FC2ブログ

秋の民陶、小石原を行く

2010.11.25 14:22|go!go!go!

 
 昨日か一昨日か、私の夢に「小石原へ行け!」と、陶器の神様のお告げがあって(爆)、運転もハンドルぐるぐる動かさないところなら大丈夫なくらいになったので、小石原村(現東峰村)へ行ってきました。
 
 上は途中、あまりにも見事な銀杏だったのでパチリ。
 
 紅葉はもう散り始めていましたが、銀杏はまだこのようにきれいでした。
 

 
 眼鏡橋に架かっているのは「日田英彦山線」…。
 
 この橋はとても珍しい橋みたいです。列車を待っていましたが、本数があまりに少なく、いつ来るかわからないので断念><
 
 前にも書いたと思いますが、小石原村は隣の宝珠山村と合併して「東峰村」となりました。
 
 これだけ民陶が盛んな小石原村の名前がなくなったのは非常に残念でなりません…いろんな事情があると思いますが、なかなかこの「東峰村」になじめないです…。
 
 「伊万里焼=伊万里市」、「有田焼=有田町」、「唐津焼=唐津市」って常に街の名前と一緒になっているので、「小石原焼=東峰村」ってすぐに来ないんですよね…ピンと来るまでにはもう少し時間がかかりそうです。
 
 そんなこんなで、昼飯がわりに「豆腐まんじゅう」を食べて、いざ窯元へ…。
 

 
 小石原と言えば、「トビかんな」。
 
 
 実は結婚当初、そろえていた小石原焼の小皿を、誰かさんが割ってしまい、とうとう1枚だけになってしまいました。
 
 それを買いたしに、いつかゆっくり来たいと思っていたんです。
 
 最近はこういう「トビかんな」もあるんだなぁ…。
 
 

 
 
 
 
 
 古民家を改築してこのように、外に展示してあります。
 
 
 
 
 

 
 
 ほとんどの窯元のギャラリーは藁ぶき屋根でした。
 
 
 ホッとする風景ですね…鶏がいたらもっとリアルかな?(笑)
 
 
 
 ここ小石原はかの、バーナード・リーチが作陶したこともあってか、外国人の方も修行に見えています。
 
 工房の方をチラ見したんですけど、真剣な姿はとても素敵で、思わずウィンクかそれ以上のことをしようとしたけど、邪魔してはいけないので会釈だけしました(●^o^●)
 
 で、結局目当てのものは見つからず、変わりのものを見つけようにもイマイチ縁を感じなかったので帰ろうとしたら、とある窯元に引き寄せられ…(^_^;)
 

 
 
 
 
 愛車、「トヨタのベンツ号」が勝手にこちらへ行っちゃいました。
 
 
 
 
 
 
 行ったのは「ちがいわ窯」というところ。
 
 ここ小石原は作家の名前だけでなく、屋号も窯元の名前になっているのでなかなか一致しないんですよ…ちょっとわかりにくいですが、窯元の奥さんもおっしゃっていたのでやはりそうなのでしょう。
 
 で、買ったのはこちらでした。
 

 
 煎茶碗ですけど、普通の煎茶碗よりも大きくて、「これ、旅茶碗にしよう!」と即決しました(^.^)
 
 鉄釉がとってもきめ細やかで手になじんで、口の部分もあたりがよいように工夫されて飲みやすくなっています。
 
 携帯コンロも買ったし、あとはこれらを入れる巾着を作るだけ!と思いきや、肝心のやかんを買っていなかったil||li▄█▀█●il||li

 

 いつものことですが、目的のものとは違うものばかり買っています。
 
 また来よう…。
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ