FC2ブログ

緑萌ゆ、名勝「九年庵」②

2010.05.10 18:10|をりふし・夏

 
 
 このように上の下も緑…目の前には有明海と雲仙普賢岳を借景にしてあるそうですが、全く見えませんでした(^_^;)
 
 この時間になるとちょっと遠くがかすんでいます…秋なら良く見えると思うのですが…。
 
 上の写真の右の方から燈籠が覗いていて、「後ろの母屋もしっかり見るように」とのこと…。
 
 ということで、縁側に座っていた人をかき分けて撮影しました(^_-)-☆
 
 縁側から見た風景…これは庭の裏側に当たります。 

 
  実は見ていただきたいのは庭ではなくて、手前の柱なんですけど…よく見ていただくとわかりますが、「正目」の柱なんです。
 
 つまりこの母屋は柱からすべての木材は「正目」を使っているという、とんでもない贅沢な作りなんです。
 
 「ふし」が全くないんですね…。
 
 今でふしのない家を作ろうと思ったら一体いくらになるのだろう…。
 
 今の金持と昔の金持の違いは、やはりこういうところに違いがあるのかもしれませんね。
 
 今の金持ちはやたら豪華で華美なものが多いし、何気にパクリも平気でします(爆)
 
 しかし、この当時の金持は見えないところや気がつかないところにこそ、大金を使うのが美徳だったようです。
 
 つまり…「わからん人にはわからんでもいい」ということなのかな?
 
 それはさておき、建築関係の人はぜひ見ておかれると良いかもしれません。
 

 
 ガラスも明治時代のものがそのまま使われています。
 
 縁側は竹でできていて、障子も凝った建具です。
 

 
 この縁側、もろそうな感じがしますが、定員オーバーになってもビクともしないんです…バキッ!とかいうのかと思ったけど、意外に頑丈でした。
 
 私は…座っていません(^_^;)
 
  そして東側のお庭に出ると、これまた美しい若い緑がいっぱいです。

 赤がワンポイントあるのがミソなのかな~…池が浅いというのも水面が静かに見える演出なんでしょうね(^.^)
 
 こちらもなかなか…

 
 言わなければ良いのですが、左はトイレ…「東厨」っていうのかな?
 
 それにしても立派なトイレ…
 
 ここからだとトイレってわかりにくいですね(^.^)でもトイレ!(爆)
 
 そして出口付近で緑の噴水が…

 この中にいると、緑のシャワーを浴びている気分になります。
 
 すごく気持ちよかった~~~。もって帰りたいくらい!!
  
 すっかり緑に魅了された時間でした。
 
 出口でやっとこさマッチに会って…まあ、向こうも一人の世界に浸っているようでした(笑)しばらくほっておきました(爆)
 
 今回初めての緑の九年庵、次は紅葉かな…?
 
 紅葉は全国的に知れ渡っているので、今回以上の人が来るのは間違いないし、どうしよう…。
 
 でも、これだけの緑を見たら紅葉を見たくなる人は100%だと思う。
 
 商売上手な神埼市です(^.^)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ