朝ぼらけ~

2012.06.24 10:01|アウトドア百人一首
 いよいよ三十一首目に入りました。
 
 三十一首目の歌は冬の歌。なるべく時節を大切にして投稿していますが、百人一首を時節に合わせると、おそらく完成まで30年近くかかる可能性があります^^;
 
 赤いちゃんちゃんこを着る年齢を余裕で過ぎても、まだ看板の撮影をしているだなんて(笑)ワハハ!
 
 ということでこちらが今回の歌です(^_-)-☆
 
朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪  坂上是則
 
 坂上是則(さかのうえのこれのり)…あまりなじみがないのですけど、どうやら、かの「坂上田村麻呂」の子孫だそうです。
 
 先祖は武人として誉れ高いのですけど、子孫は歌の才能があったようですね(^.^)
 
 で、歌を見ると…あらま!「有明」やら「吉野の里」!ご当地の歌?しかも、冬は雪が降ったことが何度もあったし!!
 
 …なわけないですね^^;意味はこちらです…。
 
ほのぼの夜が明けていくころ、外を眺めると、有明の月の光かと思うほどに、吉野の里に真っ白な雪が降りつもっているなぁ。
 
 「有明の月」とは「有明海の月」ではなくて、夜明が来てもまだ空に見える月のことです^^;
 
 で、「吉野の里」は奈良県吉野山の麓の里らへんでしょう。今でいうと、吉野杉の加工場がある付近かな?
 
 いずれにしても当地でないのは確かですね(爆)
 
 真冬、夜が明ける頃に起きて窓をキキュッと拭いてみると、ぼんやり白い雪が見えて、何か幻想的な景色に見えるときがありますね。いつもと違う夜明の景色にうっとりすることってたまにあると思います。
 
 我が家は朝が早いし、九州は夜明が遅いので、冬は案外そういう景色を見ることがあります。もっとも雪が積もるのは滅多にないのですけど、この冬はそういうことが何度かありましたね(*^_^*)
 
 でもこういう風流な気分になるのは一瞬、あとはなれない雪かきなどで大忙しの朝なんです。現実は厳しいものですね(笑)
 
 ということで、アウトドアになるとこうなります(*^_^*)
 

 


 
 
今回は割と楽でしたね(*^_^*)
 
 なにせ、「有明」と「吉野」と「里」は山のように当地にありますから(爆)
 
 「の」がなかったらまんまで使えますね(* ̄m ̄)
 
 「朝」は例の新聞社。「見」は波佐見町でゲット!
 
 ちょっと苦しんだのは「白」と「雪」。
 
 「白」はクリーニング屋さんで。「雪」は歌碑です。お酒の「雪」は、もうほとんどが出尽くしたので^^;
 
 なかなか簡単なようで、やっぱり難しいですね…。
 
 今回は簡単だったけど、次は「ぢ」が出る…。ああ、困ったわ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ