FC2ブログ

ふぅ散歩・太宰府の梅色マンホールを探せ!

2010.11.01 10:14|ふぅ散歩

 
 太宰府市には「幻の梅色マンホール」と呼ばれるものが、1個だけあるようです。
 
 いつかは見つけたいと思いながらなかなか発見に至らず、いまだ探している途中ですが、一向に手がかりなし><
 
 こうなったら、車で行けないところを重点的に探すほかないと思って行ってきました。
 
 探索場所は観世音寺から御笠川付近を通って光明禅寺ぐらいまでです。別にマンホール探索に行ったわけではありません。ついでです、つ・い・で(笑)
 

 
 
 
  私はここ、観世音寺のコスモスが大好きで、天平時代からあるお寺にコスモスって…意外によく合うんですよ(^.^)
 
 
 
 

 
 天智天皇が母斉明天皇の追善のために建てたお寺、何度行ってもいいですね(^.^)
 
 こちら講堂のみ立っています。「宝蔵」には猛烈な仏像がずらり…社会見学で地元の小学生が見学していました。
 
 太宰府市にはたくさんの学校、大学があります。学問の神様のおひざ元故、見えないプレッシャーも多いことでしょう、ワハハ!
 

 
 
 国宝の梵鐘…年に一度、大みそかだけ突かれる鐘は、「源氏物語」にもその音色の美しさが書かれています。
 
 網がしてあるのは、かつて石を投げてその音を聞く人が絶えなかったからだという事ですよ。
 
 聞きたい方は大みそかにおいでになるか、「ゆく年くる年」で運よく放送に当たるか(去年は出ましたよ!)しかないみたいですね…。
 
 個人的には「三井の晩鐘」が好きですが…。
 
 観世音寺の北側は散策道路になっているので、そこを歩いて天満宮方面に行きます。
 
 御笠川に出ました。
 
 梅色マンホールがあるのは御笠川に沿ってあるんじゃなかろうかと睨んでいるのですが…。
 
 上っていくと、天満宮の駐車場に出ます。
 
毎度のことながら、観光バスがたくさん><
 
 これから受験シーズンと不良外国人観光客でごったがえすことでしょう。うるさい…いや、賑やかになるんでしょうなぁ。
 

 
 参道から外れて、裏道を行くととってもひなびた道になるんです。
 
 参道の賑やかさが嘘のように静かで、たまに裏道を行くのもよいかもしれません。
 
 こちらは「藍染川」。
 
 天満宮の神官「中務頼澄」をしたって筑紫へ下ってきた京女「梅壺」は、頼澄に会えない悲しみにこの川に身を投げたそうです。
それを知った頼澄は天神様に祈ったところ、梅壺は生きかえったそうで、玉垣に囲まれた石は「梅壺侍従蘇生の碑」です。
 
 この流れを見ると、とても川に落ちて死んだとは思えませんが…昔はこんなんじゃなかったと思います(^_^;)たぶん…。
 

 
 
 
 
 
 
 光明禅寺に着きました。
 
 ここは紅葉の名所。
 
 上の方は赤くなってきていますね。
 
 
 
 
 

 
 
 ここは以前は「隠れた名所」だったけど、ついにメジャーになってしまいました。
 
 普段はどうしても天神様が有名ずぎるし、参道の裏にあるお寺なのであまり知られていなかったのですが…。
 
 
 
 
 
 
 
 チラ見した御庭はまだまだのようですね…下旬ごろになるかな?
 
 

 
 
 
 
 天神様のお神輿をチラ見して…。
 
 
 
 
 
 
 
 来た道のとおりに帰るのももったいないと思いつつ、ついつい参道に出てしまったのが運のつき…il||li▄█▀█●il||li
 

 
 
 誘惑に負けてしまいましたil||li▄█▀█●il||li
 
 この梅ヶ枝餅1個で、歩いてきた分のカロリーが差し引き0に…><
 
 この日歩いたのは5キロぐらいでした。
 
 で、肝心の梅色マンホールは発見できず…。
 
 これで市内の75~80%は探したのですが…。残るは山間部かなぁ?いずれにしろたった1個だという事なので、そう簡単にはいかないようです(^_^;)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ