FC2ブログ

ヒゴダイ公園~前編

2010.08.20 08:58|をりふし・夏

 
 ということで、熊本県産山村のヒゴダイ公園へやってきました(*^^)v
 
 車を降りて「風が冷たい!」の一言。
 
 この日11時30分ごろで気温が26度ですから、別天地ですね~。
 
 ヒゴダイ公園という事でしたが、公園の前はサルビアがお出迎え…。
 
 ヒゴダイが咲く時期は入園料300円を払って中へ…ペットの料金はなしです(*^_^*)
 
 最初に見たのがオミナエシの群生。
 

 
 よくわからない虫が蜜を吸っています(*^_^*)
 
 もちろんミツバチもいましたよ(^_-)-☆
 
 右側には「クレオメ」という花が植えられています。
 

 
  そしてお待ちかね、ヒゴダイです(*^^)v
 

 
 
 
 茎がタンポポみたいでしょう。
 
 タンポポと同じ、キク科の植物です(^.^)
 
 
 ヒゴダイは、江戸時代の細川家の写生帖には「肥後躰」と書かれています。
 
 「肥後ノカラダ」という意味?(爆)
 
 

 
 
 
 こちらはまだ若いヒゴダイですね(^.^)
 
 色が薄いです。段々と色が濃くなっていきます。
 
 ヒゴダイは日本がまだ大陸と地続きにあった時代からあったもので、遺存植物なんだそうです。
 
 
 
 
 
 後ろには撫子も咲いています。
 
 このようにヒゴダイは他の花と違って花壇に植えられているのではなく、自生に近い状態でぽつぽつあるんです。
 
 

 
 アップで…「アザミのようなタンポポ」という表現がわかりやすいでしょうか?
 
 今はこのヒゴダイも最近はやりの「絶滅危惧種」なんだそうで、昔は母がよくドライフラワーにしていました。
 
 今ではドライフラワーはあまり見ませんね…売店にもありませんでした><
 

 
 公園から周りの風景を見ると牧場が広がります(*^_^*)
 
 「ペーター~~~~!」(ハイジのつもりで心の中で叫ぶバカな私!)
 
 白い点々は冬に備えての牧草を刈ったものみたいです。
 
 空が近くて空気がきれいなので景色がはっきりしています。
  
 何度見ても飽きません…
 
 けど、種をもらって帰っても、家ではまず咲かないと思います。
 
 それよりもこうして自然の中でみるのが一番かもしれません。
 
  さて、後編は少し涼しい風景をお届けします。
 
 お楽しみに(^.^)
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ