FC2ブログ

【GW特別企画】ふぅ、河童のミイラと遭遇する!!(追記あり)

2010.05.02 10:35|素晴らしきかな!

 
河童のミイラと遭遇する!!
 
 ということで、この間のドライブの時に、佐賀県伊万里市にある、「松浦一酒造」さんへ行ってきました(^.^)
 
 松浦一酒造さんと言っても知らない人は多いかもしれませんが、河童のミイラを見た人は必ずいると言っていいでしょう。
 
 それくらい有名なミイラです(*^。^*)
 
 では早速中へ…。
 

 
 酒造蔵は別にあるのですが、河童のミイラが展示されている場所は古い蔵で、このように古い農機具やお酒に関する骨董品、そして河童に関係するフィギュアや工芸品がどわ~~~~っと展示してあります。
 
 で、お約束の色っぽい河童も…
 

 
 足の部分がひれになっていますね(*^。^*)
 
 やっぱり間違いなく河童…なぜに、女の河童はこんなに色っぽいのだろうか…たぶん黄桜のコマーシャルのせいかな?
 
 すっかり定番ですよね(^-^)
 
 さて、その河童のミイラは蔵の一番奥にいます…じゃん!
 
 で、でたっ! 
 

 
 酒蔵らしく、酒樽を改良した祠の中で、こっちを向いている…(@_@;)
 
 写真右下の箱の中にいて、その上の写真にあるように、蔵の柱の上に括りつけられていたそうです…。
 
 アップで…
 

 
 ここまで来るとわかりますね、おなじみの河童です…。
 
我が家にどうしてこのような不思議なカッパがあるかと由来をたどってみますとわが田尻家は私で十七代にあたりますが、昔から当家には何か珍しいものがあるらしいという言い伝えがありまして、それが何でどういうものかは皆目わからぬままに何代も過ぎて参りました。ところが、丁度昭和二十八年に母屋の屋根の葺き替え工事中に、大工の棟梁が「梁の上にこんなものが…」と持ってきたのがボロボロの紐でくくった黒い箱。蓋をとると中からなんとも奇妙な動物のミイラが出て来ました。最初は一同びっくり仰天。更に黒い箱を調べてみると、箱には「河伯」と墨書きの二文字が書かれてあります。ものの本によればこれが本当のカッパという文字だということで、カッパであることが判明しました。では何故この田尻家にカッパがあるのでしょうか?話はさかのぼりますが、戦国時代田尻家は筑後の国田尻村の豪族で、当時筑後のオオカミと呼ばれるほどの勇力を持ち、肥前の竜造寺・豊後の大友氏との間に幾度かの戦いを繰り返しながら、今から四〇三年前に鍋島直茂公によって肥前国下松浦郡山代村(現伊万里市山代町)に所領一六五〇町歩を与えられ、定住の地とした訳です。ところで、この筑後の国田尻村には飯江川という大きな川が流れ、この川には筑後川と共にカッパ伝説が数多く存在します。その田尻村から山代村に移住するときにこのカッパのミイラを持って来たのではないかと推測しています。山代村に移住した田尻家は正徳六年(一七一六年)より酒つくりを営んで来ました。お酒には何と言っても、良いお米ときれいな水がないとおいしいお酒は出来ません。当時は、井戸を掘ってきれいな水を掘り当てる以外にはなかったと思いますが、カッパはきれいな水にしか生息せず、水の守り神として崇められていたので、多分、きれいな井戸水を掘り当てる願いをかけて「水のお守り神」として大切に保存されていたのではないかと思います。現在、田尻家は観光酒造として、この水神カッパのミイラのほか古い酒造道具や農機具・民族資料等二〇〇点あまりを展示して一般の方々に無料でご覧頂いています。「これは本物だ」「いや、カッパは架空の動物だ。作り物だろう」といったカッパ評議に花が咲きますが、本物?にせもの?いずれにせよ私共は先祖から受け継がれた水のお守り神即ち酒のお守り神として今後も大切にして、良いお酒をつくるよう更に研鑽努力をしていこうと心を新たにしています。 (パンフレットより抜粋)
 ということだそうです…。
 
 確かにここら辺りは名水と呼ばれるところはありません。
 
 この説には妙に納得いきますね(*^。^*)
  
 で、ここの社長さんは河童共和国から表彰されています!!
 
 当然といえば当然!(笑)
 
 

 
 で、お酒は…買いませんでした><
 
 車で来ていたので試飲もしていないし…(^_^;)また今度ね❤
 
 私見ですが、私は河童とツチノコはいる…と思っています(^.^)
 
 まあ、このミイラは作りものかもしれません…だってこういう姿勢でミイラになること自体、まずあり得ないのではないかと…。
 
 でも、それなりにロマンはあるし、こうして先祖から受け継いだものを大事にすることで、この酒蔵も繁盛しているわけだから、それはそれで素晴らしいことだと思います。
 
 初めて遭遇したけど、不思議と気持ち悪さはありませんでした…。
 
 機会があれば、こういった謎の生物を追いかけて行きたいと思います☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
追記…同じUMAつながりで、福岡市の「龍宮寺」にある、人魚の骨をトラバします。そちらもご覧ください(^.^)
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ