FC2ブログ

東野ワールド

2009.09.17 13:36|読書いろいろ
 東野圭吾サンの小説3冊を一気読み!!

 当代きっての人気作家さんの作品ですが、なぜ彼の作品が受けるのか…その辺を考えて読んで見ました(^.^)

 まず…


悪意悪意
(1996/09)
東野 圭吾

商品詳細を見る


 

人気作家が仕事場で殺された。第一発見者はその妻と昔からの友人。逮捕された犯人が決して語らない動機にはたして「悪意」は存在するのか。



 犯人は最初の時点でわかっています。
 
 この本の面白さは「犯人の動機の解明」…。犯人のNは殺された作家のゴーストライターで、犯行は犯人Nが作家の強迫によって引き起こされた…という展開なのですが…。

 犯人の供述とその真相を追う刑事の展開は、芥川龍之介の「藪の中」という、有名な小説に似ています。

 衝動的犯行が、実は何年も前から計画された、しかも用意周到な計画殺人だったこと、最後のどんでん返しが非常に面白かったです。

 悔しいくらいに…。


美しき凶器 (光文社文庫)美しき凶器 (光文社文庫)
(1997/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


 

安生拓馬、丹羽潤也、日浦有介、佐倉翔子。かつて世界的に活躍したスポーツ選手だった彼らには、葬り去らねばならない過去があった。四人は唯一彼らの過去を知る仙堂之則を殺害し、いっさいのデータを消去。全てはうまく運んだかに思われたが…。毒グモ(タランチュラ)のように忍び寄る影が次々と彼らを襲った!迫りくる恐怖、衝撃の真相!俊英が贈る傑作サスペンス!



 これは解説の通り、犯人は上記の四人です。

 葬り去らねばならない過去とは、「ドーピング」のことで、実はこの四人のほかにもう一人のドーピングをしていた”仲間”が遺書を残して自殺したことが、殺害の発端となります。

 殺害現場には実はもう一人、仙堂之則が開発していたドーピングで鍛えられたアスリートが別の部屋から、その殺害の一部始終を監視カメラで見ていたのです。

 人間離れした体力をもつ”タランチュラ”は、仙堂之則を殺した犯人を殺害すべく、あらゆる方法で彼らに迫って行きます。

 四人は知られてはいけない過去が暴かれる恐怖と、迫りくる”タランチュラ”の影におびえ、四人は”タランチュラ”の殺害を考えるのですが、一人二人と殺されていくところはすごくリアル!

 とうとうこの中の一人が”裏切る”のですが…。

 迫りくる恐怖の中で、人は正常でいられるのか、ラストは意外な方向へ…。

 またも悔しいくらいに面白かったです。


私が彼を殺した (講談社文庫)私が彼を殺した (講談社文庫)
(2002/03/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺を図った。男は自分とのかかわりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。事件のカギは女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探り当てた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。



 この3冊の中で一番面白くて、「してやられた!」と思った本です(^.^)

 本来の推理小説って、こういうものなのではないかと思ったぐらいです。

 つまり、犯人は明かしていないんですね(^.^)

 最後は「あなたが犯人です」と犯人を指さして終わり…。(爆)

 最後の最後で犯人が分かるかと思っていて、散々ドキドキになりながら読んでいったにもかかわらず、ラストがこれですからね…。

 作者の言わんとするところ、「本文をしっかり読んでいれば、犯人が分かる」といったところでしょう。ああ、悔しい!!

 近親相姦、片思いの彼女を寝とられた男、殺害された被害者に捨てられた女などの愛憎もふんだんに入っていて、容疑者とされる3人の心理状態は【悪意】と同じ文体なのですが…。

 一応御親切に「推理の手引き」というものが巻末に【袋とじ】でついています。

 袋とじって男性週刊誌についているばかりだと思ったのですが(笑)、悔しいので見てみると…犯人は本文57ページに決定的なミスを犯していることがわかりました。

 その人が犯人でした…。う~ん、悔しい!でも、袋とじにも犯人の名前は書いていません(-_-)

 東野ワールドは、美しい文章とはいかないまでも、話の展開など、おおよそワンパターン化した推理小説ではなく、読者を飽きさせない展開そのものが面白いように思えます。

 いろんな本を読んでいた私にとって、違うパターンで書かれた推理小説…すなわち、犯人探しではなく、動機や心理描写に焦点を置いている点は、悔しいけれど面白いと感じました。

 悔しいと思うのは、やはり自分の想像を超えていた面白さだったということ…いい意味での裏切りが面白くて悔しかった…うむむ…日本語になっていない(笑)

 シルバーウィークは目の前!!ぜひ、読んでみてください。

 もしよかったら、【私が彼を殺した】の犯人は誰だったか…こっそり教えてくださいね(^.^)たぶん一緒!だと思います(o^∀^o)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ