FC2ブログ

ワイワイマップ・町切水車&「水車百景」百景到達!

2010.06.11 16:35|マップ・コレクション
 一言メッセージに書いているように、ついに「水車百景」が百景達成しました!!
 

 
 祝・祝・祝!
 ワイワイマップ「水車百景」を昨年11月11日に立ち上げて、はや7カ月で達成しました。
 
 たくさんの方のご協力で、想像をはるかに早く達成できてうれしく思います。
 
 みなさま、本当にありがとうございましたm(__)m
 
 現在、101件のご投稿をいただいています。
 
 重複している分がありますので、場所の件数としてはちょうど100ヶ所となっています。
 
 世界遺産の中で活躍している水車、現在日本一の岐阜県恵那市の水車、寒さで凍りついている水車や、石の水車、はては蕎麦屋の水車まで、本当に百景の色とりどりの水車がそろいました(●^o^●)
 
 これからは百景にとどまらず、セカンドシーズンとしてまた新たな水車を探してまいりたいと思います。
 
 ぜひ、これからもご投稿いただき、より愛されるワイワイマップにしていきたいと思います(^.^)
 
 どうぞよろしくお願いしますm(__)m


 
 さて、私ですが、今回は佐賀県唐津市相知町の町切(ちょうぎり)地区にある、「町切水車」を見に行ってきました。
 
 看板が出ているのでわかりやすかったです。
 
 相知町はアジサイの名所、「見返りの滝」があるので有名です。
 
 見返りの滝から唐津方面に向かっていったところにあります。
 

 見返りの滝のアジサイは3割ぐらいの開花でしたが、こちらは日当たりがよいのかきれいに咲いているものが多かったですね。
 
 しかし水辺にもかかわらず、日差しが強すぎて、アジサイもダウン寸前です><
 
 
てくてく歩いていくと…ありました!これが「町切水車」です(●^o^●)
 

 
 この日は3基稼働していました☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
 ちょっと頼りない感じの水車ですが、なかなかどうして立派な水車なんです。
 
 町切地区の町切水車は江戸時代初期からあったとされています。
 
 当時はこの辺りは生活の苦しい農民が多かったらしく、米を作るのにも大変だったそうで、田んぼに水を引くために水車を作るのにも難儀していたそうです。
 
 そういった事情からか、唐津藩の記録には「水車を作る木材や釘に関しては「免税(運上なし)」と記されています。
 
 
とはいえ、贅沢な木材を調達はできないのでこのように…
蔓のツタなどをうまく利用して作っているんですね。
 
 水を受けるのも板っきれですし、実用的な水車の割にはかなり質素な感じです。
 
当時の人は極力お金をかけずに作ったのでしょうね…。
 
 
 
 
 こちらは今年出来たばかりのもの…地元の高校生なども参加して作ったそうです。
 

 
 ずいぶん若い水車です(爆)早い早い!!
 
 そして田んぼに水を送っています…。
 

 
 なかなかいいですね~、癒されます(●^o^●)
 
 ちょうど水がナイスタイミングで落ちるところを激写しました。
 
 何枚撮ったかは聞かないでください…><
 
 田んぼに水を送らないで良い場合はこのように止めていました。
  
 枯れた水車は色気がないですね(^_^;)濡れていないとだめですよ!
 
 変に誤解されるといけませんので…(爆)
 
 田植えが始まったばかりの風景にはやはり水車があったほうがよいですね…。
 
 ほとんどポンプでくみ上げる時代ですが、先人に知恵を受け継いで現役で活躍する水車は、やはり日本の田園風景の一部だと思います。
 

 
 
 
 合わせてこちらもよろしくお願いします。
 
 見つけた!名・珍「燈籠」…現在155件のご投稿をいただいていま                   すm(__)m
 郷土英雄列伝…現在54件のご投稿をいただいていますm(__)m
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ