FC2ブログ

アウトドア百人一首十二~天つ風~

2010.08.31 09:14|アウトドア百人一首
 今月更新しなかったらまずい!「アウトドア百人一首」を忘れられてしまうのではないかと思い、あわてて作りました><
 
 今回は十二首目、ホントに忘れたことに投稿します…ハイペースを心がけていますが、なかなか難しいところがありますね。
 
 と、つまらぬいいわけはさておき、十二首目はこちらの歌です。
 
 天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ  僧正遍照
 
 まずは訳から見て行きましょう、そのほうがわかりやすいと思います(^.^) 
今しばらくこのまま見たいのです。 地上に下りた美しい五人の舞姫、戯れに吹いている風よ、気ままに浮かぶ雲よ、天女たちが帰ろうとする路を早くふさいでください。
 これは実際天女を見たというわけでなく、宮中で催された「五節の舞」を見て、その舞姫たちの美しさを「もっと見たい!」というか、「もっと見せろ!」という歌ですね(^.^)
 
 すごく雅な歌ですけど、帰ろうとする道をふさげとか、強引な気もします(*_*;…が、それだけ魅力的な舞だったのでしょう、どんな舞だったか私も見てみたいものです(^.^)
 
 作者は僧正遍照ということで、お坊さんです。
 
 ただしこの歌は出家する前の歌、「良岑宗貞」時代の歌です。
 
 そうでなければ、坊主が舞姫に心を奪われては、いくらなんでもダメでしょう!今の世は生臭助平坊主も多いようですが…(爆)
 
 という事で、アウトドアになるとこうなります。
 


 
 前回欠字が出てしまったので、今回は慎重に頑張って探しましたよ!
 
 今回苦労したのは「吹」と「姿」です。この2文字は意外に巷に少ないですね(T_T)
 
 「吹」は地名で言うと大阪や東京にたくさんありそうですが、こちらではあまりないんで、こちらの「吹」は石碑に刻まれた和歌の解説してあった看板から拝借しました\(^o^)/
 
 「姿」はさらになく、美容整形外科とかドラッグストアのあたりをうろつきましたがそういうところは「身」が多く、これも神社の由来を書いた看板から拝借しました。なので、どちらもあまり看板がおもしろい字ではありませんね(^_^;)
 
 ご多分にもれず、「ぢ」の字もありました…><現代に「ぢ」は少ないものの、昔は多く使われていたんですねぇ…もぉ!
 
 という事で、次は十三首目、これもまた難題な苦…句がが登場します。ああ、いつになったら終わるのだろう…il||li▄█▀█●il||li
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ