FC2ブログ

岩屋神社内熊野神社

2010.11.30 14:27|神社探訪

 
 昨日の続きです。
 
 岩屋神社の社殿から、崖下に下りれるようになっています。
 
 降りた先は昨日御紹介した馬の首根岩の上に出てきます。
 
 手が大丈夫なら降りてみたかったけど…でも、よく見ると何人もの人がチャレンジした跡があって、岩がツルツルでした。
 
 こんだけツルツルだと手がよくても一人だし、万が一落ちても誰も助けに来ないわ、携帯電話はつながらないしなぁ~たぶん><
 
 ということで、一人の時はやめませう…。
 
 熊野神社へ行く途中に、これまた奇岩が目の前にあります。
 
 これ、「針の耳」と呼ばれるものです。
 

 
 親孝行もせず、ブクブク太っているからそう呼ばれるのだろうかわかりませんが、一応私もチャレンジしました(*^。^*)
 
 おかげさまでセーフ❤ブッチャーにならずにすみましたよ(^.^)
 
 修験者はこの岩を通って、新しく生まれ変わって修行したそうです。
 
 胎内くぐりというのですね。そういえば、滋賀県石山寺でも『胎内くぐり』をやったわ~、あのときは一度、中でずっこけた(爆)
 
 穴の向こうにはちゃんと下りれるのですけど、落ち葉の吹きだまりになっていて危なかったので元へ戻りながら脱出、そして熊野神社へ…。
 
 こちらが熊野神社です。
 

 
 この岩は熊野岩と言って、なんでも天狗が蹴って作った穴だそうです。どんな天狗さんなんやろ…。
 
 アップで。
 

 
 1686年に作られた、懸造りと呼ばれる社殿です(^.^)
 
 岩の奥にめり込むように造られています。しかし、どうやって作るのだろう…。
 
 ここは鳥取県にある、かの有名な国宝「投入堂」に似ていますね。
 
 これもまた、英彦山の修験道の歴史を今に伝える貴重な遺産だと思います。
 
 ここ、どうやっても近づけません…道がないし(^_^;)
 
 たぶん、建てられてから注連縄のかけかえ以外は誰も近づかないんじゃなかろうか?ちょっとした通り道すらないので、とても普通の人が行けるような場所ではなかったです。
 

 
 めいっぱい近づいてこれが限界…立っている場所はすでに崖の上です。
 
 あそこに立て札があるのだけど…ちょっと見えない><
 
 まあ、命がけで近づかなくてもいいか…ね(^_-)-☆
 
 権現岩のウラもすでに紅葉が終わって…
 

 
 
 
 
 
 
 
 すっかりレッドカーペットとなっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 今度はそれなりにきちんと登山ができる格好で、一番の見ごろに来てみよう…。
 
 その時はきっと手もよくなっているし、宝珠石のことももっと詳しく聞けるかも?
 
 
 
 
 
 
 術後上がりだったけど、命の洗濯になりました(^.^)
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ