FC2ブログ

ふぅ散歩5・本庄神社から六座町付近まで

2010.04.13 11:49|ふぅ散歩

 
 この間の続きです(^.^)
 
 道祖神社から南西に歩くと本庄神社があります。
 
 ちょうどここは折り返しの地点に決めていたところです。
 
 本庄神社にもこのように肥前鳥居がしっかり残っています(*^_^*)
 
 すぐそばにはクスの木の大木があるので、とても気持ちよかったですが、やはりこの日は気ぜわしいのでゆっくりもできず、参拝してミッション終了!
 

 
 こちらの石灯籠、市の重要文化財に指定されています(^.^)
 
 県内で最も古い灯籠だそうです。
 
 こちらはワイワイマップ、【見つけた!名・珍「燈籠」】に投稿しています(*^_^*)
 
 さて、此処で折り返し、長崎街道を元の道へと戻っていきます。
  
 車も通らないけど…誰ともすれ違わない(^_^;)
 
 長崎街道はわかりやすいように舗装もコンクリートではなく、側溝の蓋も大名行列を刻印してあります。
 
 結構金をかけていますね…こういうのにお金を使うのは賛成(^_-)-☆
 
 さて、この先学校があって、そこで近年注目されている「築地反射炉跡」へ行ってきました。
 

 
 「反射炉」とは大砲を作る溶鉱炉のことで、当時長崎の警備についていた鍋島直正が防衛のための大砲を作るように幕府に申し出たところ、採用されなったので、自分の藩内に反射炉を作って幕府に認めさせました。
 
 この近くの多布施に新しい反射炉跡が発掘中ですが、この多布施の反射炉で作られた大砲が東京お台場で見かけるあの大砲なんです。
 
 只今世界遺産に登録すべく奔走していますが、さて…。
 
 この辺りは反射炉があったせいか、いろんな座がありました。
 

 
  6つの座があったことから、ここは「六座町」と呼ばれています。
 
 後に二つは、米穀座と製鉄関係の座がるのですが、すごいことに今なお、お店をやっているので、写真はパスしました。
 
 で、最後に参拝したのが「北面天満宮」。
 

 
 天神様の神社ですが、楼門に木造の河童がいるせいか、火災除けの神様として知られています。
 
 江戸寺時代からある神社で、彫刻も見事…。
 

   
 ここら辺のお寺さんの掲示板は競うようにして、住職が絵と格言らしきものを書いています。
 

 
 ああ、これは実家のお寺さんにそのままあてはまるわ…><
 
 普段の会話は普通なのに、いざ説法やお経となると必要以上にあがってしまい、何言っているのか全く分からなくなります(^_^;)
 
 最初は佛縁の話から入るのですが、途中から飛行機の話になり、最後はマヨネーズの話になるみたいな…何言ってるのか分からなくなるのでしょうね…(笑)
 
 そんな思い出を思い出してにやけていると、はい、また変わった恵比寿様が!!
 

 
 その名も「鯛背負いエビス」!!
 
 鯛がでかすぎて、抱えることができなくて背負っているんですね(笑)
 
 横のペットボトルは私が飲みながら歩いてもっていたんですけど、大きさは台座を除くと500mlのペットボトルの大きさと変わらないくらいでしょう。
 
 恵比寿様が小さいのか。鯛がでかいのかわからないけど、がんばれ恵比寿様!!
 
 腐らんようにもって帰ってね、ワハハ!!(^o^)丿
 
 と思いつつも明日は急ぎ足で…。
 
 この日は13,819歩!9キロ弱ですね…。
 
 たぶんこの日は気がせいていたので、少し大股になっていたかもしれません…。
 

 
 さて、手術が終わった愛犬と再会!!
 
 麻酔から半分覚めたぐらいで、私の存在はわかるものの、すぐに寝てしまいました…。
 
 今では普通と変わらなくなり、幸いなことにオ*ッコも普通どおりにできるようになりました。
 
 だいぶ手がかからなくなってきたので、たまった投稿記事もいつものペースでできそうです(^.^)
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ