FC2ブログ

ふぅ散歩・仁比山地蔵院から白角折神社まで

2010.03.30 15:57|ふぅ散歩

 
 さて、ちょっと間が空きましたが、宝珠寺のひめしだれ桜を見に行った後、ちょっと辺りを散歩することにしました(^.^)
 
 車は「水車の里・遊学館」に止めてあったので、水車の前からスタートです!
 
 ご覧のように朝日を浴びた水しぶき…冷たそう…寒いです><
 
 そういえば、仁比山地蔵院は新しく本堂ができたとのこと…以前行った時はプレハブだったけど、どうなったか気になっていたんです。
 
 仁比山地蔵院と仁比山神社は途中参道が同じなので、歩いて行くと桜がほぼ満開でした(^.^)
 
 
 
 完全な満開まであと少しと言うところでしょうか…と、ここで「オヘンローラー」一行に遭遇!!
 

 
 大分からのオヘンローラー一行だそうで、この後小城市の札所を回って帰るそうです。
 
 二人しかいないのは、おしゃべりしながら歩いていたので、置いて行かれたらしい…(^_^;)
   
 さて、仁比山地蔵院に着きました(^.^)おにゅぅの本堂がお出迎え!!
 

 
 中に入りたかったけど、靴に圧倒されて断念…また来ればいいか。
 
 ここには「水掛行徳地蔵尊」というお地蔵さんの彫り物があります。
 

 
  400年前、信仰心の厚い、博多の女性の枕もとにお地蔵さんが現れ、「私の頭を掘り出せ」とのお告げがあり、掘り出してみると、彼女の霊感を受けるようになり、次第に信者が増えて行きました。
 
 その後「頭だけでは霊験が足りない」とのお告げがあり、お地蔵さまは「宇佐神宮の宮司に相談するように」とのことを彼女に伝えたのでした。
 
 で、話を聞いた宇佐神宮の宮司、河野鉄憲氏が図面を書いて、彫刻師広田善三郎に彫らせたのがこちらです。
 
 当時としては神仏習合はごく当たり前だったのでしょうね…。
 
 で、そのあと仁比山神社で散歩の安全を祈願して、緑に交わる…
 

 
 
 神社のそばには、名勝「九年庵」があります(^.^)
 

 
 こちら、秋だけ9日間だけの公開でしたが、3年ぐらい前から5月に一日だけ公開していましたが、要望が多かったのか、市の財政難のためかわかりませんが(笑)、今年は5月4日から9日まで公開するそうです。
 
 今年はここの「青もみじ」を堪能したいと思います☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
 で、そのあと仁比山公園に行く途中、木造のトラス橋…その名も「愛逢(あいあい)橋」を渡ります(*^。^*)
  で、ここでミッション終了!
 

 
 どうしても、桜を入れたくて…(^_^;)
 
 こちら、ワイワイマップ「水車百景」に投稿します。
 
  おかげさまで、これを入れると49件目になります\(^o^)/
  
 田んぼの神様に出会いました。
 

 
 水をかけて願い事をすると、願いがかなうとか…ということで、浴びるようにかけてあげました☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
 もう思いっきり、ドバドバです!!(笑)
 
 で、樹齢1,000年の白角折(おしとり)神社のご神木を見て…
 

 
 いかに大きいかをブログで発表するのに、人が来るまで待っていましたよ(笑)
 
 あ、白角折で(おしとり)って、普通読めないですよね(^_-)-☆
 
 これは、熊襲征伐に来た日本武尊がここから矢を放った…ということから、白角折と呼ばれるようになったそうです。
 
 さて、暖かくなって帰ろうかなっと…
 

 
  天気に恵まれてよい散歩でしたよ(^_-)-☆
 
 で、駐車場まで歩いて、合計9,842歩!うげっ!意外と歩いていません…><
 
 6キロちょっとぐらいですね…。う~ん、やっぱり山に登るべきだったかな?
 
 でも、あそこはちょっと無理だし…。次回はもっとがんばろう!!
 

 
 ワイワイマップをもう一件立ち上げました☆^(o≧▽゚)oニパッ
 
 その名も…
 
 
 神社仏閣、史跡などで見かけた珍しい燈籠や、いわれのある燈籠、または燈籠群など、ちょっと目立たないけど、あるときは目立つ、そんな燈籠がありましたら、ぜひマップにお寄せください(*^。^*)
 
 写真を必ずお願いしますm(__)m
 
 お待ちしています<(_ _)>
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ