FC2ブログ

円通山常安寺の御朱印

2010.05.26 13:39|寺院探訪

 
 なんとなんと、お寺の記事は3月25日以来、2か月ぶりということに…(._.)
 
 これじゃイケません、どんどんピッチを上げなくては!!
 
 今回は九州西国霊場28番札所、円通山常安寺です。
 
 ここはこの地を治めていた松浦党の領袖波多氏の家臣、今井新右衛門常安が建立したお寺です。
 
 その常安という名前がそのままお寺の名前になっているという事ですね。
 
 わかりやすく言うと、松田聖子の店が「フローレス・セイコ」というのと同じかな?(爆)
 
 そんなつまらん冗談はさておき…場所は佐賀県唐津市(旧北波多村)の国道202号線沿いにあります。
 
 が、あまりにも道路に近すぎてそのまま通り過ぎてしまい、あわててUターン(T_T)あまりにも道路にビッチリした場所に建っているので気がつかなかったんです><
 
 写真の本堂を写す時、道路がすぐ背中にあって怖かった…(T_T)
 
 中に入りましょう(^.^)
 
 中は古刹という事で古いかなと思ったら、なんとまばゆいばかりのゴールデン!!
 

 
 天蓋が頭につきそうなくらい…
 

 
 これ…すごいなぁ…はしたないけど、いくらだろう?
 
 そんなつまらぬそろばん勘定を勝手に想像しながら御本尊はちら~っと見える?
 
 わかりにくいので、雑誌のコピーでご覧ください。
 

 わかりますか~? ちょっと見にくいでしょうか?
 
 
 
 こちらのご本尊、インドから請来されてやってきた、一寸八分(約4cm弱)の十一面観音です。
 
 本堂内の十一面観音の胎内仏です。
 
 う~ん、スタイルがインドっぽいかな?
 
 なまめかしい曲線美ですね(^.^)
 
 
 
 
 
で、霊場の本尊様はこちらの十一面観音です。これもコピーから…。
 

 
 こちらの観音様は「垂玉観音」といい、もともとはこのお寺の近くの岸岳という山の自然岩窟の中にありました。
 
 が、江戸時代からここら一帯は石炭が採掘され、明治34年に地盤沈下で崩落してしまいました。
 
 しかし、当時の住職がこの観音様の夢を三日間連続で見たので、霊場が崩落するのではと思い、この常安寺に安置され難を逃れました。
 
 普段から崩落のうわさもあったり、虫の知らせだったのかもしれませんが、よかったよかった(^.^)
 
 そしてここにはもう一つ。釈迦誕生仏がおかれています。
 

 灌仏会(お釈迦様の誕生日)に使われる仏様です。
 
 甘茶をかけるので、腐食しにくい銅を使っています。
 
 この仏さま、渡来仏だそうです(@_@;)
 
 ということで、通常は非公開、これも雑誌のコピーからです。
 
 お寺の前にはこの仏さまの解説が書いた看板があります。
 
 他には元首相吉田茂が鐘銘を書いた「平和の鐘」(鐘楼)や、役小角が作ったとされる手洗鉢があります。
 
 で、御朱印です。
 

 
 非常に達筆で、きれいに書いてくださいました<(_ _)>
 
 書いてくださったのはお寺の裏で幼稚園にいらっしゃったお寺の奥様で、とっても気さくで素敵な方でした(^.^)
 
 花が大好きという事でいろんな花を植えていて、花の育て方も教えてくださいました。
 
 実はこの後、この近くの霊場に向かったのですが、思わぬことが…。
 
 この御朱印が達筆すぎたために、私に災いが…((+_+))
 
 次回までのお楽しみということで☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
 
 
 九州西国霊場28番札所
 
 円通山常安寺
 
 佐賀県唐津市北波多徳須恵365
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ