FC2ブログ

リベンジ・ザ・牡丹その2~変わった牡丹

2012.05.13 07:27|をりふし・春

 
 その2はちょっと変わった牡丹を集めてみました(*^_^*)
 
 ここの牡丹園にある牡丹は世界中の牡丹がある…ということですけど、ほとんどが中国原産ですね。
 
 日本産のものはやっぱり品種改良されたものが多いようで、見ていて楽しいものが多かったです。
 

 
 これは「花王」という名前がありました。
 
 まさしく「花の王」で、大きさもかなり大きく、花芯が隠れるほど花びらが多かったです。
 
 よく見ると、学芸会などで飾られる「チリシの花」に似ている(* ̄m ̄)
 
 そういえば、最近、「花王」の製品は買っていないなぁ~関係ないけど(爆)
 

 
 こちらは名前はわからなかったのですが、花が変わっているというよりは、葉っぱが変わっていますね(^.^)
 
 花の色とのバランスがとてもいいなぁ~。
 

 
 穢れなき真っ白の「皇嘉門」。今が一番の盛りでした。
 
 右の黒い点は蜂ですね^^;
 
 で、一番目を引いた変わった牡丹がこちらです。
 

 
 これも牡丹なんですね~。「故蝶の舞」という品種だそうで、花の大きさは中くらい。
 
 大ぶりの牡丹の間に少しずつ植えられていて、逆に目立っていました。
 

 
 蝶が飛んでいるように見えるからですかね?
 
 どうしても牡丹は「どや顔」なので、こういった変わったものも見る側にとってはいいアクセントになるのかもしれないですね(*^_^*)
 
 2枚目からここまでが日本産の牡丹です。
 
 最後の黄色はアメリカ産の牡丹。
 

 
 洋花っぽさがありますね(*^_^*)
 
 このときは白と黄色が一番の見ごろでした。
 
 牡丹は赤の濃い色から、だんだんと白っぽい色に盛りが変化するそうです。
 
 不思議なことにまだ寒い春先は暖色系の赤い色…それから涼しくなるにつれて薄い白や黄色に変わってきていますね。
 
 牡丹はとにかく手のかかる花ですけど、寒い時は暖かい色を咲かせて和ませてくれるし、気候が良くなると見た目に涼しくなってくれて、何となく育ててくれた人の愛情に答えてくれる…牡丹とはそんな花なのかなと思いました。
 
 今までは「唐獅子牡丹」ぐらいしか思わなかったのに(爆)
 
 あと、芍薬も少し咲いていましたので、それもあとで投稿します(*^_^*)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ