FC2ブログ

アウトドア百人一首 四~田子の浦に~

2009.12.16 15:24|アウトドア百人一首
 超お久しぶりの【アウトドア百人一首】のコーナー、今回は四首目、富士山が好きな人にはたまらない、有名なこの歌です。

田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ  山部赤人


 山部赤人は当時、都の役人。

 上司とともに都から東国へ出張となります。

 その時に上司から、「帝に富士山の素晴らしさを手に取るように、わかりやすい表現で歌にせよ!」と宿題を出されたそうです。

 それがこの歌…

 このような意味だそうです(^.^)
田子の浦の海岸に出て仰ぎ見ると、白い雪をいだいた富士山が、パッと目に飛び込んできた。
その富士山の高い峰には、雪衣を幾重にも纏い、裾を翻して大空に気高くそびえています。今もしきりに雪がふり続けています。
それはなんと美しく、神神しい山の姿だろう!
 お分かりいただけましたか?

 日本人として、やはり外国から来た人に富士山がいかに美しく、神々しいか…それを説明するのは、実は簡単なようでとても難しいです。

 まあせめて、富士山でなくとも地元の誇りとする有名な建物や物産などは、常に説明できるよう、日頃から準備しないといけませんね…と思う私ですが、我が町の自慢は…アハハ、やっぱり「アレ」でしょうか?(笑)

 「アレ」を説明するのは、結構難しいかなぁ~、ということで、アウトドアになるとこうなります。



(クリックしてください。大きくなります)
***********************************

 この歌は作るのに非常に苦労しました。

 なんといっても「嶺」の字です!

 「峯」や「峰」は多いものの、こっちの「嶺」は我が町どころか、近辺の市町村にはなく、ヤフー地図やヤフーグルメなどで調べたところ、北九州に「嶺」を使った地域名があること、熊本市の一部にあるだけが、私の行ける範囲でしたが、どう考えたって、往復100キロはあります(爆)

 たったこの字のために高速料金を払って、時間をかけて…と思っていたらば、ナビに一ヶ所だけ、うちから35キロの地点に「嶺」の付くお店が発見できました(^.^)

 おかげでやっとこさ完成した四首目「田子の浦に」ですが…その2日後に鳥栖市内を歩いていたら、たぶん市議の立候補者(?)のポスターに「嶺」の字の人の名前のポスターが…il||li▄█▀█●il||li  

 超大作のつもりが、とんだ労力の無駄でしたが、まあこれも仕方ありませんね…。

 さて、次は五首「奥山に」です(*^。^*)どうぞお楽しみに…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ